今回はパルコのみ?

    NHKでゴジラ特集
    WOWOWで「スター・トレック」一挙放送
    をやっている時期で、
    何かと忙しい毎日でございます。

    右目が回復するにつれて、くっきりニ重に見えてしまうようになってしまいました。

    「見る」という行為に、かなりなストレスがつきまといます。

    そんな両目のバランスの悪さとも闘いつつ、
    それでも観たいものを観ることをやめない自分は
    相当な執着心の持ち主だなと思います。

    「三人吉三」の次は
    「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を観ました。

    「坂本さんに・・・」と思っていた作品ですが、
    実際に観てみると、主役のフランク役は坂本さんには向いていないことがわかりました。

    16歳から21歳の5年間の物語
    フランクの姿を見かけたハランティが「奴は子どもだ・・・」というセリフも有り

    坂本さんを見て「奴は子どもだ」とは言えないよなぁ・・・
    と思った次第です。

    かと言って、ハランティはくたびれてさえないおっさんじゃないといけない。
    ハランティは、坂本さんの柄じゃない。
    ルックス的にも、演技力的にも、ちょっと無理がある。

    (今井さんは、歌も踊りも安心して観ていられました。
    しかし、品の良さと紳士っぽさが、にじみ出てしまい、
    そこが惜しかった。)

    この作品で、あえて探すとすれば、
    フランクのパパでしょうか。

    ダメな男っぷりと色男っぷりが、私の好みですし、
    歌もそれなりに歌う。

    この際、主役じゃなくても良いのではないでしょうか?
    脇で締める
    という役回りも悪くないと思います。

    一昨日は、「抜目のない未亡人」を観に行きました。

    「後に何も残らない作品」という
    演出家の狙い通り、
    な~んにも考えずに「わはは・・・」と笑って
    「あ~、面白かった」と帰路につける作品

    以前だったら
    「好みじゃない。物足りない」などと御託を並べたところですが、
    「たまにはこういうのもいいなあ」
    なんて思ってしまいました。

    しかし「何にも残らない」は一種の隠れ蓑的発言

    意外や意外
    山椒は小粒的な風刺の効いた作品でした。

    250年前の作品を今の生きた作品にした手腕も小憎らしいし、
    「人間って可愛いな」と思える。

    1階19列でしたが、前方の客席潰しているので、
    実質10列目
    贅沢な舞台の作りです。

    芸達者な役者さんたちの共演と演劇的空間を堪能できたことが、
    私の満足の要因だったようです。

    チラシの束の中に「ブエノスアイレス午前零時」のチラシも有りました。
    そう言えば「ブエノスアイレス午前零時」も新国立劇場でした。

    第一報なので、赤と黒の2色刷り
    タンゴを踊っている男女の足の写真のみ
    オフィシャルサイトに掲載されているチラシです。
    オフィシャルサイト(パルコのサイト)は、今日はじめて見ました。

    あまり情報収集していないので、
    チラシを観て初めて
    橋本じゅんさんと千葉哲也さんもご出演だと知りました。
    知っている人がいるだけで、剛ちゃんきっと心強いことでしょう。

    舞台は、企画・製作がどこなのかが、気になります。

    今回の「ブエノスアイレス~」はパルコのみ
    前作の「夜中に犬~」は東京グローブ座とQuaras
    「鉈切り丸」はパルコと東京グローブ座
    「金閣寺」はパルコ
    「荒神」「IZO」は劇団☆新感線プロデュース

    こう並べてみると
    グローブ座率の低さに
    剛ちゃんのすごさを感じます。

    Date: 2014.07.20 Category: ミュージカル・演劇・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード