まとまりないなぁ

    >うさぎさま

    うさぎさまのところにもコメントさせていただき、リンクの件お返事しました。

    うさぎさまらしい、ほんわかあたたかいサイトですね。


    > 『仕事学のすすめ』に『+act mini』と私の中でも剛君急上昇です。

    ですよね。
    私も、もともと高かった剛くんラブ値が更に上がっています。

    頑張れ
    昌行さん
    「One Dish」では、私のラブ値は上がらないんです。

    坂本昌行さま
    お願いだから、歌ってください。
    後生だから、踊ってください。

    > あの容姿にかなり説得力がありました。

    私も、そう思います。

    剛くんは、やり終えて溝口さんを深く理解できた時
    恐らく「容姿に頼らず勝負してみたい」と思ったのかもしれませんね。
    ただ、それには観る側の感性も求められます。
    ハードルはかなり高いです。
    高いハードルを越えてなお、より高いハードルが見えてくる。
    だから彼は(彼らは)成長し続けるのですね。

    > そうですねテープでしたよね(笑)
    > コンサートもDVDではなくビデオでしたので今は全く見れません(^^ゞ

    レコードか、テープか悩んで
    劣化するとわかりつつ、持ち運びやすいテープにしました。
    毎日、毎日ウォー○マンで、する切れるほど聴いていました。
    宇都宮さんの声が大好きです

    やっぱり男は声です。

    突き詰めれば、坂本さんも、剛くんも声に惹かれたのがすべての始まりでした。

    ライブもビデオしかありませんでしたよね。
    ビデオデッキが生産中止になるころ、
    「見られなくなるとまずい」
    「段ボール7箱という大量のV6を録画したビデオもDVDに落すことができなくなる」
    と危機感を持ち、再生機能だけの安いビデオデッキを2台買いました。

    1台壊れても、もう1台がある・・・という安心感があります。
    おかげで、今でもたまにTRFのライブビデオを引っ張り出して、観たりしています。


    連休で「あさイチ」はお休みですね。

    快くんは、ゆっくりできているのでしょうか?
    それとも、別のお仕事?
    新曲のレコーディングだったら、嬉しいなぁ

    「カーネーション」の総集編を放送しています。
    あんなにざっくり省略されたら、せっかくの名作のすばらしさが伝わりませんが・・・。

    やっぱりDVDボックス買おうかなぁ。

    今やっている朝ドラ「梅ちゃん先生」
    地域医療をテーマにした着眼点や、あれだけのオープンセットを組んだ熱意は買いますが、
    あのナレーションはいただけません。

    「○○な梅子なのでした。」といちいち主人公の心情をナレーションで説明する。
    うざいです。
    正蔵さんの責任ではありません。
    「○○な梅子なのでした。」を聴くたびに
    主人公の心情は、ナレーションではなく、ホンと演出と演技で見せろよ
    と、怒りにも似た感情がふつふつと沸いて来る訳です。
    「ねえ、ねえ、どう思う」と息子に訊くと
    「確かにウザいけど、そんなにキレるほどのことでもないんじゃない」と
    冷静に返されました。


    映画好きの友だちに「園子温の映画が観たいんだけど・・・」と言ってみたら
    「え?観るの?グロいよ」と間髪いれずに返されました。
    その人は、「すごく好きと言う訳ではないけど、とりあえず園子温を見ておかないと、『今』はわからないと思って観ている。」と言っていました。
    さらに、こんなアドバイスも
    「観るんだったら、『冷たい熱帯魚』からじゃなく、入門編の『愛のむきだし』の方がいいんじゃない。
    4時間だから長くて、ちょっともったりしたところがあるけど、監督の言いたいことを全部詰め込んだ感じだから。
    人間の汚い面を、これでもかこれでもかって描いているんだよね。
    好き嫌いがはっきり分かれるから、これ見てダメな人は、全部ダメだと思うよ。」

    友人は、『愛のむきだし』主演の西島隆弘さんも評価していました。
    AAAをジャーニーズだと思っていたようなので、「ジャニーズじゃないよ」と教えてあげました。

    満島ひかりさんも評価していたので「『ウルトラマンマックス』に出ていたよ」と教えてあげました。

    西島隆弘さんは「平清盛」で頼盛さんを演じていらっしゃいますね。
    頼盛さん、すごく共感できます。

    「兄上のやることは、いつも大袈裟だ」みたいなことをつぶやいたことがありましたが、
    その一言に「そうだ、そうだぁ。いちいち大袈裟なんだよ~きよもり~」と溜飲を下げた記憶があります。

    まだ、清盛さんは若く血気盛んなので仕方ないですが、
    いつも叫んでいるのには、ちょっと閉口します。

    前述の映画好きの友人は
    「今回の大河は、登場人物を多くて、主役級の人を大量に投入しているせいか
    いろいろな人間模様が細切れに挿入されていて、わかりにくい。
    大きな歴史のうねりを2回ぐらいに分けて、しっかりと描いた方が良いのではないか」という意見でした。

    確かに、歴史に詳しくないとわかりにくいかもしません。
    私も、ガイドブックのお世話になることも多々あります。
    (だって、似てる名前が多いんだもの・・・)
    でも、実際はあんな風に様々な立場の人の思惑が、重層的に織りなされて
    歴史は動くので、歴史ってそんなにわかりやすい単純なものではないと思います。
    清盛オフィシャルサイトで磯さんが三上博史さんのインタビューを紹介していました。

    この作品は「すべてのキャラクターを記号的に作らず、立体的に描いている。登場人物一人一人にテーマが込められている」

    そこが、この作品のツボだと思います。
    登場人物一人一人のテーマが深いだけに、ともすれば「分散的」にも感じられるかもしれませんね。
    毎回「これだ」という落とし所がないだけに、「もやっと感」が残るということもあるでしょう。
    しかし、私はそこは気になりません。
    だって、大河ですから。
    民放の連ドラによくある「続きものだけど1話完結で毎回スカッとする落ちがある。」
    みたいな安上がりなつくりは、いらないです。

    平家が隆盛を極めるこれからをどう描くのか・・・
    そこは、難しい所でしょう。
    主役の清盛にさせられない汚れ役を時忠さんが引き受けて行くのでしょうが、
    「おごれるものもひさしからず」な平家の行く末を、単なる滅びの美学としては、描いて欲しくない。
    登場人物たちそれぞれの思惑が渦を巻いて、大きな歴史のうねりとして集約していくこれからの展開を楽しみにしています。


    まとまりのない記事で、申し訳ありません。
    集約しなければならないのは、私の頭ですね。

    本日のBGMはジョルジュ・ムスタキさんのベスト

    中学生から高校生にかけて、擦り切れるほど聴いたムスタキさんのレコード
    急に聴きたくなって、密林でCDを衝動買いしました。


    Date: 2012.05.04 Category: V6徒然  Comments (4) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    るる

    Date2012.05.09 (水) 00:09:39

    すみません、
    お料理の先生らしき人が
    写っていたのは
    ESSEじゃなくて
    月刊テレビでした!

    るる

    Date2012.05.08 (火) 12:12:13

    ぽん様 こんにちは!
    相変わらずお忙しそうですね

    GWも終わり日常に戻った私

    激しく枯渇
    乾いています(お肌じゃありません)
    餓えています(お腹じゃありません)

    V6のなんか情報が欲しい~~~(主にコンサート)

    剛の「我慢しろ」という声が聞こえたような気がしますが
    耐えられない~
    寂しぃ~

    オアシスであるはずの「ヘンサーチ」も「one Dish」も
    なかなかリピートする気にならず(贅沢は重々承知)

    毎日、ポストを見てはため息

    「One Dish」で妄想してみました
    ESSEによるとお料理の先生がいらっしゃるじゃないですか
    だったら一人じゃなくて
    年上のお料理の先生に習う坂本昌行ってのはどうでしょう
    何となく「先生、坂本くん好きでしょう~」みたいな感じ。

    でもやっぱり理想は歌って踊る「世界の料理ショー」

    +Act
    良かったですよね、さすが剛って感じ
    ただ、私はいろんな剛が見たいのでその点はちょっと…残念
    坂本くんでこのインタビューをしてもあんまり面白くないだろうな
    なんて、なんでも坂本くんに置き換える私の癖。

    >頑張れ
    >昌行さん
    >「One Dish」では、私のラブ 値は上がらないんです。

    >坂本昌行さま
    >お願いだから、歌ってください。
    >後生だから、踊ってください。

    こう思っている時点でぽん様のもう一つのハートは
    坂本ファンだと思います!

    立ち読みした最新のESSEの親指くらいの写真がとても可愛いので
    心のカメラにおさめました(買えよ!)

    すみません!
    私もまとまらないのに
    吐きだしにお邪魔しました~

    うさぎ

    Date2012.05.07 (月) 09:02:10

    おはようございます。

    本日から出張で、朝少し時間があったので。。

    ぽん様も宇都宮さんの声好きですかぁ、私も大好きです。
    そして、坂本君と剛君の声もやっぱり良いですよね
    私も声に惚れたのです(^-^)


    「One Dish」某動画サイトでチラッと観ました。
    確かに可愛いですね~

    ぽん様の気持ちも解ります。
    やっぱり歌って踊って欲しいですね(^^ゞ
    どうせなら鼻歌でも歌いながら料理してくれても良いんですけど。

    でも私にとってあの笑顔は何でも許せてしまう魔法です。

    今朝は久々に、いのっちも見れたので
    元気に仕事行ってきます。


    -

    Date2012.05.06 (日) 15:53:20

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード