ぽっかり空いた 二つの空洞

    先週書き始めて、完成しなかった記事

    もう、これ以上延ばすと間抜けになるので、
    未完成ながらします。


    「平清盛」と亜門さんご出演の「スタジオパークからこんにちは」について



    いくさは時忠さんには似合わない

    そもそも 武士じゃないし・・・。
    活躍の場が無さそう。

    そんな予感はしていましたが、やはり保元の乱に突入した「平清盛」第21回&第22回に時忠さんの姿は無し。

    しかし、落胆はしていません。
    あの甲冑を身につけて動きまわるのは、剛ちゃんには無理・・・

    夜討シーンでは、昔授業で習った「平家物語」を思い出しました。
    闘いの前に、名乗り合う。
    子ども心に「そんなことしてるより、どんどん攻めちゃえばいいのに」と思いましたが、
    そんな「どこかのんびりした感じ」が、「当時」なんでしょうね。



    「バリバリ~」発売時の出演ラッシュ以降のV関係TVで一番心に残ったのは
    「スタジオパークからこんにちは」の亜門さんでした。

    「金閣寺」のことが紹介される
    映像も流れる
    との前情報もありましたが、
    この時期の出演なので「サロメ」のことが中心で
    「金閣寺」はチラッと触れるだけだろうと予想していました。

    その予想は、見事に裏切られました。
    もちろん良い意味で。

    溝口さん映像もたっぷり流れました。
    しかも、WSで流れた派手な場面では無く、
    ある意味地味な場面。
    (DVDに収録されている映像です。)

    きっとこれは、亜門さんセレクトですね。
    演出意図と剛くんの魅力を語る上で、ふさわしいと判断された2シーンなのでしょう。

    つまり、この「スタジオパークからこんにちは」は
    どんな質問をし、どんなことを語るのかが
    しっかりと準備されたトーク番組であるということです。

    MCの永井アナウンサーの切り込みもとても的確でした。

    結果、新作「サロメ」よりも時間をかけて「金閣寺」を語ってくれた亜門さん
    そして、そういう構成をしてくれたNHKさん

    ありがとう
    ほんとうに ありがとう

    NHK的には「『平清盛』にもご出演の森田剛さん」という紹介の仕方も出来たはずなのに、
    それもせずに「V6の森田剛さん」と言ってくださっていました。

    (亜門さんの「V6」が「ヴイ スウィックス」と何だかやたらに良い発音だったのが素敵でした。
    流石、日本人初のブロードウェイ上演演出家

    剛くんを起用した根拠と、剛くんの存在について
    期待以上に熱く語ってくださった亜門さん。

    お茶に伸ばした手を、2度止めてまで勢い込むように語るほど。

    しかも、「そこ、そこなんだよ。森田剛はそういう人なんだよ~」
    と、かゆい所に手が届く表現。

    「嗚呼。わかってくれている。」
    安心感にも似た、感謝と敬意が胸一杯にあふれました。

    亜門さん、ありがとうございます。

    残念ながら「サロメ」は観に行けませんが、
    今後の亜門さん作品、私のアンテナにピピピッと来る題材でしたら、
    ぜひ拝見したいと思います。
    もちろん、剛ちゃんが出演しなくても・・・。
    ・・・でも、「ザ・ウィズ」はちょっとパス・・・
    同じミュージカルでも、「メリリー・ウィ・ロール・アロング」は、興味あり。


    ミュージカルと言えば・・・。

    来週はいよいよトニー賞。

    前記事の舞台3作品同様、私の心の穴を埋めてくれるに違いない。
    ・・・ミュージカルの洪水に溺れたら、「やっぱり舞台の坂本昌行が観たい」とさらに心の空洞が広がる危険性も有り。

    要注意です。

    ところで、今年NHKはトニー賞授賞式を生放送しないの

    もうひとつの空洞
    「バラじゃなくて、一緒にいる6人が観たい

    埋めるために、今夜帰宅したら、久しぶりにセクバニコン打ち上げ映像を観ようかしら・・・。
    Date: 2012.06.05 Category: V6徒然  Comments (6) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    sintaro

    Date2012.06.07 (木) 21:16:00

    今度は二時間ドラマだそうですね。
    『捜査線上のアリア』森村誠一
    確かにテレビドラマを演りたい言うてましたが、どうなのかな?

    ぽん様

    私も常々考えます、思っています。
    もちろん、その対象は主に末っ子ですけれども。

    これからクランクインする映画についても、心配が山積!(酷い/笑)


    喉に支えた小骨みたいなもの?

    ヒロ

    Date2012.06.07 (木) 05:48:18

    ぽん様

    苦情にも似たコメントに対する潔いお詫びに ただただ脱帽している私です。

    配慮にかけた表現とおっしゃっていられましたが 『例の番組』がお住まいの地域で放送されるか否かは 我々のせいではありませんよね?
    ぽん様がそこまでお気を遣う必要があるのかなと単純に思いました。

    なぜなら ぽん様の今のお気持ちが私の中にもあると感じるからです。
    「自分ははたして本当に彼のファンなのだろうか」は私も抱えている難問です。

    でも こんな風に考える事自体 彼に真正面から向き合っている何よりの証拠で だからこそ苛立ったり苦しくなったりするのだと思います。

    そんな時は 人間ですもの 悪態ついたって 投げやりな表現になったって良いではありませんか!?
    だって ここはぽん様のブログですもの!!!
    やるせないお気持ちを吐き出す場所は絶対に必要です。

    -

    Date2012.06.06 (水) 23:58:42

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    -

    Date2012.06.06 (水) 15:26:20

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ぽん

    Date2012.06.05 (火) 22:29:35

    かわまっちさま

    はじめまして。
    コメントありがとうございました。

    申し訳ありませんでした。

    「贅沢な暴言」と承知しながら、
    自分の「いらだち」にも似た焦燥感を押さえきれず、
    配慮にかけた表現をしてしまいました。

    せっかく放送されているのに、
    せっかう毎週逢えるのに、
    その幸せを素直に享受できない自分

    「自分ははたしてファンなのだろうか」
    「彼のことを本当に『好き』と言えるのだろうか」
    いつも自問自答しています。

    ちょっと苦しくなることもあります。
    その苦しみをごまかすために、投げやりな表現になってしまいました。

    コメントをいただいて、至らなさに気づくことができましたので、少し文章に手を入れたいと思います。

    かわまっち

    Date2012.06.05 (火) 19:39:00

    One Dishが見れる地域にお住まいなんですね。羨ましいです。「再生する気もない」言ってみたいものです。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード