岡田くんは隠し味

    >卯多様

    卯多様にこうも縦横無尽に遊ばれると

    私打つ手がございません。

    卯多様のクールにして家族愛にあふれた分析を読んでいて、はたと気がつきました。

    私は家族の中で安心しきっている今の岡田くんでは物足りないのだと・・・。

    家族内反抗期の時の岡田くんを見ている時は、そりゃもうハラハラし通しでした。

    でも、そういう岡田くん嫌いじゃなかったです。

    私がリアルタイムで見ていたのは、「岡田准一家族内反抗期」の終わりのあたりでした。

    反抗期初期の頃の彼は雑誌インタビューなどで、追体験しました。
    胸がしめつけられるような気持ちになりました。
    でも、、今思うとそれが「なつかしく」感じるのです。

    Vの中で私が岡田くんに求めるポジションは
    「ちょっとした小石を投げて、波紋を広げて欲しい人」なんでしょう。

    もちろん、筋肉付けたからって、師範になったからって
    大きな岩を投げ込んで水面をぐちゃぐちゃにするのは勘弁していただきたい。

    ちょっとした
    ちょっとした小石で良いんです。

    だから無理やり三角関係という設定を妄想したのかも。

    刺激を求めているのかなぁ・・・たぶん。

    「萌え」や「オタク」が理解できる、できないは一つの例で
    あまりわかりやすい例えでは無かったかもしれませんね。

    岡田くんに
    「もっと自分への縛りを解いて、自分を自由に解き放って欲しい」
    と願うことと
    「ちょっとだけ波紋を広げて、刺激を与えて欲しい」
    と、望むことは
    矛盾していますね。

    反省
    反省

    >自立しているから、上手に甘えられるんですよ。
    >相手との距離を、客観的に測ることができなければ「上手に」は無理でしょう。

    なるほど。

    私の場合は、「上手に」どころか「甘える」方法すら知らないので、
    どうにも、その辺が実感としてつかめないのです。
    長子の上に、子どものころから甘えられる環境に無かったので、
    こんな人間になっちゃいました。(とほほ・・・)

    >その彼の甘え方は、オカダよりもずっと大人で上手で、意識的です。
    >オカダが相手が自分に興味を持ち、甘やかしてくれることが前提の甘え方なのに対し、
    >健ちゃんの方は、相手との距離や許容範囲を測りながら、
    >その許容範囲ぎりぎりのところで相手を振り回しつつ、互いの距離を縮めていく、
    >ひとつのコミュニケーション・テクニックとしての甘え方のように思います。

    >KYに見えて、誰よりも他人の気持ちの機微を敏感に感じている。

    このご意見には、感服しました。
    その通りです。

    健ちゃんは、ほんとうに人の気持ちがわかる人だと思います。

    「にこ健°」に何度救われ、励まされたことか・・・


    >そもそも私はアイドルいうアピールの仕方に、基本的には魅力を感じる人間じゃありませんから、たぶん、皆さまと見方やツボり方にズレがあると思います。

    そこが、決定的に違うんですね。
    同じ「ファン」と言っても、見え方が全く違う。
    一括りにできない。
    面白い。
    そして、奥が深いです。

    >共犯関係は、どちらかというと剛くんの方に求めてるんじゃないですかね。
    >その共犯してちょっかいをかける対象が、坂本さん。
    >私には、そういう関係に見えますが。

    なるほど。
    でも、そうであったとすれば、『家族でぬくぬく』路線の岡田くんになりますから、
    私的には物足りない。

    かと言って、反抗期に逆戻りされても困りますけど・・・

    要するに「無いものでねだり」ということでしょうか。

    まっ、害にならない程度の坂剛萌えの隠し味として
    岡田くんも時々登場させてください。
    あくまでも、私の妄想の中で
    Date: 2011.04.30 Category: V6レギュラー番組  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    03 | 2011/04 | 05
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード