ギネスに挑戦

    >GOママ

    コメントありがとう。

    今年はいっさいコンサートが無いという
    デビュー以来初めての試練の年だったので、
    ついついネガティブな思考に走ってしまいがちです。

    > 意識して連絡を取るようにしているのかなと思います。

    私もそう思います。
    裏を返せば
    「意識して連絡を取らないといけないような危機感にかられているのでは・・・」
    とつい考えてしまうのも、ネガティブシンキングのなせる技かも。

    > こんだけやったのに、ブログ見てると、若い子は離れ出してるね。コンサートが無いってだけで。
    > チャゲアスファンとすると、甘いよね。やってもらわないとダメだっていうのは。

    確かに甘いのかもしれない。
    きっと甘いんでしょう。

    でも、「これだけやった」の「これだけ」の中で、私が求めているものに応えてくれたのは
    マイワンと清盛だけでした。

    チャゲアスは世間からも「アーティスト」として認められているので、
    アイドルに比べると風当たりは弱いんですよ。
    アイドルファンは世間の風当たりとも闘わなきゃいけないので、
    大変なんです。

    > あのブームでいた、にわかファンは活動休止期間に離れたので、ずっとついていくファンしか残ってないけど。

    V6もチェゲアス並みに、活動休止してもついて行くコアなファンが一定数いると
    あの非情な事務所に見込まれたのでしょうか

    > でもV6は、事務所の思惑で当人の意志に関係なく活動出来なくなっちゃうからね。
    > ファンが支えて事務所を動かさないといけないはず。

    やっぱり事務所がネック

    私たちがモノ申すとしたら、その先矛先は彼らにではなく事務所なんでしょうね。

    > だけど、個人的好みでは、伊武雅刀のイメージが強く、内野聖陽が良いけど、勘助やったばかり。だから、剛君が良いと。時忠を見て、剛君の官兵衛が見てみたいって。
    > 岡田君を見てみようという気になったのも、剛君の演技があったからかなと思いました。

    伊武さんは渋すぎる。
    私にとって伊武さんはやっぱり「デスラー」もしくは「子供達を責めないで 」です。

    大河マニアの方にも剛くんの演技は好評なようで、ひと安心です。
    始まる前から「剛くんだったら間違いない」と自信はありましたが、
    実際に自分の目で観てみるまでは、やっぱりドキドキ。
    そのドキドキが心地いい。

    准くんの場合は、始まる前からの「間違いない」感が無いだけに、
    ドキドキ感は剛くんの比じゃないでしょう。

    自分史上、もっともスリリングな大河になりそうです。





    >secret Hさま

    お元気ですか

    せっかく落ち着いたファン心理を揺さぶる情報ですよね。

    大河はそれほどインパクトがあります。

    Vファンは相当我慢強いと思われてるんでしょうか。
    確かに我慢強いですけど。
    我慢にも“限界”ってもんがありますよね。

    最近は、
    「アイドルファンとして、どこまでコンサート無しで耐えられるか、ギネスに挑戦」
    的なノリで耐えるしかないと開き直っています。





    >りあむさま

    はじめまして。

    ここの傾向上、トニファンが多く集っていますので、
    剛くんファンの方に、コメントいただける機会は数少ない。
    嬉しいです。
    ありがとうございます。

    > 今は女性アイドルグループブームですが、若い女の子がAKBやももクロ、モーニング娘。に流れる理由はやはりすぐ会いに行けるや、ライブをコンスタントにやってるのも大きいと思いますよね。やはりアイドルなら歌やダンスを生で披露する場は必須だと思うので。

    なるほど。

    ご指摘を受けて、女性アイドルグループに女性ファンが増えている理由
    合点がいきました。

    アイドルの原点ですよね。

    > とにかく、私は今は岡田君やグループを信じて3年後の20周年に向けて何かあると信じて待ちたいと思います。

    そうですね。
    彼らを信じたいです。

    信じて待つ。
    ファンにできることは、これだけ。

    しかし、「待つだけ」は苦手なので、
    何らかの形で事務所にアピールしていかなくては・・・と思っています。

    彼らは信じられるけれど、事務所は信じられない。

    > 剛君は常にV6ありきの~って考えの人なので、とにかくV6を信じて、待ちたいと思います。

    おっしゃる通り
    剛くんの安定感
    剛くんを観た時の安心感
    その土台はそこなんです。

    准くんには、その安定感が無い。
    ほんとにハラハラさせられます。
    でも、それが彼の魅力であり、
    末っ子の特権なのかもしれません。
    Date: 2012.10.14 Category: V6徒然  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード