准くん お誕生日おめでとう!!!

    岡田准一様

    お誕生日 おめでとうございます

    私がVのファンになった頃は、ちょうど准くんが長いトンネルから抜け出た頃だったでしょうか。

    ファンになりたての頃は、過去の映像や雑誌記事などをむさぼるように手に入れては、必死で見ました。

    17、18、19歳の頃の准くんは、明るい表情の中にも苦悩がにじみ出ているのが、見て取れました。
    准くんのその年月をリアルタイムで見ていた訳ではないのに、追体験するような気持ちになったものです。

    発言が誤解を受けたり、ファンを心配させたりすることもありましたが、そういう正直なところも好きです。

    今は、「V6が好き」という言葉だけでなく、行動でもV6愛を表現してくれる准くんを見ると、
    何だか泣けてくるほど嬉しいです。
    正直言うと「SP岡田」より「ミッション岡田」の方がときめきます。

    これからも、自分の道を進んでください。




    るる様
    つむつむ様

    コメントありがとうございす

    ちょこっとしか書けない私に代わって、お二人の愛あるコメントで、
    この場もたせてくださ~い(他力本願)

    >るる様

    いや~、寒いっす。
    昨日の雨の中、自転車での通勤は凍えそうでした。

    HOPE
    もう、私の一日に無くてはならないものになりました。
    あの、力の入り具合が、逆に可愛くて
    もう、完璧に激甘ファンです。

    東宝のツイッターのこと教えていただき、ありがとうございました。
    レンショウさんとアマルゴさんのコメント見ました。

    制作発表は完璧に「坂本昌行」でしたね。
    レンショウさんがあんなに持ち上げてくださっているのに、観ている人は
    「えっ?このへなちょこなおっさんが、カリスマ性あるの?」
    と、思われたかもしれないと、心配していました。

    「好感がもてる」と言っていただけた方がいらっしゃったと知り、ほっとしました。

    >「勿体ないから、ただじゃ見せないし聞かせないわよ~ファンだけで独占しちゃうんだもん」
    と思う事にします。

    そう思わないと、やってられないですよね。
    でも、ちょっとでも良いから、規制緩和して欲しい。

    >はじめて見た時は「きゃぁ~動いてる~」となぜか大笑いしてしまいました。

    私は、未だに笑ってしまいます。
    やっぱり坂本昌行は全身、全身ですよ。全身を観ないと、カッコよさが伝わらない。(って、どうよ・・・と思いつつ)

    ジョーイに逢いたいです。
    無性に会いたいです。

    私も、ミッションの金髪にトキメイテいます。
    黒髪派のはずなのに・・・。
    これも、ジョーイマジックでしょうか。

    DVD「引きは情報、ヨリは感情」

    この言葉、スタッフブログで読んだ時、感動しました。
    引きの情報部分は若干の不満もありつつ、
    寄りの感情部分は、完璧に近い出来でした。
    ファンの「何が観たいか」がわかっている編集だと思いました。

    >こんな時、いつも私「エイベックスで良かった!値段が高くてもいいよ!」と思ってしまいます。

    同感です。

    チャンネル-aは、観たことある映像が多かったものの、6人のあの感じ!は最高でした。
    特に、剛健コンビが素晴らしすぎる。
    2.5で、パパ&ママ意外の3人の手をツンツンして、
    非難ごうごうの中、パパ&ママに「この二人は優しい」と言う、健ちゃんを
    「ありがとう」とハグしたい衝動に駆られました。
    昔のツッパリ映像を観て、反省する剛くんも素敵過ぎました。

    ツアードキュメント
    一番好きです。

    るる様の感想
    すべてに猛烈同意いたします。

    「アラセン」初めて聞きました。
    センって言ったら、トニ・カミでしょう。

    ミッションがお休みで寂しいですが
    今、忙しいので、ちょっとホッとしています。
    だって、昨日の「料理の怪人」もまだ見られていないんですもの・・・

    忙しいからこそ、「体第一」で毎日過ごしています。
    お互い元気で「ZORRO」初日を迎えましょうね!
    (自分が出るわけでもないのに・・・気分は一緒に舞台に立って、フラメンコ踊ってるともいます。


    >つむつむ様

    >とてもよい気分転換になりました。

    そう言っていただけると、ありがたいです。

    私はああいう単純作業!?は、苦手なので、すぐめげます。
    だから、あきらめも早いんです。
    とほほ・・・。

    ほんとうに、今回のDVDは盛りだくさんで、今までのように全部を何度もリピートする余裕がまだありません。
    リピするのは、本編の冒頭部分と「READYコーナー」
    他は、リピしたくてもなかなか・・・。
    ドキュメントなども何度も観たいのに・・・。
    年末年始の楽しみにとっておきます。

    つむつむ様の、リンダ語りも気長にお待ちします。
    (自分のことをさておいて

    >公式サイトも無くなってしまい、朝日のフォトギャラリーからもいつのまにかジョーイの足(下半身)の写真が消えてしまい(たったあれだけでもクレームがついたのでしょうか???)、寂しい限りですね…。

    えっ?
    足もダメなんですか?
    絶句。

    准くんへの誕生日コメントありがとうございました。

    ミッションを観るたびに、どんどん准くんを好きになる自分がいます。

    組体操の時に一人裸足だったり
    リコーダーの時「練習!」とほとんど先生のようだったり・・・。

    (末っ子に素直に従う家族も可愛い)
    ましゅまろの時に、一人上にいて成功の輪の中に入れず「あじわえね~」と悔しそうにつぶやいたり
    (そんな末っ子の気持ちに応えるように、上を見上げた笑顔の5人も素敵)

    >でも、岡田くんの恋心!?に鈍感な(笑)ミュージカルスターの
    「上は剛と健だろ」
    の一言で岡田くんの思惑ははかなくも崩れ去り、ちょっぴりさびしそうに&残念そうに土台にまわったように見えたのは私の妄想でしょうか?

    いえいえ、妄想ではないと思います。
    私にも、そう見えました。

    ミュージカルスターは、本当に鈍感で間が悪いですね。

    >今度こそリベンジ!とばかりにもう一組のほうの倒立支え役をサッと陣取ってパパママを独り占めしてミッションにトライする末っ子のうれしそうな姿は、実にほほえましいものでした。

    そうそう、
    「いいぞ、岡田!」と叫びそうになりました。

    >そういえばこのフォーメーションでは、奥様の上に倒立するだんな様に別の意味でやたらドキドキしてしまった私は、先日ネクジェネで話題になった腐女○の素質があるのでしょうか!?

    十分ありますね。
    というか、私たち完璧な腐女○だと思いますよ。
    私は常々息子に
    「萩尾望都、竹宮恵子で育った私たちの世代は、元祖腐女○よ」と
    威張っています。(そこ、威張るとこか?)

    明日の、「あさイチ」楽しみです


    Date: 2010.11.18 Category: V6徒然  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    ぽん

    Date2010.11.20 (土) 07:41:20

    >Secret様

    情報ありがとうございました。
    登録が必要なんですね。
    今、出勤前でバタバタしているので、帰宅したらトライしてみようと思います。


    >つむつむ様

    コメントありがとうございました。
    昨日は朝、出勤がいつもより30分早かったので、「あさイチ」は初めの15分だけ見て、出かけました。
    夜は、久しぶりに何も予定が無かったので、仕事からそのまま帰宅できました。
    でも、帰宅できたのは7時半くらいでしたが・・・。

    帰宅してすぐ、「あさイチ」の続きと、「少クラプレミアム」と「料理の怪人」を立て続けに見ました。
    仕事の疲れと怒涛の視聴疲れが重なり、倒れるように寝てしまったので、PCの前に座る気力がありませんでした。

    「あさイチ」についても「少クラ」についても、語りたいことは山ほどあるのですが、今日もこれから出勤なので、要点だけ。

    つむつむ様のおっしゃっていること、とてもよくわかります。

    きっと同じグループだからと「慣れ合いになっている」と見られたくなかったんでしょうね。
    准くんは
    いつもの「インタビューされる岡田准一」スタイルを崩さないように努めている
    というように見えました。

    一方、快くんの方は、いつもと違った表情をしていました。

    「坂本くんと一緒にいることが多かったと思うけど」
    「何になろうとしている?」
    「お芝居とバラエティ、歌、ダンスの両立は?」
    等の質問の意図は、私たちファンには痛いほどわかります。
    そこで、どんな答えを引き出そうとしているかが、手に取るように分かるのに、
    准くんはそれを知ってか知らずか、
    微妙に快くんの意図とは少しずれた答え方をしていたように見えました。

    一度「辞めたいと思っていた」と言ってしまうと、
    それは話題としてはセンセーショナルなので、
    最近のインタビュー番組では必ずその話題が取り上げらますね。
    それって本人も、メンバーも複雑な気持ちだろうなと思います。

    「どんなことがあってもV6にしがみついてやっていこう」と
    頑張ってきた上3人の気持ちは、准くんにも痛いほどわかっているだろうし、
    だからこそ、ずっと言えなかったわけで・・・。

    ここに来て、言えるようになったのは、
    准くん自身の気持ちが揺るがなくなったことと、6人の信頼関係が深まった証拠ではありますが、
    やはり、他の5人の気持ちとしては複雑ですよね。

    そろそろ、この話題は収束させて欲しいと思っているのは、私だけでしょうか。
    もし、取り上げるんだったらもっと突っ込んで、メンバー同士徹底的に掘り下げて欲しい。

    そう思う今日この頃です。

    明日は、所属バンドのコンサートなんですよ。
    コンサートは午後からなんですが、練習があるので集合は9時。
    出勤より早いよe-330

    例の友人とコンビを組んで、今回は新曲2曲に挑戦です。
    友人がリコーダー、私がコカリナ。
    リコーダーと言っても、ミッションで吹いていたようなプラスチックじゃなくて、
    ちゃんとした木製の本格的なリコーダーです。
    リコーダーには、ジャーマン式とバロック式があるんですよ。
    ミッションで吹いていたのは、オーソドックスなジャーマン式。
    友人は両方持っていますが、演奏で使うのは主にバロック式です。
    音域が広いので・・・。
    でも、指使いが難しい。
    友人は「コカリナより、指使いはわかりやすい」と言っています。
    確かに、コカリナは指使いが難しくて、いつも頭がこんがらがっています。

    そういう意味でも「ボケ防止」になると思ってやっています。(笑)

    と言う訳で、今日はこの辺で・・・。

    ゆっくり記事が書けるのは、いつの日か・・・。

    つむつむ

    Date2010.11.19 (金) 14:26:17

    ぽん様

    お仕事お疲れ様です。

    「コメントしてね」というぽん様のお言葉に甘えて早々と来てしまいました(笑)。


    まずは今日発売のオリスタで、ディエゴおじさん(コラe-263)熱唱してますね~e-420
    製作発表の時、テレビでの動く映像でディエゴさんを観た時はそうでもなかったのですが、写真で観るとメンバーから「おっさん」と呼ばれるのも納得してしまう気がする毒舌ファンつむつむですe-264
    やっぱり39歳なんだね~、なんて(まだいうか 笑)。
    やっぱりあの髪形がダメなんだな、私。
    でも、あのチャドでさえ、観劇までは
    「ううう、リーゼント…e-330
    と思っていたのが、今では私にとって史上最強のキャラになっていますからe-415、ゾロ(ディエゴ)さんも期待しておりますe-446
    やっぱ、動いて唄って踊ってなんぼ、生でなんぼ、そしてぽん様もおっしゃるように全身でなんぼ…ですものね、ミュージカルスター坂本昌行はe-415e-348


    さて、今朝のあさイチ、観ました。
    国会中継で短縮版になってしまったんですね。
    ちょっと残念e-443
    以下ネタばれになりますが、



    岡田くんの話していることはV6ファンの間では周知の内容だったせいもあるのか、今日私の印象に残ったのはイノッチのほうでした。
    岡田くんがV6(=芸能界)をやめようと思っていた話の時、そして自ら質問した「これからどうなりたいのか」という問いに対して岡田くんが答えている時、この時のイノッチの表情が実に印象的でした…。


    ここから先はあくまでの私の個人的な印象(妄想)ですので、ぽん様やファンのみなさんに賛同を得られるかどうかわかりませんが…。

    岡田くんがV6をやめようと思っていた話の時。
    「メンバーには(その気持ちを)言えなかった。(そして言わないうちにやめることは無くなった)」
    と言っていましたが、そのメンバーたちは後にいったいどんな形ではっきりとそのことを知ったのでしょうね…。
    昔話として、岡田くん本人から聞いたのか。
    岡田くんがたとえば今日のように
    「実は…」
    と今だから話せる時期になってインタビューや友人との会話などで口にしたことを、人伝てに聞いて知ったのか。
    日の浅いファンの私はその経緯を知らないのですが(ベテランファンのみなさんはご存知なんでしょうか?)
    、でもそれを知った時のイノッチの気持ちを思うと、その時の胸の痛みが私にも伝わってきて
    「痛い、痛い…」
    と心がチクチクするような、そんな今日のイノッチの表情でした。
    イノッチは最初のころの岡田くんについて
    「何かに悩んでることはわかっていた。(そしてそれをなんとかしてあげたかった)」
    と思って実際に行動していたというようなことを番組の中で言っていましたが、そんなイノッチだからこそ岡田くんの気持ちを知った時の心中はどんなだったんでしょうね。
    怒るというよりは、悲しいような悔しいような気持ちだったのかな…。
    岡田くんの語るこのエピソードを聞くイノッチの表情は、そんなことを考えさせるちょっと神妙なものに感じられました。
    いや、当時岡田くんがメンバーにはっきり話していなかったとしても、ちゃんと意識しているかどうかは別にして案外みんな岡田くんの気持ちに気づいていたかもしれませんね…。
    “メンバー”ですから。
    近くて遠いけど、遠くて近い存在…。

    そして、イノッチが番組の最後にぶつけた
    「何になりたいんですか、今?」
    という質問、役者とそれ以外のバラエティや踊りや歌との両立について聞いていたのは、岡田くんにとってのV6というものについて岡田くんの口からはっきり言及してほしかったのかなぁ…とも思えました。
    もちろん、昔のようにやめたがっているのではないかと不安に思っているということは、今は無いとは思いますが。
    でも、
    「V6、大好きぃ~e-415って言ってくれよ、岡田!(笑)」
    とでも言いたいのかなと妄想したくなるような、イノッチの真剣な表情でした。


    しかし、岡田くんはメンバーだけの時(例;ミッションV6の時)と、こういう時はホントに感じが変わりますねぇ…。
    今日は、イノッチがいたからまた少し状況(雰囲気)が違ったかもしれませんが。


    いろいろな葛藤を乗り越えて、今ここにたどり着けてよかったね、岡田くん。
    ファンとしても本当によかったよ~。
    ありがとう、岡田くん!
    …と言いたくなってしまいました。


    それにしてもイノッチ。
    本当にいろんなことを見ていて、いろんなことを覚えているんですね。
    岡田くんのことを、そしてその岡田くんと坂本さんとの最初のころの関係をそんなふうに見ていたんですねぇ。
    それを本人にスッと聞いちゃうところもイノッチらしい!?
    坂本さんが岡田くんとの関係性について言っていたこともすごくわかる気がしました。
    坂本さんらしいな、と。
    岡田くんにとって坂本さんがちょっと特別だったかもしれないのは、今日の話の中にもある彼の“父親”というものへの想いからもわかる気がしました。
    彼にとっては、V6結成のころの坂本さんは“父親”だったわけですから、ほかのメンバーとは少し違う想いがあったとしても納得できる気がします。

    それにしても思ったことをはっきり質問できるのは、やっぱりメンバーとしての特権なのか、イノッチの人柄なのか、それとも番組の雰囲気なのか…。
    いずれにしても、とても興味深いやり取りでしたe-454


    今日の夕方のプレミアムも楽しみですe-420
    イノッチ(やV6)に対する柳沢さんのどんなコメントを太一くんが引き出してくれるのか、期待していますe-454



    時を重ねるごとにどんどんステキな関係性になっていくV6のメンバー、そしてそのことが見事にグループの魅力に反映されているV6というグループ。
    本当に、すごいですe-420
    大好きですe-415

    STAFF MEMOの作るスタッフさんの
    「年々、メンバー格好良くなってると思う。」
    という激しく同意したコメントを思い出しながら、しみじみとそんなことを思いました…。



    それでは、また!
    ぽん様、お疲れの出ませんようにe-454
    失礼いたしますe-266

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード