ジョーはどこへ

    スケジュールが混んでくると
    疲労も蓄積するわけで

    年齢を重ねると
    蓄積した疲労の回復も時間がかかるわけで

    休日も家事やら、ブログの更新やら
    めいっぱい動き回っていた日々は遠く

    近頃は予定の無い休日は寝る
    ひたすら寝て過ごしています。

    習慣でいつもと同じ時刻に目が覚めるので、
    まずは二度寝
    朝食を食べて、また一寝入り
    昼食食べて、至福の昼寝

    これだけ寝たから夜なかなか寝付けないだろうと思いきや
    夕食食べるとちゃんと眠くなる

    細切れですが、寝れるだけ
    まだ体力があるということか・・・

    そういうことにしておきます。

    「君が人生の時」後
    こまつ座「イヌの仇討ち」
    世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」
    歌舞伎座「七月大歌舞伎 夜の部通し狂言『駄右衛門花御所異聞』」
    を観たので、
    ジョーの記憶が、薄れつつあるのは事実

    しかし、衰えかけた脳細胞に働いてもらって
    今一度記憶を蘇らせ
    ここにとどめておかなければ・・・


    年に1回もしくは2回しかない坂本さん舞台
    もちろん
    ミュージカルなら大歓迎です。

    今年の1作目が1,2月でしたので、
    「これは年2作は堅い!」と希望が膨らみました。

    2作中、貴重な1作が「TTT」
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    「ぜひ年内にもう1作!」
    と期待していたので、
    「TTT」で打ち止めでなくて良かった。

    二つ前の記事で
    「勝手に自分の中でジョーのイメージを創ってしまっていた」と書きました。

    どんなイメージだったのか
    今振り返ると
    「若く美しい放浪者」というキーワードから
    「達観した人物」「状況を俯瞰で見ている人物」
    そんなイメージでした。

    舞台の上手のテーブルに静かに座ってグラスを傾けているジョー

    最初に起こした動きで私のイメージは崩れました。

    新聞のお兄さんから「旦那、新聞は?」と問われ
    物憂げに顔の近くにかざした手を、
    手首を少し動かしただけであしらう。
    しかしその後思い直したのか、すべて購入

    これだけでも
    「あれ?こんな人?」と違和感満載の
    私の脳みそ

    次の行動で違和感は決定的に

    指笛(これがなかなか良い音)を鳴らしても来ないトムに苛立つ
    そして、トムに自分がどのように彼を救ったのか言わせるジョー

    分かっているのに、敢えてトムに語らせる

    自分の存在意義を確認したかったのか
    それほど、自己肯定感が低いのか

    初見ではそこで私の脳がすさまじい勢いで混乱しました。

    初見2幕目の前半にやっと気が付きました。
    「ジョーはもがいているんだ。」「自分を探しているんだ。」と。

    先入観って怖いですね。
    そんなことに気づくのに、まるまる1幕分必要だったとは。

    第2次世界大戦直前
    サンフランシスコの波止場の酒場で繰り広げられる群像劇

    わずか1日の数時間を切り取っただけなのに、
    時代を鋭く抉り出し
    人間に対する暖かく深い洞察を感じさせてくれるあたり
    サローヤンさん
    やはりただ者ではない。

    登場人物たちはそれぞれに苦悩を抱えていますが、
    辛い境遇の中にあっても、健気で、自分に正直です。

    今回私は一番前の席でも16列
    他は、1階最後列と2階席

    網膜剥離の手術以来、視力低下が著しく
    16列でも舞台上の役者さんの細かい表情を観るのは難しい。
    動きの少ないジョーの表情が観られないのは残念でした。

    しかし、今作品の場合、
    この目で表情がしっかりと観られるほどの近い席になってしまうと
    ついつい坂本さんに目が行ってしまい、
    舞台全体が視野に入らず、
    大事なことを見落としてしまっていたかもしれません。
    舞台の隅から隅まで、それぞれの人生の時が展開される作品ですから。

    それでも、見落としていたことは多々あり。
    千秋楽にRさまがお気づきになった
    クラップさんモノローグ中の
    ウィリーとサムのやり取りは
    全く気づきませんでした。

    自分のこれまでの人生に
    承認しがたい何かを抱えて生きていたジョー

    印象に残った言葉はたくさんありましたが、
    ジョーのセリフで、坂本さんの表現方法において
    特に気になったのは二つ

    キティへの第一声
    「君の夢は何?」

    「どんな仕事をしたいんだ」とジョーに問われたトムが
    「兄貴みたいに座ったままで、金を稼ぎたい」みたいなことを答えたとたん
    気色ばみ放つ言葉
    「大した野望だな」

    1回目から3回目まで
    どうにもこの二つの表現方法が
    納得いかなくて・・・

    千秋楽で、やっと「あ、これだ」と思えました。

    それについて詳しく述べるととてつもなく長くなりそうなので、割愛します。

    この二つが
    もがき、模索しているジョーを
    象徴しているように感じていたので、
    私の中では重視していたセリフです。

    キティにしろ
    メアリーにしろ
    「女のためなら立ち上がるジョー」 by Rさま(笑)

    しかし、立ち上がって動いたことに誰よりも驚いたのは
    ジョーその人ではなかったのか。

    ブリックの威圧的な要求(あるいは詮索)によって、
    舞台に立たされているキティを見た時に
    瞬発的に自分が取ってしまった行動も
    彼としては「想定外」だったのではないでしょうか。

    ちなみに、私は
    「ジョーがキティに好意を抱いていたからこのような行動をとった」
    という立場は取っていません。
    むしろ、あの場の状況に「人格侵害」「人権蹂躙」の匂いを
    瞬時に察知したからではないかと考えています。

    自らの予想を超えた自分に直面した時、
    ジョーの中に「自分はまだ生きていける」と
    確信めいた閃きが生まれたのではないか。

    そんなことを考えながら、
    素敵にコートを羽織り、
    丁寧に一礼をして、
    去っていくジョーを4度見送りました。

    ここまで書いてきて
    我ながら起承転結の無い駄文だと落胆しました。

    駄文ついでに
    もう一つ付け加えると

    私はマッカーシーさんとクラップさんのコンビがとても気に入りました。
    高校の同級生であるこの二人は
    港湾労働者と警察官
    相対立する立場にありながら
    (実際にその立場に基づいて、意見を闘わせたりもしますが)
    互いの人間性を尊重しあっているのが伝わってくる。
    その空気感がなんとも心地よい。

    出生、国籍、性別、職業、地位、思想、信条
    混沌としたるつぼの中で、目指すべきものは
    排除ではなく共存
    戦争ではなく平和
    人間性の侵害ではなく尊重

    サローヤンの視点を端的に示した二人の関係ではないか
    それが私の受け止めでした。

    繰り返しになりますが、
    この作品に坂本さんが出演出来て
    本当に良かった。

    坂本さん出演に係られたすべての皆様に
    改めて感謝を申し上げます。
    Date: 2017.07.23 Category: 君が人生の時  Comments (0) Trackbacks (0)

    コメントありがとうございました。

    コメントいただいた皆様
    ありがとうございます。

    そして、今更のお返事
    大変申し訳ございません。

    6月から7月にかけ
    23日、25日、30日、2日と
    2週続けて金曜、日曜と新国立劇場に通っていたため、
    もろもろのしわ寄せがその他の日に集約され
    慌ただしい日々を送っておりました。

    そして、新国立劇場通いが終わるや否や
    こまつ座「イヌの仇討ち」や世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」を観に行ってしまい
    (来週は歌舞伎座)
    ますます余裕の無い事態に。

    自業自得でございます。

    >〇母さま

    お久しぶりにお会いできて、ほんとに嬉しゅうございました。

    > よかったですね~。坂本さんがああいう役で主演に呼んでもらえるなんて、新鮮で感慨深かったです。

    そうなんです。
    どなたが呼んでくださったのでしょう。
    宮田さんでしょうか。
    制作の方でしょうか。
    それとも、事務所の努力でしょうか。
    いずれにしても、深く感謝したいと思います。

    何と言っても
    新国立劇場の小屋貸し作品ではなく、
    今年のラインナップの一つですからね。

    入場の列に並んでいたら、後ろに並んでいらっしゃる年配の女性と娘さんが
    「グッズはあるのかしら・・・」とお話されていたので、
    つい「グッズ、無いですよ」と言ってしまいました。
    突然割って入った私に変な目を向けるでもなく、
    素直に聞いてくださり
    さらに「プログラムはありますか?」と質問してくださったので、
    「プログラムはあります。でも、白黒ですよ。」
    「でも、安くて薄くて良いですよ!」等
    余計な情報もお伝えしてしまいました。

    前述の通り、今回は新国立劇場のラインナップ作品でしたので、
    お客さんの層がいつもと違っていたように感じました。

    FCチケットではなく
    チケットの裏に新国立劇場のマークがある方に
    坂本さんの演技がどう映ったのか聞いてみたい衝動にかられました。
    (私の感想は別記事で少し披露させていただきます。)

    記憶力についてはご同様
    ジョーが叫ぶ地名も
    なかなか憶えられず
    3回目でやっと憶えました。

    嗚呼、30年前の脳が欲しい。

    また、お会いできると良いですね。
    次は、横アリかな・・・


    >かこさま

    コメントありがとうございます。

    > こんばんは。トニー賞での歌唱は舞台通の友人にも好評でした。うたって踊る坂本昌行最高です!

    そうですか?
    嬉しい限りです。
    ニマニマしてしまいます。

    坂本さん
    「すごく緊張しました」と言っていましたが、
    いやいや
    とても軽やかで素敵でしたよね。
    ピアノを弾く手にも萌えました。

    > そして舞台、ぽんさんの「坂本くんはストレートプレイも絶対大丈夫だから!」との言葉通り、私の予想の遥か上をいっていました。

    あれ、そんこと言いましたっけ?
    あ・・・言った。

    そうでしょう?
    大丈夫でしょう!
    「君が人生の時」は坂本さんのストレートプレイ史上で
    一躍第2位に躍り出ました。(もちろん私の勝手なランキング)
    (1位はやっぱり「ノーマンズランド」)

    > 今回かなりの回数通ったのですが、最終日近くなってきたころには坂本くんも少し変わっていたんじゃないかと感じました。

    私もそう感じました。
    詳しくは感想で述べさせてただきます。

    「かなりの回数」とおっしゃっているということは
    かなりな回数なのですね。
    かこさまの坂本さんへの情熱
    敬服します。

    最近、ちょっと浮気しがちな私ですが、
    先日のトニー賞と今回の「君が人生の時」で
    ぐぐっと引き戻されました、
    坂本さんに。
    Date: 2017.07.17 Category: 君が人生の時  Comments (0) Trackbacks (0)

    1939年 この時代に生きていたら 私は何を感じたのだろう

    「君が人生の時」
    本日のマチネを観てまいりました。

    始まる前には、お久しぶりの
    本当にお久しぶりの〇さま、Sさま、同行のTさまと
    ランチおしゃべりも叶いました。

    席は最後列
    中央よりも下手寄り

    勉強不足で
    サローヤンの原作は読んでいません。
    予習はしない主義なので、事前情報も
    オフィシャルサイトや演劇情報サイトの細切れの内容のみ

    なのに、勝手に自分の中でジョーのイメージを創ってしまっていたようです。
    ただ座っていた時のジョーはほぼイメージ通りでしたが、
    喋り始めた途端
    「あれ?ジョーってこんなの?」と得も言われぬ違和感に襲われ、
    そのギャップを埋めるのに、思いのほか時間がかかりました。
    それは、坂本さんのせいでも、宮田さんのせいでもなく
    勝手にジョー像を創ってしまっていた自分のせいです。

    2幕が始まる頃には、
    「宮田さんと坂本さんが表現したかったことはこういうことか」
    ということが、受け止められるようになりました。

    公演中なので、物語の詳細に触れることは控えますが、
    心に残った言葉もいくつかありました。

    作品の世界観はじんわりと染みて来るようで、とても心地よく、
    良き劇場での時間でした。

    「私はだれでしょう」を拝見してすっかりファンになってしまった
    枝元萌さんもご出演だとパンフレットを読んで知った次第。

    木場勝巳さんはじめ実力派ぞろいの出演者の中で、ジョーを生きる坂本さんへの率直な感想は
    「もう一息!」
    しかし、この経験は宝になるのではないでしょうか。

    しかし、新国立劇場の椅子はなんであんなに硬いのですかね。
    500円でクッションを貸し出していました。
    ケチって借りなかったことを後悔しました。

    間口が広く、傾斜も程よいアーチ状の客席
    見やすい作りなのに、惜しい。

    そういえば、私とTさまの右隣のお二人
    休憩時間に出ていったまま
    戻ってきませんでした。
    FC席チケットだと思いますが・・・

    まあ、かまわないと思います。
    自分に合わないと思えば、無理して見続けなくても・・・。
    Date: 2017.06.23 Category: 君が人生の時  Comments (2) Trackbacks (0)

    TTTよりサローヤン

    すみませんでした。

    また、放置しました。

    この時期何せ忙しくて。
    毎年のことですが、師走のみでなく、10月から年末までずっと走っている感覚です。

    とは言え、更新しないとスポンサーサイトが出てしまうので・・・。

    坂本さん出演作にしては珍しく、半年以上も前に予定が出ました。

    新国立劇場「君が人生の時」2017年6月
    作:ウイリアム・サローヤン
    翻訳:浦部千鶴
    演出:宮田慶子

    「ほんとに坂本さんで良いんですか?宮田さん!」と聞きたい気持ちにあふれつつ
    「MFT」や「フランケンシュタイン」「ノーマンズランド」を観てきた自分としては
    「テレビは駄目だけど舞台は大丈夫」という自信もあります。

    新翻訳らしいですし、サローヤンに宮田さん
    共演者に木場勝巳さんのお名前もある。
    これは期待しないわけにはいかないでしょう。

    惑星(略してTTTと呼ぶらしい・・・)が発表された時よりも、10倍ワクワクしました。
    G2さんには申し訳ありませんが。(トニセンには申し訳なくないのか?
    TTTチラシのビジュアル発表でさらにテンションがた落ちでしたが、
    音楽監督(しかも演奏もされるらしい)に荻野さんのお名前を見つけ、若干上がりました。



    追伸

    前回の更新で「手元のチケットゼロ」とご報告しましたが、
    現在1枚になり、まもなく2枚目も発券できます。

    1枚は「WOWOW トニー賞コンサート ㏌ TOKYO」
    2枚目は「紳士のための愛と殺人の手引き」

    年内に歌舞伎座に一幕でも観に行きたいのですが・・・。

    来年は、前述の惑星&君人の他に、
    「絶対観に行くぞ!」と心に決めているのが
    7月の「子午線の祀り」と9月の「デスノート THE  MUSICAL」
    「デスノート~」は初演を観ていますが、再演でリュークをカズさんが演じられるということで、「これは見逃すわけにはいかない」と思った次第。

    このブログでは、まだ2015年も振り返り中だというのに、
    もう2016年が暮れていく。
    2017年も演劇に溺れる1年にしたいものです。
    Date: 2016.11.27 Category: 君が人生の時  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード