「テレステ」と「「ミュージカル」

    OMGコンの考察はまだまだ続けたい・・・とは思っています。

    頭の中に骨組み的なものはできていますが、文章にするとなると
    それなりのエネルギーを要しますので、時間的余裕が必要です。

    なんてグズグズしているうちに、終わっちゃいそうですよね。
    今週末には長野
    来週には北海道

    好きか、嫌いかと問われたら
    「嫌いじゃないけど、そんなに好きじゃない」OMGコンですが、
    終わりが近づいていると思うと、やはり寂しい。

    寂しさの主な原因は、
    ツアーが終わったら
    6人がこんなふうに一緒にいることが
    この後1年以上無い
    という現実が襲ってくるから
    です。

    さて、今日は休みですが、もろもろあって時間がないので、
    OMGコン考察はお休みして、
    雑誌の感想2題でお茶を濁させていただきます。

    まずは

    剛くん当番の「テレステ」

    剛くんのサイド刈り上げ&真ん中オールバック(辮髪)スタイル

    コンサートで見たときは、いまいちでした。

    ディップで固めた辮髪が時間が経つにつれ形状が保持されにくくなり、
    ダンスで身体が上下するにたびにパカパカし始めるので、
    横から見るとヘンと思っていました。

    代々木の「おやすみ」前フリ映像(Vロードに立っているバージョン)で、
    固める前の前髪下ろしスタイルの方が、可愛くて良かったのに・・・。

    しかし、「テレステ」を見て、
    あれ
    コンサートで見た時ほど、変じゃない・・・

    写真なので、パカパカしていない
    ヒゲがない
    という違いはありますが、
    それだけじゃない気がして、ガン見して気がつきました。

    眉毛が違う

    コンサートの時よりも、眉毛が太い

    私にとって、眉毛の太さは重要ポイントです。

    代々木初日は、おかっぱスタイルだったので眉毛の太さが確認できませんでしが、
    借り上げスタイルになってから、明らかに眉毛を細く整えてきた剛くん

    新潟で細くて薄めの眉毛を見た瞬間「わちゃ~」と凹んだ私。

    あぁ、せっかくトビーアスの太め眉毛でルンルンしてたのに、
    また、細眉毛時代が始まるのかぁ・・・
    と暗澹たる気持ちになりました。

    しかし、「テレステ」でこのキリリ眉毛を披露されたので
    一気に

    刈り上げ万歳
    デコ出し万歳
    に、乗り換えてしまいました。

    メイクさん
    眉毛を太め・濃い目にしてくださり
    また、ヒゲまで剃ってくださり
    ありがとうございました。

    コンサートは、自分でヘアメイクしますからね。
    きっと「このヘアスタイルだったら、眉毛は細めで攻める」と思ったんでしょうね。
    しかし、それじゃあチンピラに見えるよ。

    その点、こういう撮影はちゃんとプロが付いてるから、安心。
    おでこは「知性」を、眉毛は「意思」を表す部分だと私は持っているので、
    ワイルドさより聡明さを前面に出したこのメイクは
    「さすがプロだわぁ」と思いました。

    「スタイリストは付くんですかっ
    ビデオチェックはできるんですかっ
    (by天野春子さん)

    アイドルにとってそこは、重要です。

    剛くんページの前のページ代々木の写真がありますが、
    この時は私が新潟で見たときよりも、剛くんの眉毛が少し太くなっていました。

    それでも、私にとっては不満。

    次のページと見比べてください。
    微妙な違いがおわかりになると思います。

    微妙なんです。
    微妙なんですが、この違いは大きいのですよ。

    おっと、眉毛だけでこんなに字数を使ってしまった。

    次、行きます。


    坂本さん久々の登場「ミュージカル」

    隔月刊になり、紙の質もちょっと良くなった「ミュージカル」誌
    密林でも変えるようになり、助かります。

    坂本さんは白いTシャツに、赤いギンガムチェックのボタンダウンシャツ
    前髪は下ろしているヘアスタイル

    可愛いけど、前髪がちょっとウザイ

    目にかかりそうな前髪は、「う~目に髪の毛が入りそう・・・」とゾワゾワするので、好きじゃありません。

    インタビュー記事はさすがに専門誌
    作品やミュージカルというジャンルについて、じっくり聞いてくれています。
    欲を言えば、もう少し深く切り込んで欲しかった。

    収穫だったのは、オリジナル“ジャパニーズミュージカル”について、
    坂本さんがひとかどの思いを持っているということがわかったことです。

    「こんな風に考えているんだったら、『ノンストップ』で宣伝した時に、
    そのことを言えよっ
    と、またしても地団駄踏みそうになりましたけどね。

    今までミュージカルを見たことのない人が劇場に足を運び
    楽しさを知ってもらいたい
    それが
    「僕がミュージカルをやる意味」だとインタビューで答えています。

    そう思うんだったら、もっといろいろなところで効果的にアピールしようよ。

    そもそもミュージカルを見たことない人は、この雑誌は読まないから、
    ここだけで話しても、しょうがないんだよ。

    これからの、プロモーションに期待します。
    Date: 2013.05.14 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード