自縛の紐

    バレンタインデーの日
    「ZORRO」初日から1ヶ月経った日
    2月14日にディエゴとラモン そして父という記事を書きました。

    初日を観てからずっと考えていたこと
    それがこの3人の関係でした。

    すぐにでも思いを吐露したかったのですが、時間が許さなかったのと考えがまとまらなかったためです。
    自分なりにしばらく温めて、書き記したつもりですが、今読むと、非常に浅い解釈です。

    この記事を書く前に卯多様にお会いして、記事で書いたような受け止め方をお話しした時
    卯多様から「ラモンは最後まで悪を貫いてほしい。良い人になって欲しくない。」と言われました。

    まったく違う角度からのご指摘に、かなり動揺しましたが、
    結局当初の自分の考えに固執した内容になっています。

    私が、ラモン寄りの見方から抜け出せなかったのは
    やはり私が生粋の長女気質だからでしょう。
    しかも、私は一人っ子しか育てていないので、
    兄弟を育てる親の心情も理解しにくい。

    その後、下の子気質のつむつむ様やるる様、卯多様、
    兄弟を育てた兄弟を育てた経験のある方にお話を伺う機会があり、
    体に沁みついた感覚ではわからずとも、頭ではわかる程度に
    ディエゴやアレハンドロの心情が理解できるようになりました。

    その後卯多様のブログ彷徨える海馬で、ディエゴとラモンそして父に関する大変興味深い2連作がアップされました。

    僭越ながら
    たがいに少し歩み寄れたように感じました。

    「カインコンプレックス」という切り口から読み解くと
    いろいろな疑問がほどけて来ます。

    ここに着目された卯多様の力作を、ぜひお読みいただきたいと思います。

    結論(あくまでも私見)から申し上げると、
    この「ZORRO」という作品におけるディエゴ、ラモン、アレハンドロの関係の描写は

    あえて、わかりにくく作られているように見える

    それは、観る者一人一人が
    そのおかれた立場、環境によって、いかようにも受け止められるように
    ではないでしょうか。

    日本向けにディエゴとラモンを
    血のつながった実の兄弟という設定ではなく
    実子と養子という義理の兄弟にしたところが
    この部分をよりわかりにくくしています。

    東京千秋楽に近づいた時点で
    まだ、私には理解できませんでした。
    ディエゴがラモンにどんな感情を抱いていたのか。
    そして、ラモンの死の真相が。

    ラモン目線で観ていれば、最初の記事のまま「これこそ真実」と自己満足したでしょうが、
    ディエゴやアレハンドロの心情にも寄り添えるようになったがゆえに、
    思考が混乱し始めたのです。

    このまま大阪千秋楽を迎えたら、私はこの作品を卒業することができない。

    そう思って、名古屋行きを決意しました。

    名古屋行きの目的は8つ

    ①冒頭の子どもジプシー芝居の時の、マサリート&カズリートの視線と表情をしっかりと確認すること。

    (勝手に命名すみませぬ。
    カズさんのご講義によれば、スペイン語では「zu」は「ス」と発音するらしいので、
    正確には「カスリート」?それじゃあんまりだよね。それとも「カジート」?
    そもそもマサリートも正確な表現ではないらしいので、勘弁して~

    ②父の死を知った時のディエゴのセリフと表情をしっかりと確認すること

    ③「出会う朝は来ない」の歌詞をしっかりと聴き取ること

    ④ゾロの正体を知った時のラモンの表情と声の調子をしっかりと確認すること

    ⑤ラモンに「愛している」と語りかけるときのディエゴの表情と声の調子をしっかりと確認すること

    ⑥ラモンがディエゴにナイフを向け二人抱きあった時の二人の表情をしっかりと確認すること

    ⑦倒れるときのラモンの表情、その後のディエゴの様子をしっかりと確認すること

    ⑧ラストでルイサに歩み寄る時のディエゴの表情をしっかりと確認すること




    おれ、「しっかり」って言ったかな?(ガルシア風に)

    書き出してみたら、こんなにいっぱいあったので、
    我ながらびっくり。
    一度に記事するのは無理みたいですね。

    分けます。

    すご~く、モノ好きで

    すご~く、深読み族で

    ちょっとだけ、お時間のある方のみお付き合いください。
    それ以外の方は、回避していただいてかまいません。


    ああ、こんなに偏った見方をしていたから、あんなに疲れたんだな。



    そうそう、最後に名古屋アドリブ報告もしておかなくては・・・。

    まず、懺悔コーナー

    マチネは

    ゾ「大きい蝋燭か?」
    ラ「大きさ的言えば、グランデサイズです。」

    ゾ「8時?!」
    ラ「8時3分前」

    ソワレは

    ゾ「大きい蝋燭か?」
    ラ「残念ながら小さいです。しかも細い。」

    ゾ「8時?!」
    ラ「8時25分前」

    でした。


    ソワレで芋さんガルシアとディエゴのアドリブもありました。
    恋の指南をするシーン。

    ガ「もうガルシア軍曹でいたくない」
    ディ「どうしたの?」
    ガ「聞きたい?」
    ディ「うん」
    ガ「でも、言いたくない」
    ディ「じゃいいや・・・」
    ガ(動揺)「え・・・?でも、そんなこと言わないで聞いてくれぇ!」

    正確ではありませんが、おおむねこんな感じでした。


    なんか、書き始めたはいいけれど
    終わらない気がする。

    結局「PJ」の宿題も終わってないし・・・。
    Date: 2011.03.07 Category: ZORRO  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード