演劇脳を駆使して幸人くんに寄り添う4

    昨日も今日も、鼻がぐじゅぐじゅ

    花粉のせい

    息子の同様の症状なので「まだ、飛んでるのかなぁ・・・」と話を振って見たところ
    「気圧のせいかな」と息子

    アレルギーは疲労によって、より強い症状が出ますが、
    低気圧にも影響されるのかなぁ・・・。


    さて、そろそろ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」の感想を完結させなければ・・・。

    ということで、最終回は駆け足で行きます。




    メタルカラーからベージュ

    幸人くんの成長のあかしの一つ

    それは、子犬(びっくりするほどお行儀が良くて、めちゃくちゃ可愛い)に
    「ベージュ」という名前を付けたこと。

    原作では、犬の名前は「サンディ」なので、
    私の独りよがり深読みなのかもしれませんが・・・。

    黄色と茶色が嫌いで、
    カレーに食紅を入れて、赤くして食べる幸人くん。

    赤とかメタルカラー(原作ではシルバーだったような・・・)なんて
    けっこう際立ってはっきりした色を好む幸人くんが
    なんだかぼんやりもわっとしたベージュですよ。

    ベージュって、どっちかって言うと黄色や茶色に近いんじゃない

    でも、「どっちかって言うとこっちに近い」なんて概念は幸人くんには無いのかな。
    やっぱり、私の思いすごしかな。



    舞台脳を刺激し続けられる快感

    「演劇脳」については記事にも書きました。
    蛇足になりそうですが、少し付け加えます。

    前述のシンプルな舞台装置に加えて、リズミカルな展開が刺激的。

    劇中劇という設定のため、常に舞台上に存在する人々
    これも、さまざまなことを考えさせられる。

    幸人くんが自分の世界に入り込んでいる時も、常に周囲には人がいる。
    そんな感覚でおもしろい。
    (役者さんは大変でしょうね。)



    ファンタジーとリアリティーのクロスオーバー

    これも、この作品の魅力

    表現方法はファンタジック(ナショナル・シアター版は電光版を駆使してよりファンタジックだったらしい)
    なのに、話はけっこうシビア

    このファンタジーとリアリティがうまい具合に絡みあって、
    独特の世界を作り上げています。

    どろどろした人間関係の中にあっても、
    幸人くんが宇宙のことについて語り始めると、なんだか救われる気がしたのは、私だけかな・・・。

    でも、実際自分がどど~んと落ち込んでると、あんな風に宇宙の話なんかされると
    お父さんのように「今日はかんべんしてくれ」と余計にイラッとする気持ちもわかります。



    第2.5者

    「演劇脳を駆使して幸人くんに寄り添う1」で
    大きめ効果音について
    「幸人くんが感じている音を、観客にも疑似体験させる為だと思われます。」
    と、書きました。

    私はこの作品を2回観ましたが、1回目と2回目では、この点についての感じ方が違いました。

    1回目は、「いつもこんな風に聞こえていたら、大変だろうな。しんどいだろうな。」
    という感想でした。
    これは、まだ「人ごと」感覚で、「第三者」です。

    2日目は、前回の観劇で慣れたこともあり、
    それが自分にとっては、「当たり前」に感じられるようになりました。
    「しんどい」状態がデフォルトになる感じですかね。
    幸人くんが静岡から西葛西へ向かう道中では、一緒に疲れました。
    しかし、乗り越えた時は達成感さえ感じました。
    これって、第三者から一歩幸人くんに近付けたのかも・・・。

    第2.5者くらいですかね。

    全く同じにはなれない。
    なれないけれど、
    自分とは違う誰かの気持ちに寄り添うことは大切だよね。

    そんなことを考えさせてくれる、すてきな作品でした。





    Date: 2014.05.09 Category: 夜中に犬に起こった奇妙な事件  Comments (2) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2014/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード