想いをのせて 口にしてみよう

    >secret Hさま

    お久しぶりです

    北海道にも、行かれたのですね。

    北海道では、たくさんのたくさんの愛を振りまいた6人だったようで、
    皆さん幸せになって帰ってこられたご様子。

    そういう声を聞くと、私も嬉しいです。

    6人の愛情が伝わる

    これは、大事な要素ですよね。
    私も最後は、「それさえあれば、他はどうでもいいやっ」
    という気持ちになりました。

    >構成についても違和感、物足りなさがなくなりました。

    それも、何よりです。
    私は最後までそこは克服できませんでした。

    頑固な性格のせいだと思います。

    > いろいろ愚痴ってしまったこと謝ります。

    いや、いや
    謝る必要はないですよ。

    言いたいことを素直に、思いっきり言えるのが、この場ですから。

    愚痴りたい時は、愚痴っちゃいましょう
    それが、その時の真実なのですから。

    感じたことをどんどん書いてください。

    東京千秋楽においでになったのですね。
    同じ場所にいたのに・・・残念。
    私はその後、ご一緒したお友だちと「打ち上げ」と称して、
    駅前の居酒屋で3時間半もおしゃべりしました。

    今回は見事なまでに、全部下手(「へた」じゃなくて「しもて」です)でしたが、
    東京千秋楽で初めてセンターに座り、
    坂本くんの様々な表情を観ました。

    どの表情も素敵でした。

    私的には、「演技はもう一息頑張って」と思いましたが、
    戸田さんのブログで切ない表情を誉めていただいたので、
    「私のハードルが高すぎるのか・・・」とちょっと反省しました。

    > あ、大阪でラスト1回観ますが

    大阪にも行かれるのですか
    私も行きます。
    あちらでお友だちとお会いして、またまた開演前におしゃべりする予定です。
    良かったらご一緒にどうですか

    シークレットで連絡先を教えていただければ、ご連絡します。

    > これが終わったら、今度は何を目標に頑張ればいいんだろう。

    目標ができましたね

    敷島家のように甘くない現実にどっぷりと浸りつつ、
    そんな毎日を乗り切る勇気が湧いてきました



    >GOママ

    情報ありがとう

    日程厳しいよね。

    私たち的には、特に。
    当日は無理だけど、練習はパスする

    ダメだ、そうじゃなくても練習不足なのに
    バンマスに怒られる~

    キャスト表は発表してもらわないと困ります。
    坂本さん=フランケンバージョンを多めに行きたい。
    Date: 2013.07.02 Category: シルバースプーンに映る月  Comments (3) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    -

    Date2013.07.03 (水) 19:33:58

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    sintaro

    Date2013.07.03 (水) 18:40:53

    もっと踊って~!

    『銀匙』
    歌声が、素晴らしかったですが、ダンスがサービスシーンしかなくて、かな~り残念!いや、欲求不満(爆)
    という事に気づいたので、次のショー的要素の強い舞台を待ちます。


    『フランケンシュタイン』
    日本人には、永遠に理解できないと思いますけれども。
    テーマ的に面白い、つか好みなので、ハードル高いよ?(笑)


    このふたりで、ストレートプレイてのも、冒険ですね。

    かこ

    Date2013.07.02 (火) 18:22:32

    銀匙は15日夜と25日夜に行きました。
    そして坂本君の演技は15日の方が、圧倒的に良かった気がしました。
    表情の細やかさが25日は足りなかった気がします。

    もっと行きたい気もしましたが、これ以上行って生の坂本君に逢ったら現実に戻れなくなる、と自己規制?が働きました。
    それほどまでに今回はドンピシャな”坂本昌行”でした。


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード