むきだしの愛の威力

    今、WOWOWで「SP 野望篇」やっています。

    野望篇のDVDは持っていないので、録画しています。
    総理官邸に向かって移動中・・・この状況でなぜ動く
    アクションシーンには興味が無いので、観てません。

    (追加)

    今、「SP 革命篇」やっています。
    井上くんたちが、国会にスローモーションで突入しました。
    同じ日に地上波で、「相棒 劇場版Ⅱ」が放送されるなんて
    なんとも皮肉と言うか、間が悪いというか・・・。

    ホンの出来の差は明白ですからねぇ。
    アクション重視なので、ホンは二の次なのかもしれませんが、
    それにしても・・・もうちょっと何とかならんかったものでしょうか。

    映画SPはいろんな意味で、間が悪かったですよね。

    息子いわく「金をかけた茶番」
    「それは、言い過ぎ。
    岡田くんの頑張りは評価してあげて」と言っておきました。

    最近立て続けに、岡田くんのCMを観ました。

    ウルオス、コーヒー、ラップ、そして「天地明察」

    一番のお気に入りは、ラップです。

    ロケ地(メキシコ?)の人々と妙になじんでいて、違和感なし。
    ほとんど現地の人みたいで、可愛かったです。





    昨日、園子温さんの「愛のむきだし」を観ました。

    4時間

    映画館で観た友人の話ですと、休憩を挟んで上映したそうです。
    休憩挟む映画なんて初めて聞きました。
    そりゃ、映画館もうからないわ・・・。

    予想通り、強烈な映画でした。
    「愛のむきだし」というタイトルが出たのは、始まって1時間後
    プロローグに1時間
    「もうちょっとまとまらなかったのかしら」と思いますが、
    監督としてはここを丁寧に描きたかったんでしょうね。

    エロとグロが満載なのに、なぜだか笑えるし、なぜだか爽やか

    西島隆弘さんのキャスティングが、絶妙です。

    さらっとした容姿と美しい身のこなしが、ノーブルな雰囲気を醸し出していて、
    「ぼくは、変態ですっ」と言っても、爽やか。
    爽やかな変態って・・・。
    VIVA変態って気になります。

    この作品のテーマは、ラスト数十分に集約されていますが、
    そこにいたるすさまじいまでの執念。
    壮絶な中にも笑いの要素が挟み込まれる
    そして、最後は泣いてしまいました。

    「すごく好き」・・・という訳ではありませんが、
    「嫌い」「絶対受け付けない」ということでもありませんでした。

    園子温さんが、あの表現方法にこだわった理由は、漠然とですが理解できる気がしますし、
    「他の作品も観てみたい」という気持ちにさせらる、吸引力のある映画でした。

    入門編はクリアできたので、「冷たい熱帯魚」にも挑戦してみます。

    でももし、この監督からこのテイストで、剛くんにオファーが来ても
    事務所的にNGだろうなぁ。
    「西島さんサイドは、よくOKしたな」と、感心しました。

    剛くんが今回のインタビューで、あえて園さんの名前を挙げたのは
    事務所的に「ファンの反応をみてみよう」という狙いが合ってのことかも。
    名前を出せばファンも園さんの映画を観て、あれやこれや言うでしょ
    その動向で、どこまで受け入れられるかリサーチするのでは

    私は、大丈夫ですよ。
    受け入れられます。


    >secret Sさま

    コメントありがとうございます。

    私はどうもツイッターってやつが苦手でして。
    こうして、自分で発信していながら、
    ネットの情報は「鵜呑みにするな」を信条としていますが、
    ツイッターは特に信用できなくて・・・。

    ZORROは、2013年に再演という噂は、以前から出ていましたよね。
    前にも、書きましたが、秋は個人的に忙しいので、舞台があると辛いですが、
    無いと確かにサミシイです。

    ディエゴより、ピーターに逢いたいです。

    誰に逢えるのかわかりませんが、お互いその日のために精進しましょう。
    Date: 2012.05.06 Category: V6徒然  Comments (2) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    甘楽ちゃん

    Date2012.05.09 (水) 19:33:27

    こんにちは!アクションに興味が無いと、無意味な作品になってしまうのは残念なことですね。それでも心に残る作品だとよかったのに。
    でも私はアクション好きなのでSP大好きです!
    息子さん厳しいですね。お金かかってるんですね?アクション映画なのだから、あれで良いと思うんですが。他のアクションものがちゃちく見えてしまう”本気”が良いんです!
    金城さんや岡田君が好き、という本や映画って完全に「男子!」というものが多いと思います。その中にも名作はありますが、女子から見るとやや単純?な印象があります。
    その単純さをうまく生かせるといいのですが、難しいですよね。
    でも岡田君の人格形成上、大切な大切な大切な作品です。
    坂本君のそんな作品はどれなんですか?
    きっと一つ一つなのかな?岡田君とはかなーりタイプが違いますよね。
    そうだ!V6自体が坂本君の人格形成上の大切な作品(?)なんですね!
    ここまできて、自分で感動してしまいました。偉いぞ坂本君!頑張ってるんだよ!坂本君!

    sintaro

    Date2012.05.06 (日) 23:26:28

    『相棒2』初めて見ました。
    愛ですねぇ・・・。
    『野望篇』『革命篇』について、息子さんの意見は正しいと思います。
    てか、私もそう思いました。


    ・・・それと、作品の面白さは全く関係ない事なので。
    残念だよ、本当に!残念!!

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード