追伸  楽譜の健じゃなくて件

    >琴音様

    楽譜を読めるか読めないか
    説明が不十分でごめんなさい。

    正確な日本語として「楽譜が読める」とう言葉がどの範囲を指しているのか定かではないのですが、
    私が今回の記事で書いた「楽譜が読める」が指しているのは

    楽譜を見るだけで、頭の中にメロディーが浮かぶ
    もしくは
    楽譜見て楽器を弾ける
    という意味でした。

    坂本さんがミュージカルの歌練習をする時や、レコーディングの時に、楽譜を見ているのは知っていましたので、
    今回のミッションを観るまでは、「読める」のかと思っていました。
    今回、ミッションでメンバーに渡されたのは小学校1年生の教科書に載っているような、
    わかりやす~い楽譜でした。
    それなのに、坂本さんは「どんな曲だっけ?」と皆に訊いたということは、
    楽譜を見てメロディーが浮かばなかったのだと思います。
    そうすると私が言うところの「読める」には当たらないのですよね。

    おそらく坂本さんは、
    耳で聞いた音を補完するものとして、楽譜を使っている
    のではないかと思います。
    坂本さんは「セリフは書いて憶える」と良く言っていますよね。
    たぶん彼は「視覚優位」なタイプなのでしょう。
    だから、音で聴くだけでなく楽譜のような視覚に訴える物がある方が、頭に入りやすいのだと思います。

    視覚優位とは、ものごとを認識する際に、目から入ってくる情報のほうが耳で聞く情報よりも認識しやすい特性のことであり、聴覚優位とはその逆で、耳で聞くほうが目から入る情報よりも認識しやすい特性のことです。

    学習障害や発達障害に関する議論の中で良く使われる言葉ですが、
    そのような子どもたちに限らず誰もが持っている特性です。

    生活に支障が出るほど大きく偏らずとも、誰もが視覚か聴覚のどちらかに優位性はあるうようです。

    「説明を聞いて理解するのは苦手で、書いてあることを読むほうが得意だ」という人は視覚優位。
    反対に、「本を読むのは苦手で、どっちかというと人の話を聞いて理解するほうが得意だ」という人は聴覚優位。

    私は完璧に視覚優位です。
    遺伝なのか息子も視覚優位です。
    ですから、私たち親子は何事も「書いて憶える」タイプ。
    逆に言うと、「書かないと憶えられない」タイプです。
    二人ともメモ魔です。

    あくまで「情報処理」との関係の話なので、
    「耳がいい」とか「音感が良い」とはまた別の次元の話です。

    私たち親子はどちらも視覚優位ですが
    私は音楽を聴き分ける力はあまりなく、音感も良い方ではありません。
    (息子に言わせると「お母さんの歌は半音ずれてる。」らしい)
    息子は、細かい音を聞き分ける力もあり、音感も良く、音楽を記憶力する力も高いようです。

    TVを見ていて
    「このBGMは○○の××の場面の音楽を使ってるね。」とか
    「このドラマの音楽は川井さん(注※)っぽいと思ったから、エンドロールで確認したらやっぱ川井さんだった。」とか
    突然言い出します。

    川井憲次さん
    押井守監督の作品『攻殻機動隊』等の音楽を担当していることで有名な作曲家さんです。
    私たち親子にとっては「ウルトラマンネクサスの音楽の人」です。

    以前、TVから聞き覚えのあるBGMが流れたので
    「これ『有頂天ホテル』の曲だよね?」と私が聴いたら
    「違うよこれは『Mr.インクレディブル』の曲だよ。」と息子。
    「え~?『Mr.インクレディブル』にこんな曲出てきたっけ?」と私が納得しないので、
    息子は「しかたないなあ・・・」と『Mr.インクレディブル』DVDを再生し、その場面を私に見せました。
    ほんとにその音楽でした。

    私「ほんとだ。似てるよね?『有頂天ホテル』と」
    息子「似てないよ。」

    毎度こんな調子です。

    しかし、そんな息子も楽器には全く興味が無いので、
    楽譜は読めません。

    話がずれました。
    戻しましょう。

    楽譜が音楽の設計図のようなものなので、読めるか読めないかは
    「必要に駆られて訓練されているかどうか」で決まると思います。

    そして、健くんの方ですが
    楽譜を見て楽器が弾ける
    のは、「楽譜が読める」条件の一つですが、
    ギターの場合は微妙です。

    コードを抑えるだけだったら、楽譜が読めなくてもできますからね。
    実際、ギターが上手で、作曲もしちゃう位音楽のセンスがあるのに
    「僕は楽譜が読めないんだよ~」と言っている知り合いがいますから。
    その人は、コード進行と鼻歌で作曲して録音し、
    楽譜が書ける人に楽譜を起こしてもらっていました。
    最近はPCで楽譜にしてくれるソフトもありますしね。

    結論から言うと
    楽譜なんて読めなくても、良いんです。

    楽譜が読めても、心を動かす歌が歌えるわけではありませんから。

    雑誌「SONGS」等に時々出るV6の楽曲の楽譜を見ると、
    ほんとに難しくて、
    「こんな難しい曲をあんなにさらっと歌う彼らは凄い」
    と思います。


    蛇足


    ちなみに「ウルトラマンネクサス」はこれ

    101129_1214~0001

    これは、おもちゃ屋さんに置いてあった宣伝用の看板です。
    おもちゃ屋さんが閉店する時に行って、300円で譲ってもらいました。
    私の部屋にあります。

    ちなみにその一角はこんな感じ

    101129_1216~0001

    電子ピアノの上をウルトラマンと怪獣さんたちに占拠されたので、
    ピアノが弾けません

    右下端のビニールに入っているは、
    長野博様主演「大決戦!超ウルトラ8兄弟」に登場する怪獣さんたちです。
    もったいなくてビニールから出していません。
    これには映っていないのですが、この映画の期間限定応援ファン倶楽部「ウルトラ兄弟倶楽部」の会員限定のグリッター(金色に輝く)な8兄弟のギフィアも一緒に並んでます。

    こんなおばさんで、すみません

    Date: 2010.11.29 Category: V6レギュラー番組  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    るる

    Date2010.11.30 (火) 09:34:32

    ぽん様 こんにちは!
    すみません、ちょこちょこ書き溜めていたら
    ちょっと時代遅れなピントはずれなコメントになってしまいました。

    東宝様のありがた~いブログご覧になっていますか?
    主役の影がないやつ、笑うしかないやつ
    苦肉の策って言うのでしょうかね?
    さすが東宝様、我が道をどんどん突き進んで頂きたい!
    よくは分らないのですが今迄東宝で写真、動画、インタビューNGって人はいたのでしょうか?
    それも含めてオーディション通ったのかしら?
    この時代にほんとにトホホですよね。
    ちょっと話はズレますがスマコンDVDで中居くんのソロがマイケルダンスって事で版権の都合で入れられないそうで(なんでそんなのやるかなぁ)ファンが「そりゃないよ!」「何とかならないの!」とあちらこちらで声をあげていたら日テレ「黒バラ」のスタッフさんの目のとまり「じゃ、うちでノーカット放送しましょう」で全国放送だそうです。
    私たちの声もどっかで拾ってもらえないでしょうかね(切実)

    Look at
    制作発表の後という事で髪の毛ペタンコ、Yanaiさんの名前がなかったからお直しがいつもと違う人だったんでしょうかね?
    でもちょっと襟足や前髪が伸びてて良い感じ(盲目愛)
    文を読んでいても意気込みが感じられてドキドキしてしまいました。
    で一つ気になったのはあなた東宝ミュージカル出たことあるよね?
    忘れた?あれ無いことになったのかしら?
    と変な事が気になってしまいました。
    なんだかこの雑誌もすっかりジャニーズに侵食されてしまって表紙争奪戦みたいですよね。
    次は光一くんでしょうから剛ちゃんも坂本くんも飛ばされちゃうんでしょうね、
    ま、仕方ないです。でかい看板を背負ってらっしゃいますからね。
    今月号の巻末ハガキは1年の総括(皆様!坂本昌行に清き一票を!)なんですがライバルがいっぱいで
    「まぁ入らなくても仕方ないか」と敵前逃亡の気分です。

    少年倶楽部プレミアム FNS
    イノッチのプレミアムを見ながら
    娘「次は誰だろうね~舞台がいっぱいだから出したい人がいっぱいなんじゃないの~」
    私「クリスマスだから平家派に決まってるじゃ~ん(笑)」
    驚きました!
    ありがとう!NHK! 
    ありがとう!太一くん!
    堂本兄弟を見てFNSの予告
    V6の次  
    平家派・・・・・平家派!!!
    きくちさんの目に止まっちゃったんでしょうね。
    プレミアムよりも見てる人が多いですよね?嬉しいい~!
    「あれって基本生歌だよっ!」
    「カミセンの前で歌うの大丈夫かな?上がらないかな?」
    「メインボーカルの人、歌詞覚えられるかな?」
    「なに歌う?」「光ゲンジでしょ~」
    「まさかの新曲?」「デビュー!?」
    ただ心配なのはあの5人地味に忙しいんですよね。
    でも平家派は忙しいほど燃えるでしょう!
    土曜日がマスマス楽しみになりました。
    7時には間に合わないけど仕事から走って帰りたいと思います!
    電車の中でオフィシャルの出演順をチェックしながらワンセグ鑑賞しているヘンなおばさんがいたらそれは私です。

    皆様の地道な努力、草の根運動が実を結んだようで嬉しいですね(微力ながら私も!)
    上でも書いてしまっているのですが今は結構ファンのブログやミクシィなどチェックされているそうです。
    まさに坂本くんの「人は見ていてくれる」ですね。

    >「おじさんたち、出すぎだよっ」と言われないことを祈ります。
    早速あちらこちらに「平家派ってなに?」「なに?!この地味メン?」と言われております。
    いいんです、いいんです、言わせておきましょう!
    当日びっくりさせてやる!(ぐらいの心意気です)
    もっと出すぎな人がきっといっぱいいるから大丈夫ですよ!
    それより肝心な時に遠慮するから心配、でもトキ兄さんたちがいるから大丈夫かと安心。
    乗っかるのなら得意なトニですから。(馬鹿ファン)

    あさイチ 岡田編
    なんか、こそばゆかったです。
    ちょっとピントが外れる岡田の答え(いつもの事)
    インタビュアーに徹しようとしすぎたんじゃないか?イノッチ
    Vのイノッチでやった方がよかったんじゃないか?
    イノッチに話してもらったら面白いのに~と思いながら鑑賞。

    「ハタチになったらやめよう」
    これはやっぱりメディアとしたら面白い話で入れておきたいのでしょうね。
    言わなかったにしろ十代の子供の事、隠してたってメンバーには見え見えだったでしょう。
    ファンにだって見え見えだったんですから。
    聞き出して言わせて相談に乗りたいイノッチ
    言わせたら、口に出したら「解散」が待ってるとたぶん今までの経験で分かってた坂長。
    それに二人とも辞めてますからね、苦しみも分かって、自分で乗り越えて結論を出すしかないって思ってたんじゃないかと勝手に想像しています。
    その時、剛健は・・・想像できるっていうか出来ないって言うか、うひょ。(ごめんなさ~い)
    10年も前の話でしかも続けている、話せるようになった、これがすべてだと思っています。

    随分前(数年前)のぽん様の「アイドルとは葛藤する生き物である」を思い出してまた読み返してしまいました。
    岡田くんの「やめたかった」話を聞くと思い出します。
    10年先の自分を見ていたのか?探していたのか?見えなかったのか?
    これを読んだときいつのポポロかな~と必死で探したのですが見つけられなかったんですよ(笑)

    ラジオか何かで「SPのために仕事を断ってたらオファーが来なくなった~」
    と言っていたそうです、馬鹿ですねぇ~
    ここから30歳からまた新しい岡田くんに期待!
    5種類の見本がありますからね、楽しみです。

    ただ不思議なのは「そんな岡田母がなんでジャニーズ予備校に応募?」
    芸能の神に呼ばれたんでしょうね。(またはジャニーさんかっ!)

    もう12月ですね
    共演者様達のブログでお稽古場の様子を楽しんでいますが
    プリンシバルの皆さんはお忙しいですね~
    年末はアイドル仕事があるからな~なんて思っていたのですが
    みんな一緒!と安心しました。
    とにかく体を大事にしてね!
    私達も!
    栄養と共に脂肪もつけています!
    無理なダイエットをして体を壊しては元も子もないのでドンドンつけています!
    膝や腰を痛めるんじゃないかと心配です(おいおい)
    ぽん様は風邪気味とのこと、今のうちにひいて免疫をつけておくのも手です(ポジティブ!)
    しっかり治してくださいませ。お大事に。

    大阪公演もやっと発表になりましたが激戦必至のようですね、頑張って下さいませ。
    私はまだ悩んでいますがたぶん行けないと思います。
    また生霊を飛ばして、ぽん様達のレポで凌ごうと思っています(こわっ!)

    さて今年のFNS作文
    可愛いのもラブラブなのも考えたんですがやっぱり今年はこれ!
    と思いタイトルになりました~
    おあとがよろしいようで~



    琴音様との所にコメント載せて良いのか迷ったのですが
    すみません載せてしまいました。

    琴音

    Date2010.11.29 (月) 22:31:57

    ぽん様、こんばんは。

    楽譜を「読める」ということに関して、丁寧に説明して下さりありがとうございました。
    てっきり、私はただ「楽譜を見て音階がわかるイコール楽譜が読める」
    とばかり思ったので、あんなことを書かせて頂いたのでした。
    でも、ぽん様の仰る「楽譜が読める」という意味合いだと、
    確かに坂本くんは楽譜を「読めない」ということになりますね。

    そういえば、耳の話で1つ思い出したことが。
    楽譜を「読める」かどうかという話には関係ないことなんですけど…。
    ファースト写真集の個人ページに「まるわかりデータ」というものが載っていて、
    坂本くんの場合、耳の項目のところに「声楽家から『聴く耳』として最高と言われたことがある」と書いてあるんですよ。
    はて、『聴く耳』とはどういうことだろう、とずっと考えているんですが、
    ぽん様なら私よりも意味がおわかりになるのかしら…なんて。

    視覚優位と聴覚優位…初めて聞きました。
    私はどっちだろう、と考えてみたのですが、私も物事は書いて憶えるタイプなので、視覚優位なんだろうと思います。
    しかも、書かないと憶えられないためにメモをしょっちゅう取ってるんですよ。
    ぽん様&ぽん様の息子さんと意外な共通点を発見致しました(笑)

    でも、そのくせしてコンサートや舞台は「見て、聴いて憶える」んですよね…。
    もちろん、観終えたあとに憶えている限りのことをメモに書き残したりはしていますが。
    人間の記憶って不思議だなぁ、としみじみ感じております。

    ギターを弾ける人って、楽譜も読めるものだろうと思ってました。
    言われてみれば確かに、コードを押さえるには楽譜を読める必要ありませんよね。
    健くんの場合は、READY?コンのドキュメントにて、
    ソロ曲のレコーディング時におたまじゃくしがたくさん並んだ楽譜が映ったこともあり、
    それで「もしかしたら読めるのかな」と思った次第でした。

    でも、そうですよね、楽譜を読める必要は無いんですよね。
    彼らは楽譜を読めなくても、心を動かすような歌を歌えるんですから。

    ウルトラマングッズの写真まで載せて下さり、ありがとうございます。
    ネクサスは初めて見たんですが、歴代のウルトラマンと比べると、随分とデザインが変わってるんですね。
    なんだかスタイリッシュになっていて、ちょっと驚きました。

    あと、平家派の健…じゃなくて件ですが。
    私もぽん様と同じような不安を抱いたことは確かです。

    ファンならばすぐにわかるけど、そうじゃない人には全然わからないグループ。
    わかって頂くにはきちんとした説明が必要なわけで。
    でも、きっと説明するには時間が足りなさすぎる…。
    ひょっとしたら、内輪だけが喜ぶ…なんていうことにもなり兼ねないのかな、なんて。

    だけど、彼らの実力は本物ですから。
    彼らの歌で、ハーモニーで、まずは視聴者の皆様の心を動かせればいいんではないかと。
    もし気になったのであればネットで検索して頂きたいですね。
    そしてぽん様や私のブログに辿り着いて下さったらこっちのもんだ!とまで思ってます(笑)

    冗談はさて置き。
    あの大きな舞台で、平家派の6人が緊張し過ぎないことを祈りつつ(苦笑)
    彼らの歌声が1人でも多くの人の心を動かしてくれれば、と願うばかりです。
    もちろんV6に対しても同じことを願っていますが。

    ところで、風邪を引いてしまわれたとのことで…大丈夫でしょうか?
    明日からもお忙しそうですし、どうか今夜はゆっくりと休まれて下さいね。
    お返事は気になさらないで下さいませ。
    それでは、またお邪魔させて頂きます。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード