愛の迷い子 原点に帰る

    皆様

    おだやかなハッピーホリデイをお過ごしになりましたでしょうか

    いつもの同じ積み重ねの毎日に感謝しつつ
    今年は被災地にも思いをはせる数日でした。

    自分にできることは多くはありませんが、
    忘れないこと
    それだったらできると思います。

    セクバニパンダがなぜパンダだったのか、やっと分かった今日この頃
    「自分が箱に入れたいくばくの募金と、パンダプラコップがパンダさんたちの餌になるのかなぁ。」
    と、思うとちょっとほっこりする年末です。


    >甘楽ちゃん様

    コメントありがとうございます。

    >さすがですね。常連さんなんですねえ!!!!

    いやいや、常連さんなんてとんでもないです。
    たった3回、高畑さんルートでお芝居にチケットを取っていただいて、
    観に行っただけなのです。

    それなのに、この対応。

    この時代、お客さんに劇場に足を運んでもらうことがいかに大変なことなのか
    それを痛感した思いです。

    もちろん、高畑さんにはまたぜひ坂本さんと共演していただきたいです。



    23日は念願の「坂本昌行とV6を語る会winterを開催いたしました。

    ご参加いただいた皆様
    ありがとうございました。

    S様いわく
    「愛の迷いご(昭和初期風表現)」だった私ですが
    語る会とNHK様のおかげで、原点に帰り、坂本さんへの愛を再確認することができました。
    (この際、Mステの豹柄はスル―)

    ただいま~

    (でも、快くんの懐かし映像で、コントをする15歳の剛ちゃんにときめいたことは内緒にしておいてください

    一番のお気に入りは「ガラスの10代」でした。
    「これって、ジャズ風アレンジ?」と息子に訊いて
    「ボサノバじゃね」とちょっと小馬鹿にされました。

    その息子、Mステの6人をこれでもかと遮る花火を観て、爆笑してました。
    横で私はお怒りモードでしたが、平家派が素晴らしかったためか
    ちょっと寛大になり「まあ、LIVEだし、こんなこともあるよね」と思えました。

    冷静に考えると今年TV(地上波)で歌ったわずか4回のうちの1回ですから、
    悔しさは湧き上がりますが・・・。

    少クラは録画ということもあり、音響の良さが際立っていました。
    さらに、センス抜群の照明が、大人ムードを醸し出して秀逸でした。

    あの場にいらしたというB様いわく
    「笑いっぱなしの3時間」だったという
    平家派ファーストコンサート。

    来月の放送も楽しみですが、できればノーカットで観たい。
    来年はぜひともアルバムを出して、特典映像でノーカット版を付けてください。

    郷太さん、プロディース、よろしくお願いします。

    Date: 2011.12.25 Category: V6出演 歌・バラエティ番組  Comments (4) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    甘楽ちゃん

    Date2011.12.28 (水) 16:07:16

    まってました!おかえりなさい!語る会いいですね~、でもやはり「ガラスの十代」だと私も思いました。
    今日は朝からこれ1曲のみリピートですから。きけばきくほど、コーラスを支える背骨のような坂本君の歌声がすてきです。イノッチのアップでも長野君のアップでも、耳はほとんど坂本君でしたが、映像的には坂本:長野が2:3でした!
    そして青いライトに沈む客席でしずかにシンクロして(?)光るパンダ達もよかったです。

    -

    Date2011.12.26 (月) 19:56:25

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    -

    Date2011.12.25 (日) 23:52:49

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    -

    Date2011.12.25 (日) 21:48:12

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード