束縛を協調に

    おはようございます。

    5時前の余震で目が覚めました。

    >苗坊様

    コメントありがとうございました。

    東京、先ほども揺れました。
    あれだけ大きな地震だと、こんなにも余震が続くんですね。

    弟さん千葉ですか。
    千葉は東京以上に交通網が乱れているようです。
    連絡が取れて良かったですね。

    昨日北海道のH様に荷物を送りました。
    「日数がかかると思います」と言われたので、
    ゆっくりゆっくり北上していくと思いますが、
    無事に届くことを祈ります。

    そちらも、お気をつけて。


    >secret様

    あ~、すみません。
    また、心配かけちゃいましたね。

    結論から申しますとですね。
    パニックにはなってませんが、相当イラついているのは事実です。

    私は、見かけによらずアグレッシブな性格でして(secret様はよくご存知ですよね。)
    どうも何か起こると、自分の内なる「攻撃性」が顔を出すんです。
    (以前の某事務所の対応に対する時もそうでしたね~

    まあ、そういう意味ではラモン様にとても似てるのかもしれません。

    携帯で打ってコピペするのは、前回の記事の3分の1位で止めました。
    「携帯でちまちま打って、携帯の充電を使うより、
    得意の電光ブラインドタッチを駆使して、PCで素早く書いた方が
    よっぽど電気使わないで済む」と思いました。

    手回し充電も途中で挫折。
    あれってね、ものすご~く回しても、少ししか充電されないんですよ。
    「これってほんとに非常時の時だけのものね」と実感し、
    本来の充電器をコンセントに差し込みました。

    「こんな時にどうか」とも思いましたが、
    昨日郵便受けに届いた大阪「ZORRO」のチケットに心踊ったりもしました。
    (この件については、後ほどメールしますね。)

    今朝は、久しぶりに復活したNHK教育テレビの「シャキ~ン」を見て
    じゅもくさんたちと一緒に早口言葉(今日は「さっそく シャンソン しゃしょうさん」でした。)
    をでっかい声で言って、全く言えない自分に爆笑しました。

    時々見るんですけど、この番組、最高です。
    ご覧になったことのない方は、ぜひ一度どうぞ!
    朝、7時からやってます。
    夜も放送しているらしいけど、何時からかはわかりませんっ

    さっき4日ぶりに湯船にお湯を張ったので、これを書き終えたら、ゆっくりと温かいお風呂に入ります。


    「ご自身にも周りにも必要以上にあるべき状態を求められているような印象を受けます。」

    さすが、鋭いですね。
    図星です。

    「誰かが逃げ道になってあげること」
    すてきですね。

    甘え上手な末っ子は、甘えさせ上手に違いありません。
    坂本さんがそうですものね。
    私のような長女気質は、甘え下手の甘えさせ下手です。
    人生振り返っても、「誰かに甘えた」という記憶がありません。

    私は仕事上やプライベートの役割上では、実は誰かの逃げ道になってあげることが多くて、
    だから、自分がどこにも逃げられなくなることが多々あります。
    基本的にM体質なので、自分を追い込むのが好きなのかも。

    「そして、日常を維持するのにいつもよりパワーがいる分、何かひとつ、サボりましょう。 」

    はい、アドバイスいただく前から、前述の携帯とPCの件は、サボるようにしました。
    もうちょっと何かサボります。
    (サボることに努力が必要なこの性格なんとかならんのか

    まっ、「シャキ~ン」見て笑えるから、大丈夫みたいです。

    計画停電の影響で、今日と明日の夜の予定がキャンセルになりました。
    時間が空いたので、今夜は久しぶりに息子とゆっくり話をしようかなと思います。

    昨日購入した「日本人のへそ」のパンフレットに
    1985年上演時の井上ひさしさんの文章が掲載されていました。

    わたしたちはあらゆるものから自由でありたいとねがっています。
    いま生物学の最前線で流行している術語を借りて言えば、
    わたしたちは精一杯「ゆらぎ」たいとねがっています。
    ところがどなたもごぞんじのように、このねがいはほとんどがかなえられることはありません。
    それほどまではげしく自由でありたいとねがっているのに、
    わたしたちは四方八方から束縛されて生きてゆかなければならないのです。
    そこでわたしたちは、なんとかして「ゆらぎ」の余地をのこしながら、
    同時に必要な束縛は受け入れて生きようと思います。
    このことに成功すれば、束縛は協調という言葉にかわるでしょう。
    つまりよりよく生きるということは、束縛を協調の線に押しどどめておいて、
    そのうえ各人がそれぞれの個性を生かしながら充分にゆらいでみせることだ、といっていいでしょう



    必要な束縛と不必要な束縛を見極めることが大切ですね。




    自分のイラつきの原因をちょっと分析してみました。

    <イラつきの素その1>

    被災地でありながら被災地意識の極めて低い首都東京

    東京は、今不思議な状態なんですよ。
    東京でも7名も亡くなっているので、明らかに被災地なのに
    東京に住んでいる者は、被災地意識が薄いように感じるんです。

    昨日も書きましたが、公衆電話が無料で使えることに驚いた私も含めて。

    計画停電についても
    「被災地の方のことを思うとこれくらいは我慢しなければ」と
    TVのインタビューに答える町の人を見るとなんだか違和感があります。
    「被災地のために我慢してあげてる」って、心のどこかで思ってない?
    「計画停電になっていることそのものが、私たちの「被災」なんじゃないの?」と。

    そういう被災地でありながら、一方では
    なつこ様のブログでも卯多様がおっしゃっているように、

    >長い復興を支えるのは、無事だった地域の経済活動とそれに基づく支援です。
    その為には、まず自分たちの日常生活を冷静に、しっかりと、しないといけないのです

    経済活動で支えなければならない地域でもある東京。
    しかも、すべての発信基地である首都機能を持つ。
    この複雑な構造が、私をどうもイラつかせているようです。


    <イラつきの素その2>

    肥大化する自助

    よく「地域社会は、自助・共助・公助が大切」と言われますよね。
    仕事上も耳にタコができるくらい聞いている言葉です。
    これらは、三位一体となってはじめて力を発揮します。

    東北地方の被災地は外国メディアも驚嘆しているように
    非常に冷静に、自助・共助を発揮しています。
    今、大幅に出遅れている公助もこの力に押し上げられ、徐々に追いついて来るでしょう。

    一方東京はどうでしょう。

    「共助・公助」が強く求められる状況には至っていません。
    しかし、報道によってあおられた人々が買い占めに走っています。

    昨日渋谷からの帰り道にあった数件の家電量販店のすべてが
    懐中電灯、電池式携帯充電器、カセットボンベ等が売り切れ状態でした。

    立ち寄ったコンビニのカップラーメンの棚もからっぽ。

    自助が肥大化する時、弱者が取り残されて行きます。
    この「嫌な予感」が、私をイラつかせているようです。

    <イラつきの素その3>

    滑舌の悪い政府と東電

    以前から「原子力の安全利用なんて可能なのか?」と胡散臭く思っていた私ですが、
    今回その危惧が現実となって、何もできなかった自分にイラついています。

    何も知らなかったのなら「驚いた」で済むけれど、
    多少なりとも問題意識を持っていた者に、責任は無いのかと。

    その怒りは私よりもっと危険性について承知していたであろう
    政府や東電の、後手後手の対応に向けられるのです。

    未曾有の災害に、彼らも精一杯やっているのだとわかっていても・・・。


    こうやって自分のイラつきの原因を書き出してみると
    「今、そんなことにイラついても何も変わらない」
    ということに気がつきます。

    井上さんがおっしゃっているように
    「必要な束縛を受け入れて協調に変えてみよう」と思います。
    そして自分らしい「ゆらぎ」を探します。

    無理はしない
    いつものように微笑む

    これから先が長いですから。

    さあ、お風呂に入ろう

    Date: 2011.03.15 Category: ZORRO  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    -

    Date2011.03.15 (火) 15:15:00

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    -

    Date2011.03.15 (火) 11:04:53

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード