飲みとるほどに 飲むならば

    「一月は行く」「二月は逃げる」「三月は去る」
    と言いますが、ほんとうにその通り。

    気づけば、もう二月・・・

    立春なのに、この寒さ

    ご無沙汰しております。

    准くんが成田山で豆まきっ
    というニュースを聞いても
    「ふ~ん、そうですか・・・」と少しも気持ちが盛り上がらない、今日この頃。

    「軍師官兵衛」は
    可もなく不可も無く

    第5回「死闘の果て」は
    その後の官兵衛の考え方を決定づける大事なエピソードだった訳ですが、
    もう一歩踏み込んで、官兵衛を追い詰めても良かったのではないかと思いました。
    ちょっと「綺麗にまとめすぎた感」が否めない。

    近年の大河を例にとれば、
    「平清盛」や「風林火山」のように、「グサッと突き刺さる何か」が無い。

    非常に漠然としたことしか述べられず、申し訳ありません。

    准くんが出ているので、最後まで観るつもりではいますが、
    耐えきれず途中で挫折してしまった「江」や「八重の桜」のようにならないことを祈るばかりです。

    一番のネックは信長&秀吉主従コンビの演技

    いつものように、ひねくれた私ですが、
    これでも福岡出身なので
    「くろだのごじゅう~にまんごく~
    という「もなか」のCMを聴いて育った身。
    「黒田節」はちゃんと歌えます。
    家族が集う祝い事などでは、必ず誰か(おじちゃんの誰か)が「黒田節」か「祝いめでた」を歌います。
    「黒田節」と「祝いめでた」は、福岡人のソウルソングです。

    福岡県人としても、官兵衛さんには頑張って欲しい。
    期待が大きい分、要求も高くなってしまうのかも・・・。

    暖かく見守るように努力はします。
    ・・・無理かな(弱気)
    Date: 2014.02.04 Category: V6徒然  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    sintaro

    Date2014.02.04 (火) 18:08:32

    ハードル上がりますよ!好きなんだもの。
    回を追う毎に、可もなく不可も、なくはない感じになって来ました(苦笑)
    もっと、踏み込んでいいんじゃ?と思います。
    今のままではダイジェストドラマです。
    五話では、落丁かと思いましたもん(爆)

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード