エア恋愛じゃなくて・・・

    朝っぱらから、やってくれるな・・・あさイチ

    昨日のテーマは「エア恋愛」

    出勤のため初めの5分くらいしか観られないので、
    帰宅してから録画したものを観ました。

    朝に放送したとは信じられない濃さでした。

    今朝のWSで、関根勤さんと柳原加奈子さんが妄想トークのライブを行うという話題も出ていました。
    妄想力がある方は、観察力も鋭いのだなと思いました。

    流行っているのかな・・・妄想。

    私の場合は、妄想に自分は登場しないので、「エア恋愛」とはジャンルが違う気がします。

    じゃあ、何

    ご一家が登場する妄想が主なので「エア家族」
    でも、その家族に自分は入っていない。

    強いて例えるなら、子どもがよくやっているシルバニア・ファミリーみたいなごっこ遊びのV6版って感じですかね。


    >secret S様

    > FCの締切直後っていうのは、まあ関係ないですかね(^_^;)

    関係あると思います。
    締め切り直後で、制作発表前・・・というタイミングが胡散臭いです。
    そうまでしないと、制作発表にマスコミを集められないのか
    そうまでして、マスコミを集めたいのか
    ついそう思ってしまい、切ないです。
    でも、それが現実ですかね。

    多少の話題になっても、じゃあそれで「チケット買って舞台に行こう」と思う人がいるかと言うと
    いないでしょう。

    でも、「ZORRO」を観て坂本さんに関心を持っていた人が、マスコミが取り上げることで
    「へえ、また舞台やるんだ。じゃあ、観に行ってみようかな」と思うかもしれないので、
    無意味だとは言えない。

    むずかしい所ですよね。
    低俗なマスコミにまたげんなりさせられるのかと思うと、気が重いですが
    ギブ&テイクの世界だと感じる方が、もっと気が重いです。

    私自身は、
    仕事をきっちりやってくれればプライベートはどうでもいい
    というスタンスなので、報道の中身については特に感慨はありません。


    >るる様

    お忙しいようですね。
    コメントありがとうございます。

    > V6のみなさんは女の子を誤解してるな~と思う事があって
    > 男の子だから当然で、平行線に決まってるのですが
    > 戦略として、女の子をわかって欲しいなと思った次第です。

    なるほど。

    るる様がおっしゃるように、
    最近あそこに登場するお嬢さんたちがちょっと可哀そうになる時があります。

    某サイトでは、彼女たちに対して散々な言われようだということを、聞いたことがあります。
    実際に目にしてはいませんが・・・。

    “しこみ”であそこに座っている人は、そういう役回りでお仕事している訳だから、仕方ないと思いますが、
    いわゆるファンで番組協力的な感覚で参加している人は、複雑な気持ちでしょうね。

    だから、ファンはあそこには行かない方が良いと思います。

    ネクジェネで快くんは、「自分が選ばれるとは限らないのだから、ボタンを押しとけばいいのに・・・」的な発言をしていました。
    でも、中にはV6が好きでそこに来ていて
    「この人よりV6の方が好き。だから押さない。」
    という女性もいるかもしれないということを、ちょっと想像してみて欲しいな・・・
    と、感じました。

    もう、この際だから、女性は全部“しこみ”さんで良いじゃないですか

    ちょっと投げやりですみません。

    一生懸命番組が良い方向へ向くように考えてはみたのですが、
    私はもう限界です。
    それほど、この番組は性に合いません。

    > 深夜のオールロケ番組「学校へ行こう!」どうでしょうかね。
    > 若いめのタモリ倶楽部みたいなの。大学生、喜ぶと思うな。
    > タモリさんはいいですよねいつも生存確認できて(へっ?そこ?)

    それ、いいですね。
    メンバーそれぞれがこだわりのテーマでゆるく掘り下げる感じ・・・欲しいです。

    タモリさんは私の高校の先輩なんです。
    どの番組も長寿なのは、なぜですかね。
    無理していないところでしょうか。

    > ベストステージ
    > 剛ちゃん御覧になりましたか?

    るる様のコメントを読んで、慌てて仕事の後本屋さんへ行き、買いました。
    胸の良いけど、腕も良い。

    > 娘にモーレツに拒否された私の解釈、今度聞いてくださ~い

    ぜひ、聞かせてくださ~い

    > 少年倶楽部プレミアム

    私も全く入れる気がしないです。

    > 三週にわたっての放送にでもして下さいNHK様

    そうそう、収録時間長いですよね。
    それを放送ではカットしまくりで、700人の人にしか見せないなんて、それは罪ですよ、NHKさん。

    > 「V6の何がすごいか考えたら集中力と表現力なんだよ!」と言ってきました。

    それは、嬉しいです!
    考えてくれたことが、まず、嬉しいです。

    > MY ONE AND ONLY
    > 共演者さんが発表になりましたね。
    > 楽しみ!

    ものすごく、期待が膨らんでいます。

    > ARENA 37℃
    > レポというよりVについての文ですよね
    > こんなに書いて頂いて感激!
    > 思わず書いて下さった方について調べたくなりました(そっち?)

    武市さんは、前回もすごく思いを込めて書いてくださっていました。
    東方神起に密着してレポ書いたりしている方らしいですよ。

    > TV ステーション
    > 番組紹介の小さい写真、背の順の6人がらしくて愛しくなりました。

    そう、この緩やかなカーブ
    たまりません。
    カーブ萌え


    出勤前で、ざっくりなお返事ですみません。

    懲りずにまた来てください
    Date: 2011.11.15 Category: V6徒然  Comments (3) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    GOママ

    Date2011.11.15 (火) 22:33:49

    昨日は仕事場で調べ物する為にYahooを開けたら、トップにV6の文字付で記事があってびっくりしました。

    内容は「そうなんだ」位で、たぶん何かの宣伝絡みだろうなと。

    実は携帯にきたメルマガにも同様な記事があって、それにはコメントを投稿できるのですが、それを見ていろいろ考えさせられました。

    「おめでとう!」や「頑張って」コメントも多いですが、元カノの件で優柔不断と思われていたり、元カノの方が似合ってるコメントも多かった。

    ですが、それより「V6まだいたの?」とか、「嫁さんを食わせていけるだけの収入があるのか」とか「残りの5人に仕事あるの?」とか、やはり活動について認識されてない人が多かったこと。たぶん、祝福メッセージの方々の中にも、そういう人が多数なのではないでしょうか?私もこの間「V6ってシングル出してないよね?」と言われたばかり。ミュージカルが個人活動の主体の坂本君や、食べ物関係SP中心の長野君は判るのだけど、「金閣寺」でNYに行って大河ドラマにもでる剛君や、唯一ゴールデンタイムにレギュラーを持つ健ちゃんも、映画の主演(それも「SP」はヒットしたよ)にCMを4本持ってる岡田君や毎朝NHKの情報番組に出て、7月期№1視聴率ドラマ出演していたイノッチも知られてない。「V6って誰も結婚してないから、出来るんじゃない?」には笑った。

    今回の記事は坂本君がミュージカル俳優として認められている事も書いてあるから、一般の人に知ってもらう機会だと思う。だって、今日の夕方近くまでYahooニュースに載ってたんだよ。この場合「V6」の文字が目に触れる事が大事!

    後、元カノはそれなりのネームバリューがあったけど、今回は坂本君のネームバリューだからね。

    ヘンサーチはまったくもって女達に腹が立つばかりで、たまたま見た娘も憤慨してました。きっとあそこで20位のヘンサーチの男を我が家は選ぶ!

    プレゼン一周して、イノッチは健ちゃん流を取り入れて、剛君は少し修正して頑張ってコメントして、夫婦は剛君プレゼンで盛り上がってしまったので、イノッチの時は気を抜いてたし、岡田君も同様でした。

    とりあえず今日はたぶん坂本君だから、執事姿と剛君がどう絡むか(イノッチの回で疲れてコメントしなくなったりして)だけが楽しみです。

    つむつむ

    Date2011.11.15 (火) 18:03:45

    ぽん様

    こんにちは!

    SONGS、ゲットしてきました~!

    胸キュン写真が載っていて、幸せです。
    (ぽん様ならどのショットかきっとわかってくださるかと…!? えへへ)
    雑誌のレポも残すところ『ポポロ』くらいですか?
    うーん、ちょっと寂しい。
    DVD、早くほしいよぉ~!



    さて、ここからは昨日の報道について。
    いつも以上にどーでもよい内容なので、気が向いたら読んで下さい(笑)。


















    昨日の朝は某局の某情報番組の芸能ニュースコーナーでいきなりのトップ紹介!
    しかも、画面に映し出された新聞の「V6坂本」の文字のでかいこと、でかいこと!
    ビックリして苦笑しちゃいました。

    内容自体はうわさも聞いていたからか、

    「(芸能記者さんの大好物のゴシップネタとは言え、)まあくんでこんなに大きな記事になるんだ~。」

    というのが第一印象だった失敬なファンの私です。
    あはは。

    なんだかんだ言われてもやっぱりジャ○ーズのグループ、世間の認知度は「かなりある」んですよね(コラコラ)。
    あらためて再認識。
    某グループとか某グループとか、あまりに巨大すぎるグループが身近にいるせいか、マニアックなグループだからか、世間的なメジャー意識が時々無くなっちゃう失礼なやつです(笑)。

    ※実は、先日新曲が「KーP○Pのパクリだ」という話題がネット上で出た時も、Vに関心のある世間の人がこんなにいるんだ…と改めて思った記憶があります。
    たぶん、これがVじゃない知りもしないアーティストだったら、あそこまで反応はなかったんだろうなぁ…と。
    そういえばファンになる前から私もV6を知っていましたし、ファンになってからV6の話をしても「知らない」という人はいなかったよな…と、しみじみ(今さら 笑)。


    そんなこんなで、こんなに大きく取り上げられることにビックリしつつ、まず思ったのは、本当にしろガセにしろ、ルイサ嬢は大丈夫かなぁ…と。
    とっさに思い出したのが、Kわまきさんのブログコメント事件。
    熱狂的なファンの変な心情に攻撃されないといいけど…と、余計なお世話ながら思ってしまいました。

    あとは、本業のお仕事のほうでこのくらい大きく取り上げてほしいよなぁ…と(苦笑)。
    こんな話題で大きく取り上げるより、ずっとこの字の大きさにふさわしいステキなお仕事してると思うんですけど?
    と、紙面をしみじ眺めたり。
    これで今度のミュージカルの制作発表も、作品自体よりこの話題ばかり注目されるのかなぁ…(むしろ事務所的にはそれで大きく取り上げてもらうのが狙いなのかもしれませんが。利用する方も、わかっていてもそれに飛びついてネタにする方も、なんだかなぁ… )。

    それから、プロフィールの代表作として紹介されてるのが『シェルブールの雨傘』なんだ…と、そんなところに注目したり(笑)。
    ゾロは本文中で取り上げられてるからとして、代表作はオズとかじゃないんだ…と思っていたら、単独初主演作がシェルブールだったんですね。


    そして、次に思ったのが、こういう記事が出ることで、このお二人の共演って、ゾロの再演も含め無くなっちゃうのかしら?…だとしたらすごく残念!ということです。

    私生活でおつきあいされていても別に文句はないですし(大きなお世話ですよね 笑)、むしろ今のまあくんの仕事上のあの男っぷり↑が私生活の充実からきているなら、大いによいことだと思いますし。
    仕事上の(アイドルとして、ミュージカルスターとしてステージ上の)坂本昌行が私を虜にするだけカッコよくてステキだったら、私を夢中にさせてくれるようなお仕事をしてくれたら、問題なしです。
    でも、私としては、ルイサ嬢とはミュージカルのパートナーとしてすごく期待しているところがあるので、それが不可能になっちゃうような状態はいやだなぁ…と思っています。
    舞台での二人の共演が観たいです!


    …ん?
    と、ここまで考えててふと気がつきました。
    あー、やっぱり私の場合、エア恋愛とは違ったのねぇ~…(笑)と。
    最近のあまりの依存度に、妄想姉弟とか言ってるけど実は…!?なーんて思ったりしなくもなかったですが(そうなのか? 笑)、今回の件に関して全然動揺もショックも受けていない自分、むしろ身内のようにいろいろ思いめぐらせて心配している自分に、やっぱりエア恋愛ではなくエア身内だったのか…と納得。

    そもそも昨日のあさイチで取り上げていた例は、半分くらいしかちゃんと観てませんがその内容は、室井さんの

    「私の思っているエア恋愛とは違う~(苦笑)」

    って感じでしたが。

    まあ、そうでなくても昨日はリアルトラブルに見舞われ、エアどころではなかったんですが。
    まったく、いつまでもいくつでも、次々と親に心配事を提供してくれる愛すべきバカ息子です(苦笑)。
    とりあえずそちらの件は担任の先生のご理解もあり、一段落つきそうです。
    やれやれ。


    すみません、話がそれました。



    そういえば、ぽん様の、

    >強いて例えるなら、子どもがよくやっているシルバニア・ファミリーみたいなごっこ遊びのV6版って感じですかね。

    という表現に大笑いするとともに、共感してしまいました。

    私も、自分とどうこうというのを妄想してときめくことはなく、むしろ主にメンバーの誰それと誰それ(名前を伏せなくてもバレバレですが 笑)の一挙手一投足に萌えまくり、心情を妄想してはキュンキュンするタイプなんだなぁ…とあらためて実感いたしました。

    澤口先生~(身内にいたら面倒くさいタイプだけど、学問バカで大好きです←失礼な!) 
    エア恋愛ではない妄想でも十分心は満たされると思うのですが?(笑)



    さて、では、以前のまあくんのうわさの時は、なぜあんなにもイライラもやもやしたんでしょう?
    …要するに、そのお相手が苦手だったってこと?(苦笑)
    なんだか、申し訳ない気さえします。
    その方にだって、親御さんもいらっしゃるのに。
    だから、「キライ」とは申しませんが、私そんなに苦手だったのかぁ…と、実感です。
    (余談ですが、昔友だちの息子が食べ物の好き嫌いが多くて、あれも嫌い、これも嫌いとすぐ言うことに対して友だちが、
    「嫌いって言わないで、『これはボクのお口に合わない』って言いなさい」
    と諭していたのをふと思い出しました←だからなんなんだ 笑)


    あー、やっぱりくだらない話ですね。


    でも、エア恋愛と熱愛報道。
    あまりにもグッドタイミングでいろいろ考えて楽しかったです。




    今夜はヘンサーチですね。

    女性に厳しい坂剛。
    女性にも理解も示そうとがんばるイノッチと健ちゃん。
    あくまでも冷静に中立でいようとする奥様と末っ子くん(無関心? 笑)。

    私の中では、なんとなくそんなイメージです。

    いったい視聴者として誰(どんな人たち)がターゲットなんだろう?
    観れば観るほどわからなくなります(苦笑)。


    それでは、また。

    あまりにくだらない内容ですから、もちろんお返事はお気になさらず。
    ちょっと語っておきたかっただけなんです(迷惑な話ですね… すみません)。

    失礼いたします。

    うさぎ

    Date2011.11.15 (火) 11:25:45

    はじめまして。
    北海道に住んでいるうさぎでございます。
    エア恋愛・・私も出勤前なので録画しました。

    この間ラブリーベイベー観てきましたが、恋司くんもエア恋愛だったのかなって
    思いました。

    ヘンサーチ北海道では見れないんです。
    リアルに見れるだけでも羨ましいです。

    MY ONE AND ONLY 私も行きます。
    楽しみです。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード