共通点

    お久しぶりです。

    ほったらかしで、すみません。

    4月がやっと終わりました。
    正確には、明日がありますので、まだ終わってはいませんが、
    なんとかかんとか、無事に(まあ、いろいろ波乱万丈ではありましたが・・・)
    終えられそうです。



    secret T様

    お久しぶりです。

    コメントいただいたこと、ほんとうに嬉しいです。
    ありがとうございます。

    この1ヶ月、必死で駆け抜けて来ましたが、
    相変わらず失敗の多い私です。

    でも、自分のダメなところも、もがいている所も
    すべて、そのまま受け入れようと思っています。

    Tさまも、ご自分の「ありのまま」を受け入れてあげてください。

    ご紹介いただいたブログ記事も、情報をいただいた『+act mini』も
    忙しき日々の栄養剤になりました。
    リポ○タンより効きました

    『+act mini』の剛くんのことばが、Tさまの心にも響き、癒やすことができたのだとしたら、
    剛くん、あっぱれでかしたぞという気持ちです。

    人間って、傷だらけで、穴ボコだらけですよね。
    その穴ぼこだらけの自分を抱えながら生きて行くのが、人間なんだなぁと思います。


    「One Dish」は、ちゃんと観ていますよ。
    1回だけね。
    立ち姿は、舞台のみならずキッチンでも美しいですねぇ。

    スペアリブは大好物なので、そそられました。
    でも、カロリー高そう

    奥様の「Tarzan」『なっとくめし』の方が手を出しやすいレシピです。
    (もちろん立ち読み専門)
    レシピ集出してくれないかなぁ・・・。
    そうしたら、立ち読みじゃなく買います

    最近ご飯はほとんど息子担当。
    ここのところ、私は月に1,2回しかご飯作っていません。
    現在もキッチンで息子が私リクエストの手羽先の照り煮を調理中。
    ラタトゥイユ、ロールキャベツなどなど新しいレシピにも挑戦し
    「お母さんの料理スキルを越えた」と豪語しています。

    どんどん越えてくれ。

    「One Dish」のレシピも
    『なっとくめし』のレシピも
    そのうち、そっ~とダイニングテーブルの上に置いてみようと思います。
    「次はこれねっ」のメッセージと共に。



    さて、今日語りたいのは、
    またしても、剛くんのことです。
    (坂本さんじゃなくて、ごめんなさい

    私の「平清盛」鑑賞法は
    その時間在宅していれば、
    18時からまずBSで観て
    気に入ったところをリピし
    20時からまた地上波で観る
    というパターンです。

    今回、時忠さんは今までに無く多めに登場
    セリフもこれまでで最長。(たぶん)

    清盛の2番目の妻であり、自分の姉である時子のまだ幼い息子清三郎に、
    「清盛は、お前より先妻明子の二人の息子たちを可愛いがっている」と言う時忠さん。

    余計なことを言って、清盛家族に波風を立てる時忠さん

    一見、「嫌な奴」に見えます。

    しかし、家族の中にある微妙なすれ違いや、
    出世を左右する目の前の歌会に気を取られ
    姉を理解せず、家族に思いを寄せていない清盛を
    敏感に感じ取っているがゆえの行動です。

    結果的には、雨降って地固まる。
    その結果を予想した上で取った行動なのか
    そこんとこが、良くわからないのが、時忠さんの魅力です。

    『+act mini』の1200字インタビューで、剛くんは自分の役名を「時忠さん」と言っています。
    自分の演じている人物を「時忠さん」とさん付けで呼ぶ剛くん。
    私もずっと「時忠さん」と呼んでいたので、
    「同じだ」と、何だかそれだけで嬉しくて・・・。

    それが、共通点その1。



    クランクインした日を訊かれて
    「覚えてない。記憶が無い。」
    「そこに興味が無い」
    とバッサリ。

    さすがは天才森田剛。
    最高だわ。

    でも、考えてみると
    私もそうかな・・・。(凡人だけど)
    大事な思い出はたくさんあるけれど、
    それが何月だったか、何日だったかは、
    あまり覚えていないし、興味が無い。
    「それじゃあ、いかんだろう」と反省して
    手帳に記録するようになったのですが、
    剛くんとの共通点だったら、反省しなくても良いかも。

    共通点その2発見。


    舞台の出演作についてこう語っている剛くん

    「例えばコメディーとか凄くわかりやすい話っていうのは、やりたくないの。
    みんなが「あぁ、わかる!」とか納得するものじゃなものをやりたい。
    そこは、こだわっていきたいなと思う」

    そう、言ってくれたのが嬉しかった。

    私も、「これって、なんだろう?」ともんもんと考えさせてくれる作品が好きです。
    そして、そういう作品に好きな人が出てくれるのを望んでいます。

    もっと楽しい、スカットさせてくれる作品を望む声も多いでしょうが・・・。

    ここが、共通点3.


    インタビューで剛くんは、園子温監督にラブコールを送っていました。

    園子温さんの映画は気になってはいましたが、
    ハードそうなので、これまで敬遠していました。

    我が家で園子温さんと言えば「時効警察」です。
    三木聡さんや、ケラリーノ・サンドロビッチさんなど、個性的な面々が脚本&演出されてた最高に面白い作品。
    はまったなぁ・・・。
    園さんの回は、“ほろり”や“じわっ”とさせられる話だったと記憶しています。

    でも、いろいろ縛りがあるTVと違い
    映画は、剛くん曰く「散々、肉!とか血!とか見せられ」る訳ですよね・・・。
    大丈夫かな。

    以前はグロテスクな表現手法が苦手でしたが、
    最近は映画『姑獲鳥の夏』(これは、あまりグロくないですが)『魍魎の匣』『十三人の刺客』が観られるようになったのだから、
    多少ハードなのも耐えられるか・・・。

    「ヒミズ」も話題になってるし、観てみようかな。

    園子温さんという存在が気になっているということは、共通しています。

    共通点4

    一番嬉しかったのは
    「舞台に関しては(お客さんやファンと)わかり合えるみたいな感覚はいらないかな。
    だったら俺はコンサートでそれをやるし、コンサートでこそ、それは感じる訳であって」
    と剛くんが言ってくれたこと。

    何だか、涙が出るほど嬉しかった。

    V6についても
    「考えなくても、自然とそこにあるもの」
    と表現している。

    私たちファンにとっても、彼らの存在は
    「自然とそこにあるもの」になっているような気がします。

    これを共通点5とするのは、ちょっとこじつけかな

    最後に
    関西在住のお友だちにダビングしていただいた映像で発見した共通点。
    関西限定番組に「金閣寺」のプロモーションで出演した剛くんが
    お悩み相談するコーナー

    「ケッコン!!」できますか?という相談。

    おお大胆

    なんでも、「自分は結婚に向いていない」と思うが「子どもが好き」だから
    「そろそろかな・・・」と思うらしい。

    「家に誰かいるっていうのも、嫌だし・・・。
    ご飯とか、いつも有るわけでしょ?」
    って、つぶらな瞳でつぶやく剛くん。

    すごくわかるわぁ。
    私も家に他人(夫婦と言え、もとは他人です)がいるのは、どうも苦手。
    子どもは気にならない。
    他人じゃないし・・・。

    だから、常々「自分は結婚に向いてない。」
    「もともと、向いてないことをしちゃったから、失敗したんだなぁ」と思っていましたが、
    剛くんも自分をそう思っていると知って、なんだか嬉しくなりました。

    これも無理やりですが、共通点6と勝手に認定させていただきます。

    結局、剛くんの手相を見て
    「家庭より仕事を優先するタイプ」と診断され
    チャンチャンって感じに、ファンの動揺を抑え込んだ形でした。
    そういう「落ち」を盛り込んだ上での、相談だったのでしょうね。

    「PON」で心理テストやって「結婚できない」と診断された坂本さんを思い出しました。

    ファン心理をちょこっと揺さぶって、最後は安心させるみたいな・・・。



    亜門さんの「仕事のすすめ」についても、語りたかったのですが、
    長くなったので、それはまた後ほど。

    「忙しい」と言いながら
    こうやってブログを書いてしまっている自分。

    剛くんに、「我慢しろよ!」と一喝されそうです。
    Date: 2012.04.29 Category: 平清盛  Comments (3) Trackbacks (0)

    この記事へのコメント:

    GOママ

    Date2012.05.02 (水) 00:43:44

    4月は仕事よりも、3月から続く歓送迎会の数々と幹事が辛かったです。〆の歓送迎会3連チャンを乗り切り、連休で千葉マリンに行って(岡田のバリバリ聞いてきましたよ)、あれ鼻水ズルズルというよりタラーで花粉症が復活!と思ったら発熱です。今のところ原因不明なんですけどね。体が負けたという事か…。


    共通点というと、自分が好きな人や物が以外なところで共通点がある事に気づきます。多岐なジャンルに渡っていて、一見いろんな物に手を出してるように見えるけど、私の好きな傾向があるんだなって思いました。


    F1に2年のブランクを経て復帰したキミ・ライコネン。今宮さんが彼の事を雑誌で「ネコ科」と書いていて、あれ?ネコと言えば剛君。で、よく考えればキミと剛君は共通点がいっぱい。うん、剛君に惹かれたのはこんなところかと。お互い天才だし、正直な物言い、自分のスタイルを貫く強さ(キミも刺青入れてるんだよねぇ。周囲の反対なんて…)、シャイでクールに見えるけど、懐に飛び込んでしまえば情に厚いところや、次に何を見せてくれるのか判らない意外性とか。


    こう見ると、長野君の方が範疇に外れそうです。ですが、私が一番ドキドキするのは、ダイゴの時と、意識しないで他の誰かを見た時に、後ろや横でやたらかっこいい時なんで、ギャップ萌えには違いありません。

    甘楽ちゃん

    Date2012.05.01 (火) 21:18:51

    こんばんは。森田君とそんなに共通点があるなんて、天才!?

    私が共通点多い依!と感じるのは長野君で~す。だから坂本君が一番好きになったのかも?

    うさぎ

    Date2012.05.01 (火) 20:34:20

    こんばんわ。

    今日はGW中の束の間の休日だったので、『+act mini』買って来ました。
    久々に充実した内容のインタビューで楽しませて頂きました。

    ぽん様の共通点面白いですね。
    私も乗っからせて頂くと、二つ・・・
    一つは「時忠さん」という呼び名、何故か私も「さん」でした。
    もう一つは家に他人が居るのは嫌ですね・・・
    私も「家庭より仕事」って占いで言われた事があります。
    「普通女の人言われないでしょ」って友達に突っ込まれました(*^^)v

    確かに息子は気にならないです(笑)
    反抗期も終わり、奴も大人になり、
    お互いに好き勝手してますからね。
    まぁ、どちらかと言えば、今は私を自由にさせてくれてますね。

    ぽん様のご子息と違って料理はしてくれませんが、たまに片付けはしてくれます。
    一応、褒めるとまたやってくれるので、大げさに褒めておきます(^^ゞ



    実は私もブログを始めたのです。
    自分のペースで少しづつ書いていきます。
    まだ手探り状態ですが、宜しくお願い致します。



    管理人のみ通知 :

    トラックバック:


    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード