涙腺 制御不能

    ここにいるのは

    確かに自分で

    これからこの舞台の真ん中に立つのは

    10年見続けて来たあの人なんだ

    という実感が持てないまま

    開演前、

    梅田芸術劇場の席に座っていました。

    それだけ、観に来られたことは幸運以外の何者でもありませんでした。

    3月27日(日)ソワレ

    隅から隅まで
    気迫に満ちた
    舞台でした。

    泣いた箇所を箇条書きで書こうという目論みはもろくも崩れ去りました。

    何故って
    全部泣いてしまったから。

    オープニングの音楽が聴こえただけで泣き
    アンサンブルさんの顔を見ただけで泣き
    ラモン様が赤い布を持って出て来ただけで泣き…

    幕間に「それはいくらなんでも早すぎ」とS様に言われました。(笑)


    ラストのラモン&ディエゴのフェンシングシーンは、ものすごい速さでした。
    ラモンの剣がディエゴの顔に当たりそうになり、ひやっとした瞬間もありました。
    激しい立ち回りのあまり、ラモンの剣が手から離れて、舞台前方に飛んでいきました。
    私はその剣が飛んだ方向の席でしたので、これまたヒヤリ
    ギリギリのところで止まり、舞台の下には落ちずにすみましたが、最前列の方はさぞかし驚かれたことでしょう。

    それだけ、2人が激しくぶつかり合っていたということですね。


    と、ここまで書いたところでもう限界

    おやすみなさい
    Date: 2011.03.28 Category: ZORRO  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード