DVDでお腹いっぱいなのに、もう「金閣寺」Week

    26日の木曜日、ちょうどお休みの予定でしたので、
    「平清盛」スタジオ見学ツアーに申し込んでみました。
    ・・・が、予想通り、見事に落選したぽんです。

    10組の募集に2000組を超える応募があったらしいです。
    当たる訳無いですね。
    最近「落選」という言葉と仲良しになり過ぎてます。
    何とかブレイク・スルーしなければ・・・。


    さて、暇さえあればLIVE DVD「V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!」を観てま~す

    ・・・と言いたいところですが、暇が無いです。
    それでも、隙間的暇を見つけては、ガン見してます。

    ・・・で気がついたこと。

    なぜ、このDVDを観て急速に剛くんに傾いたのか。

    コンサートにおいて
    森田剛の髭は許せるが
    坂本昌行の髭は納得できない。

    というのがどうも大きな要因らしいです。

    この定義における

    「許せる」=できたら無い方が良いが、あってもさほど気にならない。
          剛くんにとって自分のシャイな部分をフォローするアイテムだと理解しているので、
          許容できる。

    「納得できない」=役柄として髭が必要な場合は問題ないが、コンサートにおいてその意義が認められない
             セクシーさを演出しようとするあざとさが見えて、もやっとする。
             「あなたは、身のこなしそのものがセクシーなのだから、髭は余計だと思う」と
             声を大にして言いたい。
             ゾロパーマに髭は合うが、あのヘアスタイルに髭は合わないと思う。

    あくまでも個人的な好みの問題です。
    森田剛の髭撲滅論者のT様にとっては、論外でしょうし
    心の広いお姉ちゃんT様に対しては、こんな暴論吐いて、申し訳ないとは思いますが、
    ダメなものはダメなんだなぁ・・・これが。

    今まで坂本さんのビジュアルに対しては
    「歌って踊ってさえくれれば、ビジュアルは何でもOK」と受け止めるつもりでいたのに。

    なぜ、自分がそうなってしまったのか。

    やっぱりファンとして意識が後退してしまったのだろうか。
    (自問自答)



    ここからは、コメントのお返事です。


    >拍手コメントのsecret S様

    准くんファン的には、あれで大丈夫ですか?
    私は、ツアー・ドキュメントで逆に准くんを一層好きになりました。
    「ボフッボフッ」と言いながら、スクワットする姿が特に好きです。
    ジャンケンしながらバナナを食べる表情も「やるな」と思いました。
    さすが、映像作品に強い准くん。
    舞台演技の坂本さんとは違います。


    >つむつむ様

    暇が無いので、睡眠時間削ってます。
    でも、やっぱり影響が出て、金曜、土曜は凡ミスをしてしまいました。
    睡眠時間は優先したいと思います。

    DVDの誘惑に打ち勝て自分。

    小ネタ&情報のシークレットコメントもありがとうございました。
    ご自分のご意見を述べられた部分は、シークレットにするのがもったいない内容です。
    良かったら、リライトして、ぜひ公開を


    ちょっと前にいただいたコメントですが・・・

    > そして、とても印象的だったのが、スパノバがファンに(いちばん)人気があると聞いて、6人ともが
    > 「へぇー!」
    > と答えた(思っている)こと。
    > なんか、このファンの感覚(想い)とのギャップが、ある意味V6に惹きつけられる理由のひとつなのかなぁ…、と私にはすごく象徴的にも思える部分でした。

    なるほど、そういう見かたもありますね。
    流石、お優しいつむつむお姉さま。

    優しくない私は
    「鈍いよ、君たち。まさか、かまとと
    と、思いました。

    でも、狙ってやってるあざとさがないある種の純粋さに、私たちは惹かれるんでしょうね。

    > そして、いよいよ二股宣言なさいますか!?

    二股宣言というより、
    メイン森田
    サブ坂本
    になりそうで怖いです。

    > さて、そんなぽん様愛しの剛ちゃまについて、月曜日いいともテレフォンの亜門さんがツィッターでうれしいお言葉を。
    > それを紹介して、今日はおしまいにしたいと思います。

    嬉しいですね。
    告白します。
    快くんのいいともは、録画もしなかったのに、
    亜門さんのいいともは、しっかり予約しました。

    > 最後の
    > 「スェクシー!」
    > にズッキューンとまたまた撃ち抜かれてしまった、単純なやつです。

    私は、打ち抜かれたというより、ほっとしました。
    微妙な小芝居から脱出できただけでなく、
    アイドルに徹している坂本さんが一番好きだからだと思います。
    四六時中キメ顔しているのは、疲れると思いますが、
    老体にムチ打ってできるだけキメ顔キープでお願いします。


    >GOママ

    最初に監督さんらしき人の斜め後ろからのどアップ映像と何やら書いている映像で、
    「6人を見て、構想練ってるよ。」
    「脚本書いているよ。」とネタばれしているのにね。

    「ドキュメンタリーだ」という人間の先入観って怖いね。

    > 私自身の衝撃は11日目の10月9日の撮影分ですね。

    私もそう、思いました。
    あの忙しい中、これだけのものを撮っていたなんて・・・
    その他の日も、一発OKばかりではなかったでしょうし
    休憩時間を削って作った茶番は、値千金です。

    > イノッチが(+剛君)の会話が、ドキュメンタリーの意図やらを暗示してると判って見直すと、なかなかの作り込みと思います。

    この二人の会話が大変重要は役目を果たしていますね。
    快くんは、この部分の他に坂本くんや博さんとのからみの役割も担っているので、
    大活躍です。
    でも、トニセン劇団はどうも胡散臭い。

    > マネキン話に結局唯一絡まなかった剛君は、無理だと判断されたのかな?

    たぶん、笑っちゃってダメだったんだと思います。
    快くんとの会話でも、笑いそうになっていたところがありましたし・・・。
    坂本さんのあのクサイ芝居に対峙したら、眼も見れないでしょう。
    笑わずにできた他の4人がすごいと思います。
    私なんか、ずっと爆笑してましたから・・・。

    > 健ちゃんはリアクション芝居がバツグンなので、バスローブの時の演技と岡田君の通訳演技が良かったです。

    ほんとに、良かったです。
    健ちゃんの通訳
    准くんはちょっとしか耳打ちしていないのに、延々と通訳したりして
    「あんな一瞬で、そんなにしゃべったの
    「通訳できる健ちゃんって何者
    「やっぱり地球外生命体
    ともろもろ楽しめました。

    > セリフの無い岡田君というのは「HUD」を思い出しました。

    そうそう。
    准くんは一度「マネキン的な物」になった経験があるんですよね。

    > 坂本君ファンには、ある意味オイシいなと。

    正直、あまりおいしくないです。
    あの演技を見るのはむずむずします。

    「食を語る博はあまり観たくない」
    とおっしゃっていたM様はどんなお気持ちでご覧になったのか
    気になるところです。


    > 新潟かな?あの時の坂本君の右頬の赤みが気になりました。

    そうですね。
    あれは、何だったんでしょうね。
    肌荒れ
    誰かにひっぱたかれた

    > 今回の試みはファンに挑戦みたいで、私は好きです。

    そう、挑戦ですね。
    挑戦を受けて立てるファンが揃っているのがVファンです。

    > 坂本君の「You'll~」は入らないだろうと思ったら、ここで聞けたのは嬉しかったです。

    これ、許可取ったんですよね
    かなり思いきったファンサービスだと思います。

    所々に入るほんとのドキュメント(ソファーで寝ている剛ちゃんとか)も貴重です。


    > 本編もいっぱい言いたい事がありますが、1つだけ。READY?でも感じましたが、剛君カメラの人は上手いですね。今回も胸にバズーガな表情を何回も捉えてました。

    前回と同じ方でしょうか。
    剛くん担当の方は上手いですね。
    息子に「マルチアングルになると、担当カメラマンの実力が如実にわかる」と言ったら
    「そこは、まあ、勘弁してあげてよ」と
    「おまえ、何目線だよっ」という発言をしていました。

    波・・・来てますか

    嬉しいような
    怖いような
    ドキドキしちゃう
    私の胸

    って、感じです。


    >甘楽ちゃん様

    二股どころか六股ですね・・・ふふふふふ。

    > 「やはり私は”踊れる人”がすきなんだなあ」と確認いたしました。

    同感です。
    分業ではなく、歌って踊る。
    それも、全力で・・・
    そんな彼らが、大好きです。

    > 多分本編にダンスが溢れているから、そしてセクバニCD特典の振り付け映像があったから、だと思います。
    > 暗めのステージが多く動きが激しいので、本編だと分かりにくいそれぞれの表情がよく分かって良かったです。

    私もマルチの寄り映像は違和感ありませんでした。
    現場でも遠くから眺めていることが多かったので、表情はほとんど見えませんでしたから。
    あんなに激しく踊りながらも、あんなに切ない表情をしてたのか
    あんなにセクシーな表情をしていたのか
    彼らのポテンシャルの高さを象徴していますよね。

    >マルチアングルの海に入ってしまうと

    まさに、海ですね。
    泳いでも、泳いでも岸にたどり着きません。

    >マネキンのショットが毎回長い気がしませんでしたか?2秒ずつくらい縮めてほしいです。

    なるほど、ファン目線だとそうですよね。
    限られた収録時間ですし・・・。
    マネキンショットが長いほど、不気味さが増す効果もありますが。

    > そうすると私ってやはり「コアな坂本ファン」なんでしょうか?

    たぶんそうだと思います。
    そうるすと、私は「コアじゃない坂本ファン」ですね。
    ここで、爆笑しましたから・・・。

    > そして毎晩寝る時に「ライブは本当にあったんだな~。私はそこに行っていたんだな~」としみじみ幸せをかみしめてしまいます。(竜宮城か!と自らつっこんでもいます。)

    竜宮城
    竜宮城

    すごい
    すごい
    発見です。

    そうです、あそこは竜宮城です。

    大変
    気をつけないと玉手箱を開けて、おばあさんになっちゃう。


    >お仕事前にコメントいただいた??様

    お急ぎだったのでしょうね。
    お名前の所にコメントが・・・。

    お忙しい中、コメントありがとうございます。

    > やっぱりスッピンはダメですか?
    > 私は全く気にならなかったのですが、今はTVの画像が良いから男の人も大変ですよね。

    ダメってほどではないのですが・・・
    なんだか、ハラハラするのです。
    ステージでキメキメな坂本さんとあまりギャップがあると
    最近ファンになった方が、びっくりして引いてしまうのでは?
    と心配してしまいます。
    老婆心ですね。

    できれば、眉毛だけでも描いて欲しい・・・かな。




    うおっ

    長い記事になってしまいました。
    すみません。

    今日はこの辺で・・・。

    さあ、今週はいよいよ、「金閣寺」が東京に帰って来るぞぉ。
    気合い入れて、いきまっしょう
    溝口さんに早く逢いたい

    Date: 2012.01.22 Category: V6ライブDVD  Comments (4) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    -

    Date2012.01.23 (月) 12:02:46

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    つむつむ

    Date2012.01.23 (月) 11:34:20

    あれれ?
    書いたものが一部消えてしまっていました。
    なぜ!?
    今、パソコンが壊れていて使い慣れない臨時のノートパソコンを使っているのですが、どうも調子が悪い。

    というわけで、立て続けにすみませんe-466



    >心の広いお姉ちゃんT様に対しては、こんな暴論吐いて、申し訳ないとは思いますが、
    ダメなものはダメなんだなぁ・・・これが。

    うふふ。
    白状します。

    本編DVDで、カメラのアングルによってマイクで口元が隠れて髭なしのように見える時があります。
    (もしかしてわざとそういうアングルで撮ってる?と思う部分もあり。
    どうしてそう思うのかはまた長くなるので割愛します 笑)

    実はその時すんごいドキッe-349とときめいてしまったんですよね~e-415


    で、思いました。

    アイドルの時は、髭なしを基本形とします(「します」って…、文章が変だぞ)。

    もちろん、髭もいやじゃないですし、コンサート中のリアルタイムではときめきまくっておりましたe-266
    単に飽きたってことか?(笑)

    とにかく、基本は髭なしということでいきましょう(だから、何目線なんだ)。


    ということでした~。

    失礼いたしますe-264



    ☆追記

    すみません、ぽん様
    この場をお借りして…

    やだぁ~!
    るる様!

    また

    「タイミングが合うんだよね~」(笑)



    シークレットについては、ホントに褒めていただけるような内容じゃないので(お恥ずかしい)、まあそのうち機会があれば…!?(笑)

    るる

    Date2012.01.23 (月) 11:29:12

    ぽん様 こんにちは!

    皆様のツボ拝見してはリピ
    そしてあっち行ったりこっちいったり
    楽しいです!
    私もツボをお話したいのですが
    次回、ゆっくりお邪魔したいと思います。

    一つだけ
    坂本くんなんでも踊れるんだわ~(LOVE!)


    つむつむ様 私からも!
    是非、公開してくださ~い


    そして坂本くんのほっぺたの赤いのについて

    結構、前からだと思うんです
    なんかの時ネタにもなってたと思います
    私、ずーっと気になって心配していたんですが
    何なんでしょうただの湿疹?疲れると?
    化粧品が合わない?(変えりゃいい)


    私のツボはここなのか?(違う違うヨ!)

    すみません お邪魔しました。

    つむつむ

    Date2012.01.23 (月) 10:10:48

    ぽん様

    おはようございます。

    今回の特典DVDは、

    「タイミングが合うんだよね」

    の超ピンポイントリピートe-415以外はまだザッと1回ずつしか観られていません(涙)。


    そして、そして!

    そんな中昨日の朝、少しコメントを書いていたのですが、ふだん暇人のくせに珍しく実家で仕事だったので時間切れで中断してしまいました。
    その内容やなんとなく考えていたことが昨日ぽん様がアップされた記事とリンクする部分がいくつもあったんです!
    そこで、思わず

    「タイミングが合うんだよね~e-420

    でした。
    えへへ。

    そんな細切れに書いたコメントですが、語らせてください~!
    ただし、1回流し観しただけでしかも妄想フィルターをかけて観ているので、思い込みや勘違いがあったらご容赦くださいませe-466


    ぽん様が“ドキュメンタリー”版がいちばんお好きというのは、メールでお話していてなんとな~く予想できました。
    わーい、当たった~!e-454(エッヘン←アホ)

    先日も申し上げましたが、まじめにこの“ドキュメンタリー”のフィクション部分に取り組んでいる6人やこのコンセプトは嫌いじゃないです。
    でも、いちばんではないかなぁ…。
    リピートも優先順位はそんなに高くなく!?
    その理由は………、観ていてこそばゆい坂本くんの演技(笑)がいちばんの理由ではなく、ちょっとオカルトチックなことなのでe-330今度語ります(おい、気になるだろe-263)。


    最初、なんでマネキン(に恋)???と思いましたが、剛ちゃんとイノッチの胡散臭い(←ぽん様の記事にもこの言葉を見つけて爆笑してしまいました)議論の中で納得しましたe-77
    ぽん様のおっしゃっている

    >人間以外のもの(アニメとか車とか)を愛してしまうのはどうなのか
    という快くんとの議論

    の部分ですね。
    ここで私も思い至りました。
    これまたぽん様のお言葉を借りるなら

    >マネキンを本気で好きになってしまう坂本さんは
    アイドルという偶像を本気で好きになってしまう
    私たちファンの姿を投影しているのではないか。

    ということなんですね。そして

    >剛くんが
    「良いと思うんだよなぁ。むしろうらやましい」と言ってくれるのが
    ファンへの救いの一言。
    このセリフ剛くんは言わされているというより、ほんとうにそう思っているように感じます。

    このひと言は私も剛ちゃんが本当にそう思っていてくれていると思えました。
    そして、なんだかとってもほっとした気分になりました。
    やっぱり森田剛だなぁ…と癒されました。
    いやぁ、しかし剛ちゃん。
    胡散臭さのかたまりのあのイノッチ相手に
    「うひゃひゃひゃ!」
    と笑わずによく最後までがんばりました!(笑)


    最近自分のツボを思い起こすと、どうも坂剛についてばかりなのですが、この特典でもいちばんのツボは、
    (たぶん)リアルドキュメンタリー部分の、開演前の打ち合わせです。

    『will』について、
    「この曲はファンサをせずに、6人でお互いを見合ってひとつになろう」
    みたいなことを剛ちゃんがメンバーに言いますよね?
    その視線が、まっすぐに坂本くんに向かっていることに、ズキューンe-272でした。
    こういう時は、大切な健ちゃんでもなく、盛り上げ役のイノッチでもなく、やっぱり“リーダー”のまあくんなんだ…と、その真摯な瞳がうれしくて泣きそうになりましたe-420
    やっぱりまあくんを好きになって間違いなかったんだなe-415、となぜか森田剛に確信させてもらう私です。
    剛ちゃんは私にとって、そんな存在です。
    最近、そう思っている自分がいます。
    なんか変ですね(笑)。


    >「ボフッボフッ」と言いながら、スクワットする姿

    ここも「タイミングが合った」ひとつです。
    次のようなコメントを書いてたところでした。
    岡田くん、「ボフッ」と言ってスクワットしていたんですね。
    ああ、勘違い。

    この特典DVDで、もひとつ妙にはまってしまったのが、黙々とウホウホ!?とだけ言いながら振りの練習をする岡田くんの場面がたしかありましたよね?
    発していたのは「ウホウホ」ではなかったかもしれませんが(笑)、なぜかその場面で

    「こ、これはっっっ。
    “きれいなゴリラ”へのオマージュ!?e-420

    とわけわかんないことを思って楽しくなってまった私は、やっぱり変なファンですね(苦笑)。

    ゴリラが勝手にウホウホを連想させてしまったのでしょうか。
    あはは。
    失礼しました。


    岡田くんといえば、実際のコンサート中も思っていたのですが、今回本編DVDを観ていても、坂長夫婦との親子度が今までになく半端なく上がっている気がします。
    ああ、帰ってきたんだな、と思ったり。
    私がV6ファンになってからの岡田くんは、思春期の反抗期中で、オレのことを一人前だって認めてくれよ!と一人で気を張っているように見えることがしばしばありました(ファンの方、不快に思ったらごめんなさい)。
    どうして、そんなにムキになってるんだろう、メンバーはみんなとっくの昔から、岡田くんが自分たちにはない岡田くんらしいすごさを持っていることもわかっているし、対等な一人のメンバーとしてリスペクトして認めてるのに、なんでそんなに自信が無い!?んだろうなぁ…と、そのあせり具合!?が痛々しく思えたりもしました。
    でも、最近の岡田くんは、
    「V6の中では、メンバーには、自分は弱いところも変なところもさらけ出していいんだ。
    時には甘えてもいいしありのままでいいんだ。」
    というようなことを思い出した(わかった!?)かのようで、すごく自然体でリラックスしているふうに見えて、見ていても居心地のよさが伝わってくると言いますか、なんだかうれしくなりますe-446


    それから、坂本くん、たしかにGOママ様がおっしゃるほっぺの赤みが気になりましたが(「大丈夫ぅ~?e-330」という意味で)、すっぴんはもうきついですか?
    ふつうの40歳よりずっとお手入れできてると思いますが…!?(笑)


    また、
    >> 最後の 「スェクシー!」

    >私は、打ち抜かれたというより、ほっとしました。

    わかります、わかります!
    そうなんです!
    あの振り返った瞬間、

    「ああ、素のアイドルまあくんに戻ってる!e-266

    ってすごくほっとしたんです。
    で、ほわぁ~って一気に気が抜けた瞬間にふいうちで来た

    「スェクシー!e-272

    だったので、ものすごい衝撃度でしたぁ~e-415(笑)。
    そうえいばコンサートの時も、毎回毎回飽きもせずあの出だしのまあくんに

    「キャアアアアアアア!e-349

    と叫んじゃったよなぁ…としばし思い出かみしめタイム(笑)。



    あと、ほかの特典について少しだけ。

    いちばん好きなのは、ラスベガスへの珍道中!?かなぁ…。

    その中のいちばんのツボはやっぱり、剛ちゃんにコーラを取ってあげる昌行氏。
    お~ま~え~とゆうやつはぁぁぁぁぁぁ!e-266とキュンキュン観ておりました。
    その後、

    「これ、多いよねぇ(苦笑)」

    という奥様の言葉に共感しあうアラフォー夫婦にもほっこりしましたe-446
    この二人の距離感空気感大好きですe-349


    うとうとする坂本くんe-445が気になってしかたがない、あげくに靴の裏を撮ってる剛ちゃんにも萌え萌えですe-266
    そういえば、コンサート中に観た部分で、寝ていた真犯人!?はこいつだぁ!と、剛ちゃんがバッと坂本くんのほうを振り返った時も、萌えのあまりぶっ倒れそうになった記憶があります(アホゥ)。


    それにしても、坂本くん撮影のビデオカメラには剛ちゃん率が高い気がするのは、妄想フィルターのせいですか?(笑)



    ここまでくれば打ち上げ編のいちばんのツボもぽん様にはわかっていただけるでしょうか?(笑)

    そうです、あそこです。


    せっかく剛ちゃんの隣を空けておいてあげたのに、決して座れない坂本くんの乙女心?
    ここももちろん萌えましたが、いちばんではありません。


    珍しくほかのメンバー(イノッチだったかな?)の言葉を遮ってでも、剛ちゃんの手料理を食べたいと強く主張したリーダー?
    もちろん、ここも、まあくんよくがんばった!と泣きました(うそ)。


    あれもこれも萌えましたが、いちばんの萌えは、

    配膳されたお皿に汚れでもあったのか、突然自分の手でお皿の内側を拭き始める昌行氏に続いて、同じように自分の手で一生懸命お皿の内側を拭きまくる剛ちゃん…です!e-266

    「いやぁーん、剛ちゃんがまあくんのマネしてるぅ~~~!e-350

    と、卒倒しそうでした。
    坂本くんがお皿を拭き始めた瞬間は、

    「こら!
    拭いてるお前のその手はきれいなのか!?
    ちゃんと洗ったのか!?
    ていうか気になるならお皿を洗ったら!?」

    と自分の息子を叱るように突っ込んでしまったのですが、その次の剛ちゃんを観た瞬間、萌えキュンで失神しそうになりました!!!e-415
    あ~、くだらない(笑)。
    でも、超~楽しいですe-446

    すみません、2日間にわたって書いたわりには、鼻で笑っちゃうような内容ですね。


    あ、先日の私のシークレットコメントをほめていただいて光栄です。
    こ、公開ですか!?
    う、うーん…。
    勇気が出たら、考えてみます。
    あはは…。



    それでは、また。

    今日も寒そうですね。
    夜には雪とかe-191
    ぽん様もお体に気をつけてくださいね。

    もうすぐ溝口くんに逢えますね。
    実はかなり緊張しておりますe-330
    夕べも本棚から『金閣寺』を手に取って

    「………。
    やっぱり読めない。
    なんか読めないe-263。」

    と、本からあふれ出てくる妖気…じゃない、オーラに圧倒されて固まっていたらだんなに大笑いされました。
    なんかダメダメなやつです。



    お忙しい毎日と思いますが、お疲れの出ませんようにe-454
    失礼いたします。


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード