「をんな善哉」

    青年座公演
    高畑淳子さん主演の「をんな善哉」を観て来ました。

    作=鈴木聡さん
    演出=宮田慶子さん

    どんなお話かはこちらをどうぞ!


    可笑しくて
    哀しくて
    やさしくて
    暖かい
    お芝居でした。

    5月12日初日
    本日は8日目。
    ロビーに坂本さん、彩吹さんからのお花もありました。

    写真をブログに・・・
    と携帯を取り出したものの、
    初日から日も経ち、かなりくたびれた様子のお花たちを見て、
    シャッターを押すのはやめました。

    坂本さんからのお花は、
    白いカサブランカをメインに花びらがたくさん重なった丸い形のパープルのお花(ダリア)など、
    シックな色合いでまとめた大人の雰囲気漂うアレンジフラワーでした。

    枯れ始める前に見たかったなぁ・・・。

    「PJ」の時、青年座でチケットを取っていただいたのがきっかけで、
    この公演のお知らせが送られて来ました。
    チケット代金は、5500円
    お知らせに同封されたハガキで申し込むとなんと5000円
    ストレートプレイとは言え、何てリーズナブル
    「ZORRO」のA席より安いのに、前から7列目のど真ん中
    しかも、良質の舞台

    はがきで申し込んだところ、高畑さんから
    「お申し込みありがとうございました!」という
    直筆のお礼状兼確認のお葉書をいただきました。

    仕事の都合で最初に申し込んだ日程の変更をお電話でお願いした時も
    事務所の方に快く変更手続きをしたいただいた上、
    またしても高畑さん直筆の
    「又、何か変更がありましたらおっしゃって下さい」というメッセージ付きの
    変更確認のお葉書をいただいてしまいました。

    なんて丁寧な対応なんだと感激しました。

    チケットは、当日清算・受け取りでしたので、所定の窓口に行き、チケットを受け取りました。
    高畑さん扱いのチケットだったためか、係の方に「楽屋に行かれますか?」と訊かれ
    どぎまぎしてしまいました。
    「いえ、行きません。」ととっさに答えてしまいましたが、
    そんなぶっきらぼうな言い方で失礼ではなかったかと、後で少し反省しました。

    平日の昼にもかかわらず、客席はいっぱいでした。

    8割が私より年上の方々。
    人生の酸いも甘いも噛み分けて、芝居も見慣れた方々とお見受けしました。

    ミュージカルではないのに、芝居の途中で拍手が起こるという経験は、私にはそうありません。
    それが、この舞台では2度もそんなことがありました。

    「私の人生、これで終わってしまうのかな・・・」と迷い、ジタバタする高畑さん演じる諒子を見て、
    可笑しくて大笑いしてるのに、自然に泣けて来る。
    同じ人生に迷う女性でもヴェラとは全く違う諒子という役にいのちを吹きこんで、演じていた高畑さん。
    本当に近所の商店街に諒子さんがいるような錯覚に陥るくらい、自然で生き生きしていました。

    1幕2場では、自信を失ってボロボロよれよれになってめっきり老けた感じの諒子
    ほんとによれよれなんです。
    それが、恋をした3場、4場ではめきめき美しくなっていく・・・。
    客席から「お~」とため息が出るほど、輝く高畑さんの美しさ。
    坂本ZORROもびっくりの早変わりです。

    彼女の揺れも、彼女の選んだ道も
    同年代の私にはとてもすんなり理解できました。

    青年座は高畑さんのホームグランド。
    息のあった仲間との演技は観ていて安心できました。
    青年座の皆さん、みんな上手い
    1人として「う~ん・・・」という人がいない。
    私的には、チャラ男っぽいけど、案外純粋なサーファーの塚田さんと
    酒屋の娘の恋人、自称・フィギュアアーティストで、ちょっとオタク系の瞬くん
    の二人がツボでした。

    高畑さんのサイン入りパンフレット(一日限定5部らしい)もゲットいたしました。

    110519_2200~0001

    すっかり高畑さんファンになってしまいました。

    次の作品「欲望という名の電車」もぜひ観に行きたいと思います。

    演出は青年座所属の宮田慶子さん
    新国立劇場演劇芸術監督も務める宮田さんは
    高畑さんと共に青年座の大黒柱ですね。
    私は彼女の評価は聞いていましたが、実際に演出作品を観るのは初めてでした。

    きめ細かく、一人一人の輪郭と人間的深みを的確に表現することに
    心配りを感じる演出でした。
    甘味処「笹本」の茶の間のみで展開される1年の物語
    セット転換は無し
    ともすれば単調になりがちなところですが、
    四季の移り変わりの中で、人々の心が少しずつ動いて行くのを
    客席にしっかりと伝える手腕はさすがです。

    当日券も少しあるようですので、興味のある方はぜひ
    おすすめです。


    Date: 2011.05.19 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    ぽん

    Date2011.05.20 (金) 07:33:41

    >secret T様

    Google ChromeからFirefoxへのブックマークの取り込みのこと
    教えていただいて、ありがとうございます。e-466

    さっそくやってみます。

    PTAでお知り合いになったPCに詳しいお父さんに、Firefoxを勧められて使い始めました。
    とっても、快適で気に入っていたのですが、ある日突然ブロックされてつながらなくなってしまい、Google Chromeに浮気しました。
    こちらも気に入っていたのですが、またしてもブロックされました。
    マイクロソフトのいぢわるでしょうか・・・。

    動画を良く見る息子によると
    Internet Explorer<Firefox<Google Chrome
    の順に軽くて快適だそうです。

    いろいろ便利な機能があるようですが、
    まったく使いこなせていませんe-330

    Firefoxもしばらく放っておくと使えるようになったので、
    Google Chromeもそのうち使えるようになるかしら・・・。

    来週いよいよ待望の「岡田くんダジャレミッション」です。
    今からワクワクが止まりませんっe-415
    これだけで、数日間HAPPYに過ごせそうです。

    ホント単純です。(笑)

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード