銀色の眼のイザク

    うさぎ様
    GOママ
    secret様

    コメントありがとうございます。

    お一人お名前を書かれていない方がいらっしゃいますが、
    よろしかったらお名前教えてくださいませ。
    あ・・・無理にとは申しません。

    明日が締め切りの原稿がぁぁぁ
    な状況の日曜日でございまして、
    しかも午前中は会議、午後はバンドの練習という容赦ないスケジュール

    でも、その会議
    危なく23日の夕方に入りそうだったので、
    それよりは、今日の方がマシだとあきらめました。

    23日の夕方なんてとんでもないでしょ。
    少クラがリアルタイムで見られないなんて・・・。
    許せないですよ。

    23日は語る会です。
    3時間みっちり濃く語ったら、いそいそと帰路につき
    平家派をリアルタイムで鑑賞しましょうね。
    ご参加予定の皆様、よろしくお願いします。

    「今日出かける前に、原稿の手直しを・・・」とPCの前に座りましたが、
    コメントいただいた方々に、お礼だけでも申し上げなければと
    書き始めたら、ついつい愚痴も書いちゃいました。
    すみません。

    ついついついでに、


    今年の目標


    ファンレターを書く


    が、達成できそうにない予感がします。

    スケジュール的な問題もありますが、
    モチベーションの問題が大きい。

    最近の私の記事を見て、鋭い方はお気づきでしょうね。

    そうです。


    実は近頃、坂本さんより森田さんに心がなびいています。

    理由を考えてみたのですが・・・

    思い当たる理由がひとつ
    それは







    最近の坂本さんは

    ふがいない。


    ということです。


    「ZORRO」を終えた今こそが
    ミュージカルスターとしての正念場だというのに
    「やりたいことを100個書き出」してる場合じゃないだろう
    と思ったりするわけです。

    100個書くんだったら
    「ボイストレーニング」と45回書き
    「ダンスレッスン」と45回書いて
    あとの10個くらい考えれば十分。
    「ボイストレーニング」や「ダンスレッスン」は仕事であって
    「やりたいこと」には入らないのかもしれませんが・・・。

    かつてのあの飢えた狼のような眼はどこへ行ってしまったのでしょう。

    10周年あたりで、重荷を下ろし柔らかくなった坂本さんの眼
    息子たちの成長に安心して優しくなったまなざし

    それはとてもステキなことです。
    柔らかくなった坂本さんを見て
    「がんばって来て、良かったね」とこちらもほっこりしたものです。

    しかし、もう6年もたったのだし、
    そろそろあのギラギラした感じが恋しくなりました。

    「迷宮伝説」の頃のあのちょっと小生意気な必死感
    40歳であれをそのままやったらダメですが、
    でもあの時の眼の奥にあった野心
    今の坂本さんに必要なのは、それなんじゃないかと思えてなりません。

    そんなことを考えてしまうので、
    今、ファンレターを書いたらまた説教になりそうです。

    坂本さんがふがいない時に限って、剛くんの言動のひとつひとつがステキすぎるので、
    ついつい剛くんによろめいてしまう、だめな私です。

    「金閣寺」の後の「MY ONE AND ONLY」
    これは、不利な並び

    頼む
    頼むから

    こんな私のもやもやを吹き飛ばすミュージカルスターっぷりを魅せてください。



    タイトルは「ウルトラマンガイア」の第43話「銀色の眼のイザク」を拝借しました。
    本文と直接関係ありませんが、「眼」つながりで・・・。

    イザクは狼ではなく、アルテスタイガーです。
    でも、絶滅種という意味では日本狼と同じ。

    イザクと闘った後に、イザクを倒したことに苦しむ我夢に言った藤宮くんの言葉

    「戦うのが辛ければその光を捨てればいい。
    イザクを葬ったのはお前じゃない。
    アルテスタイガーを絶滅させた俺達人間なんだ。
    我夢、いつかお前は言ったよな、人間は変われると。俺はそれを信じたいと思った。
    でもな我夢。
    人間は人間が過去に犯した過ちを自分達の傷みとして背負っていかない限り、
    本当に変わったりは出来ないんじゃないか? 
    俺達もイザクの事は忘れない」


    様々な過ちが私たちの生活に忍び寄ってきた今
    この言葉を再び思い起こしたいです。

    太田愛さんの脚本です。

    ご覧になっていない方は、ぜひ!


    すみません。

    V6から話がずれました。

    しかも、コメントのお返事が出来ていない・・・。

    長野さん、ほんとにカッコ良かった

    剛くんの「忘れちゃっ 駄目さ」の時の後ろで踊る長野さんの背中にも内心クラックラックラ~です。


    i様ブログへのコメントにも書きましたが、
    「忘れちゃ、駄目さ」の後のフォーメーション替えでぐるっと方向を変える時の剛健のシンクロ具合は、
    奇跡としか言いようがありません。

    何度も何度もリピートしました。
    コマ送りで見ても、(見たのかよっ)寸分の狂いも無く
    足の高さ、体の傾斜までもピッタリです。

    「ヘンサーチ」での以心伝心のボケ突っ込み具合と言い
    剛健のいちゃいちゃに癒される、今日この頃です。
    Date: 2011.12.11 Category: V6出演 歌・バラエティ番組  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    甘楽ちゃん

    Date2011.12.12 (月) 20:42:59

    すみません、お忙しいなか名前の心配までさせてしまいました。15通りの絆は私です。是非お説教のお手紙、書いてください。すごく喜ぶと思いますけど?

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード