お返事その3

    つむつむ様

    やっぱり、坂剛萌え仲間
    萌えポイントが限りなく一緒です。

    実は、ミッションの録画見る前に、つむつむ様のコメントを携帯に来た通知で読んでしまったので、
    私にとっては思いっきりのネタばれでした。(笑)

    6人のメッセージ。

    スーツ姿で並んでいるだけで、
    パッと見が凸凹凸凹凸凹になっている規則的な美しさだけで、
    ちょっと泣きそうになりました。

    坊主だろうが髭ヅラだろうが、
    森田剛は目が綺麗。

    >6人の声がしっかりそろっていること。

    これぞ、15年の阿吽の呼吸。

    6人の表情にも惹かれました。
    健ちゃんは、これまで見たことない表情をしていました。
    井ノ原さんは、ほんのり笑顔。
    それぞれの個性が出ていたと思います。

    見る前から、いきなり問題出されても
    そこは坂剛萌え一族・・・一応正解しました。

    もちろん「手」が決め手

    私的に一番のお勧めは

    7.傘問題で「感じました」と正解する剛ちゃまに、これまたうれしそうに「感じやすいね~」と話しかける坂本昌行。

    です。

    ちょっと色っぽいでしょ

    すみません。
    アホです。

    >ちなみに、その後のパンダ問題で正解した健ちゃんが、剛ちゃまとハイタッチした後もその手をギュッと握って離さず、「剛は俺のもんだからね!」のアピールを負けじとしっかりしていたのもツボでした(笑)。

    剛くんを挟んで二人がいるって、これ以上の萌えシチュエーションは無いですよねぇ。
    ホントにアホです。

    >中でも秀逸だったのは、やっぱりアンガールズ問題での魔性の左手でございましょうか?
    >必殺の手の側面をはじめとして、魔性の左手の表情をあれこれ堪能させていただきました。

    やっぱりここに食いつきましたね。
    あの側面
    天を指す人差し指の美しさ
    動きの芸術的ななめらかさ
    どれをとっても魔性です。

    「ザ・エンターテイナー」の「違います」は初めから狙ったのか
    それとも、「フィンランディア」という題名を聞いた瞬間にひらめいたのか・・・。

    いずれにせよ、降りてます笑いの神が・・・。
    坊主森田伝説は不滅です。

    >そして、今回おどおどした表情やしぐさがいちばん“かわいかった”のは長野さんだったような気がしています。

    私もそう思いました。
    ホントに可愛かった。

    坂本さんも「可愛い」と思ったのでは?
    思ってないか・・・。
    いや、思ったことにしておこう。

    アホにつける薬はありません。


    息子さん、お元気ですか?

    子どものことってほんとに気を揉みますよね。
    親は子どもを心配できるうちが花
    とも言いますし、
    そんな日々も後になれば、愛おしく思えるかも。

    若干その領域に足を踏み入れ始めている私

    かつては苦しんでいた息子
    しかし、それを決して私には言わず自分で闘っていた息子
    言わずとも、親子ですから当然その苦しみに気づく訳で
    自分も苦しくなるけれど、代わりに闘うことはできない
    一緒に苦しむことしかできない
    だって、息子の人生ですからね。
    逃げないで自分の力で乗り越える
    その手助けだけをすれば十分。
    それしかできないし・・・。

    そんな日々を振り返ると
    辛かったけれど
    親として幸せでもあったと思います。



    命題への参戦もお待ちしています。

    Date: 2011.04.28 Category: V6レギュラー番組  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    GOママ

    Date2011.04.28 (木) 15:27:40

    曲当て問題で、剛君が「違います」って、結構自信を持って言ってましたよね。


    私は剛君の頭には「スティング」って、浮かんでいたと思います。



    あの曲は映画の印象が強いですから。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード