一期一会

    >りあむさま

    コメント、ありがとうございます。

    私の『ブエノスアイレス午前零時』評が、散々な書きようでしたので、
    この作品を好きな方には、せっかくの観劇後の満たされたご気分を害されたことだと思います。

    ほんとうに、申し訳ありません。

    大多数の方は、苦悩し、傷つきながらも、再生の道に踏み出して行く、
    この物語に好感を寄せられるであろうことは、承知しています。

    事実、私の知り合いも、高評価でした。
    そのような方々から見れば、
    この作品に対して、評価が低い私の発言は、
    感情的にも見えたでしょう。
    ことさら、粗探しをするようにも映ったことでしょう。

    舞台は一期一会

    どのタイミングで、その舞台と出会うかによっても、
    受け止め方が変わると思います。

    今年のこの時期、私は大きな山を乗り越えたばかりでした。
    やり遂げた充実感
    自分の中で確かな変化の兆しを感じ始めたと同時に
    自分の未熟さも痛感し、新たなる課題を見出し
    これからへの不安と闘う気概がない交ぜになった高揚感がある時期でした。

    そんな自分と、『ブエノスアイレス午前零時』という作品が、
    うまくマッチしなかっただけだと思います。
    だから、共鳴しなかった。

    もっと、若い頃に、この作品と出会っていたら、違った感想を持っていたかもしれません。
    昨年でも、違う時期に出会っていたなら、もっと心に入って来たのかもしれません。

    舞台は、ある意味、その時の自分を映す鏡のようでもあります。

    やはり、舞台は一期一会です。
    Date: 2015.01.04 Category: ブエノスアイレス午前零時  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード