今日は立ちました

    今日は、坂本怪物初日に参りました。
    今、山手線の中なので、とりあえず
    カーテンコールで立ちました
    ということだけ、ご報告しておきます。

    もちろん、仕方なくではなく
    積極的に。

    詳しくは、後日。

    Date: 2013.11.17 Category: フランケンシュタイン  Comments (8) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    あゆまま

    Date2013.11.29 (金) 13:43:26

    ぽんさま
    東京ではお話できて嬉しかったです。

    4日間で3種類の舞台を5公演観るという暴挙のせいかとっ散らかっていた頭が少し落ち着いてきました(笑)

    フランケンの舞台を思い出しながら色々考えていますが、東山さんの印象が最初のスタイルいい、かっこいい以外無い!ということに私自身がびっくり(驚)

    これはやっぱり私が坂本さんファンだから?
    無垢な魂を持って生まれた怪物が知識を得て、感情を持ち愛情を求めるのに、徹底的に拒絶をされて狂気と憎しみを募らせる…
    すべてのシーンが坂本さんで再生されるって…(重症)

    役へのアプローチも、捉え方もそれぞれのやり方があり、観る立場の我々からもいろんな感想があると思いますが、
    でもあの“怪物”役にはかなりの身体能力が必要。
    それにお二人が並んだ時のスタイルのよさ、立ち姿の美しさ。

    うーんやっぱりいいなあ。

    グローブ座だけなんてもったいなさすぎますよ。

    つむつむ

    Date2013.11.23 (土) 22:32:14

    ぽん様

    先日は二日続けてありがとうございました。
    楽しかったです!

    お言葉に甘えてこちらにもコメントを。
    メールと同じような内容ですみません(笑)。


    今日までに、博士二回、怪物一回観ました(あ、坂本くんのね 笑)。


    当たり前っちゃあ当たり前ですが、どちらも坂本くんのほうが好きです。

    坂本ファンだからそう感じるのか、
    そう感じるからこそ坂本ファンなのか。

    るる様のおっしゃるようにこればっかりは好みの問題なのかなぁ。
    だから、東くんのほうがすごいと思う方も、正しいと思う感想等々の
    自分とは異なる意見も否定するつもりはありません。
    自分の感想・解釈を押しつけるつもりもありません。

    ただ、私は、坂本くんの役作り、解釈、演技(&ビジュアル 笑)のほうが
    ピンと来ました。
    そういうことで、それでよいと思います。


    ダブルキャストは、好き嫌い、上手下手が分かれる以上の
    メリットデメリットがあるような気がしました。
    でも、ダブルキャストだからこそあらためて感じた(気づいた)
    坂本くんのすごさもあって、それはメリットだったかしらん。
    おかげで惚れ直しましたもん。

    自分が今まで東くんのファンにはならなかったことにも、
    今回の共演で妙に納得しました。
    坂本くんとはまったくタイプが違いますね。
    彼もまた“ザ・ヒガシ”って感じ?


    で、坂本くんについて。

    まずは初日の博士。
    あの日はハイテンションになってすみませんでした(笑)。
    ゾロ以来という久しぶりの“外国人マサ”がとにかくうれしくて懐かしくて、
    初日はそれだけで大はしゃぎでした。
    シルバースプーンの舞台も大好きで、りょうすけくんもキュートでしたが、
    「やっぱり舞台の坂本昌行はこうでなくっちゃ!」
    と、もうキュンキュンでした。

    独特のイントネーション(苦笑)の坂本節も、あの仕草も、
    まさにこれぞ“ザ・サカモトマサユキ”で、
    ときめく以外の何物でもありませんでした。

    あの博士衣装もカッコいい、カッコいい!
    そのビジュアルの~、ステキなこと、ステキなこと!(『ちりとてちん』風?)
    夢でうなされる原因にもなったスプラッタな場面でのエプロン姿すら、
    もう~~~キュート!
    ワンディッシュの時とはなんでこんなにときめきが違うんでしょう(コラコラ)。

    一回目の博士は、こんな感じでかなり舞い上がり過ぎでしたが、
    二回目はもう少し冷静に観られました。
    初日よりセリフのすべり(焦り)も感じられませんでした。

    博士の狂気も後悔も苦悩も、初日よりよく伝わってきました。
    さっそく進化を始めてますね。
    しかし、それにしてもビジュアルがいい…(アホ)。

    カーテンコールでは、初日は(緊張で?)観てくれなかった3階席も、
    何度も見上げて笑いかけてくれました(私に←アホアホ)。



    そして、ぽん様たちと祝杯を挙げた日の怪物バージョン。

    本当にかわいかった!
    最後に泣けてしまったのは、自分でも予想外でしたが、
    それほど、怪物の心情にとりこまれました。

    坂本くんの怪物は、無垢な愛おしさや、心ある生きものとして
    成長(進化)する過程や、そのことで生まれる葛藤や苦悩・悲しさを
    見事に表現していたと思います(盲目~!? 笑)。

    結末を知っていたせいもあり、そんな坂本怪物には初めから哀憐の情を
    感じてしまい、本当に愛おしかった。

    あと一回しか観られないのが残念です。
    こちらもきっと進化していくことでしょうね。



    東くんについては…、良くも悪くも私は“ファン”ではないので、
    ここではコメントは差し控えたいと思います。


    ぽん様は両バージョンの千秋楽をご覧になるんですよね。
    その頃にはどんな舞台に、どんな坂本昌行になっていることでしょう。
    ご感想を楽しみにしております。


    相変わらずのお忙しさのようですが、お体を大切にお過ごしくださいね。

    ではまた。
    失礼いたします。

    sintaro

    Date2013.11.23 (土) 18:57:06

    ぽん様

    見ました。
    『Frankenstein』

    役者坂本を堪能いたしました
    あの声!動き!
    creatureでないと、味わえない感動!


    坂本creature、無垢な獣でした
    次回の東山creatureがどんな風になるのか、Dr.坂本がどうなるのか

    もの凄く、楽しみでなりません!

    るる

    Date2013.11.23 (土) 18:32:07

    ぽん様 こんにちは!

    両バージョン見て参りました。

    じわじわ 
    考えています
    テーマがいっぱい 
    頭もいっぱい

    あくまでも強い人造人間東山さんの「怪物」
    弱くてだんだん人になる坂本くんの「怪物」

    もしかしたら「何をやっても東山」
    「東山」は壊れない
    という自分をよくわかってのあの「怪物東山」

    そして自分はなくして
    役に寄って行く坂本くん

    役へのアプローチが、作り出す人物が、全く違うのではないかと感じました。
    そう考えるとどちらの「怪物」も
    間違っていないと思えるのです。

    あとは好みの問題かと。

    そして根っこが深いのか
    どっちの役でも主従関係が変わらない二人(笑)
    見る私の心のせいかも知れません

    私は「坂本怪物」が、もう可愛くて憐れで(涙)

    やはり私は坂本ファン

    博士はお髭でした。
    素敵でした。

    あゆまま

    Date2013.11.22 (金) 23:17:05

    こんばんは

    フランケンシュタインの舞台、好評みたいですね。
    ネタバレみないで頑張ってきたので(笑)
    いよいよ観られると思うと楽しみでしかたありません。

    あさぎ

    Date2013.11.18 (月) 20:24:44

    こんばんは、ぽん様。こちらの方にお邪魔させていただいてしまいました、あさぎです。

    昨日は本当にありがとうございました。いろいろと濃いお話がきけてとても楽しかったです。

    また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします。

    sintaro

    Date2013.11.18 (月) 08:12:38

    自覚はないだけで、心が移ってしまったのでしょうか?

    最近の、リーダー関連の引きの強さったら!

    今回の23日の『フランケン』のお誘いを受けて、考えてしまいました(爆)

    GOママ

    Date2013.11.17 (日) 23:46:53

    それは良かった。

    頑張れ、昌行!自分の作り出す壁を越えろ!


    でしょうか。



    アンコールプラッドのソワレは、スチュワート・ロスさんが見にくるそうで、はっちゃけるのはマチネが最後かしら?長野君も緊張してしまうだろうし。


    4人が舞台に立った1日が終わります。みんなが充実した1日ですね。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード