V6 live TOUR 2011 Sexy.Honey.Bunny! 9月19日in新潟 その4

    つむつむ様からご質問があった坂本さんの髭ですが・・・。

    前述の通り

    しっかりありました。

    口髭も顎にも

    ZORROの時より控え目な印象はありつつも、
    まぎれも無い髭面でした。

    似合っていました。
    カッコ良いか悪いかと問われれば

    カッコ良かったです。


    しかし、個人的な好みで言わせていただくと
    コンサートおいての髭は
    剛くんは違和感無いけれど
    坂本さんは違和感有り
    です。

    髭の一本一本が
    「次もまたZORROだよ。」と言っている気がして
    時折コンサートに集中できない瞬間を生みました。

    ZORROは大好きだけど、
    拘束期間長いからなぁ。

    精神的にも肉体的にも(私たちの場合は経済的にも)
    ギリギリま~で 頑張ってぇ(「ウルトラマンガイア」のテーマ曲のメロディで)
    乗り越えた後に、またすぐ再演となると
    モチベーション的にどうなのかなぁ(本人も私たちも)

    そんな雑念を思い起こさせる髭でしたので、
    できれば横アリでは剃っていて欲しいです。

    髭好きのつむつむ様をはじめ皆々様方

    ごめんなさい。
    Date: 2011.09.20 Category: Vコン  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    つむつむ

    Date2011.09.21 (水) 13:41:36

    ぽん様

    こんにちは。

    お呼びいただいたので、のこのこ出てまいりました(笑)。


    >コンサートおいての髭は
    >剛くんは違和感無いけれど
    >坂本さんは違和感有り
    >です。

    >できれば横アリでは剃っていて欲しいです。

    >ごめんなさい。

    ぬわんですってぇぇぇぇぇぇ~!
    …なーんて、冗談です(笑)。
    「ごめんなさい」だなんて…。
    こちらこそなんだか申し訳ありませんe-466
    どうぞお気になさらず…!e-454

    私としては、

    >似合っていました。
    >カッコ良いか悪いかと問われれば
    >カッコ良かったです。

    ぽん様からこのお言葉が聴けただけで十分です(笑)。
    満足ですe-446
    やったね、まあくん!e-266

    そうですか、そうですか。

    髭の似合う男は大好きですが、坂本さんの場合は私も“いつも髭ヅラ”じゃなくていいです。
    カッコよすぎてe-415。←バカ
    やっぱりアイドルだから?
    でも、横アリで見てみたいなぁ…e-420
    いや、見たらやっぱりカッコよすぎて直視できないかもしれませんがe-266(アホ~)。
    そこで見られたら剃ってもいいです(アホアホ~)


    それに、私も「次もZORRO」はイヤですね。
    (言った、はっきり言った!「イヤ」だって!)
    間に1~数クッション(別作品)おいてからならいいですが。
    ぜいたくな不満でしょうか。
    でも、やっぱり日生より青山クラスがいいです。
    トイレと休憩時間の長さは日生バンザイでしたが。
    公演期間の長さも魅力的でしたが、いろいろな意味でゾロより“もう少し”短くていいです。
    かわりに年間最低2作品e-319&もちろん毎年Vコンとプラス時々トニコン(よっぽど贅沢かな?)。
    あ、ソロコンやってくれるならその年は年間1作品で我慢します!?


    ここから(「も」?)ちょっととんちんかんな毒舌?

    坂本さんは、今後も東○ミュージカルにバンバン出たいんでしょうか?
    ゾロが終わった後のネクジェネでそんなようなことを言っていた気がしますが。

    なぜ東○なんでしょう?
    大作が好き?
    東○がミュージカル界のステータスだから?
    まあ、そもそもミュージカル界のことをよく知らない私には、“東○ミュージカル”のその世界での価値や特徴がよくわかってませんが。

    その世界に生きる人にとっては、東○ミュージカルで認められること求められること等が、めざすものなのかもしれませんが、個人的にはこだわらなくてもいいのにな…って思っちゃう。
    それがステータスなら、ジャ○ーズ所属のミュージカルスターは認められない風潮があるのなら、それを…その常識をあんたが打ち壊せばいい!と坂本さんに言いたい。
    あんたが既成概念を打ち破って、新しい価値を、伝説を作ればいいんだよ、と。
    (こういうシチュエーション、何かのマンガかアニメで見た気がするのですが、それがなんだったか思い出せません 笑)

    すみません、何も知らないから言える、無知の思いあがりだと思って聞き流して下さい(笑)。



    要するに、

    ゾロもいいけど、私は歌って踊りまくるサカモトマサユキのミュージカルが観たいんだよ~。
    チャドにだってまた逢いたいんだよぉ~。

    って、ことでしょうか?


    まあ、こんなこと言って、次が結局ゾロだったら、
    「ちっ、また続けてか…」
    と文句垂れながら、また通っちゃうんですけどね~。
    そしてどっぷり浸って惚れ惚れしちゃうんですけどね~、きっと。
    あはは。

    ぽん様やこの世界にくわしいみなさまがよくおっしゃってますが、もう次の舞台は決まっているはずですよね。
    (先日、テレビ番組で未來くんも
    「舞台の仕事は2年くらい先のことが決まってるのがふつう」
    って言ってました。)
    髭がそのためだとしたら、その発表が1日も早くあることを祈ってます。
    できれば今回はゾロ以外で(笑)。




    さて、ついでに少し前のお返事へのお返事を。

    >TV BROS

    >サブカル好き&ヲタク心にフィットする雑誌です。

    >そもそも、今回の特集も「モテキ」と「シティボーイズ」ですから。

    >変わった研究をしている科学者を紹介する
    >「わらしべマッドサイエンティスト」という連載と
    >昨年まで、シティボーイズライブの作・演出をされていた細川徹さんの
    >「ニュー 大人の時間ですよ」&「ひとり身の上相談」という連載
    >そして、太田光さんのエッセイ
    >このあたりを毎回楽しみに読んでいます。

    なるほど~。
    大田光さんとかは、人によって好き嫌いが分かれる人ですよね。
    ちなみに私は、好きとはちょっと違うけどすごく受け入れられるタイプです。
    (ボキャブラ時代は、ネプチューンより断然爆笑問題派でした!)
    彼が好きな作家カート・ヴォネガットは、私の好きなある人が好きな作家なので昔いくつか読みましたが…、感想は、うーふふふふふ…(苦笑)という印象です。
    中では『ローズウォーターさん…』がいちばん受け入れられたかな?
    好きな人が好きなものを、自分も全部好きになれるわけではないのだと思い知らされた、青春の思い出の作家です(笑)。

    すみません、話がそれました。


    『モテキ』、よかったら観に行って下さい(笑)。
    私は…、ああいうダイレクトなのはダメなんですよね~。
    いい歳したおばさんですが、エンターテイメントには基本的に“乙女の純情”を求めているので!?(笑)←救いようないバ…

    『モテキ』は作品中にあるというミュージカルシーンだけ観たいです。

    先日の新感線の舞台を観た方の感想で、未來くんの動きやダンスに対して
    「リミッターをはずしたような」
    という表現を見つけました。
    な~る~ほ~ど~と思ってしまいました。
    うまいこと言うなぁ…って。
    彼はエヴァだったのか!(違うって)
    なら、坂本さんはさしずめライディーンだな、私にとって。
    じゃあ森田剛は?
    森田剛はなんだ?
    …なんて、くだらないことをまた考えてしまいました。




    >イーヴィルティガの回。

    >イーヴィルティガの回ということは第44話「影を継ぐもの」ですね。
    その前の第43話「地の鮫」からの2話連続ものです。
    熊本ロケをした後半の重要なエピソードです。
    ティガのメインライターの小中千昭さんの作品です。

    ぽん様、すーごーい~!
    「イーヴィルティガ」と言っただけで、これだけ思いだせるなんて!!!
    尊敬です。
    はい、たしかに、そのタイトルでした。

    >ガーディーが泣かせますよね。

    すごい~!
    よくわかりましたね。
    私は、この怪獣くんの名前が思い出せませんでした。
    観たばっかりなのに(笑)。


    >この番組を観ていただいたんですね。

    次男はウルトラマン系が何気に好きみたいです。
    気がついたのは開始後でしたが、こんな番組やってるんだと知ってそれからは時間があると観ています。
    オープニング曲の映像でいろんなウルトラマンが登場しますが、私はわけがわからず
    「ティガは今の中にいたのぉ?」
    とすっとぼけたことを聞いて、次男に
    「いたよ!(呆)」
    と怒られています(苦笑)。


    >ゼロの宮野さんの声はちょっと魅力ですが・・・。

    ゼロっていうのも、ウルトラの世界(作品)での“立ち位置”がよくわからないのですが(映画を観に行ったはずが…!?)、声ですか、今度注目してみます!





    さて、ミッション、終わっちゃいましたね。

    今回の最初のじゃんけん、坂本さん本当は最初に
    「剛!」
    って言いたかったんだよね~。
    剛ちゃんが隣に来てくれてうれしかったんだよね~。
    罰ゲームでの
    「森田、森田!」
    って幸せそうだよね~。

    なんて、テレビに語りかけながら、楽しいのに泣きそうになりながら観ておりました。


    前に進まなくちゃ!
    希望を捨てず、かつあきらめ悪く(笑)。
    そして思い出も大事にしたいです。

    ツボはまだまだありますが、またまた長文になってしまったので、今回はこのへんで。


    台風は関東地方の状況もどんどんひどくなってきているようです。
    我が家も次男は登校前に早々と休校になっており、自主休校したらというのを振り切って学校へ行った長男も授業短縮でさっき帰ってきました。
    被害が拡がらないことを祈るのみです…。
    ぽん様もどうかお気をつけて…!

    失礼いたします。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード