FC2ブログ

    すべての子どもたちに 出会いとチャンスを

    「ビリー・エリオット」公式Twitterと
    佐々木誠さんのブログで
    山城くんデビューの一報を受けました。

    佐々木さんの言葉を借りれば
    「無事、見事デビューを果たした」とのこと

    おめでとうございます。

    これまで観た4公演の内、3公演のトールボーイは山城くんでした。
    全くの未経験者とは思えない、存在感と表現力で
    作品への熱い思いをトールボーイ役からも感じました。

    後から知ったのですが、私が観た8月18日マチネは、
    山城くんトールボーイのラスト公演
    この公演でトールボーイを卒業したとのこと。
    奇しくも貴重な公演を観たことになりました。

    夏休みということもあり、
    客席には親子連れも目立ちました。
    コミカルなシーンでは笑い声も。

    バレエスクールからの合否通知郵便が来たシーン
    ビリーの帰宅が待ちきれず、
    中身を観たいおばあちゃんとお父さん
    それを止めるお兄ちゃん
    このやり取りで子どもたちは本当に楽しそうに笑っていました。

    マイケルとビリーの「Expressing Yourself」では派手な演出もありますので、
    子どもたちはきっと目を輝かせて観ていたことでしょう。

    親子3代で楽しめるミュージカル
    これを目指したホリプロさんの思いが実現しつつあると感じました。

    しかし、一方で複雑な思いにもかられます。

    チケットはS席1枚13,500円、A席9,500円
    映画の約10倍

    枚数限定ですが、親子ペアチケットも発売されるそうで
    こちらはS席2枚1組で18,000円
    A席2枚1組で13,000円
    これはかなりお得ですが、それでもね・・・

    仕事で係った子どもから
    「映画はテレビで見たことあるけど、映画館は行ったことない」
    という話を聞いたことがあります。
    理由を聞いてみたら
    「連れってって言ったんだけどぉ、高いからダメだってぇ」だとか
    聞いたときは少々ショックでした。

    「観たい」と思ったら、気軽に行ける
    劇場がそんな場になって欲しい
    しかし、制作費が莫大で、映画の様に同時多発的に発信できない舞台のチケットが高くなるのは必然。

    かつては庶民の娯楽であった歌舞伎が
    今は敷居の高いものになってしまっているのと同様
    悩ましいところです。

    生まれた家庭の経済状況によって、子どもが出会う文化に格差が生まれている現実

    ご批判を覚悟の上で言わせていただくと
    この作品の舞台に立っている子どもたちは
    そもそも、バレエやヒップホップやピアノ等を習える環境で育ってきたり
    「ビリー・エリオット」のDVDを観る機会があったり
    オーデションのために、外国から日本に来たり
    地方から東京へ来たりすることが可能な
    家族の理解と援助があったり

    厳密にいうとビリーとはかなり違う環境で育ってきた子どもたちな訳で・・・

    しかし、困難な環境の中でも自分らしく生きていこうとするビリーと
    舞台に立っている彼らには、多くの共通点があることも
    この作品を観ていれば、ひしひしと伝わってきます。

    ビリーはひょんなきっかけでバレエと出会い、夢を追い求めて行くわけですが、
    そんな出会いが日本の子どもたちにも、もっともっとあると良いなぁ。

    この作品が、そのきっかけになることを願います。

    前置きのつもりで書き始めたのに
    長くなってしまいました。

    感想は、別記事で。
    Date: 2017.08.21 Category: ビリー・エリオット  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード