コメントありがとうございました。

    >るるさま

    最初のコメントのお返事が今頃になってしまいました。
    すみません。

    相変わらず貧乏暇無し
    もしかしたらV6より忙しいかもしれないおばさんです。

    > 激しく枯渇
    > 乾いています(お肌じゃありません)
    > 餓えています(お腹じゃありません)

    小気味良いるるさま節炸裂ですね。

    GWが終わったら水色の封筒が来るのでは・・・
    と期待していましたが、いまだ音沙汰ありませんねぇ。

    昨日のブロードウェーミュージカルコンサートに行っていただいたチラシの束には、
    某東宝王子さま方の出演作チラシが、複数種入っていたというのに・・・。
    3つから4つ先の作品まで決まっているんですぜ、お客さん。

    こちらのスケジュールの都合もあるので、早く発表してもらいたものです。
    そうしてくれないと、どんどんスケジュール帳が埋まってしまいます。

    TVドラマの出演なんて、いらないです。
    私は、ステージに立つまさゆきが観たいのよ~

    > オアシスであるはずの「ヘンサーチ」も「one Dish」も
    > なかなかリピートする気にならず(贅沢は重々承知)

    本当に贅沢で申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
    「ヘンサーチ」はもう耐えられないレベルまで来てます。
    (以下は、過激なので自粛)

    > 年上のお料理の先生に習う坂本昌行ってのはどうでしょう
    > 何となく「先生、坂本くん好きでしょう~」みたいな感じ。
    >
    > でもやっぱり理想は歌って踊る「世界の料理ショー」

    年上の先生・・・いいですね。
    私たち世代の先生ですよね。

    「世界の料理ショー」はグラハム・カーさんのチャラい感じが好きでした。
    あのラフな雰囲気に到達するには、もうちょっと修行が必要かも。
    でも、歌って踊るのはお得意分野なので、逆にリラックスしてできるかも・・・。

    朝日新聞の投稿で「爽やか」ってほめられていましたが、
    もともとファンの方の投稿のようなので、「坂本昌行を全く知らなかった方」のご意見もうかがいたいです。

    > ただ、私はいろんな剛が見たいのでその点はちょっと…残念

    語る会でのご発言から、るるさまはきっとそう思っていいらっしゃるだろうなと想像していました。
    ごめんなさいね。
    ・・・って、私が謝る筋合いじゃないと思いますが。
    剛くん今はそういうお年頃なんですよ。
    もう少し長い目で、待ってあげてください。

    > 坂本くんでこのインタビューをしてもあんまり面白くないだろうな
    > なんて、なんでも坂本くんに置き換える私の癖。

    なるほど。
    ミュージカルCDで声の脳内変換はありますが・・・。
    インタビュー記事の置き換えという発想はありませんでした。

    特に「インタビュー的な物に関しては、剛くんにかなうわけが無い」と決めつけています。

    > こう思っている時点でぽん様のもう一つのハートは
    > 坂本ファンだと思います!

    そうですかね・・・。
    ありがとうございます。

    > お花の回りを行ったり来たり
    > 不審なおばさん

    私もそうでした。

    > 結果、ありませんでした (笑)

    やっぱり。
    私の見落しでは無かったのですね。

    > 私も、岡田さんが『あいつ~』と歌う度に
    > チャドが頭の中を走り回りましたよ。

    コンサートだから、きれいに歌い上げるのかと予想していたのですが、
    デニスそのままに、感情豊かに歌ってくれて
    涙が出るほど嬉しかったです。

    『あいつ』は客席で何を思っていたのでしょうね。

    > あんなにドンドン、次から次へとくると
    > 自分の好きな物、苦手な物が分かりますね

    確かに。

    > 坂本くん、あれを見たとしたら
    > 『オレも!』『もっと!』って思わなかったかな~

    思ったに違いありません。




    >うさぎさま

    出張、お疲れ様でした。

    > 「愛のむきだし」は私も観たくていつもレンタルしようか迷い
    > でも長いので置いて来てしまってました。
    > 次に行った時は借りてきます。

    強烈です。
    相当強烈なので、ご注意を。
    体調が良くて、元気な時にご覧になることをお勧めします。

    > 西島さん好きですけど踊ってる姿はあまり観た事が無いんですよね

    私もそうです。

    > 多分、V6が出ないと歌番組もあまり観ないからですね。

    同じエイベックスのダンスパフォーマンスグループなので、
    かぶることを避けて、同じ歌番組に出ることが少ないのかもしれないですね。

    逆に考えると、AAAのファンの方々は、V6をTVで観る機会が少ないのかもしれません。

    > これからもどんどん絡んでいって欲しいですね。

    時忠さんと頼盛さん
    正反対のキャラクターだけに、絡めば絡むほど
    面白くなりそうです。
    期待しています





    >甘楽ちゃんさま

    > 他のアクションものがちゃちく見えてしまう”本気”が良いんです!

    そうですね。
    確かに”本気”はビシビシ感じました。

    > 金城さんや岡田君が好き、という本や映画って完全に「男子!」というものが多いと思います。
    >その中にも名作はありますが、女子から見るとやや単純?な印象があります。
    > その単純さをうまく生かせるといいのですが、難しいですよね。

    なるほど・・・。
    (以下、過激なので自粛)

    > でも岡田君の人格形成上、大切な大切な大切な作品です。
    > 坂本君のそんな作品はどれなんですか?
    > きっと一つ一つなのかな?岡田君とはかなーりタイプが違いますよね。
    > そうだ!V6自体が坂本君の人格形成上の大切な作品(?)なんですね!
    > ここまできて、自分で感動してしまいました。偉いぞ坂本君!頑張ってるんだよ!坂本君!

    甘楽ちゃんさまはほんとうにお優しい。
    見習わなくては・・・。

    坂本さんにとってターニングポイントになったのは
    「阿国」「フット・ルース」「OZ」「ZORRO」の4作品だと思います。

    (それぞれについて語ると長くなるので・・・またいつか。)

    中でも、「OZ」と出逢えたことは、奇跡のような幸運に思えます。
    この作品を引き寄せたのは、彼がミュージカルスタアとして、「持っている」からだと
    私は考えています。

    甘楽ちゃんさまがおっしゃる通り、
    V6自体が彼の人格形成上の大切な作品ですよね。

    しみじみ考えると、本当に感無量です。
    Date: 2012.05.15 Category: V6徒然  Comments (1) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    るる

    Date2012.05.16 (水) 14:19:04

    ぽん様 こんにちは!
    もしかしたらV6よりお忙しいのに
    お返事、お気遣い頂きすみません。
    ほとんどが戯言ですから
    どうぞ、気になさらないで下さいませ~

    >「男のヘンサーチ」と准くんの「男!」という思考の方向性に関しては、
    >一般的な毒舌の域を超え、すさまじい攻撃性を露わにしている。

    >普段からアグレッシブな生き方を信条としている私ですが、
    >疲れるとより攻撃性が増す傾向があるようです。

    >昨年の震災後、それで失敗しています。

    >その失敗から少しは学んでいますので、
    >日曜日に書いた文章は“お蔵入り”にしました。

    聞きたいですね~お蔵入りなんですか~
    ぽん様の忌憚なきパンチの利いた意見!
    お時間ありましたらぬるくしてお聞かせ下さい。

    私も「ヘンサーチ」については常々…以下自重。

    >朝日新聞の投稿で「爽やか」ってほめられていましたが、
    >もともとファンの方の投稿のようなので、「坂本昌行を全く知らなかった方」のご意見も
    >うかがいたいです。

    私もあの意見、読みました
    朝から「う~ん素晴らしい!完璧!坂本昌行のプロモーションしてる!」
    さすが坂本ファン!とうなりました。

    >語る会でのご発言から、るるさまはきっとそう思っていいらっしゃるだろうなと想像し
    >ていました。
    >ごめんなさいね。
    >・・・って、私が謝る筋合いじゃないと思いますが。
    >剛くん今はそういうお年頃なんですよ。
    >もう少し長い目で、待ってあげてください。

    うふふ、ぽん様に謝らせてしまいましたね。
    そうですね、今はそんなお年頃なんですね
    一皮またむけて、「よ~し」となった剛を待たなきゃいけませんでした。
    おばさんついせっかち。すぐに結果を欲しがる。気持ちは変わる。
    じっくり待つ事にいたします。

    鍵のかかった部屋
    なんでしょうね、このファン達の心配のしようは (笑)
    どこを覗いても「心配」「ドキドキする~」「不安」「いいよ~」
    手放しで喜んでいる人は果たしているのか?
    かく言う私も考えれば考えるほど心配で心配で。
    だって月9でしょ、視聴率良いんでしょ、
    今をときめく嵐なんでしょ(あっ、リーダー同士だ)
    ばれちゃう~(何がだ?!言えない)
    どんだけ私たちにはトラウマなんでしょうね
    ご本人並びに事務所はこの様子を分ってるのかしら?

    他の人のファンって自分の好きな人が
    ドラマに出る時こんなに心配するものなのでしょうか?

    すみません、私は「室温」と「レプリカ」が限界です(ホントに失礼)

    まさかとは思うんですが、坂本昌行
    お茶の間仕様になるなんて事はないですよね
    喜ぶべきなのになんだか今の状況に違和感。
    おかしな心配。

    お金出すから、舞台やってくれコンサートをやってくれ
    歌ってくれ踊ってくれフェロモンぶちまけてくれ~

    >GWが終わったら水色の封筒が来るのでは・・・
    >と期待していましたが、いまだ音沙汰ありませんねぇ。

    ホントですね
    ここの所、毎週後輩君達の夏の予定が出ているので今週あたり?
    といつも待っています。(外れっぱなし)

    はぁ~OZが観たい、聞きたい。
    ブロードウエイミュージカルライブなんて行ってしまったものだから
    チャドにも会いたくなりましたよ~
    そして坂本くんのフォッシースタイルとか(勿論、大澄さんを変換して観ていました)
    もうなんでも良いから観たいです。

    とりあえずは作る(2号)さんの「新曲の準備等」
    を心の支えにして
    来週の月曜日を迎えたいと思います。

    しかしこんなに「ドキドキ」「ハラハラ」させるなんて
    どんだけサスペンスドラマなんでしょうね~
    心臓が持つかしら
    私、予告でいっぱいいっぱいでした。
    まずは音を消してビジュアルを楽しんでから
    考えまーす。

    こんなに心配させて、罪な男だ坂本昌行。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード