祝!!! 今年一番 気分が上がった朝

    ご無沙汰しております。
    そして、坂本さん
    ついにやりました!

    ずっと、ずっと
    願っていた夢がかないました。

    wowow 第71回トニー賞 授賞式 スペシャルゲスト就任

    おめでとうございます。
    詳しくは(あまり詳しくないですが・・・)こちらを↓
    wowow トニー賞

    当日生放送出演の他に、「直前SPinNY ブロードウェイレポート」「番組での歌唱」もあるとか

    朝起きぬけに
    お友だちからLINEで情報をいただきました。
    休日の二度寝
    寝起きの寝ぼけ眼が
    一気に覚醒

    すぐさま、コンビニに走り
    スポーツ紙をゲット

    立て続けの新曲リリースにも全く上がらなかったテンション
    このニュースで一気にMAXです。

    今日お休みで助かった。
    これが勤務日だったら
    浮足立って仕事にならないところでした。

    出演に当たっての坂本さんの
    コメント

    「地道」
    坂本さんの人となりを表す言葉だと思いました。

    毎年トニー賞授賞式の日は、休暇を取って生放送を観ています。
    今年もすでにお休みを申請していました。

    これから一か月
    幸せな日々を送れそうです。

    一時は坂本さんの舞台への情熱を疑ってしまった私を許してください。
    Date: 2017.05.12 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    >かこさま

    お返事遅れまして
    大変、大変
    失礼いたしました。

    「佳境」の4月に入ると同時に発熱しまして
    最初の一週間は37.5~38.5℃位の体温を行ったり来たりしながら、
    ほぼ気力のみで仕事してました。

    平熱に戻った2週目からは、咳と鼻水攻勢
    風邪のせいか、花粉のせいか
    定かではありませんが、とにかく辛い

    あと1週間でGWに突入するという本日に至っても、
    まだ、咳が抜けません。

    ほんと歳は取りたくない。
    一度体調を崩すと、治るのに時間かかる。

    そんなに体調悪くても
    仕事も休まなければ、劇場にも行ってしまう
    私がいけないのですが・・・(反省)

    > 戸惑いの惑星に関して「考え」はまとめるとして、「感想」は自己規制しちゃってますか?

    痛いところを突いてきますね。
    「自己規制」
    「自主規制」
    自分が最も嫌悪することを、無意識にやってしまっていたのかも。

    まあ、でも
    書いていなかった理由の第一は、
    体が辛くてそれどころではなかった
    ことです。

    惑星の後に観た作品
    「たわけ者の血潮」
    「私はだれでしょう」
    「WOWOWトニー賞コンサート」
    「赤坂大歌舞伎」
    「紳士のための愛と殺人の手引き」(本日観て来たばかり)
    ジャンルは違えど、どれも優れた作品で、
    正直、惑星の存在が霞んでしまい

    イラっとしたこととか
    もやっとしたこととか
    「別にどうでもいいや」という気になっています。

    色々な雑念が削ぎ落されて
    結局残ったのは

    坂本昌行さんが
    舞台に立ってくれて良かった

    生の歌声が聴けることは幸せだ

    というシンプルな感謝の念でした。

    最近の雑誌のインタビューやラジオで
    読売演劇大賞受賞に触れ
    舞台への愛と希望を語ってくれているので
    その言葉を信じて
    自分も
    後ろではなく
    前を向いていこう

    そう思えるようになりました。

    > 今度お会いできたら伺いたいです。

    お会いしたら、また甘えて愚痴るかも・・・
    進歩してないですね。

    まだ、本調子ではないので
    日生劇場に行っただけで
    ぐったりです。

    今日はこの辺で、ご勘弁を。
    Date: 2017.04.21 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

    6月が来る前に

    お久しぶりです。

    仕事が一段落しました。
    ・・・が間もなく次の波が来ます。
    つかの間の、凪状態です。

    惑星は2回観ました。
    感想を書きたいのですが、
    考えがまとまりません。

    惑星の間に「たわけ者の血潮」を観ていますし、
    惑星後に「私はだれでしょう」と「WOWOWトニー賞コンサート」を観ています。
    4月には「赤坂大歌舞伎」と「紳士のための愛と殺人の手引き」を観る予定ですので、
    そちらに心を奪われ、
    惑星が遠い昔になりつつあります。

    忘却の前に、考えをまとめなければ・・・。
    Rさまにアドバイスいただいた、「ロジックツリー」的な手法で、
    まずは紙に自分の考えを書いていくつもりです。
    「ロジックツリー」は以前にも仕事で使ったことがあるので、
    その効果は、信頼性が高いと感じています。
    デジタル時代
    紙に書くって大事だと思う
    今日この頃

    考えをまとめなければ、
    6月が来る前に。
    Date: 2017.03.26 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (1) Trackbacks (0)

    愛に迷った日

    おはようございます。

    今年は土曜日と祝日が重なる日が多いとのこと。
    「損した」感を感じていらっしゃる方もいらっしゃると伺っていますが、
    私は逆に「ラッキー」です。

    土曜日は基本出勤の職場
    しかし祝日は休めるので、
    土曜が祝日だと連休になる。
    土曜日が祝日に重ならない限り、
    人並みに土日休めるなんて滅多にない訳です。

    昨日の夕方「あれ?毎週予約した大河の録画が始まらない!」と焦り
    「あ・・・今日は日曜じゃなくて、土曜だった」と気づくという
    土曜日休みに慣れてない自分に苦笑しました。

    連休の一日目は出かけて
    二日目はどこにも出かけずゆっくり体を休める
    と決めて
    さて、貴重な連休の一日目どこへ行こうか?

    永井愛さん作・演出の「ザ・空気」を当日券で観に行くか
    「相棒‐劇場版Ⅳ」初日を観に行くか

    悩んだ末に、「相棒‐劇場版Ⅳ」を観に行くことに決めました。

    選んだポイントは、
    近所の映画館の朝一番の上映を観たら、
    お昼には見終わり、
    帰宅してから昼寝ができる
    という、なんとも自堕落な理由

    もう一つのポイントは
    脚本が太田愛さんだったから。

    前作の「相棒‐劇場版Ⅲ」は「TVで観れば十分」と判断していましたが、
    最新作は脚本が太田愛さんと知ってから
    「これは、絶対にスクリーンで観る
    と心に決めていました。

    最近TV「相棒」で太田さんのお名前を見なかったので、
    「どうしたのだろう?相棒に書くの辞めたのかな・・・」等気を揉んでいましたが、
    今シーズンの♯13、14前後編連投、そして劇場版をご担当と知り
    「なるほど、そういうことだったのね」と納得しました。

    映画のオフィシャルサイトでも、パンフレットでも
    太田さんのプロフィールでは
    「97年テレビシリーズ「ウルトラマンティガ」で脚本家としてデビュー。」
    と、ちゃんと書いてあるのが、地味に嬉しくて
    気づくとニマニマしている自分がいます。

    ティガで初めて太田さんの本に出合ってから、
    ずっと魅了されて来ました。

    太田さんは自分と同世代であり
    しかも、私が若いころ抱いていた夢を
    (自分に才能が無いと早々に気づいて諦めた夢を)
    代わりに実現してくれていると
    勝手に感じていました。

    昨日映画館のスクリーンで
    エンドロールの「脚本 太田愛」という文字を見た時に
    自分の事の様に嬉しくて、
    ジーンとしました。

    事前情報を見ても
    キャスティングを見ても
    誰が犯人かは、明らか

    しかし、誰が犯人かは重要ではなく
    なぜ罪を犯したかが重要です。

    そこに納得出来ないとすべてが台無しになってしまう訳で・・・

    太田さんはそのあたりを、持ち前の繊細さで丁寧に描いていました。
    テーマとしては、太田さんがこれまでに扱ってこなかったジャンルで、
    ダイナミックさも加味されて、新しい一面を見せていただきました。

    帰宅して息子に感想を伝えると
    「観に行くかどうか、お母さんの毒見結果を見てからと思っていたけど、
    そういうことだったら、今度の休みに観に行こうかな・・・」と。
    「私は毒見役かっ!
    太田さんへのご祝儀だから、観に行って」と
    背中を押しました。

    ウルトラマン平成三部作
    太田さんの作品は、どれも好きですが
    久しぶりに見返してみようかな・・・

    Date: 2017.02.12 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    「それぞれの秋」

    休日のTVザッピング

    BSのTBSで「それぞれの秋」が!

    懐かしい
    13歳の時
    夢中になって観てました。

    「それぞれの秋」からはまって
    「冬の運動会」(岡田くんがリメイク版に出演しましたよね。)まで
    ずっと観ていました。

    一番好きだったのは
    「バラ色の人生」

    ビデオが無かった当時ですから、
    自分の脳裏に焼き付けるしかすべが無かった。

    10代の若い脳みそでも、断片的にしか憶えていないので、
    再放送はありがたいです。

    もちろん毎週予約!しました。

    Date: 2017.01.29 Category: 徒然  Comments (0) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード