セクバニコン DVD&ブルーレイ化希望

    おはようございます。

    11月18日は
    准くんの誕生日(31歳になったのでしたね。すみませんっ)であると共に
    「MY ONE AND ONLY」の当落発表
    少年倶楽部プレミアム 平家派グローブ座のNHK当落メール送信
    少年倶楽部プレミアム WORKS セクバニコンレポ 放送

    と、そりゃもう忙しい日でした。

    平家派はもちろん落選
    これは、予想どおりでしたが

    「MY ONE AND ONLY」の予想外の苦戦に、ちょっとあたふたしてました。
    こんなに早い発表&初日・千秋楽の取れ無さ加減に
    「なんかの策略?」と疑ってしまったほど・・・。

    今回さほど保険をかけていなかったので、当然と言えば当然の結果なのですが、
    「ZORRO」でチケット奪取の感覚を鈍らされてしまったのかもしれません。

    そんなこんなで、WORKS セクバニコンレポの感想をなかなか書けませんでした。

    でも、ここは書いておかないと後悔しそうなので、NHKに敬意を表して感想を・・・。



    いつもながらに、素晴らしいです。NHK様。

    踊らない曲を1曲も入れずに、ダンス・ダンス・ダンスで押して来た編集はさすが。
    しかも、「supernova」長めで、夢にまで見た正面かぶりつき。

    ありがとうございます。

    肉眼では気づかなかったのこと多数。
    人間の目って、無意識に情報を取捨選択しているんですね。

    まず「Sexy.Honey.Bunny!」の映像
    この時の衣装・・・つまり登場した時の衣装について

    中のTシャツが穴空きだったのは、雑誌のレポ写真で初めて気づいたのですが(遅い)
    靴に何だかキラキラしたものがたくさんついていたのは、今回の映像で初めて気づきました。(遅過ぎ)

    いったいどこ見てんだか、何見てんだか・・・。
    自分の目

    「Sexy.Honey.Bunny!」映像で一番好きなのは

    やっぱりピョンピョン跳ねる剛くんかな・・・。

    隣で准くんも健ちゃんも跳ねているのに、今回気づきましたが(ごめんなさい)
    コンサート会場では、ここの部分は剛くんしか観てませんでした。
    よ~く見たら、何気にちょっと跳ねている博様が・・・可愛い

    コンサート会場ではほとんど目が行かなかった准くんを、今回あらためて鑑賞して、
    (そう、准くんの場合は『鑑賞』という言葉がふさわしい)

    「井上プロテクター、良い具合にはずれてきたなぁ。その調子、その調子。」
    とほくそ笑みました。


    続く「Mission of Love」
    「やっぱり、この衣装にキャップは変だよ、剛くん」とぼんやり観ていたら
    短い映像の中にも、森田剛のダンスのすごさが凝縮されていることに気が付きました。

    剛くんのダンスは、小さな体を大きく見せる繊細かつ大胆な動きが特徴

    GOママが「will」で花道をセンターめざして歩いて行く途中で、(おそらく)振り付けに無い剛くんオリジナルであろうターンを評して

    いったん肩を引いてから回る(しかも、若干斜めに回る)から、大きく見える。

    と言っていて、なるほどと思いました。

    君を知りたいのあたり

    人差し指を立てて下から腕を振り上げて・・・というダンス
    剛くんのダンスのポイントはメリハリのある動きと顔の向きですね。
    「ダンスの輪郭がはっきりしているので、大きく見えるんだなぁ。」としみじみ。


    「You Know?」はツボが多すぎて困ってしまいます。
    ざっくり触れると・・・

    指でほっぺをツンツンするのが恥ずかしそうな40歳
    セクシーオーラは、あんだけ惜しげも無く出すくせに、カワイイポーズはやっぱり苦手ですか?
    隣が奇跡の32歳だからしょうがないか・・・。
    何をやっても勝ち目無し。
    ですものね。

    次の長岡コンビは、博さんの目力
    これが、意外に(失礼)セクシー
    隣で、ちょっとほげ~っとほんわかしている准くんも嫌いじゃないです。

    一番好きなのは、次の井ノ森コンビの部分。
    ここの歌詞が好きなんです。
    剛くんの眉間のしわがたまらなく、セクシー

    次のサビに行く前の、胸の前でのウェーブから腕を振り上げる振り
    この時の、剛くんの腕の波々具合が最高
    振り上げた時、剛くんは手をグーにして、快くんは手を開いていますが
    どちらが正しいのでしょうか?
    かろうじて隣の准くんの手が映っていて、准くんもグーにしているところを観るとグーが正しいのかな
    曲調から言っても、ここはグーでしょ。

    この後の体をくねくねする所からの、マイクを持った腕の間から手のひらを出す部分
    ここは、やっぱり坂本さんですね。
    見よ、このなめらかに動く腰と指先をっ
    と、心の中で叫びながら何度もリピしました。


    はい、という訳でやってまいりました。
    真打「supernova」

    最初は、堕ちた紗幕がちょこっとリフターに引っ掛かっていたのが気になりました。
    大丈夫と分かっていても、ちゃんとはずれるまで、ついついそちらを見てしまいました。

    冒頭の准くんソロ
    なかなか良いです。
    しっかりと曲の世界を創っています。
    そこへ、途中から入って来る剛くんの、一段高いリフターに乗る、乗り方が・・・好き。

    続く井ノ健コンビの部分大好きです。
    初め押さえて健ちゃんを低音で支え、後半グッと出てくる快くんの歌い方がいいですねぇ。

    そして、ご夫婦登場
    顔と声の表情が・・・セクシー過ぎる。
    絶妙にすれ違うご夫婦に萌えました。

    コンサートでは、サビ部分は坂本さん(の背中とお尻)しか観ていなかったので、気づきませんでしたが
    足を開き、腰を落として一夜だけの supernovaと歌うところの振りは、
    6人微妙に違いますね。

    個性的なのにシンクロしている


    これが、V6のダンスの魅力だと思います。




    と、ここまで書いて時間切れ
    もっと書きたいこともあったのですが、今日はここまでにします。

    一昨日から時間を見つけてちょこちょこ書いていたのですが、
    結局コメントのお返事まで行きつきませんでした。

    お許しください。

    少クラセクバニレポには、皆様も言いたいことてんこ盛りだと思いますので、
    私のお返事遅れに目をつぶっていただける方は、ぜひぜひコメントで語ってください。

    Date: 2011.11.21 Category: V6出演 歌・バラエティ番組  Comments (6) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2011/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード