~劇場は生きている~「ZORRO」 東京千秋楽 

    今、帰ってきました。

    劇場は生きている。

    今日それを体感しました。

    ゆるやかで美しい曲線で形作られている 日生劇場。
    大きな貝殻に抱かれて、海の底にいるような錯覚をおぼえます。

    今日は劇場そのものがまるで生きているかのように

    熱を発しながら

    うねり

    震え

    呼吸していました。

    私は、2階席上手側の5列目。
    初めての2階席。
    2階席も満席。

    千秋楽への期待に始まる前から、ここに集った人々の高揚感が会場の空気を熱くしていました。

    2階席からもしばしばハレオがかかって
    自分の心も沸きたつのがわかりました。

    こうして劇場全体を見渡すと、
    この作品が非常にち密な計算のもとに、
    隅々にまで心を通わせて作られていることが、よくわかります。

    あの空間で舞台と客席が、共に呼吸していることの幸せ
    その真ん中に大好きな人が立っていることの幸せ

    そのすべてに感謝したい

    そんな気持ちで見つめ続けた3時間でした。

    神経を集中して見つめ続けていたので、
    視神経が限界状態まで、疲れています。

    したがって、本日は十分なレポで皆様のご期待に添うことは難しそうです。

    とりあえず、すっ飛ばして
    憶えているうちに、坂本さんの最後の挨拶を・・・
    かなり、記憶があいまいです。
    ご覧になった方々
    間違っていたら、訂正お願いします。


    11月から4ヶ月
    飽きもせず、「ZORRO」という作品にどっぷりつかって来ました。

    やっているうちに作品自体がどんどん進化して
    大好きな(大切な・・・だったかな?)作品になりました。

    そのようにできたのは、はるばる(遠くから・・・だったかな?)日本に来てくれた
    スペイン人ダンサーの皆さん
    そして、ギタリストのアントニオさんのおかげです。
    (会場拍手)

    今は見えませんが、スタッフの皆さんのおかげです。
    (会場拍手)

    そして、目の前にいる(客席に両手を差しのべ)皆さんのおかげです。
    ありがとうございました。
    (会場大拍手)

    東京公演は今日で終わりです。
    この後、名古屋、大阪に行きます。
    これで、お別れするのも寂しいので、
    名古屋、大阪にもぜひおいで下さい。
    お待ちしています。


    う~ん
    こんな感じだったかな?

    なんか違う気もする。
    訂正大募集

    いつもははるか上のバルコニーで演奏してくださっているバンドの皆さんも坂本さんが呼んで、キャストと一緒に並びました。
    バルコニー以外にもいらしたのですね。
    思った以上に人数が多くてびっくり

    バンドさんを呼んだのは、挨拶の前・・・でしたよね?(誰に聞いてる?)

    カーテンコールは4回?5回?(だから、誰に聞いてるんだっ

    最後にいつもの「Z」と投げキッスをやったら
    観客あっさり帰り支度。

    えっ・・・
    もう一回くらい出てきても良いのになぁ

    坂本さん以外の挨拶も聴きたかったなぁ

    それは、大楽までとっとくの

    だから、名古屋・大阪に来いよってことですか?

    そんな感じのあっさり目の東京楽でした。



    「バイラメ」
    今日は、最後だから前半の「高音もがんばって歌うパターン」に戻してくれるかな?
    と期待したのですが、
    「教えよう」はやっぱりセリフ調でした。
    しかも、なんか低くて変な感じ。

    終演後の語る会で皆様とその件についてお話ししているうち

    「調子が良ければ、元のパターンでやろうと思ったけど、
    少し前の高音の部分で少し声がガサついたから
    迷って直前で、止めてセリフ調パターンにしたのではないか。
    だから、変だったのでは?」

    という結論に至りました。

    勝手に結論付けちゃってすみません。

    でも、やっぱり前のパターンに未練がある私。
    ちょっと休めるので、のどをいたわって
    名古屋では最初のパターンでやって欲しい。
    お願いだから、あそこは歌って

    今日はほんとうにたくさんの方々にお会いしました。
    先日剛ちゃん誕生会で、DVD鑑賞を共に楽しんだグリ友の皆様。

    終演後の語る会にご参加いただいた皆様。

    ありがとうございました。
    楽しかったです。

    気が付いたら9人もいて・・・。

    食べるのそっちのけでおしゃべり。

    あんまり注文しなくて、お店の方ごめんなさい。


    皆様、興奮冷めやらぬ様子で、目は輝き、頬は紅潮し、
    まるで少女のような表情でした。

    これだけたくさんの熟女を少女にしてしまう男

    その男の名は、さかもとまさゆき

    どんな魔法を使ったのか?

    「そうさ
    とろけさせるのがあの人のウリ・・・
    だろ?」(イネス風に)


    名古屋・大阪の乙女の皆さま

    待っていてくださいね。
    次は皆さまの番ですよ~。

    あっ
    ちなみにいつもの懺悔は

    ゾ「その蝋燭は大きいのか?」
    ラ「ハイ、それはもう。特注品です。」

    ゾ「8時か?」
    ラ「はい、8時ピッタリに」

    でした。

    アントニオさんのステップ、切れてたなぁ。
    ホセさんのターン、美しかったぁ。
    フェルナンドさんの立ち姿、素敵だったなぁ。

    アンサンブルの皆さまも、いつも以上に熱が入っているのが伝わり
    素晴らしい演技、歌、ダンスでした。

    もちろん、ラモン様も・・・

    ラモン様と父の牢獄シーン
    泣きました。
    涙が幾筋も頬を流れ、唇が震えるほどでした。

    「思い出はよみがえる」も「HOPE」も「出会う朝は来ない」も「もう一杯」も
    どの曲も泣けるのは何故でしょう。

    イネスの「お前にはあるんだ。だが、その声を聞こうとしない」の時は、ほぼ号泣でした。

    やっぱり池田イネス好きだぁ。

    「生きていることが誇らしいと思える、それが、自由だ。
    戦って勝ち取れ!自由のために・・・」

    のところはいつも、スカッとします。


    まだまだ語り足りませんが、そろそろ目が限界です。

    先程、書いている途中でコメントが・・・

    >凡才ママ様

    お疲れのところ、コメントありがとうございました。

    お会いできてほんとうに嬉しかったです。

    そうですね。
    次はぜひ、踊り倒す作品で・・・。

    坂本さんと、坂本さんを愛する皆様に出会えたことに感謝しつつ
    今日は幸せな眠りにつきます。

    大阪でお会いしましょう

    Date: 2011.02.28 Category: ZORRO  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    ぽん

    Date2011.03.01 (火) 06:18:49

    >しなもん様

    コメントありがとうございました。

    仕事やもろもろでたまったストレスを吹っ飛ばしてくれる
    そんな魔法のような宝物を持っている私たちは幸せ者ですよね。

    私も昨夜の語る会は刺激に満ちたひとときでした。

    また、語り合いましょうねe-2


    >拍手コメントのsecret M様

    昨日はお会いできてうれしかったです。
    ありがとうございました。

    ここはどうしても坂本ファンが多く集っていますが、
    博さんファンの方も
    大歓迎です。

    次の語る会の折は、ぜひおいで下さい。

    今度ティガについて、お話聞かせてくださいe-2

    しなもん

    Date2011.02.28 (月) 22:56:21

    今日はありがとうございました。
    本当に楽しかったです。
    仕事で溜まったストレスが吹っ飛んで、身体が軽くなったような気がしました。
    (実際にはかなり重い身体なのですが…)

    皆様のお話を伺っていて、自分はいつも何にも考えずに舞台を観ているんだなと再確認。(-_-;)
    それに皆様、お忙しいのに沢山の舞台をご覧になっていて、自分の勉強不足を痛感しました。

    またぜひご一緒させて下さい。<m(_ _)m>
    ありがとうございました。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード