今日というスープを ひと匙すくえば

    「シルバースプーンに映る月」大阪千秋楽を観てきました。

    「MY ONE AND ONLY」振りの大阪です。

    N様のおかげで、千秋楽のチケットを手にすることができました。
    感謝、感激です。

    開演前には、Nさま、Uさまと、約2時間たっぷりおしゃべり。
    「シルバースプーンに映る月」の感想やら、次回作への期待やら。
    話題は坂本さんのことにとどまらず、広がる広がる

    サンケイホールブリーゼは初めてでしたが、席の座り心地は良いし、音響は良いし
    好印象の劇場でした。

    2階席がかなり高い場所にあるので、たどり着くまでがちょっと大変。
    ぐるぐる回りながら、階段を登らねばならず、すこし目が回りそうでした。

    私の席は、2階席の後ろから3列目。
    なんと、一人おいたお隣に、終演後お会いする予定のHさまがお座りになったのでびっくり
    私と同じ番号の3列後ろの最後列がUさま

    別々にチケットを取ったのに、こんなに近く・・・
    奇遇すぎる席でした。

    「これも坂本昌行さんが取り持つ腐れ縁ですね~」
    と笑いあいました。

    終演後の入り口付近では、Kさまにも偶然お会いしました。

    お久しぶりの方々にお会い出来て、幸せでした。

    ブリーゼの2階席は、ものすごい上方にあり、ほぼ俯瞰で舞台を見下ろす感覚です。

    しかし、逆に、天からリョースケくんを見守っているミユキさん気分で観られたので、
    近くで観る以上に入り込めました。

    約3週間の公演のラストにも関わらず、坂本さんの声も絶好調
    客席で観ているものをやさしく包み込む3Dボイスは健在
    心地よいビブラートと艶のある響き

    誰にも似ていない
    誰にも真似できない
    坂本さんの声は、オンリーワンだと肌身で感じました。

    東京公演では最後まで納得できなかった、私の中の二つの課題

    ①綾祐と美珠希の「せめて嵐の夜までいてくれ」の後のデュエット

    ②ラストシーンでの綾祐くんの甘え方

    このいずれもが、大阪千秋楽にて見事クリアできました。

    ①の新妻さんとのデュエットについて

    二人の声がしっくりと溶け合っていまいた。

    ミユキさん目線で観ていたせいもあるのでしょうか、
    迂闊にも泣いてしまいました(ちょっと悔しい)

    「リョースケ、すてきな女性と出会えて良かったね」
    という気分になってしまいました。

    ②ラストの甘え方について

    これまで、
    「ここはもっと初めの登場との変化を付けて欲しい。
    子どもの頃から世話になっている堂島さん&掛川さんに『甘えている』という基本は変わらずとも
    最初と最後では甘え方に変化はあるだろう。」
    と思っていました。

    昨日の「ラスト甘え」は、堂島さんや掛川さんへの愛も感じられて
    すごく良かったです。

    なんだか、すっきりしました。

    しかし、そこは辛口魂を捨てきれない私

    大大大満足の千秋楽だったにも関わらず、
    「千秋楽でやっとかよっ」と言っちゃいました。

    これも、大好きの裏返しだとご理解ください。


    終演後Nさまも、坂本さんを絶賛
    「声に抱かれた。坂本さんと別れるのが寂しい」とおっしゃっていました。

    堂島さんが階段でつまずいてこけちゃったエピソードとか
    カーテンコールで、色とりどりの風船(の形の風船もあり)が
    落ちてくる演出で、スタッフさんの心遣いを感じられたこととか
    坂本さんの挨拶とか
    他のところでも、レポがあると思いますので、
    すみません
    省略

    終わってみれば、あたたかいものが心にじわっと残る良い作品でした。

    ストーリーの気になるもろもろポイント

    ※自分の見合いだったら、
     昌也は邪魔な綾祐に「週末は予定してくれているだろうね」
     とか念を押さないだろうから、
     念を押している時点で、最初から綾祐の見合いだとバレバレなのに、
     なぜ彩月は雅也の見合いだと勘違いするんだろうとか

    (「そもその行方不明だったら、
     法律的にも3年で再婚はできないのでは」という
     Uさまのご指摘もごもっとも)

    ※自分の娘と頭取の娘が両方来るとわかっているのに、
     最初に泉美さんを見た時に、彩月は確認行為を行わなかったのだろうとか

    ※いくら住み込み使用人の娘とは言え、お金持ちって、来たばかりの他人を何日も泊まらせちゃうのとか

    ※たとえ失恋したとしても、黙って出て行っちゃったら、派遣会社にも迷惑かけるだろうとか

    ※黙って消えちゃった彩月さんを、雅也や綾祐はどう思っているのとか

    ※来た時の美珠希は小さなバック一つだったのに、
     出て行く時は大きなバック(しかも金)も持っているのはなぜとか
     (Rさま説は
     「きっとさ、途中で『私、着替えとか荷物取ってきま~す』って取りに行ったのよっ」)


    いずれも、「それを言っちゃぁ、おしめ~よ」の世界ですが・・・。

    そんなもろもろも、今となっては「どうでもいいや」という気持ちになっています。
    音楽と歌と、キャストの演技の素晴らしさで単純に楽しめる作品に仕上がっていたので
    もやもやのすべてが吹き飛びました。

    彩月のひとりファッションショーは
    彩月だけの意思ではなく、そもそもミユキさんが操っていた
    と、解釈しているので、矛盾は感じませんでした。
    (そういうことにしました)

    綾祐と美珠希が初めて幽霊に会った時も
    「いくら買い物に行っていたいとは言え、
    みんなが『幽霊を確かめよう』としているのは、彩月でも気づくはずなのに、
    その状況で危険を顧みずひとりファッションショーやるか
    という疑問や

    そのことを、黙っていれば良いのに、わざわざ娘に告白するか
    という疑問も

    「ミユキさん操り説」で、自分を納得させました。

    そういう意味では、戸田さん演じる彩月は
    ストーリーを転がすために、かなり無理して勘違いしていわけで・・・。

    したたかなやり手のしっかり者かと思いきや、
    もろさや子どもっぽさを持っていたり、
    キャラクターとしては、支離滅裂

    それでも、ひとりの人間として成立しているのは、
    ひとえに戸田さんの力によるものだと思います。


    スタッフ、キャストの皆様
    お疲れ様でした。

    再演そしてDVD化・CD化を、熱望します。

    しまった

    出かける時間になってしまいました。

    コメントへのお返事がまた先送りになります。
    申し訳ありません。

    帰宅したら、お返事します
    Date: 2013.07.07 Category: シルバースプーンに映る月  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード