嬉し哀しき祭りの終焉

    紅白歌合戦の司会者と出演者が発表になり

    「ああ、これでやっと終わる。
    苦渋と葛藤の1年が・・・」

    と、思いました。

    思えば、自分でも御しがたい、もやもやとした感情が始まったのが、
    昨年の紅白出演が決まってから。
    今年の紅白でひとつの区切りとしたい。

    その感情を、「苦渋」と表現してしまうと、正確ではないと思いますが、
    手放しで20周年を喜べなかったのは事実。

    紅白も24時間も、苦手な番組だったことも一因ですが、
    それよりも舞台の無い1年だったことが、
    予想以上に自分にとってダメージでした。

    いや、まだ「ダメージだった」と断言できる段階にはありません。
    「どうもこれは、ダメージだったのではないか」と推察される。
    段階としては、この程度です。

    20周年だから、ソロの活動よりは6人での活動を重視する
    20周年を機に、知名度を上げ、新たなファンを獲得する

    だから、舞台などのソロ活動はできない

    自分では納得していたつもりでした。

    理性では納得していても、感情はついてこなかった。

    感情って難しいですね。
    自らの感情さえも、コントロールできない。
    いわんや人の感情をや
    ですわ。

    今年の、コンサートの完成度は非常に高かったです。

    完成度という意味においては、私の大好きなセクバニコンを超えているかもしれません。
    セクバニコンのDVDを観る時、スキップで飛ばすことも多いですから。

    今回もコンサートの場合、飛ばすところがあまりないように思えます。

    たった2回でしたが、コンサート会場にいる時は、
    ほんとに幸せな気持ちになれましたし、気持ちの高揚も感じました。

    しかし、翌日になると
    潮が引くようにす~っと心の高ぶりが引いて行ったのも事実。

    代々木に一度も入れずとも、悔しいという感情は湧いて来ず
    オーラスに入れずとも、地団太踏むこともなく
    11月1日、代々木に駆け付けることもなく
    翌日に予定していた人間ドックのことを考え、
    なんだかさらっとその日が終わってしまいました。

    「なんで、こんなになったんだ自分」
    と自問自答してみました。

    やはり、「舞台が無い1年」が私の心に落とした影は大きかった。

    振り返れば、ファンになってから、初めてですから
    坂本さんの舞台が無い1年は。
    コンサートが無い年はあっても、舞台が無い年は無かった。

    坂本さんの舞台があってこその、Vの活動
    本末転倒だということは、重々わかっていますが、
    私の中でも優先順位は、やはり
    第一が舞台
    第二がVの活動
    だったということが、この1年でわかりました。

    年内に、坂本さんのソロコンが発表された時は
    「救われた」と思いました。

    これ以上心が離れるのを食い止めてくれた。

    しかし、チケット取れなかったら、奈落の底に突き落とされそうですが・・・。

    やっと取った来年2月7日「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」のチケットも、手放しました。
    同じオーチャードホールで直前の2月1日(月)・2日(火)に開催される「市川海老蔵 GRAND JAPAN THEATER」も大変惹かれたのですが、予算の関係であきらめました。
    他にも、興味を持っていた来年のいくつかの舞台も、あきらめました。
    ソロコンの他に、せめてもう1本舞台をやってくれることに期待して。
    ある意味、願掛けみたいなものですね。

    大願成就

    坂本さん舞台三昧の1年になりますように。
    Date: 2015.11.30 Category: V6徒然  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード