V6 live TOUR 2011 Sexy.Honey.Bunny! in横浜アリーナその10

    るる様

    おはようございます。

    ここで皆さんとお話しするのは、何よりのストレス解消なので
    一日中やっていても「休みを潰された」とは全く感じないのですが、
    休みの日は、家事やらなにやら、他にもやることがいろいろあることが、辛い所です。
    普段いかに家事をやっていないかということですが・・・。

    > 全力で健ちゃんのソロを見て
    > You knowではいつもぐったりしているアホ娘です。

    アホ娘なんて・・・
    いち早く健ちゃんの魅力に気づいた男を見る目のあるお嬢様ですよ。

    今回の健ちゃんソロ、素晴らしかったです。
    前にも書きましたが、私の中でも今回1位です。

    もともとあの曲が素晴らしいのですが、
    アルバムソロ曲にこの曲を選んできた時点で、健ちゃんの勝利だと思いました。

    起承転結がある曲なので、それに合わせてダンスも照明も変化をつけていて
    物語を見ているようでした。
    前半は機械的なダンス、
    そこから悲しみをたたえて徐々に柔らかさを表現していく。

    華やかさの中の寂しさや孤独・・・そして愛

    言葉にしなくても、ダンスや照明でそれが十分表現されていました。

    天井席から、「コツ、コツ、コツ・・・」という靴音に合わせて、
    小さな二つの照明が交互に動き、それを追っていく健ちゃん
    という演出がきれいに見えて、ちょっとゾクっとしました。

    最後に両手を胸に当てるところ
    絶妙なタイミングで照明が落ち、余韻を残す。
    細かい所まで、気を配り作り上げているという印象でした。

    GOママとも話したのですが、今回健ちゃんへの声援がひときは多かったように感じます。
    来ますね。
    天性の妖精アイドルの時代が。

    > SUPER NOVAの「あばれだす~」の決めポーズなんて
    > 「ゾクッ!」とするほどかっこよくてよだれものでした。
    > 正面で見られた私はラッキーでした。

    贅沢かもしれませんが、
    一度でいいから、正面から「SUPER NOVA」を見たかった。
    WSで観て「正面からだとこんな感じだったんだぁ」と思いましたもの。
    お尻も背中も素敵だけど、ちょっと見飽きた。

    > 「Vは私達にツンデレなんだよ!」と言っています。

    ほんとそうです。
    今回はツン・デレ・ツン・デレ・デレ・ツン・ツン・ツン・ツン・ツン
    って、感じでした。
    ツン多めです。

    > ヘンサーチ
    > 一回さらっと全身の立ち姿を映して欲しいですよね
    > 櫻井君が執事物のドラマをやるそうですが
    > 我が家では何年も前からV6で執事物みたいよね

    確かに執事っぽい衣装ですね。
    最初に並んでいる時も、テロップ邪魔~と思いました。

    > でもあの衣装で少し満たされました。お安いファン。

    ちょっと、スタッフに見透かされている感があって、悔しいので、
    TBSさんには、上げて落とすみたいなメールを送りました。
    でも、最後は「まだまだ可能性のありそうな番組なので、期待しています。」と書いておきました。

    > 野郎いっぱいで「うぉ~」みたいな企画もあったらいいなと思っています。

    深夜の番組ってやっぱり男の人をターゲットに作っているみたいですね。
    故に女子は必須なんでしょう。
    だから、「ミッション」もピッタリ21とか、なでしこなんちゃら的な企画が出たのだと思います。

    > とりあえず、生存確認番組があって良かった。

    これに、尽きます。

    > 次のプレゼンはカミセン登場でしょうね。
    > 特に剛が楽しみ!

    恐ろしいほど、楽しみです。
    スタジオに集まっている女子を完膚なきまでにたたきつぶしてくれたら、
    さらに惚れると思います。

    > 実は夕べコメントしたのですが2回消えまして
    > ぐったり寝ました。

    なんかシステムが調子悪いみたいですみません。
    携帯からのコメントですか?
    PCからですか?

    私の携帯から記事の更新とかコメントを入れようとすると、消えてしまうので
    FC2さんに問い合わせたところ、
    あっさり「試してみましたが不具合はありません。」とお返事来てしまいました。

    携帯の機種の問題かしら・・・。

    > G様ともお話させて頂いた時にも出たんですよ
    > 「私達は慣れすぎてちゃってる」

    そうなんですね。
    6人しかいないことが普通に思っていますが、
    これは、ジャニさんグループにとっては、とても特殊なことなんですね。

    もうひとつ慣れ過ぎちゃっていることがあります。

    初めてVを観た、GOママのお友だちの嵐さんファン親子の方の感想を伺ったところ
    まず出てきたのが「岡田くんが綺麗だった」でした。

    ・・・え?そこ?

    と、思ったのですが、はたと気づきました。

    私たちは准くんの美しさに慣れ過ぎているのだと。

    私が准くんを観る場合
    わ~い、甘えっ子末っ子パワーさく裂~とか
    わ~い、やっぱりむっつりスケベ~とか
    SPプロテクター、1枚脱いで小さくなった、よっしゃーとか
    そんなところばかり目について、「美しい」ということをすっかり忘れていました。

    准くんファンのS様いわく
    「いつまでたっても慣れない」
    そんな方が、准くんに惹かれるんですね。
    納得です。
    美しさは3日で飽きてしまう、美しさには飽きっぽい私は
    髭でたまに小汚い剛くんとか
    ホウレイ線も含めてステキな坂本さんに
    行っちゃうんですね。

    > そりゃそう、こちらには16年という年月から出る「艶」が違うのよ。
    > 私達には当たり前な事、喜んでくれてありがとうと伝えました。

    そうそう、「艶」それです。

    > エイトと言えば前に石川で同じ事があったそうです。
    > Vのように臨機応変もなかったそうで見えない人は見えないまま。
    > したがって、コンサート事務局はある程度わかっていたと思います。
    > 一生懸命やるメンバーを一体、誰が見えたのでしょう?我が家の一番の謎

    そうですか。
    後で、石川の見えないゾーンに居た方にお話を訊いたら
    7~8列同じ高さだったそうです。
    そりゃ見えないわ。

    これからあの会場を使う時は、もっと考えて欲しいですね。

    石川の見えないゾーンに居た人も、横アリのアリーナ正面最前列に居た人も
    どこの会場のどの席に居た人も、みんなみんな同じ値段
    ってことが、理不尽な気がしてなりませんが、
    それも、「運」ですべて納得するしかないのですかね。
    でも、1回しか観られない人もたくさんいることを考えると
    もう少し、配慮してほしいです。

    > 今回のコンサート 進化に進化を続け横アリで完結
    > そんな中で一回しか見ない人もいらっしゃる
    > 一回、一回、それでその人の評価も決まる
    > うまく言えませんが相手は生もの、結局は運と相性といったところでしょうか。
    > はじめの頃は節約コンサートでしたよね。
    > 代々木も暑かったし、街も暑かった 
    > 照明もどんどん増えて。
    > Airも初めて見た時は紗幕を落としてはっきり見せて!と思いましたが
    > 段々と金魚鉢の中の金魚が踊っているようなのと映像が増えて
    > 気がつくと映像ばかり見てたり。きれいだったな。
    > やはり回数見たくなりますね。

    Vコンは「ファンは何度も観る」を前提に作っているのでしょうか?

    WSで「動員16万人」と言っているのを聞いても、
    「その中に私が10人入っていますけど・・・」と心の中でつぶやきます。

    ファンになりたての頃は、1回しか観ないつもりでチケット取ったのに、
    一度入ると、また観たくなって結局3回。
    しかし、それは私が東京に住んでいるというありがたい状態にあるから可能なのであって、
    これが地方に住んでいたらそんなことは無理。
    やはり「運」とは言え、もう少し「格差是正」を懇願したい。
    今は、一票の格差があり過ぎ。

    > カミコンのForget it aiiあの大名行列が大好きでした。
    > カミセンがダンサーと踊るのとまた違って
    > リーダー坂本のもと6人でご挨拶がてら回ります。
    > 見たいな感じ(こんなの私だけだと思います)でお手振りよりも
    > ハイな感じでしたよね。

    先頭が、坂本さんじゃなくて健ちゃんってとこがミソな気がします。

    その方が、「アイドル色」が強まる気がします。

    > ですので思い出しツールと捕らえようと、今からあーだこーだ文句はあまり言うまい
    > と思っています。(そんなこと言ってもきっと言う)

    私もそうとらえることにします。
    でも、やっぱり文句は言いそう。

    > ヘンサーチ

    > しょーもない番組、今の時代TV番組自体がしょーもないから仕方ないです。
    > がんばろうファン!がんばろうV6!

    ほんとしょーもないなぁ。
    最近のTV。

    それでも、しがみつくことが大事なのかも。
    トニセンが、かつてしがみついたように・・・。

    そして、いつかゴールデン冠番組が持てますように。
    ダンスと歌が毎回聴ける内容で。

    TVが衰退していくのだったら
    ディア○スティーニさんあたりから
    「週間V6(DVD)付き」とか出していただいてもいいです。
    毎号マニアックな解説付き。
    付録のパーツを集めて組み立てると、
    コンサートのセットと6人のミニフィギアが完成して
    コンサートごっこができるとか・・・。

    紅白クマグスさんの手作り紅白セットみたいに、セット転換も可能な物が希望。

    良いと思いません?

    絶対買うけどなぁ。
    Date: 2011.10.16 Category: Vコン  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    まあくんラブラブ

    Date2011.10.16 (日) 10:54:14

    おはよーございます石川ではG列1~3列目だったら、花道見えたと思います
    スタンディングしてると、前の方の頭しか見えませんでした双眼鏡で見ても見えにくいってどうやねんと心の中で軽くつっこみ譲って貰ったので仕方ないんですけどね
    他の会場と違ったセットだったので、しっかり見たかったのに全体が何も見えず残念12ケ月でクレーン使ったけど、スタンドがないので乗る意味あるんかなって思いました。結局その後使用しないかったし
    まあトニセンのDaysが終わった後、座って見てたのでメインステージは見えなくても、設置している画面で見えたから、多少は良かったです。 列毎に段差を設けてくれたら、まだ良く見えたのではと思いました

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード