異論反論大歓迎

    >TRISTAR777様

    >海老鯛 迷わない
    >海老鯛 譲らない
    >何があっても君だけは手に入れてみせるよ

    爆笑しました~

    いろいろお気づかいいただきありがとうございます。
    大丈夫です

    ニューヨーク6人旅、良いアイディアでしょう?
    GOママと話しているうちに、このアイディアが浮かび
    妄想がどんどん広がりました。

    剛くんのNY進出と坂本さんのお誕生日が重なるのは、そう無いですからね。(二度と無い?)
    でも、今自粛ムードですから、「6人でNYなんてっ」と怒られてしまうかしら・・・。

    できれば、「あさイチ」の生中継でNYから6人で歌って欲しい。
    震災地の方々を励ますような歌を・・・。

    命題募集
    締め切りはありません

    いつでもどうぞ

    >ただ、もしまだ募集してらっしゃるなら、もしかしたら「命題その1」は
    >「好き」よりも「強い関心を持っている」にした方が良いかも、と思います。

    さっそく、採用させていただきました。
    ディープな坂剛萌え族の方々(それってたぶん私)は、「好き」にこだわるかもしれませんので、
    列記して残しました。

    3段ピラミッド論議
    こんなに盛り上がるとは・・・。

    私の触角に引っ掛からなかったので、本質に言及せずさっらっと触れただけで、すみません。

    剛ちゃんも健ちゃんも「上担当」というざっくりしたくくりでしか考えていなかったので、
    アイスダンスの事例、興味深く拝読しました。
    アニシナ・ペイゼラ組
    ググってみようと思います。

    そこで、ふと思い出しました。

    「パル・ジョーイ」を

    あの時、私は坂本さんジョーイがリンダをダンスでリフトする様が、
    あまりに「どっこいしょ」だったので、
    「どっこいしょリフト」と命名し、ここにも書きました。

    坂本さんの未熟さゆえの「どっこいしょ」だと考えていたのですが、
    後に、「リフトの場合、持ち上げる人だけの技術ではなく、
    持ち上げられる上の人にも技術が必要なのだ」とうかがいました。

    上に乗る技術的には、健ちゃんより剛くんの方が巧いような気がします。

    だから、3段ピラミッドの時にもご指名だったのではないかなぁ。

    「MADE IN JAPAN」で、坂本さんが剛くんを頭の上に乗せて、くるくる回す振り付けがあります。
    (最近はあまりやりませんが・・・)
    その時の剛ちゃんの乗り方がとてもうまいです。
    しかも、坂本さんの頭上の剛くんはまるで人形のようにまっすぐです。
    「けっこう腹筋とかしっかりしていないとこうはできないのでは?」と思います。
    あれだけピンと伸びていると、坂本さんの首にも負担がかからず、回しやすいに違いありません。

    坂本さんが骨折をして休んでいる時、代わりに井ノ原さんがこの役目を担い、
    首を痛めたことがあったらしいので、坂本さんにも技術があったのだとは思いますが・・・。

    VIBESコンのMC内記念撮影で、剛くんにおんぶされる人選をめぐり
    トニセンがやいのやいの言っていたのは、やっぱり剛くんが華奢だからかな・・・。

    健ちゃんは脱ぐとすごいので、「おんぶは楽勝」とトニセンは考えたのでしょう。
    もちろん師範岡田も・・・。

    剛くんはあのダンスを生みだすしなやかな筋肉は持っていますが、
    パッと見とにかく華奢(骨格が細いと言った方が適切かな)なので、
    トニセンもワタワタしてしまったのかも。
    折れそうだから・・・。
    実際には折れやしないのに、妙に心配させてしまうほど、細いです。

    実際やってみたらなんてこと無いことですが、
    親が子どもにおんぶしてもらう時って、妙にドキドキするじゃないですか?
    あっ、これって、私が重いからかな・・・。

    剛くんの筋肉がどう付いているのか、非常に気になりますよね。
    あのダンスを生みだす筋肉や関節ってどうなっているんだろう。
    でも、「脱げない現状」ではそれはかなわぬ夢ですね。

    そんなあなたにお勧めはこちら

    Date: 2011.05.01 Category: V6レギュラー番組  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード