君に会えない日も

    夕食終了

    久々に作ったので、張り切り過ぎて、ニンニク入れすぎました。
    新じゃがのオーブン焼きとあさりのワイン蒸し
    我が家はどちらもニンニクたっぷり入っております。

    さて、この時間でしたらコメントのお返事いけそうです。
    いっちゃいます

    >るるさま

    いつも、いつもお世話になっています。

    > 聞きたいですね~お蔵入りなんですか~
    > ぽん様の忌憚なきパンチの利いた意見!
    > お時間ありましたらぬるくしてお聞かせ下さい。

    いやいや、お蔵入りにしておきます。
    夜中にラブレター書いて、次の日の朝読んだらこっぱずかしくて、絶対出せない
    そんな感じに似ています。
    冷静に読んだら、絶対出せないパターン
    「ラブ」ではなく「怒り」&「嫌悪」&「おいおい、まだまだだな」バージョンです。

    > 一皮またむけて、「よ~し」となった剛を待たなきゃいけませんでした。
    > おばさんついせっかち。すぐに結果を欲しがる。気持ちは変わる。
    > じっくり待つ事にいたします。

    男の子(33歳に男の子って言うのも申し訳ないですが)が成長していくのを
    じわ~っとながめているのって、喜ばしいですね。

    健ちゃんも准くんも、トニセンでさえ、
    子どもの成長を見守っているようで、楽しくてしょうがないです。

    今のあんな感じの剛ちゃんも大好き。
    あえて難解な場所に行こうとするところなんか
    ちょっとこっちに近づいてきてくれたみたいで、
    おばさん嬉しいんです。
    ニマニマしてます。

    > なんでしょうね、このファン達の心配のしようは (笑)
    > どこを覗いても「心配」「ドキドキする~」「不安」「いいよ~」

    そうなんですか。
    皆さん同じなんですね。

    > どんだけ私たちにはトラウマなんでしょうね
    > ご本人並びに事務所はこの様子を分ってるのかしら?

    少なくともご本人は気づいていないと思います。
    気づいていたら雑誌のインタビューで「ドラマがやりたい」なんて挑戦的なコメントしないと思います。

    > 他の人のファンって自分の好きな人が
    > ドラマに出る時こんなに心配するものなのでしょうか?

    しないと思います。(キッパリ

    > すみません、私は「室温」と「レプリカ」が限界です(ホントに失礼)

    そのお言葉に刺激され、ランキングなんてやってみました。

    るるさまの順位はどんな感じですか
    限界を超えたものは、ランキング不能でしょうか。

    > まさかとは思うんですが、坂本昌行
    > お茶の間仕様になるなんて事はないですよね

    それは、絶対に許しません。
    もしそんなことになったら、抗議文を送りつけます。

    > お金出すから、舞台やってくれコンサートをやってくれ
    > 歌ってくれ踊ってくれフェロモンぶちまけてくれ~

    そうだ、そうだ。
    TVを観てる人は、お金出してないぞ
    お金出す私たちの願いを叶えてくれない・・・もうほんとに泣いちゃうぞぉ

    > ここの所、毎週後輩君達の夏の予定が出ているので今週あたり?
    > といつも待っています。(外れっぱなし)

    また、はずれましたね。

    うかうかしてると、夏が来てしまう~




    >secret Tさま

    情報、ありがとうございました。

    興味深く読みました。

    中井さん、准くんがなぜ舞台に出ないのかをご存じないんですね。
    知らないって、怖い。
    無邪気に、悪気なく、グサッと痛い所を突いて来る。

    舞台に立った時を表現するのに「興味で観られている」という言葉を使うこと自体
    根本的に舞台には向いていないと思います。

    コンサートも素の自分では無いと言っていましたが
    「そんなのみんなとっくに知ってたよ。見ればわかるから」と突っ込みました。

    素の自分とコンサートでの彼
    ギャップがありつつも、徐々にそのギャップがなめらかになっている
    (あくまでも「埋まってる」ではなく「なめらかになっている」)
    印象を受けたのが、昨年のセクバニコン。
    だから、初めて准くんを「カッコいい」と思えたのかもしれません。

    演劇の良さについて熱く語る中井さんの言葉に
    私は痛く共感しましたが、准くんは「う~ん」
    共感できないんですね、きっと。

    やはり彼には舞台は合わないようですね。

    合わないことを無理にする必要は無いし、自分の好きな道を進んで欲しい。
    「ぼくが何かやるときには」なんて、社交辞令言わなくて良いよ
    と思いました。


    坂本さんに関しては、
    へたにテレビなんかで露出しているものだから、余計に飢餓感を煽られて、
    まさに蛇の生殺し状態です。
    我らがミュージカルスタアには、じらされ過ぎて堪忍袋の緒が切れそうです。

    早く目の前で、歌ってくれぇ、踊ってくれぇ。

    これって、事務所の思うつぼ

    この際、事務所の策略にみすみす乗ってしまっても、かまいません。
    そんな気持ちです。

    劇場で、もしくはコンサート会場で
    Tさまに、お会いしたいです。

    Date: 2012.05.22 Category: V6徒然  Comments (0) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:


    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード