「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想6

    「フットルース」から3曲
    フルコーラスでたっぷり聴かせて、魅せていただきました。

    開演前のインタビューでこうめいさんが

    「今回、菅野さんが特に観たいと思った演目は何ですか?」
    という質問に対して

    「やっぱり自分が演出した『フットルース』です。そして『ボーイ・フロム・オズ』」
    とお答えになっていました。

    『フットルース』と『ボーイ・フロム・オズ』は
    坂本さんのターニングポイントとなった作品です。

    私の坂本さん作品ランキングでも
    1位 オズ
    2位 フット
    不動の2トップです。

    このコンサートは、絶対に私好みになる
    という確信はありましたが、
    期待以上でした。

    『フットルース』(再演)は私が初めて観た坂本さんのミュージカルです。
    ですから、レンとの再会は初恋の人に14年ぶりに会うみたいで、
    コンサート前はドキドキでした。

    『フットルース』はこめいさんが演出された作品ということもあり
    曲のアレンジも、歌詞も、振り付けもほぼ当時のまま
    衣装も当時のテイストに限りなく近いものでした。

    ですから、一気に当時の気持ちに戻ることができました。

    『フットルース』が上演されたのは建て替え前の赤坂ACTシアター
    プレハブのような作りで、2階席が無い劇場でした。

    10月の上演でしたが、どこかで1日ものすごい豪雨の日があり(台風かな?)、
    交通機関も乱れていて、客席も空席が目立つ日がありました。
    カーテンコールで「こんな日に来ていただいてありがとうございました。」と
    坂本さんが挨拶をしていたのをおぼろげに覚えています。
    (何しろ14年前なので記憶が曖昧、間違っていたらごめんなさい)


    「Everybody cut Everybody cut
    Everybody cut Everybody cut
    Everybody(Everybody) Everybody(Everybody)
    Everybody cut
    Footloose」


    『Footloose』(『Footloose』)


    大ヒットしたオープニング曲ですね。

    初めてレンを観た時の衝撃は、今でも忘れません。
    坂本さんは、演技もダンスも歌もまだまだ荒削りでしたが、
    体も声も心もすべてがしなやかで
    とてつもない可能性を感じました。

    この人の行く先をずっと見続けていきたい

    強く思いました。

    このブログのタイトルはそんな思いから名づけました。

    14年ぶりに再会したOMSレンも
    歌うこと踊ること生きることの喜びにあふれていました。


    「翼広げ HERO 飛んでいきたい」

    『Hero』(『Footloose』)

    坂本さんお着替えの間に、女性陣5人による『Hero』
    これがまた素晴らしい

    歌もダンスもコーラスも超一流で
    見惚れてしまいました。

    この曲でセンターとリードボーカルを務められた飯野めぐみさんのブログに
    泣けました。

    坂本さんをこんなに暖かく支えていただき、ありがとうございました。


    「夢はいつも目の前で 消え去るものと思っていたけど」

    『Almost Paradise』(『Footloose』)

    号泣です。
    とめどなく涙があふれて、ぐちゃぐちゃでした。

    鉄橋の上でレンとエリエルが見つめあって歌う演出もそのまま。
    しかも、坂本さんのたたずまいと表情は、恋に戸惑う18歳のレンそのもの。
    これが泣かずにいられましょうか・・・。

    二人のハーモニーは、今回の方がレベルアップ
    きれいに溶け合って、心地よく聴くことができました。

    当時も30歳になっていた坂本さんですが、
    「44歳の今でも10代の役イケるんじゃない
    と本気で思いました。

    ただし遠目限定
    Date: 2016.02.11 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード