予定調和ではない場所

    昨日、映画『相棒-劇場版2-』を観ました。

    宣伝文句の
    「相棒が変わる」
    「あなたの正義を問う」

    観る前は息子と
    「こんなに大袈裟に言って大丈夫なの?」
    「誇大広告なんじゃない?」
    と、話していましたが・・・。

    いち早く私よりも先に観た息子は
    「あながち誇大広告でもないよ。
    見終わった後、ちょっと放心状態になるよ。」
    と言っていまいた。

    警察組織の内部抗争(警察庁vs検察庁)と自作自演系というのは、予告映像からも予測していましたが、
    私の予測と微妙に違っていましたし、何よりあの結末は予想外でした。

    前回の映画は「相棒っぽくないな」と、ちょっと物足りなかったので、
    今回は「これぞ相棒」といった原点回帰の内容で、かなり満足です。

    ミッチーのサービスショットもありましたし

    ところでミッチーは、坂本さんより2つも年上なんですね。
    びっくりです

    若いですね。
    坂本さんも若いですが・・・。
    「ベスステ」の写真を見て、ニマニマしています。

    首が太くなったんじゃない?


    さて、「相棒」の話に戻りましょう。

    息子はパンフレットを購入して来ましたが、
    まだ映画を観ていない私には
    「ネタばれあるから、観る前は読まない方がいいよ。」
    と、アドバイスしてくれました。

    アドバイスに従って、読まなくて良かったです。

    パンフレットのインタヴューで、岸辺一徳さんが
    「ドラマの本当の面白さっていうのは、予定調和な場所には無いと思うんですね。」
    とおっしゃっていますが、
    私も本当にそう思います。

    現在放送中の某朝ドラのベタな「予定調和」を毎朝見ては、
    ゲンナリしてしまっていた今日この頃なので、
    (尾美さんはステキ尾美さんを観るために何とか見続けている状態です。)
    「相棒」を観て、「これだ、これだよな。」と思いました。

    キャストも渋い
    國村隼さん(私が好きな作品への出演率高し)
    大森博史さん(シティボーイズのライブで観て以来ファンです。)
    本宮泰風さん(陣川さん役の原田龍二さんとご兄弟ですね。同じシーンは無かったですが・・・)
    葛山信吾さん(「仮面ライダークウガ」の頃から観てます。すぐ死んでしまう役だったので、残念。)

    岸部さん、宇津井さん、品川さんのシーンでは、「重厚」のランプが点滅しているのが見えるようでした。
    (すみません。シティボーイズ「10月突然大豆のごとく」を観た方で無いとわからないネタです。)

    本筋とは関係ありませんが
    陣川さんと尊くんが「はじめまして」と挨拶するシーンがありましたが、
    シーズン9の第5話「運命の女性」(太田愛さん脚本)で二人はすでに会っているはずですが・・・。

    太田脚本が、第3話と第5話で比較的近い週で放送されたことを、「あれ?」と不思議に感じていたんですが、もしかしたら、このせいかもしれませんね。

    映画公開と離れた時期の方が良いという判断か?

    こんなにすぐに太田作品が来ると思っていなかったので、第5話は録画しそこなったのですよね。
    残念。
    再放送を待ちます。

    脱線してしまいましたが、
    「相棒」の強みは「ホンか良いこと」
    ドラマはやっぱり脚本ですよ。

    准くんには、申し訳ありませんが、
    ホンの水準では「SP」は「相棒」に完敗です。
    「SP」はアクション映画ですから、別ジャンルなので単純には比較できませんが・・・。

    とにもかくにも

    「相棒」
    映画館で観る価値のある映画でした。

    映画でもライティング青かったです。

    都会の夜景フェチ(そんなのあるのか?)の私は、あの空撮
    たまらないです。

    安定を望まない「相棒」に倣い
    私も、常に安定を望まない人生を送りたいと思います。

    Date: 2010.12.30 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード