自分自身であること

    前置きが長くなり、やっとたどり着きました。
    3回目の4回目の感想です。

    <3回目 8月17日 ソワレ>
    ビリーは未来くん、マイケルは城野くん、
    お父さんは益岡さん、ウィルキンソン先生は柚希さん、
    おばあちゃんは久野さん、トニーは藤岡さん、
    オールダービリーは栗山さん

    8月17日 ソワレの開演前
    この日もたくさんの子どもたちが劇場にいたのですが、
    その中でひと際目を引く少年がいて
    (被っていた帽子のせいかもしれませんが)
    なんだか他の子とちょっと違うオーラが出ていて
    気になっていました。

    後日、未来くんのTwitterで
    その少年は最終オーディションまで進んだ
    喜一くんだったと分かりました。

    オーデションの映像で喜一くんも観ていたのですが、
    その頃に比べると、
    ずいぶん大きく、大人っぽくなっていたので、
    全然気が付きませんでした。

    喜一くんもきっと
    新しい夢に向かって歩み始めているのだろうな・・・
    と勝手に思ってしまった次第。

    念願の未来くん
    もちろん大満足

    オールマイティで聡明なイメージの未来くん
    年齢的にも15歳ですし、しっかりしている。
    彼が「Electricity」の歌詞について書いた文章などを読むと
    作品について深く理解していると感心します。
    また、インタビューに答える様子や
    オーデションのドキュメンタリーを見る限りでは
    「優しい少年」というイメージ

    観る前に心配していたのは、
    「その聡明さや優しさが
    ビリーを演じる上で邪魔になってしまうのではないか」
    ということ
    ビリーは頭で考えて動いているのでは無く
    感じて動いている訳ですから

    しかし、これは愚かな杞憂でした。

    舞台の上に、私が勝手に作り上げたイメージの未来くんは居ず
    彼は紛れもなくビリーとして生きていました。

    相手の言葉をしっかりと受け止めて
    芝居していることが随所で伝わってくる
    とても繊細で丁寧な演技でした。

    演技が繊細で丁寧と言っても
    それゆえに彼の演じるビリーの線が細いという意味ではありません。
    マイケルの気持ちを受け止める優しさは深く暖かく
    一見して普段の彼の言動には表れていない
    やんちゃさや激しさも、自分の中からぐいと引き出して
    凄まじいエネルギーで表現していました。

    最初に鳥肌が立ったのは
    物語の初盤ビリーが初めてバレエ教室に迷い込んだ日
    「Shine」の後
    家に帰るシーンへの繋ぎ部分のダンス

    セリフも何もなく
    体の表現だけで
    ビリーの閉塞感とそこから抜け出したい感情を
    表現しなくてはならない難しいシーンです。

    地味な場面ですが、
    未来くんビリーは、開幕早々
    私の心を鷲掴みでした。

    「Angry Dance」の絶叫はビックリするくらい激しくて
    「こんなに叫んで、喉は大丈夫
    あの、きれいな歌声に影響ないの
    とハラハラする程。

    それも、杞憂
    歌声はどこまでも澄んで表情豊か

    ちゃんとした発声で声帯を鍛えているんだろうな・・・

    3回目にして「Angry Dance」で泣きました。

    ウィルキンソン先生にお別れを言う場面では
    「あれ、セリフ忘れたの?」と思うほど
    間を取っていました。
    これは、私がセリフを知っているからそう感じただけであって
    自分の気持ちから湧き出るタイミングで言葉を発していたからだと思います。

    演出家からは
    演技とは
    「自分のままで、ただ置かれている環境が違うだけ」
    というアドバイスを受け
    未来くんはビリー役に関して
    「自分自身であることが大切」
    と感じているそうです。

    いや、そういうアドバイスを受けても
    それを体現することは難しいですよ。

    未来くんに限らず
    これまで観させていいただいた4人全員が
    この演出家の狙いを見事に体現していて
    4人4様の個性あふれるビリーになっていました。
    それが「全員観たい」という私の原動力にもなっています。

    「Born To Boogie」のピアノから飛び降りるところも
    それぞれ違っているんですね。
    ピアノが動かないように、いつもガッツリとピアノを抑えて
    土台職人っぷりを発揮しているブレイスウェストさん
    「あれ、今日は抑え方が軽いなぁ」と思っていたら、
    未来くんは宙返りをせず、
    前向きにそのままジャンプして降りていました。

    いやいやそれで十分ですよ。
    毎回ピアノの上から宙返りしていると思うと
    「今日は怪我してないかしら・・・」
    とおばちゃん、心配になっちゃいますもの。

    未来くんは台宙しなくても、縄跳びタップが完璧だから大丈夫。
    しかも、あや飛びしながらタップを踏んでいたので、
    驚きました。

    いつの日か未来くん主演で、アステアものが観たい

    「Electricity」の振り付けはバレエ中心でしたが、
    加藤くんとも少し違う気がしました。

    何度も観て、それぞれの振り付けを確認したい

    Blu-ray発売されないかな・・・
    できれば、5人全員ボックスで

    未来くんだけで、こんなに語ってしまいました。

    前田くんについては、次の記事で。
    Date: 2017.08.21 Category: ビリー・エリオット  Comments (0) Trackbacks (0)

    すべての子どもたちに 出会いとチャンスを

    「ビリー・エリオット」公式Twitterと
    佐々木誠さんのブログで
    山城くんデビューの一報を受けました。

    佐々木さんの言葉を借りれば
    「無事、見事デビューを果たした」とのこと

    おめでとうございます。

    これまで観た4公演の内、3公演のトールボーイは山城くんでした。
    全くの未経験者とは思えない、存在感と表現力で
    作品への熱い思いをトールボーイ役からも感じました。

    後から知ったのですが、私が観た8月18日マチネは、
    山城くんトールボーイのラスト公演
    この公演でトールボーイを卒業したとのこと。
    奇しくも貴重な公演を観たことになりました。

    夏休みということもあり、
    客席には親子連れも目立ちました。
    コミカルなシーンでは笑い声も。

    バレエスクールからの合否通知郵便が来たシーン
    ビリーの帰宅が待ちきれず、
    中身を観たいおばあちゃんとお父さん
    それを止めるお兄ちゃん
    このやり取りで子どもたちは本当に楽しそうに笑っていました。

    マイケルとビリーの「Expressing Yourself」では派手な演出もありますので、
    子どもたちはきっと目を輝かせて観ていたことでしょう。

    親子3代で楽しめるミュージカル
    これを目指したホリプロさんの思いが実現しつつあると感じました。

    しかし、一方で複雑な思いにもかられます。

    チケットはS席1枚13,500円、A席9,500円
    映画の約10倍

    枚数限定ですが、親子ペアチケットも発売されるそうで
    こちらはS席2枚1組で18,000円
    A席2枚1組で13,000円
    これはかなりお得ですが、それでもね・・・

    仕事で係った子どもから
    「映画はテレビで見たことあるけど、映画館は行ったことない」
    という話を聞いたことがあります。
    理由を聞いてみたら
    「連れってって言ったんだけどぉ、高いからダメだってぇ」だとか
    聞いたときは少々ショックでした。

    「観たい」と思ったら、気軽に行ける
    劇場がそんな場になって欲しい
    しかし、制作費が莫大で、映画の様に同時多発的に発信できない舞台のチケットが高くなるのは必然。

    かつては庶民の娯楽であった歌舞伎が
    今は敷居の高いものになってしまっているのと同様
    悩ましいところです。

    生まれた家庭の経済状況によって、子どもが出会う文化に格差が生まれている現実

    ご批判を覚悟の上で言わせていただくと
    この作品の舞台に立っている子どもたちは
    そもそも、バレエやヒップホップやピアノ等を習える環境で育ってきたり
    「ビリー・エリオット」のDVDを観る機会があったり
    オーデションのために、外国から日本に来たり
    地方から東京へ来たりすることが可能な
    家族の理解と援助があったり

    厳密にいうとビリーとはかなり違う環境で育ってきた子どもたちな訳で・・・

    しかし、困難な環境の中でも自分らしく生きていこうとするビリーと
    舞台に立っている彼らには、多くの共通点があることも
    この作品を観ていれば、ひしひしと伝わってきます。

    ビリーはひょんなきっかけでバレエと出会い、夢を追い求めて行くわけですが、
    そんな出会いが日本の子どもたちにも、もっともっとあると良いなぁ。

    この作品が、そのきっかけになることを願います。

    前置きのつもりで書き始めたのに
    長くなってしまいました。

    感想は、別記事で。
    Date: 2017.08.21 Category: ビリー・エリオット  Comments (0) Trackbacks (0)

    誘惑に打ち勝て!!!

    ビリー・エリオットに翻弄される日々は継続中

    3回目は8月17日 ソワレ

    ビリーは未来くん、マイケルは城野くん、
    お父さんは益岡さん、ウィルキンソン先生は柚希さん、
    おばあちゃんは久野さん、トニーは藤岡さん、
    オールダービリーは栗山さんという布陣

    4回目は8月18日 マチネ

    ビリーは前田くん、マイケルは古賀くん、
    お父さんは吉田さん、ウィルキンソン先生は歌穂さん、
    おばあちゃんは根岸さん、トニーは中河内さん、
    オールダービリーは栗山さんという布陣

    これで、ビリー4人クリア
    幸運なことに、マイケルも4人コンプリートできました。

    あと一人のビリー
    山城くんは、本日ソワレが初日ですね。
    全く関係ない私でも、ドキドキするのはなぜでしょう。
    良き初日になることを祈っています。

    8月18日マチネは、当日券で入りました。
    前日のソワレも当日券窓口に列ができていたので、
    余裕を持って発売の1時間前に行ったのですが、
    すでに列ができていて、私は14番目でした。
    その後も、どんどん列が伸び、
    最終的には、40人位並んでいたのではないでしょうか。
    (ちゃんと数えてないので、目分量)

    この日の当日券は
    前方列上手、下手の見切れ席とセンターブロック最後列
    最後列と言っても、センターブロックの最後列2列分には
    卓が設置されているので
    実質は後ろから3列目ということになります。

    私は「Dream Ballet」のコンビネーションを観たかったので、
    迷わず最後列を選びました。

    立ち見も出ていました。
    立ち見はこの日だけでは無かった模様・・・
    徐々に盛り上がってきましたね。

    私ももう少し遅く行っていたら、立ち見でした。
    おばちゃんなので、立ち見は勘弁

    当日券の列に並んでいたのは、
    若い女性が多かったですね。
    流石、前田くん

    先日のリピチケで入った加藤くんの時より良い席。
    やはり、リピチケより当日券の方が得か・・・

    しかし、当日券は手に入らないとか立ち見というリスクもある
    しかもこの暑い中、長時間並ばなければならないという最大のリスクがある。
    リピチケは1000円安い

    う~ん
    いや、いや
    悩む必要はないんだよ、自分

    9月は、山城くんと未来くん、2公演確保しているし
    もう、これ以上増やす予定は無いのだから・・・

    無・い・よ・ね

    社会人なんだから
    耐えよう

    9月は、「デスノート」とこまつ座もあるじゃないですか。

    間違っても、大阪まで追いかけていくなんてこと絶対しないように。

    地方まで追いかけていくのは、坂本さんだけにしたい。

    と、この場を借りて
    自分に言い聞かせてみます。

    感想は、別記事で
    Date: 2017.08.20 Category: ビリー・エリオット  Comments (0) Trackbacks (0)

    浮気宣言改め 本気がいっぱい宣言

    >かこさま

    お久しぶりです。
    コメントありがとうございます。

    > 浮気宣言、生真面目なぽんさんらしいです。

    よく言うと生真面目ですが、
    要するに頭が固いんですよね。

    先日Tさまより
    「浮気じゃなくて、本気で良いと思いますが?
    わたしも『本気がいっぱい』ですから」
    というアドバイスをいただき
    私も「本気がいっぱい」で、もう少しビリーに突き進むことにいたしました。

    最近、CDが発売されても1形態しか
    購入していなかったのですが、
    今回のアルバムは3形態購入して、
    微力ながらも売り上げに貢献したので、
    それでご勘弁をいただきたいと思います。

    > 名古屋の初日で見た坂本くんは、探り探りながらもフッと入ってる時の表情が堪りませんでしたよ!

    風のうわさで、名古屋に入られたことは聞きました。
    表情が見える場所にいらしたのですね。
    ”探り探り”というのも、ツアー初盤の魅力ですよね。

    > 10月には戻ってらしてね〜。

    今の自分のビリーへの本気っぷりを考えると
    ちょっと自信はありませんが、
    一昨日のMステを昨日再生して観たところ
    ちょっと心が動いたので、(ちょっとですけど
    10月には戻れるのではないかと思います。

    久しぶりの生歌でしたし・・・。

    しかし、石野卓球さんの詩曲に、
    串野さんの衣装、首藤さんのポージング
    「どんだけ金かけてんだよっ!」と息子が驚いていました。
    しかも、それが1曲じゃなく
    他の曲もけっこうお金かけてる訳で・・・

    まさに、無理したなV6

    「それでも採算が取れるから、やってるんだよね。
    もしかして、今やエイベックスの稼ぎ頭?」
    と息子が言うので、
    「安定して売れるのは、この時代貴重だからね」
    と答えておきました。

    「でもさあ、あの高そうな西陣織も
    私たちが出したお金で織られてるんだよね」
    と私がつぶやくと
    「あのさあ、そういうこと言い出したら、
    ファンとしては終わりだよ」と一蹴されました。

    すみません。

    この夏の真っ盛りに、
    あの暑そうな西陣織の衣装を身にまとい
    渋くかっこよく歌い踊る6人を観ていたら
    10月には戻れそう・・・
    という希望が持てました。

    ちなみに息子の感想
    「石野卓球の中では、ソフトな部類」
    「照明のせいかもしれないけど、
    坂本くん
    黒くねぇ

    いや
    それは、照明のせいじゃないと思う。
    Date: 2017.08.20 Category: V6徒然  Comments (0) Trackbacks (0)

    「この夏は 浮気します」宣言

    昨日より
    【V6 LIVE TOUR 2017 The ONES】がスタートしました。

    名古屋はすごい雨だったようで・・・
    誰のせいとは申しませんが。

    セトリやらグッズやら
    盛り上がってる模様

    しかし私の初日は10月
    まだちょっと先なので
    予習にも身が入っておりません。

    予約していたアルバムも一日遅れで取りに行き
    4日遅れの本日やっとA盤のBlu-rayをデッキに入れました。
    途中でやらなければならないことができて、中断
    まだ全部見てません。

    チケットもまだ手元には届いていませんし、
    ツアーに向けては徐々に気持ちを作っていけば良いかなぁと思っています。

    【V6 LIVE TOUR 2017 The ONES】は
    私にとっては秋のイベントなので、
    私の中でのこの夏の一大イベントは
    「ビリー・エリオット」です。

    イギリスで制作発表された時から気になっていた作品
    2009年のトニー賞授賞式でパフォーマンスを観て
    「これは日本では無理だな」と思っていました。

    その後ミュージカル化10周年記念公演のBlu-rayを購入して
    何度も 何度も観ました。

    夢をあきらめないビリーと家族の愛が物語の軸
    そこに胸打たれるのはもちろんですが、
    私が惹かれたのは、マイケルに象徴される「自分らしく生きること」の大切さと
    苦難の時代の中でも前を向き続ける労働者の姿でした。

    日本版が上演される
    しかも主役のビリーはオーデション

    という情報を知った時は驚きました。

    不可能だと思ったことに挑もうとしているホリプロさん

    最近読んだ社長さんのインタビューで
    「オーデションで出来る子が見つからなかったら、公演を止めるつもりだった」
    という趣旨のことをお話されているのを知り
    「なんというチャレンジ精神
    っていうかばくち打ちだわぁ」と半ば呆れつつ、尊敬しました。

    長い長いオーデション中も、たまに出る情報にドキドキし
    遂にビリーが決定した時は「ここまで来たか」となんだか妙にほっとして
    最速でチケットを手に入れた時は、まだ大人のキャストスケジュールも発表されていませんでした。

    その後、怒涛のような宣伝攻勢についていくのが少し大変で・・・。

    ビリーのキャストスケジュールが発表されてから、
    追加でもう1枚、一番気になっていた未来くんの日のチケットを取りました。

    迎えた私の初日は8月4日マチネ
    ビリーは木村くん、マイケルは山口くん、
    お父さんは吉田さん、ウィルキンソン先生は歌穂さん、
    おばあちゃんは根岸さん、トニーは中河内さん、
    オールダービリーは栗山さんという布陣でした。

    C列でしたので、3列目かと思っていたら
    最前列
    しかもセンターブロック上手寄り
    キーボードを弾きながら指揮をしている方は、
    オケピの外の舞台下にいらっしゃるのですが、
    楽譜をめくる音まで聞こえる近さでした。
    もちろん舞台上の方々の声は、スピーカーを通してというより
    生声そのものでした。

    冒頭のリトルボーイが登場して、
    ドキュメント映像を観るシーンからもう泣いていた私。

    最年少10歳の木村くんは、演技を感じさせない自然体
    その自然さが、リアリティを感じさせる
    身体能力の高さは流石で、アクロバットが綺麗
    フライングの姿勢も素晴らしい
    ヒップホップ系の振り付けでのノリの良さは流石

    「Electricity」の歌詞が制作発表パフォーマンスの時と少し違っていました。

    驚いたのは山口くん
    ビリーと違い、マイケルは情報があまりなかったので、
    歌い始めた時に「これはすごいぞ」と直感しました。
    ちょっと鳥肌が立つほどの声でした。

    マイケルとビリーの関係は、この作品のもう一つの重要な軸なので、
    宣伝においても、もう少しマイケルくんたちにスポットを当てて欲しいと思います。

    大人キャストについても語りたいことは山ほどありますが、
    きりがないので省略

    幕が降りても、興奮冷めやらず
    迷わずリピーターチケットの列に並びました。

    バレエ部分に若干の物足りなさを感じたので、
    二日後の加藤くんの日を選びました。

    8月6日マチネ
    ビリーは加藤くん、マイケルは持田くん、
    お父さんは益岡さん、ウィルキンソン先生は歌穂さん、
    おばあちゃんは久野さん、トニーは中河内さん、
    オールダービリーは大貫さんという布陣

    1階後ろから2列目でしたが、思っていたより近い

    バレエはもちろん期待通り、いやそれ以上
    手の先、足の先まで美しかった。
    加藤くんはバレエが得意だということは知っていたので、
    驚きというより「うん、これこれ」という安心感

    驚いたのは、声が良く、歌もうまいこと。

    ビリーは12歳の設定なので、
    思春期初期
    子どもでもなく
    しかし、思春期と真っただ中でもなく
    微妙な時期

    木村くんはまだ「子ども感」が強かったのですが、
    加藤くんのたたずまいは、このデリケートな年頃にどんぴしゃりでした。

    「Electricity」の振り付けは、木村くんと加藤くんでは違っていました。
    それぞれの個性や得意分野に合わせて、振り付けを変えているようです。

    来週は未来くんを観に行くことが決まっているので、
    これで、5人中3人制覇ということになります。

    ここまで2人を見て「Angry Dance」が少し大人しいな・・・と感じてしまったので、
    他のビリーも観たい!という欲望が沸き上がり
    抑えきれず

    昨日10時に東京後半と大阪の子どもキャストスケジュールが発表になりました。
    10時ぴったりにアクセスして、確認。
    一瞬の迷いはあったものの、
    「彼らのビリーを見られるのは、今年しかない」と思い
    意を決して、山城くんと未来くん2回目のチケットを確保しました。

    前田くんは私の9月の予定と合わなかったので、
    8月中に当日券で行くことにします。

    「ゾロの熱に浮かされたあの頃のようだな」と自分に呆れつつ
    この夏は敢えて浮かされようと思います。

    現実に戻ると、緊縮財政は避けがたく
    しわ寄せは当然V6へ
    ちょっと引くほど多い掲載雑誌も一切買わずに我慢する
    ツアーは現在確保できている横アリ1公演と静岡1公演のみでそれ以上増やさない
    グッズはパンフの他に1つまでに絞る
    ことを強く心に誓いました。

    こんな仕打ちをしておいて、言えた義理ではありませんが、

    久野さん、歌穂さん、佐々木さん、森山さん、加賀谷さん等
    これまでの共演者もたくさんご出演なので、
    ツアーでお忙しいでしょうが、
    坂本さんにもぜひ「ビリー・エリオット」ご覧いただきたいです。
    Date: 2017.08.12 Category: ビリー・エリオット  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード