フランケン もういちどやる チャレンジャー

    タイトルは一応俳句のつもりです。
    季語が無い・・・
    「フランケン」は、冬山もあるし、北極もあるので
    冬の季語ってことで



    >あさぎさま(11/18)

    その節は、ありがとうございました。
    マチソワの間の時間、一人でぼ~っとしているところでしたが、
    お話しできたおかげで、充実した時間を過ごさせていただきました。

    > また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします。

    こちらこそ!!!

    あれからパッタリ音沙汰の無い、つれないミュージカルスターですが、
    剛ちゃんの次にきっと良い春の便りをくれると信じて
    待っています。




    >あゆままさま(11/29、12/23)

    ご無沙汰しています。
    楽しくお話した日が、遠い昔のように感じます。

    > 無垢な魂を持って生まれた怪物が知識を得て、感情を持ち愛情を求めるのに、徹底的に拒絶をされて狂気と憎しみを募らせる…
    > すべてのシーンが坂本さんで再生されるって…(重症)
    > 役へのアプローチも、捉え方もそれぞれのやり方があり、観る立場の我々からもいろんな感想があると思いますが、
    > でもあの“怪物”役にはかなりの身体能力が必要。

    「えんげきぶっく」誌の鈴木さんのインタビューを読んで、
    「フランケンシュタイン」を復習しています。

    役を入れ替えることで、まったく違う作品になっているというのは、鈴木さんがおっしゃる通りだと思います。
    どちらが正解とは言い切れませんが、どちらのバージョンもあともう一歩の踏み込みが足りない印象が残りました。

    > グローブ座だけなんてもったいなさすぎますよ。

    東さんは、再演を希望されているそうですので、
    もし実現したら今度こそ地方公演をやっていただきたいですね。

    > 今年は私にとっても過去最大の観劇数になりまして、体力よりも経済的ダメージが…(笑)

    私もです。
    それでも、「次の舞台」「次の舞台」と願うのは、
    金銭感覚のねじが何本かはずれてしまっているのかもしれません。
    Date: 2014.02.04 Category: フランケンシュタイン  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    美沙

    Date2014.02.05 (水) 00:34:21

    ぽんさま
    ご無沙汰しております。

    フランケンシュタイン、なんだかもうずいぶん前のような気がしています。

    今度、TOHOシネマズでやる、ベネディクト版のを、見に行ける事になりました。
    比べる…のはどうかと思いますが、しっかり比べて来ようと思います。

    ぽんさまは、行かれますか?

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード