今日はじっくり髭無し鑑賞

    「今日は休みだから、ここらあたりの片づけやっておくね~

    久々の時間的余裕有りのお休みゆえ
    「母親らしさ」をアピールしようと、登校前の息子に『今日の家事 目標宣言』をしてみたところ

    「それだったら、20分で終わるね」と返す刀でバッサリやられたぽんです。

    ここ数カ月の夕飯調理率
    90%の息子と
    わずか10%の私

    メニューのレパートリーを広げ続けている息子に対し
    益々ワンパターン化に拍車がかかる母

    先日泊りがけで出かける時に
    「その間自炊でよろしく」と言ったら
    「自炊いつもだけどね」とまたしてもツバメ返しでした。

    家庭内における地位は完全に逆転しています。

    まあでもいいんじゃない。
    実家暮らしでも、一人暮らし感も味わえるという
    1粒で2度おいしい感じが・・・。

    できれば、早く自活して家を出て欲しいです。
    一人好きの私としては、一人暮らしに戻りたい。

    問題は就職しても自活できる収入があるかどうか・・・ですね。
    雇用問題は、大問題です。


    さて、遅くなりましたがコメントのお返しです。


    >つむつむ様

    > 「タイミングが合うんだよね」

    この剛ちゃんの言葉も素晴らしいですが、
    その話題を振る時の坂本さんの嬉しさを隠しきれない感じがなんとも好きです。
    遠くから観ていても「嬉しそうだな」と感じていましたが、
    寄りの画面で見ると「ほんとに嬉しかったんだなぁ」ということが
    伝わって来ます。

    > いやぁ、しかし剛ちゃん。
    > 胡散臭さのかたまりのあのイノッチ相手に
    > 「うひゃひゃひゃ!」
    > と笑わずによく最後までがんばりました!(笑)

    剛ちゃんとしては、本当によく頑張りました。

    つむつむ様があげて下さったツボは
    ほとんど気づいていませんでした。
    「マネキン」以外はながら見だったこともありますが、
    やっぱりファンとしてまだまだですね。

    今日は少し時間があるので、ご指摘いただいたところをもう一度よく見返してみます。

    岡田くんのスクワットは、「ボフッ」だっかの、「ウホ」だったのかわかりません。
    「ボフッ」はイメージで適当に書いちゃいました。
    すっみません

    > 「こ、これはっっっ。
    > “きれいなゴリラ”へのオマージュ!?[絵文字:e-420]」

    ありましたね。
    “きれいなゴリラ”
    本人がやるので、オマージュと言えるかどうかわかりませんが、
    確実に“きれいなゴリラ”は意識していると思われます。

    > それにしても、坂本くん撮影のビデオカメラには剛ちゃん率が高い気がするのは、妄想フィルターのせいですか?(笑)

    いや、フィルターのせいではない気がします。
    確認します。

    > 本編DVDで、カメラのアングルによってマイクで口元が隠れて髭なしのように見える時があります。
    > 実はその時すんごいドキッ[絵文字:e-349]とときめいてしまったんですよね~[絵文字:e-415]。

    同じです。
    私がときめいたのはすべてアングル的に髭が隠れたシーンです。
    「ハピハピ」はスキップで飛ばすこともあります。
    観たとしても、坂本さんじゃなくて剛健を観ています。

    > とにかく、基本は髭なしということでいきましょう(だから、何目線なんだ)。

    はい、そうしましょう。

    髭無しの「MY ONE AND ONLY」の制作発表は久々に、ホッとしましたが
    髭無しの分「華が無い感」が増していて、全体的に地味さ満載でしたね。

    私はU-LA-LAしか観ていませんが、慈英さんの表情が心なしか険しかったのは
    例の熱○がらみの質問が多かったせいでしょうか
    相変わらず、気のきいたことも言えなかったみたいだし。
    でも、そこが好き。
    気のきいたことを言えるようになったら、100年じゃなくて10年の恋が冷めてしまうような気がします。


    > もうすぐ溝口くんに逢えますね。
    > 実はかなり緊張しております[絵文字:e-330]。
    > 夕べも本棚から『金閣寺』を手に取って
    > 「………。
    > やっぱり読めない。
    > なんか読めない[絵文字:e-263]。」
    > と、本からあふれ出てくる妖気…じゃない、オーラに圧倒されて固まっていたらだんなに大笑いされました。
    > なんかダメダメなやつです。

    うわっ、大変。
    本のオーラに圧倒されているんでしたら、剛ちゃん溝口オーラはその比じゃありませんよ。

    どうぞ、お気をつけて劇場へ。

    それから、会報ご覧になりましたか
    つむつむ様の萌えポイントはやっぱりあそこ(赤ペンで波線)ですよね


    >るる様

    お忙しい中、コメントありがとうございます。

     
    > 坂本くんなんでも踊れるんだわ~(LOVE!)

    私も、そう思いました。
    ちょっと尊敬します。
    いや、ちょっとじゃなくて、とてもとてもリスペクトです。
    これまで経験したすべてを自分の血肉にしているところが、彼の強みですね。

    ライブDVDを観て、「MY ONE AND ONLY」のダンスが益々楽しみになりました。

    > そして坂本くんのほっぺたの赤いのについて
    > 結構、前からだと思うんです

    そうなんですか。
    気になりますね。
    年齢も年齢だし、
    しっかりケアして、大事にしていただきたいです。

    また、ゆっくり語りましょうね。



    >SECRET M様

    はじめまして・・・でしょうか。

    コメントありがとうございます。

    コメントを読ませていただき、自分の深層心理に気づかせていただきました。

    「坂本さんのすべてを受け入れよう」と心掛けてきたのに、
    無意識に受け入れられないものがあったのことを。

    私も「ビデオ撮りの時はお願いだから剃って下さい」と願っていました。
    「横アリで髭あり」を目の当たりにして、正直凹みました。

    髭無しだったツアー前半が懐かしいです。

    お察しの通りSEXY盤は100%髭です。
    ラスベガスとプロモ映像と前半のMCで髭無しが見られるWALK盤をチョイスされたことは、
    非常に読みの深い懸命な判断ですね。
    DVDを選ぶ基準が「髭の有無」って・・・。
    それだけ、アイドルにおける髭は重要な問題なのだと認識していただきたいですね。

    私も本編を見て、坂本愛を呼び戻そうとしてします。
    しかし、愛を呼び戻すのに努力している時点で、「そんな自分ってファンとしてどうよ」とも思います。
    正確に申しますと、「愛」だったら「努力」も必要かもしれません。
    でも、「恋」は違いますね。
    「恋」に努力は不要。
    「愛」は育てるもの、「恋」は堕ちるものですからね。

    坂本さんへの気持ちが「恋」から「愛」に変化した
    と、前向きに考えるようにします。

    >不思議と剛君の髭面は気になりません。

    そうなんです。
    これが、ほんとうに不思議です。

    このなぞはいまだ解明できません。

    よろしかったら、またコメントくださいませ。


    さて、そろそろ家事に戻らないと・・・

    母親としての面目を保つために。

    今日の夜、知り合いのボクシングの試合を応援するために、後楽園ホールに行きますが、
    それまで時間があるので、ながら観だったWALK盤をじっくりと鑑賞したいと思います。

    Date: 2012.01.26 Category: V6ライブDVD  Comments (6) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    TRISTAR777

    Date2012.01.28 (土) 19:55:31

     ぽん様及び今回のコンサートDVDで坂本さんの髭があることに苦悩している人(人々?)に告ぐ。
    > 「横アリで髭あり」を目の当たりにして、正直凹みました。
    > 髭無しだったツアー前半が懐かしいです。
     笑止!。「前半は髭が無かった、半分も髭なしだった」と感謝すべです。
    > DVDを選ぶ基準が「髭の有無」って・・・。
     それにシングルCDも加えて下さい。
     森田さんの髭がないことを切望する者から見れば、全てに髭があるわけではない、ましてや発売される動画メディアが連続で髭ではない、というのはとても幸せなことです。
     私のようなまだ年月が浅い森田さんの髭無切望派は、まだマシです。もっと前からの森田さんの髭無切望派さんは、そんな苦悩をもっと長期間味わっています。ちょっとはうちらのその苦しみを味わってみるとよろしゅうおます。
     因みに、マイクや手(踊りの振りで)で髭が隠れた瞬間の動画をキャプチャーしタPCの壁紙に手を合わせ、「きっと未来は(髭無で) So So So good」と常日頃私は「星に願いをプロ~ミス~」です。サテ何処マデガ真実デショウ?(注:Coolが正しい歌詞ですが、英語難聴者の私にはグッデイ!!の歌詞が当初そう聞こえたのでそのままです)

     冗談はこの位にして(半分は本気です。で、本当は前述文章全文をエセ京都弁にしたかったです)。
     遅ればせながら、ぽん様、こんばんは。お伺いした本題は「金閣寺」舞台についてです。前エントリーにコメントしようかと思ったのですが、こちらに。
     昨日の東京凱旋公演初日に行きました。以下、推定形で書くべき部分も、主観的に断定形で書かせていただきます。
     昨日は、最後の「生きよ」の部分の演出が変わっていました。動きと台詞の連動タイミングを変え「生きよ」の部分の言い回しを微妙に変えただけの些細な変更です。が、恐らく昨年KAAT公演の際にここでお話させていただいたような感想を持ったぽん様と私にとっては、激変といえる変更です。
     今回のその部分の演出も作品の流れとしては十分であり、しかも三島原作寄りです。昨年の演出より、より正統派。そしてユングなどの説く所による集合的無意識が発する台詞に変わっていた。
     が、私の”趣味”としては、前回の方が絶対に良かった。終演のカーテンコール?の際、前回は「なんで急に消えたんだ?」と呆然としていましたが、今回も別の理由「なんで演出を変えてしまったんだ」で呆然としていました。
     舞台は生き物で演出?は日々変わるものと聞いています。が、私が好きだった以前の演出に戻ることはないでしょう。凱旋公演用に新しく刷新されたパンフレットの森田さんのコメントからも、そう考えられます。

     今回の観劇でぽん様も以前と変わった演出を目にされるでしょう。お忙しいとは思いますが、感想エントリーをかかれる際には、どちらの演出が好だったかも加えていただけないでしょうか、というお願いのコメントでした。
     では、失礼しました。

    -

    Date2012.01.27 (金) 16:44:20

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    つむつむ

    Date2012.01.27 (金) 10:33:32

    ぽん様

    おはようございます。

    立て続けにすみませんe-466

    昨日のボクシング観戦はいかがでしたか?
    お知り合いの方はどうだったのでしょう。
    観に行ったことがないのですが、観戦すると気分がスカッとするのでしょうか?e-281


    ところで、コンサートDVDの売れ行き、好調のようですねe-278
    なにより、なによりe-454
    オリコン週間総合1位の後、今週発売分がランキングしてきた日のデイリーランキングでも、先週以前に発売したDVDの中ではいちばん売り上げが多かったようです(全体のランキングでは20位)。
    そして昨日は、前日の総合ランキング20位からまた10位にジャンプアップ!e-29
    発売翌週からは売り上げがどーんどん落ちていくのがV6の常だったのに!?(コラコラ 苦笑)、どうしたことでしょう???
    やっぱりちょっとだけ波が来ている?v-466
    …なーーんて、いやいや、驕らず、謙虚に、感謝の気持ちでまいりましょう。


    さて、そんなDVDにどっぷりはまっている毎日ですが、今日ばかりは平家派にシフト、ですね。
    少クラプレミアムの平家派未公開トーク、楽しみですe-420
    安心して楽しめる、有り余るくらいの彼らの安定感に、今ゆるゆると浸りたい気分です(笑)。
    あ、Vもまったりと“安定”しているとは思いますが。
    じゃあ、ハラハラするのは何?どんな時?
    あはは。



    そういえば、『MY ONE AND ONLY』公式サイトのスタッフさんのブログも更新されていたんですね。
    ひさしぶりに観てビックリしました。
    坂本くんのこともいろいろ細かに書いてくれていて、うれしいですe-446
    これからも更新が楽しみです。
    アンサンブルの方たちのブログでも坂本くんの人柄を褒めてくださる内容がいくつかあって、なんだかとっても幸せな気分ですe-266


    スタッフブログによれば今回の舞台は坂本くんの歌がたくさんあるみたいですし、アンサンブルさんブログによればダンスも多いとか(あれ、これはアンサンブルさんのダンスのことなのかな???)。
    とにかく楽しみです!e-415

    ぽん様は、今は剛ちゃん(金閣寺)のことで頭がいっぱいでしょうか?(笑)
    気が向いたら、スタッフブログ等も読んでみてくださいませe-348
    うふふ。



    さあ、出かけるついでに、オリスタ確認してこなくちゃ!

    ぽん様も今日はまたお仕事ですよね。
    お疲れの出ませんように…!
    お返事はお気になさらずe-454

    失礼いたします。

    甘楽ちゃん

    Date2012.01.26 (木) 19:10:50

    こんばんは、おヒゲにこだわってますね。凄く熱く語っている時も論理的なイメージのぽん様らしくないくらい?
    おヒゲの好みは生理的なものなんだと思います。私は逆に「ビデオ取りだから剃っちゃったかな~?きゃ~~おひげ~~~~!!!!」と喜びました。(胸毛がだめなんです)
    とっても好きな人なのに、生理的に受け付けない、これは辛いですね。

    ドラマ”早海さん~”をみて「男の子の育て方はだいじだ!!!」と強く思いました。わが家も弟子に!

    -

    Date2012.01.26 (木) 14:50:40

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    つむつむ

    Date2012.01.26 (木) 14:45:27

    ぽん様

    息子さん、すばらしい!e-420
    うちの息子をしばらくお預けしますので、鍛えてやってください!(笑)
    なんにも自分でやらない、できない特に次男坊くんe-263
    「こいつ、私が○んだら(言霊が怖いので伏字で 苦笑)生きていけないんじゃない?」
    と思うズボラぶりです。
    そんなやつに育てたのは、ハイ、間違いなく私です(海より深く反省)。
    まあ、私がいなくなったらなったで、なんとかちゃーんと生きていくんだとはわかってますが(笑)。
    まずは、とにかく精神的に強くなってほしい。
    打たれ弱いのも母譲り?(笑)



    ところで、コメントのお返事ありがとうございますe-266
    今日は、ラスベガス珍道中鑑賞ですか?e-420

    おととい、やっとラスベガス編をもう1回リピートできたので、その時に萌えたツボをまたまたおしゃべりさせてくださいませe-446(順不同ですが、すみません)。


    アメリカでのゾロとの遭遇。
    「ツーショットで撮ろうよ」
    と言ってくれた健ちゃん、本当にありがとう!
    まあくん、ホントに無邪気にうれしそう。
    だから、やめらんないんだよねぇ、あなたのファンを…と思ってしまう(そんなアホですe-349)。


    「6人で書いてもらおうよ」
    と駄々をこねる!?末っ子ぶりがかわいい。
    どうした、岡田?(笑)
     

    絵描きさんにお金を払うお父さんに胸キュンe-415
    「five dollar?」(聞き間違ってたら笑ってやってください)
    みたいに英語で自然に言ってるのもステキ(英語コンプレックス 笑)。


    時間UNOの後に体が固まってすぐに動けず、立ち上がる時の動作がジジイくさくて、キュートe-349
    (1/27追記:“4”時間じゃなくて“3”時間でしたね、失礼しました~)
    やっぱり40なんだなぁ…と親近感e-446(笑)。

    イノッチの
    「誰かUNOやる?」
    の呼び掛けに
    「いいね!」
    とサッと応えて動く剛くん。
    こういう時の反応が、この人すごいなぁ…と思うところ。
    誘って誰も乗ってこないのもさびしいし(特にイノッチの性格だと)、断るのもしらけるし、いやいややるのもつまんないし…って、相手を傷つけずに場を盛り下げずにちゃんと自分も楽しむことが瞬時にそして決して無理せず自然にできるのが、この人の持って生まれた優しさという名の才能なんだろうなぁ…と思う。
    その絶妙のセンスとタイミングに脱帽ですe-420


    足組んで首をかしげて眠る姿にキュンキュン。
    あ~、鼻つまんで起こしてやりたい!(コラ)
    あ、剛ちゃんが足の裏を撮っていたのは、白目でうとうとしている時とはまた別の、爆睡している時でしたねe-446


    剛ちゃんにコーラを取ってあげる前の健ちゃんと話している時のリラックスした表情も好きe-266


    イノッチの即興曲をいちいちメモっている岡田くんが愛おしい。
    あれは岡田くん個人のノート?
    おもしろい子だなぁ…e-454


    『WALK』PV撮影!?時の縦並びの時、なぜに剛ちゃんだけあんなに小さい!?e-330
    遠近法だけとは思えない身長差に、ほかのカミセンはちょっと高いとこに立ってる!?と疑う私e-450(笑)。


    今思い浮かぶだけだとこんな感じです~。




    ところで、『演劇男子』といういかにもビミョーなタイトルの雑誌をご存知ですか?
    おもに若手!?の男優さんのインタビューがいろいろ載っている雑誌でした(佐藤健くんとか三浦春馬くんとか、あ、井上芳雄さんも載ってました。)。
    その雑誌の中の上半期のおススメ舞台という特集に、金閣寺もMY ONE AND ONLYも紹介されてました。
    坂本くんのことを、

    「ミュージカルの世界になくてはならない存在になりつつある(V6の)リーダー坂本昌行」

    と表現してくれてました。
    うれしかったですe-446
    買うほどではないかと思いますが(コラe-263)、機会があればせひ立ち読み(笑)を。



    雑誌つながりでは、1/27発売のオリスタに坂本くんの製作発表のレポが載るみたいですね。
    また、半ページ(1/4ページ!?)くらいでしょうか。
    でも、楽しみですe-266
    (1/27追記:2ページも載せてくれましたね~。
    オリスタさん、半ページなんて言ってごめんなさい、そしてありがとう!)


    ワイドショーはほとんど取り上げてくれませんでしたねe-263(苦笑)。
    結局、例の話題については、私もネットの記事でしか確認できませんでした。
    でも、坂本くんにしては上出来の受け答えだったのでは?(笑)
    (しかし、
    「答えればいいんですかね?」

    「答えればいいんですよね?」
    では、たった一文字違いでもずいぶんニュアンスが違います。
    ホントにマスコミっていいかげん… 呆)
    私も、スラーッと上手に交わせるような坂本昌行はいりません!?(笑)
    タジタジ、上等ですe-446(アホ~)。



    それから、オリスタは、2/10発売剛…じゃない、号もまたVが表紙だそうです!
    今度はシングルについてですね。
    オリスタのスタッフの方が、ツィッターで

    「新曲『バリバリBUDDY!』のお話もたっぷりとお聞きしましたよ~。」

    と言ってくれています。
    楽しみですね!


    ツィッターつながりで最後に金閣寺話題を。
    いいとも出演後の亜門さんが

    「いや〜いいともで興奮し過ぎて、また大人げないところを見せてしまったと今、反省中、、、。でも本当に森田君の溝口は、うまいとかを越えてそこに存在しているんです!一人でも多くの方に最後になるだろう このメンバーの「金閣寺」を観てほしいな。」

    と言ってくれてます。
    うれしいですね。

    >うわっ、大変。
    >本のオーラに圧倒されているんでしたら、剛ちゃん溝口オーラはその比じゃありませんよ。
    >どうぞ、お気をつけて劇場へ。

    ええ~!e-447
    やっぱりそうですか!?e-330
    実は、そんなことになるのでは…と超緊張しております。
    うう~、舞台にとりこまれちゃうかも。
    怖いよ~e-350(笑)。
    舞台の後、“喰われてしまった”つむつむをご期待ください!?

    バブル世代ですから!
    わかりにくいもの、難解なもの、どんとこい!ですe-442
    (←先日の岡田くんのラジオでのKさん話関連です。
    わりと客観的なレポを見つけました)。

    どうなっっちゃっても大丈夫!
    その後に、大好きなミュージカルスターの舞台が待っていますからe-415
    えへへ。


    今日は、ボクシングですか!
    すごーい。
    痛いもの系は苦手なつむつむですe-330(さすが、打たれ弱いやつ)。
    岡田くんの映画を観てるだけで、痛くて貧血起こしそうになったやつですから(笑)。
    知り合いの方が出場されるんですか?
    ひゃあ~!
    応援がんばってくださいね~e-281


    すみません、また長くなりました。
    それでは、また。
    失礼いたします。

    p.s.
    >それから、会報ご覧になりましたか
    >つむつむ様の萌えポイントはやっぱりあそこ(赤ペンで波線)ですよね

    うふふ。
    図星です。
    バレバレですね(超わかりやすくてすみませんe-264)。
    赤ペン剛ちゃんを愛しそうに見つめる坂本くんを妄想するだけで、デレデレ~e-349ですe-415(笑)。
    えへへe-446

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード