復活2 コメントのお礼その1

    コメントいただいた皆様

    ありがとうございました。


    >るる様

    FNS作文

    可愛いのも
    ラブラブなのも

    知りたいです。

    腑に落ちない  なんで  主役がいないのさ 
    にお答えしまして・・・

    不自然だ 日本のディエゴ 坂本を出せ!
    あまりにストレートで、ごめんなさい。

    ちょっと元気になって、共演者さんのブログを周って見たら、
    例の親睦会写真がそこかしこに・・・。

    撮影者は、例の方ですねきっと。
    記念撮影の腕がどんどんあがっちゃうんじゃない?

    係長さんの「・・・ほぼ。」に苦笑いでした。
     
    というわけで、
    「東宝様のありがた~いブログ」
    ご覧になってます。

    >それも含めてオーディション通ったのかしら?

    私もそこが気になります。
    っていうか、東宝さんと某事務所の力関係なのかな・・・とも。
    今や、帝劇を満員にするためには、某所の力を借りなければならないのは事実でしょうから。

    こんなこと言うとご批判もあるかもしれませんが・・・

    この時代、某事務所がそこまで頑なに拒むには何か理由があるんでしょう。

    それを一度訊いてみたいです。

    そして、その理由に納得できれば、寂しいけれど我慢します。

    「黒バラ」の話
    面白いですね。
    考えてみたら、ネットで出なくても、雑誌やTVにどんどん出て宣伝してくれれば、それで良いんだし。
    我らがスタアさんにも頑張ってもらいましょう。

    >Look at
    >で一つ気になったのはあなた東宝ミュージカル出たことあるよね?

    おお、
    「サウンド・オブ・ミュージック」ですよね?
    うちにパンフがあるので、確認したら、
    しっかり「制作●東宝」と書いてありました。
    しかも、演出・振付「宮本亜門」でした。

    ついでにパラパラめくっていたら
    子役に原田優一くんがいて、ぶっ飛びました。

    さすがに、忘れたり、無いことにはなっていないと思いますが、
    東宝ミュージカルとか意識せずに、当時出ていたのかも・・・。

    >今月号の巻末ハガキは1年の総括(皆様!坂本昌行に清き一票を!)なんですがライバルがいっぱいで
    「まぁ入らなくても仕方ないか」と敵前逃亡の気分です。

    言われなければ、忘れるところでした。
    清き一票を投じます。

    平家派は、
    TOKIOの上がりっぷりに、驚きました。

    トニセンはあんなに落ち着いてたのに、
    どうしたTOKIO

    それだけ平家派には並々ならぬ想いがあるのでしょう。
    この日のFNSの裏話を少クラでしてくれると、楽しいのにな・・・。

    坂本さんはさすが発声からやり直し、
    只今稽古真っ最中ということで、声が伸びるし艶がある。
    少クラの時より、良かったですね。

    少クラの時は、山口くんと声がうまく溶け合っていたのに、
    今回は何だか「分離」している感じで、
    二人が一緒に歌うとちょっと「ザラッと感」が残りました。
    残念。

    山口くんと太一くんは声に(指にも)力が入りすぎてたし、
    城島くんは今一つきれいな高音が聴こえて来なかったし。

    全体的に、高音が弱かったかな。

    でも、噂に聞くところ
    世間的な評判はまあまあみたいですね。

    ほっとしました。

    >あさイチ 岡田編
    >なんか、こそばゆかったです。
    >ちょっとピントが外れる岡田の答え(いつもの事)
    >インタビュアーに徹しようとしすぎたんじゃないか?イノッチ
    >Vのイノッチでやった方がよかったんじゃないか?
    >イノッチに話してもらったら面白いのに~と思いながら鑑賞。

    いちいち同意します。

    ちょっとどころか、
    相当ずれてるよ・・・准くん
    と、思いました。

    最後の2分にまとめに入ることも無く、
    「何になりたいの?」とねじ込むように訊いた井ノ原さんは、
    あの答えを求めていたんではないと思います。

    そのことを語り始めると、長くなるので止めておきます。

    「誰にも言えない」と思っていたのは、准くん本人だけ
    6人はすでに分かっていたでしょう。

    >10年も前の話でしかも続けている、話せるようになった、これがすべてだと思っています。

    そうですね。
    それが、すべてです。

    >随分前(数年前)のぽん様の「アイドルとは葛藤する生き物である」を思い出してまた読み返してしまいました。

    ありがとうございます。

    >これを読んだときいつのポポロかな~と必死で探したのですが見つけられなかったんですよ(笑)

    たぶん、1999年秋ごろのポポロです。
    私も切り抜きで手に入れたので、正確な剛数・・・じゃなくて号数がわからないんです。

    >ラジオか何かで「SPのために仕事を断ってたらオファーが来なくなった~」
    >と言っていたそうです、馬鹿ですねぇ~

    この発言、
    私の中で、岡田くんの株を上げました。
    そういうとこが好きです。

    >ただ不思議なのは「そんな岡田母がなんでジャニーズ予備校に応募?」

    私も、不思議です。
    「男らしく・・・」って育てたんだったら、なぜ?ジャニーズ?
    って思いました。
    鍛えられる
    と思ったのか。

    どちらにしても、
    「女を守るが男の役目」的なことをおっしゃる殿方は、
    超が付くほど、苦手なので。
    私は准くんには近づかないことにします。
    あっ、向こうからお断りですね。はい。

    准くん、あんまり頑なにそう思っていると自分が苦しいよ。
    それにあなたって、束縛したいタイプでしょ?
    これからも、苦労すると思うよ。
    でも、がんばってね。(何を?)

    >栄養と共に脂肪もつけています!

    冬に向かって、それ大事です。
    前の記事で3kg痩せたと書きましたが、
    すでにもう1kg取り戻しました。

    せっかく痩せたのに、腹は凹まず
    胸が小さくなっただけ・・・というトホホな結末でした。

    Date: 2010.12.06 Category: ZORRO  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード