計算が怖い

    暑いですね。

    今年も我が家は壊れたエアコンを買い換える予定は無し。
    「エアコン買うんだったらDVD買いたい」という息子と
    「エアコンより舞台にお金使いたい」という母
    どちらも、暑さには強いタイプ
    「冬の乾燥は苦手だけど、夏の暑さは平気」親子です。

    「音楽のちから」は、大阪から帰宅して、速攻編集して
    1回だけ観ました。

    子どもたちの声が入っているのに、Vはなぜ口パク
    子どもたちの声も、別録りかな・・・。

    坂本さんの衣装、今、流行りのプロデューサー巻きでしたが、
    日曜日のお父さんみたいでした。


    >GOママ

    「フランケンシュタイン」
    予想外の演目
    予想外の共演者
    でしたが、

    何にしても、年内に舞台がもう1本観られるのは嬉しいです。

    (大阪で、Nさま&Uさまとお会いした時も、
    「ミュージカル界で認められるには、最低年2本のミュージカルはやらないと」と
    語り合ったのですが、今年は、年2本のミュージカルは叶いませんでした。
    来年に期待)

    Nさまに、National Theatre で上演された「Frankenstein」の宣伝動画を教えていただいて、観ました。

    クリーチャーの誕生シーン、二人の葛藤の演技など、見ごたえがありそうですね。

    二人で交代で演技するので、単純にセリフも2倍ですし、
    稽古も時間がかかるのではないでしょうか

    ストレートプレイの小屋としては、グローブ座はちょうど良いと思いますが、
    チケット争奪戦を思うと、確かに不安はあります。
    みんなで協力して、難局を乗り切りましょう。

    > 私にとっての江守徹との出会いは
    > 黒田官兵衛
    > もちろん「国盗り物語」

    なるほど。
    そこ来たか。

    私は「元禄太平記」の大石内蔵助です。
    エクボがキュートでした。

    > それ以来、官兵衛と言えば江守徹マストです。

    マストですか・・・。
    じゃあ、来年の官兵衛さんは
    エセ官兵衛

    江守さんと比べられると、ハードル高いな。


    > お倒れになった時に、言葉がうまく話せないとの記事に、心を痛めてましたが、舞台に立てるようになって嬉しいです。

    ほんとうに、嬉しいです。
    セリフは少なくても構いません。
    そこに存在してくれるだけで、ちょっと声を聞かせていただけるだけで。
    江守さんと共演することは、必ずや坂本さんの財産になると思います。

    > 私は磯部勉の声も好きです。

    磯部さんの声も、素敵ですよね。
    磯部さんは、舞台で拝見したことがあると思います。
    シェークスピアものだったと思いますが、記憶がはっきりしません。

    津嘉山正種さんの声も好き
    「国盗り物語」にもご出演されていますよね。



    >かこさま

    コメントありがとうございます。

    > 銀匙は15日夜と25日夜に行きました。
    > そして坂本君の演技は15日の方が、圧倒的に良かった気がしました。
    > 表情の細やかさが25日は足りなかった気がします。

    そうですか・・・。
    前半の方が良いって、どうなんでしょうね。
    25日は、マチソワで疲れたのかしら・・・。

    > もっと行きたい気もしましたが、これ以上行って生の坂本君に逢ったら現実に戻れなくなる、と自己規制?が働きました。

    自己規制できるかこさまが羨ましいです。
    最近の私は、コントロール不能状態です。

    次の舞台の時は、お会いしたいですね。


    >つむつむさま

    今回の銀匙では、たくさんご一緒できて楽しかったです。

    > それは、ワタクシも
    > 「育ちが良くて優しく明るい(おいおい 笑)
    > そしてけっこうマニアック」
    > ということでしょうか?

    もちろん、そうですよ~

    > 泉美ちゃんが飛び出していく時は、大泣きしちゃいましたよ(笑)。

    おお、こんなところにも、大泣きポイントがあったとは・・・。

    泉美ちゃんは、ほんとに楚々として可愛いです。
    あの、ノーブルな衣装がお似合いで・・・。

    > 「二人で探せばきっと見つかるそんな気がしたのにな」♪
    > という歌も、これって美珠希ちゃんだけでなく泉美ちゃんの気持ちも
    > 唄ったものなんだよな…、と思って聴いていました。

    おお・・・
    泉美ちゃんサイドにグイグイ引きつけますね。

    私はこの歌で、なぜ美珠希が綾佑に惹かれたのかが、分かりました。
    一方で、歌で説明してもらわなければ、なぜ惹かれたのか理解できなかったのも事実。

    堂島&掛川ペア!
    大阪楽も可愛かったですよ。

    大阪楽のミユキさんの歌は、透明感があって素晴らしかったです。

    > 戸田さんご自身のお気持ちも大きく影響してたのかなぁ…。

    そうですね。
    内海さんのこともありましたし、お気持ちがとても入っていたと思います。

    > DVD化するなら、人物設定の詳細とかも知りたい、
    > 登場人物の対談もつけてほしい、
    > たとえば堂島&掛川ペアとか、
    > 綾佑をめぐる三人の男女とか…
    > なーんて、くだらないことまで書いてアンケートを終えました(笑)。

    それは、制作側も非常に参考になるアンケートだったと思いますよ。
    私は、どちらかと言うとCD希望です。
    かっこいい綾佑くんの姿も見たいですが、
    あの歌声にどっぷり浸りたい
    今は、そんな気分です。



    >sintaroさま

    東京楽では、お世話になりました。

    > もっと踊って~!

    本当に、そうですね。
    坂本さんを初めて見た客席の方々に
    「うちの坂本のダンスはこんなもんじゃありませんぜぇ」
    と、行って歩きたい気分でした。

    > 『フランケンシュタイン』
    > 日本人には、永遠に理解できないと思いますけれども。
    > テーマ的に面白い、つか好みなので、ハードル高いよ?(笑)
    > このふたりで、ストレートプレイてのも、冒険ですね。

    プロデューサーは勇気あると思います。


    >ユウキさま

    はじめまして

    コメントありがとうございます。

    > いろいろなブログを読み歩いていてきて、こちらのブログでは厳しい感想があったりして
    > 読んでいてとても新鮮な気持ちになり、舞台も新しい視点で見ることが出来ました。

    そう言っていただけると、ありがたいです。
    いつも文句ばかり書いているので、
    「ファンなのに、なぜいつも怒っているの」とか
    「偉そうじゃない」とか
    不快に思っていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、
    好きだから、ついつい多くを求めてしまうのですよね。

    私がどんなにハードルを上げても、
    坂本さんはいつも飛び越えてくれるので、
    文句言いがいがあります。

    こちらには、長野さんファンの方もよくいらしていますので、
    ぜひぜひまたおいで下さい。


    >secret Sさま

    大丈夫です。
    私も、忘れてました。

    この際、グローブをV6専用劇場にしたいくらいです。



    >るるさま

    コメントありがとうございます。

    > 新曲もコンサートDVDもあるんでしょ
    > もう怖くて足し算出来ません!
    > 見たかった他の舞台も考え直し(悲)

    私も、怖くて計算できません。

    ボーナスもあっという間に飛んで行きそうです。

    戸田さんの「今の私をカバンにつめて」は、日程的にも合わず、
    予算的にも厳しくて、諦めました。

    「頭痛肩こり樋口一葉」「ムサシ」「そらからのブンとフン」はチケット取りましたが、
    これからお知らせが来る舞台は、やはり考えてしまいそうです。

    > 綾佑くん
    > 初見の日、「もう怒鳴らないで~、怒ってばかり、怒鳴る芝居はもう見ていられないなんか悲しい、こんな役いやだ~」
    > それが第一印象

    最初の頃の怒り方は、可愛げがなかったので、単なる嫌な奴に見えてしまいましたが、
    段々可愛げが出てきて、綾佑くんの人間性もにじみ出てきましたよね。

    > やっぱり怒鳴る人は私「だめ」受け入れられない

    私も「だめ」です。

    大切な人の突然の死を受け入れられない気持ちは、
    経験した方でないとわからない、深い悲しみがあるとは思いますが・・・。
    (亡くなっているのかどうかがはっきりしない場合はなおさら)

    > みずきを口説く所が大好き!

    私は、人違いしたことを黙っていても構わないのに、
    あっさり謝っちゃうところが、好きです。

    > 相変わらずアグレッシブルなぽん様節!
    > 戦いますね~

    たぶん、死ぬまで戦い続けると思います。

    > 最近私は何だか甘くなりました
    > 文句は相変わらず言いますが許せる感じ
    > 怒ってハードルあげて飛んだら誉めて
    > 一緒に喜ぶ
    > 部活のコーチみたいです。

    なるほど、わかりやすいたとえです。
    きっと怒っても、褒めても、伸びるタイプですよね。

    > まだまだ飛ばせましょうね
    > 私達のスターは飛びますよ!
    > 足、長いですから(笑)

    はいはい、ハードルどんどん上げて、跳ばせます。
    Date: 2013.07.07 Category: V6徒然  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    -

    Date2013.07.25 (木) 22:10:07

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    かこ

    Date2013.07.08 (月) 01:50:51

    お忙しい中お返事ありがとうございます。下の子は小学生なので、自己規制も働きます。ぽんさんもギリギリ頑張っていた頃でしょうか?
    そして声!岡田君から入った私が坂本君に辿り着いたのも、まさに彼の声からでした!(そして津嘉山正種さん好きです!遠藤憲一さんも)怒鳴っていても、潰れていない張った、というのでしょうか?坂本君の声大好きなので、朝帰りシーン大好きです。大体、怒った坂本君って、カッコ良いと思っているばかものです。
    またお会い出来る時を待っています。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード