1939年 この時代に生きていたら 私は何を感じたのだろう

    「君が人生の時」
    本日のマチネを観てまいりました。

    始まる前には、お久しぶりの
    本当にお久しぶりの〇さま、Sさま、同行のTさまと
    ランチおしゃべりも叶いました。

    席は最後列
    中央よりも下手寄り

    勉強不足で
    サローヤンの原作は読んでいません。
    予習はしない主義なので、事前情報も
    オフィシャルサイトや演劇情報サイトの細切れの内容のみ

    なのに、勝手に自分の中でジョーのイメージを創ってしまっていたようです。
    ただ座っていた時のジョーはほぼイメージ通りでしたが、
    喋り始めた途端
    「あれ?ジョーってこんなの?」と得も言われぬ違和感に襲われ、
    そのギャップを埋めるのに、思いのほか時間がかかりました。
    それは、坂本さんのせいでも、宮田さんのせいでもなく
    勝手にジョー像を創ってしまっていた自分のせいです。

    2幕が始まる頃には、
    「宮田さんと坂本さんが表現したかったことはこういうことか」
    ということが、受け止められるようになりました。

    公演中なので、物語の詳細に触れることは控えますが、
    心に残った言葉もいくつかありました。

    作品の世界観はじんわりと染みて来るようで、とても心地よく、
    良き劇場での時間でした。

    「私はだれでしょう」を拝見してすっかりファンになってしまった
    枝元萌さんもご出演だとパンフレットを読んで知った次第。

    木場勝巳さんはじめ実力派ぞろいの出演者の中で、ジョーを生きる坂本さんへの率直な感想は
    「もう一息!」
    しかし、この経験は宝になるのではないでしょうか。

    しかし、新国立劇場の椅子はなんであんなに硬いのですかね。
    500円でクッションを貸し出していました。
    ケチって借りなかったことを後悔しました。

    間口が広く、傾斜も程よいアーチ状の客席
    見やすい作りなのに、惜しい。

    そういえば、私とTさまの右隣のお二人
    休憩時間に出ていったまま
    戻ってきませんでした。
    FC席チケットだと思いますが・・・

    まあ、かまわないと思います。
    自分に合わないと思えば、無理して見続けなくても・・・。
    Date: 2017.06.23 Category: 君が人生の時  Comments (2) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード