得意技は、置き換え妄想

    今日のあさイチは
    「最近のあさイチについて、ご意見お寄せ下さい」と呼びかけていました。
    ご批判メールにも俊敏に対応する姿勢が、すがすがしいなと思いました。

    初めてあさイチにメールを送りました。

    出る杭は打たれる
    と言いますが、どんどん出てどんどん打たれれば良いと思います。

    打たれることを恐れては、何もできない

    私もそんな感じで生きて来ました。

    幼い頃の息子も散々それで叩かれてきましたが、おかげで強くなったし、
    ゆるぎない自己肯定感を身につけることができました。

    批判があるということは、それだけこの番組が注目されているということですよね。

    批判メールにあったように、「もう少し社会的な問題を取り上げて」というのは私も賛成です。
    それなりに取り上げているけれど、「もっと取り上げても良いのでは?」と感じることもあります。
    でも、一方で「エア恋愛」も嫌悪感無く見られましたのは、単なる女性週刊誌的なノリとは一線を画す
    突っ込んだ内容になっていたからだと思いました。

    ただ、時間が無いので、録画してもテーマだけ見て再生せずに消してしまうこともあります。
    スーパー主婦には全く興味ありませんし、「セックスレス」も「おいも」も見ないで消しました。
    テーマに興味があっても、お料理コーナーやガーデニングコーナーは興味無いので飛ばします。

    飛ばしたガーデニングコーナーで、
    「 多肉植物の“まさゆき”と“ひろし”、サボテンの“ごう”“けん”“じゅんいち”を育てています。最近植え替えをした“まさゆき”がパサパサになってきました。母からは、“ぱさゆき”と呼ばれています。復活させる方法を教えてください。」
    という質問が来たということを後で知った時は、見ずに飛ばして消してしまったことを後悔しましたが・・・。

    後日あさイチHPで“まさゆき”“ひろし”“ごう”“けん”“じゅんいち”を確認して、
    ニマニマしました。
    マンション大規模改修以来、ガーデニングを止めていましたが、
    「こういう楽しみ方もあるのか・・・」「またやってみようかしら・・・」と思わせてくれました。

    公共放送のメリットはスポンサーに縛られない自由さ

    間違った情報や、偏った情報操作が無ければ、多少過激な内容でも私は許容範囲です。
    選ぶのは私たち視聴者
    観たくなければ、観なければいい訳ですから。


    さて、コメントのお返事

    今日はお休みですが、家事もありますし
    午後からはGOママとカラオケBOXで、楽器の練習がありますし
    夜は会議だし・・・

    というわけで、今日のお返事はお一人だけってことで・・・
    すみませんっ



    >つむつむ様

    あの報道だけで、これだけ多方面に思いを巡らせることができるつむつむ様を
    ファンとして尊敬しています。

    私なんて「ふ~ん。プライバシーまで宣伝に利用されるなんて、大変な仕事だなぁ」くらいしか
    頭に浮かばなかったのです。
    どうも、最近「愛が薄いぞ・・・」と感じています。

    > あとは、本業のお仕事のほうでこのくらい大きく取り上げてほしいよなぁ…と(苦笑)。
    > こんな話題で大きく取り上げるより、ずっとこの字の大きさにふさわしいステキなお仕事してると思うんですけど?

    私たちにとっては、大きな大きなステキなステキなお仕事ですが、
    世間一般には全くそうじゃないみたいですね。
    「それも現実として受け止めなくては・・・」と今回思いました。

    日頃から坂本ファンを公言しているので、あのニュースが出て数日は周りの方々から
    「熱愛報道出ましたね~」と声をかけていただきました。
    やっぱりTVやネットや新聞の影響って大きいのですね。

    私に声をかけてくださった方の90%が、お相手(かもしれない)の彼女をご存じありませんでした。
    坂本さんよりTVドラマにはご出演数が多いのでは?という彼女でさえです。

    お一人だけ「『山田太郎物語』に出てましたよね?」と言ってくれました。

    そもそも坂本さんも私が広報活動をしなければ、いまだに周りの方々は気にもとめなかったと思います。

    つまり結論としては

    マスコミには頼らない
    最終的には、口コミの方が強い


    です。

    > それから、プロフィールの代表作として紹介されてるのが『シェルブールの雨傘』なんだ…と、そんなところに注目したり(笑)。
    > ゾロは本文中で取り上げられてるからとして、代表作はオズとかじゃないんだ…と思っていたら、単独初主演作がシェルブールだったんですね。

    単独初主演作ということもありますが、一般的には映画の『シェルブールの雨傘』の知名度が高い日本では、これの方が読者のイメージがわきやすいとの判断ではないかと思いました。
    「ボーイ・フロム・オズ」何それ?
    って、ことなんでしょうね、一般的には・・・。
    名作なのに。
    人生損している人が何と多いことか。

    > そして、次に思ったのが、こういう記事が出ることで、このお二人の共演って、ゾロの再演も含め無くなっちゃうのかしら?…だとしたらすごく残念!ということです。

    再演もこの二人でやるのだとしたら、「お友だちです」で通せば行けるかと・・・。

    >やっぱりエア恋愛ではなくエア身内だったのか…と納得。

    エア身内・・・
    良いですね。
    「こんな妄想もありますよ。」とあさイチさんに投稿してみてはいかがでしょう。

    > まったく、いつまでもいくつでも、次々と親に心配事を提供してくれる愛すべきバカ息子です(苦笑)。

    ビババカ息子
    絶対大物になりますよ。

    > 女性に厳しい坂剛。
    > 女性にも理解も示そうとがんばるイノッチと健ちゃん。
    > あくまでも冷静に中立でいようとする奥様と末っ子くん(無関心? 笑)。

    なるほど。
    そうですね。
    役割分担しているのか、天然なのか。

    剛ちゃんと末っ子は、やる気があり時と無い時の差がはっきりしていて
    そこは笑えます。

    > いったい視聴者として誰(どんな人たち)がターゲットなんだろう?
    > 観れば観るほどわからなくなります(苦笑)。

    同感。

    要するに、「男と女はわかりあえない」と言うことを、今の若い人に伝えたいだけ
    のように見えてしかたありません。

    > そして、そんな芸能情報記事の中に、『水○黄門』終了後に始まるあるドラマの話題を見つけました。
    >
    > 宮部み☆きさん原作の『ス○ップファザー・ス○ップ』(○には「テ」が入ります)という作品が、上川隆◎さん主演でドラマ化されるとのこと。
    > これ、私の妄想の中では、坂本さんと剛健でキャスティングしていた作品なんです~。

    実は、「火車」を読んで以来宮部さんの作品はかなり読んでいます。
    一時期は、彼女の作品をすべて読破し、発行順に本棚に並べて悦に行っていた程です。

    ただ、いくら読んでも「火車」を超える作品に出逢えず
    最近はちょっと離れていました。

    昨日バンド仲間と夕食をとっている時に、読書家の先輩から
    「『名もなき毒』はおもしろかったよ。」と訊いたので
    「久しぶりに宮部作品を読んでみようかな・・・」と思いました。

    『ス○ップファザー・ス○ップ』はもちろん読みました。
    読み始めた最初の頃ですね。
    その頃は、まだV6と出逢っていなかったので、つむつむ様のような妄想はしませんでしたが、
    確かに、イメージ合うかも・・・。

    > 実際には坂本さんはテレビドラマはNGだし(コラコラ)、年齢的にも剛健と親子役はやっぱりさすがに歳が近すぎるのかな…という感じで、実現は無理とは思っていましたが、やっぱりほかの方でドラマ化…と聞くと、ちょっと寂しくなっちゃいました。

    先日の「火車」も上川さん主演でしたし(録画を忘れて未見)
    上川さん、もしや宮部さんのお気に入り?

    正直、演技力の面から言うと、坂本さんより上川さんの方が・・・安心ですね。

    主演作ミュージカルのブロードウェイ盤で、あちらのキャストさんの声を坂本さんの声に置き換えて妄想する「置き換え妄想」という得意技が私たちにはあります。

    それを駆使して、上川さんを坂本さんに、少年たちを剛健(ちょっと若い頃の)に置き換えて妄想を楽しむ・・・てのも、オツかもしれませんよ。
    Date: 2011.11.17 Category: V6徒然  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    つむつむ

    Date2011.11.21 (月) 23:27:28

    ぽん様

    先日はお返事ありがとうございました!

    宮部み○き、(一時期?)マニアでいらっしゃいましたか!
    それは失礼いたしました。
    キャスティング、共感していただけてうれしいです!
    私も上川さんならきっとうまく演じてくださると、原作ファンとしても納得しています。
    でもやっぱり妄想からの感情は感情としてありますが(笑)。
    そうですね、ドラマ自体は期待しているので、上川さんを坂本くんに置き換え…置き換え…うはははは、上川さんのほうがうまいから無理かも~(苦 笑)。
    小説を読み返す時に妄想することにして、ドラマは楽しみたいと思います。
    あとは、双子ちゃんにあんまり下手な役者さんがキャスティングされないことを祈ります。

    あ、ぽん様、この場をお借りして…。


    sintaro様、はじめまして!
    私のくだらない妄想に共感してくださいまして、ありがとうございます。
    うれしいです~。
    舞台…、そうですね、この作品に限らずメンバーで何か共演してくれたらきっと楽しいでしょうね~!
    やってほしいなぁ…。


    ぽん様、ありがとうございました。

    それからぽん様、うちのバカ息子もお褒め!?いただきまして、恐縮です~。
    大物になればいいですけどね~(苦笑)。
    とりあえず、打たれながらもがきながら、“生きる力”を蓄えていってほしいです。
    ええ、「頭は下げるためにある」んですものね、まあくん!(笑)
    かわいいバカ息子のためなら、お母ちゃんいくらでも下げますとも…!


    さて、そんなペコペコお母ちゃんの元気の素・V6さんの少クラプレミアム、すばらしかったですね~!


    超長くなりそうなので感想は別コメントで(笑)。

    でも!
    ぽん様はやっぱりまだまだ、かな~り剛ちゃま寄りなんですね。
    感想を拝見して思いました。

    では、その分、ワタクシが、まあくんを溺愛いたしましょう(コラコラ)。
    近頃のワタクシ、今度の制作発表の時、例の件についての記者からのツッコミにまたも下手くそな受け答えしかできないんだろうなぁ…と心配するファン の方も見受けられる中(あれ?もしかしてぽん様も? 笑)、そのどんだけ間抜けな回答でさえも、

    「どんとこい!なんでも受け止めちゃる!」

    って心境なんです(笑)。
    なんだか最近どーゆーわけか、坂本くんへの盲目溺愛モードがMAXになってます。
    あはは。

    では、続きは少クラの感想編で!?

    失礼いたします。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード