演劇脳を駆使して幸人くんに寄り添う 1

    「夜中に犬に起こった奇妙な事件」

    この時期ゆえ、「1回が限界か・・・」とあきらめていましたが、
    1度観てしまうと、「どうしても今一度!」という湧き上がら気持ちに抗いきれず、
    当日券を何とかかんとか(ギリギリでした)ゲットし、2回観ることができました。

    15日(火)ソワレ 1階上手前方
    19日(土)ソワレ 3階下手1列目(視界の3分の1は観切れ)<当日券>

    15日は、Rさまのおかげで、表情が良く見える素晴らしい席でした。
    19日は、15日とは逆サイドでした。
    15日には死角になって観えなかったものも、しっかり観えました。
    俯瞰でしたので、冒頭の犬の姿や、幸人くんが組み立てる鉄道のおもちゃも観え、
    1枚の絵のようでした。

    しかし、いかんせん当日券の観切れ席。
    視界の3分の1は鉄柵で遮られ、時折身体を椅子に沈めて
    柵と柵の間から幸人くんを観なければなりませんでした。

    それでも、観ることができただけで、大満足です。



    演劇脳


    長塚圭史さん演出の「マクベス」
    WOWOWでの放送時

    番組に先立ってインタビューされていた長塚さんが使われた言葉が
    「演劇脳」

    これまで聞いたことがなかったワードなので、長塚さんの造語でしょうか。

    「演劇を観るには、演劇脳が必要」
    といった主旨で使われていました。

    「これだ!!!」
    と思いました。

    演劇を観る時、脳は独特の力を発揮しています。

    無駄なものがそぎ落とされたシンプルな舞台装置でも、そこが城の中に見えたり
    客席も巻き込んで広げた傘が、森に見えたり
    普通のサラリーマンのような衣装の人物でも、11世紀スコットランドの王や兵士に見えたり


    「想像力」を駆使しながら、
    補って、膨らませて・・・

    脳がものすごい勢いで、働いていることを、
    身体全体感じることができる時間。
    それが、舞台を観ている時です。

    脳の中で、電気が流れているような、ビリビリ感

    これが、たまらん。

    癖になる心地良さ。
    だから、舞台はやめられない。

    「夜中に犬に起こった奇妙な事件」も演劇脳を思う存分躍動させられる
    刺激的な作品です。


    幸人くんが書いた物語を劇にする。
    という設定のため、
    舞台装置は教室
    黒板と学校机と椅子
    主にドアの役割をする木の枠

    それらが、場面によって様々なものに変化します。

    ただの木の枠でも、家やスーパーや、新幹線のドアに見えます。
    椅子を組み合わせただけなのに、階段や、キャッシュディスペンサーになります。

    役者さんは、セリフが無いシーンもほぼすべて、袖にはけずに舞台上に存在しています。
    幸人くんを演じる剛くんは、出ずっぱりです。

    精神的にも肉体的にもハードでしょう。
    剛くんがげっそり痩せていたのも、うなずけます。

    効果音はかなり大きめ。
    ドアが開く音・閉じる音
    車の音
    電車の音

    時には、耳をふさぎたいほど大きい。

    これは、幸人くんが感じている音を、観客にも疑似体験させる為だと思われます。

    自閉症傾向がある方々は、「音」に敏感な方が多いようです。
    ガヤガヤとした雑踏も苦手。
    自分に必要な情報もそうでない情報も全ての情報が、同じレベルで入って来る。
    駅に行った時の、言葉が洪水のように押し寄せてくる表現は、それを表していたのだと思います。

    演劇脳を駆使して、想像力を働かせることで、
    幸人くんの気持ちに寄り添う

    これまで、私は自閉症やアスペルガーに関する本を数冊読んでいますが、
    その時、理論的に(頭で)理解したことが、
    この作品を観ることによって、心情的に(身体の感覚で)理解できました。


    追伸

    「夜中に犬に起こった奇妙な事件」の感想を書くにあたって、
    走り書きでメモした9つの項目のうち、1つについて書くだけで、
    こんなに長くなってしまいました。

    続きは、別の記事で・・・

    たぶん、続きます。
    Date: 2014.04.26 Category: 夜中に犬に起こった奇妙な事件  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード