「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想13

    振り返ると
    「もしかしたらあれは夢だったの?」
    と感じるほど
    ずっと願っていたことがかなってしまったOMS

    オーチャードホールの座席で
    「このまま時が止まれば良いのに
    ずっとここに居たい」
    と何度も、何度も思いました。

    出会いがあれば別れがある
    始まりがあれば終わりがある

    抗えない時の流れ

    ピーターとの出会いも
    レンとの出会いも
    ディエゴとの出会いも
    チャドとの出会いも
    ジョーイとの出会いも
    ラッキーとの出会いも
    ギイとの出会いも
    ミッキーとの出会いも
    綾祐との出会いも(迷ったのですが、銀匙もミュージカルに分類することにしました。)
    ビリー(主人公の名前、なかなか思いだせなくて、自分の過去記事でカンニングすることに)との出会いも
    ゲイビーとの出会いも
    思い入れ順)

    すべて別れがあり
    それを乗り越えて来た日々でした。

    乗り越えるために、ここに書いてきたのかもしれません。


    『Love Don't Need A Reason』(『The Boy from OZ』)

    このシリーズの1ですでに触れたので、繰り返す必要はないと思いますが、
    ひとつだけ。

    OZでは、この曲の後、ピーターはグレッグの最期について語るのですが、
    これがなかなか難しいシーンです。
    愛する人を失った悲しみ
    なんてさらっと言えるような単純なものではなく
    人間としての絆もにじみ出るシーンです。

    初演、再演、再々演を通じて13回ほど観ていますが、
    一度として同じことはなく、毎回毎回違いました。
    そのたびに「今、ここに、ピーターが生きている」と感じさせられました。


    「Baila Baila Me 踊ろうよ」

    『Baila Me』(『Zorro the Musical』

    公演前は
    『Baila Me』で始まって、『Once before I go』で締める
    なんてどうかしら・・・と予想していたのですが、

    良く考えたら、『Once before I go』は内容的にそぐわないので、
    この構成で正解だと思いました。

    『Baila Me』をここに持ってきたもの、効果的。

    OZで始まり、OZで締める
    ピーター大好きな私としては、これ以上ないどストライクのセットリストです。

    公演途中で『Baila Me』の歌い方を変えた時は、不満が残りましたが、
    3か月の長丁場を乗り切るためにはいたしかたない選択だったのだと思います。

    OMSでは、気持ちよく声が伸びていました。


    「今までずっと 気付かなかった あまりにも近すぎて」

    『I Honestly love you』(『The Boy from OZ』)

    OZでは、グレッグの曲なので坂本さんは歌っていません。
    天国へ行ってしまったグレッグ
    彼を忘れられないピーターのもとへやって来ます。
    ピーターはグレッグの気配は感じますが、姿は見えません。
    手を伸ばしても触れることはできない。
    そんなもどかしさと哀しみに包まれるピーターを、慈しむように見つめるグレッグの愛
    忘れられないシーンでした。

    美しいメロディ
    ピーター・アレンってほんとに天才。

    この曲を坂本さんのピアノ弾き語りで聴けるなんて
    こんな幸せで良いのだろうか・・・。

    OMSのおかげで、この先の人生、
    どんなに辛いことがあっても耐えていける
    生きていける

    ちょっと大げさですが
    そんな気持ちになりました。

    それだけの力があります。
    坂本さんの歌とダンスには。

    次にまた会える時のために
    涙はとっておきます。
    Date: 2016.03.22 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (1) Trackbacks (0)

    「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想12

    「One Song Glory 僕が死ぬ前に Glory 残したい歌」

    『One Song Glory』(『RENT』)
    .『Seasons Of Love』(『RENT』)


    坂本さんが以前から「好き」「やってみたい」と公言していた『RENT』から、鉄板の2曲

    『RENT』という作品は、私自身はそれほど思い入れが無く
    ブロードウェイでヒットしているらしいという前評判を聞いて、情報収集した範囲では
    「家賃払わない人の話でしょ」
    「夢ばっかり追いかけてないで、家賃払いなさいよ」
    程度に思っていました。

    その後、初演メンバー(全員ではないようですが・・・)で制作された映画版と
    2009年のブロードウェイツアー版を観ました。

    どちらもロジャーはアダム・パスカルさん

    ロジャーと言えば、やはりアダム・パスカルさんを置いて他に考えられません。
    まさにロックな声の持ち主
    ハスキーでセクシー

    相変わらずストーリーには、全面的な共感はできなかったものの、キャストの皆さんが命を吹き込んだキャラクターたちには、説得力がありました。

    そういえば、あったなぁ
    自分にも
    もがいている時代が・・・

    なんて、まんまと引き込まれてしまいました。

    坂本さんの『One Song Glory』は、アダムさんと比べると
    かなり甘い

    今回の『One Song Glory』は、
    「ロジャー」という役ではなく
    「ミュージカルを愛する坂本昌行」として歌っている
    そんな風に私には感じたので、
    甘くても良いと思いました。

    坂本さんが歌詞を忘れて止まってしまった2曲

    『Hope』と『One Song Glory』

    この2曲、いずれも今回のOMSでは
    *役としてではなく「坂本昌行」として歌っていた
    さらに
    *歌詞の内容から見て、本人相当思い入れがあったのではと推察される

    という共通点があるように思えます。

    思い入れが強すぎたんだね・・・。

    そんな風に考えると、ついつい大甘になってしまいました。

    映画と2009年のアダムさん
    「ロジャーを演じるにはギリギリ(若干アウト)だな」と思いましが、
    坂本さんも年齢的に『RENT』はかなり難しいと思います。

    ですから、OMSで坂本さんの夢をかなえられて、
    ほんとうに良かったです。
    こうめいさんに、感謝です。
    Date: 2016.03.21 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (0) Trackbacks (0)

    「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想11

    ご無沙汰してます。

    ご無沙汰し過ぎですね。
    1カ月ぶりの更新です。

    1年の中で最も忙しい時期の真っ只中です。
    この忙しさがあと一月半ほど続きます。

    OMSのあの時期で、良かった。
    2週間、いや1週間後ろにずれていたら、行けなかったかもしれません。

    OMSの余韻に浸る余裕もなく、
    「倒れずに健康を維持し、仕事する」
    ただそれだけを目標に頑張ってきました。
    おかげで、疲れてはいますが、一晩寝れば回復しますし、
    花粉症の症状を除けば、体調もまあまあで、
    休むことなく出勤できています。

    それも、これも
    OMSで免疫力を上げていただいたおかげだと思っています。

    >secret Aさま

    お返事遅くなって大変申し訳ありません。
    いやあ、お話しできて楽しかったです。
    坂本さんのことにとどまらず、舞台談議に花が咲いて・・・。

    お友だちと妹さんにもよろしくお伝えくださいませ。

    MFT
    予想通り、激戦でしたね。
    もともと、いろいろと予定が入っていたため、行ける公演が3公演しかありませんでしたが、全滅は避けられました。
    大阪にも行きたいと目論んでいますが、それはこれからもろもろの先行&一般で頑張るつもりです。

    しかし、世田谷パブリックシアターのキャパでたった17公演は厳しいです。
    2016劇場不足問題は深刻です。
    青山劇場が無くなってしまったのが、本当に悔やまれる。

    OMS再演
    是が非でもやっていただきましょう。
    「2万円出せる?」と坂本さんは、客席に問いかけていましたが、
    あの内容でしたら、2万円出す価値はあると思います。
    オペラや歌舞伎を観に行くと思ったら、安・・・くは無いけど、
    頑張れば何とかなる・・・たぶん、きっと・・・。

    もう5年もエアコンの無い夏を過ごしているし、
    3年前に壊れた食器洗い機も買い替えられないまま、水切りかご状態
    このPCもそろそろ危ない

    でも、優先するのは舞台とコンサート
    モノより思い出
    今年もエアコン無しで頑張ろう!
    親子共々暑さには強いので大丈夫


    前置きが長くなりました。
    初志貫徹、間抜けなほど遅くなっていますが、最後まで頑張ります。

    『Bewitched』(『Pal Joey』)追記

    『Pal Joey』が「観るたびに新しい発見がある味わい深い作品」になったのには、
    高畑敦子さんの存在と確かな演技力に因るところが大きかったと思います。

    『Pal Joey』以来、すっかり高畑さんのファンになってしまった私は、たびたび彼女が出演する舞台を見せていただきました。
    『Pal Joey』後に観た坂本さんの舞台作品数より、高畑さんの作品数の方が多い位。
    「年に1本」と言わず、もっとやりましょうよ坂本さん。

    「自分でいて 良かった」

    『Some Other Time』(『On The Town』) 
    『Lucky To Be Me』(『On The Town』) 
    『New York New York』(『On The Town』)


    最新作(と言っても、1年半も前)『On The Town』から3曲

    本公演もレベルの高いアンサンブルの皆様のおかげで、最終的には良い作品になりましたが、
    今回は本公演以上にかなりレベルの高い『On The Town』になりました。

    昨年のトニー賞授賞式パフォーマンスで観たブロードウェー版に負けていないと思いました。
    とりわけ、『Lucky To Be Me』はトニー賞授賞式では客席を通ってステージに上がる演出で、ゲイビー役の方は軽くコミカルに歌っていました。

    坂本さんの『Lucky To Be Me』はわずかな哀しみを湛え、生きる喜びにも似た情感にあふれ、甘く暖かく心に染みました。

    「自分でいて良かった」と歌う坂本さんに
    「坂本昌行として生まれてきてくれてありがとう」
    と感謝しながら聴いていました。

    ありがとう。
    ほんとうにありがとう。
    Date: 2016.03.21 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (0) Trackbacks (0)

    「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想10

    すみません

    一日一更新
    有言不実行で・・・

    ここのところ、超がつく忙しさで・・・。

    昨日、本日は休みでしたが、いろいろと予定が入っていました。
    それでも、予定の隙間を縫って、2日連続でTOHOシネマズの映画館へ行くことができました。

    昨日日曜日は「シャーロック 忌まわしき花嫁」を観ました。
    今日は、「ナショナルシアターライブ 夜中に犬に起こった奇妙な事件」を観ました。
    なんとハドソン夫人役のユナ・スタッブスさんが、「夜中に犬~」にもご出演されていて驚きました。

    両作品の感想は、余裕と機会があればまたいずれ・・・。

    >かこさま

    コメントありがとうございます。
    「まだまだ夢がいっぱいすぎる!」というタイトル言いえて妙ですね

    今回のOMSで、ミュージカルへの愛と見事なミュージカルスターっぷりを見せてもらったので、
    これからの夢がいろいろと膨らみました。

    かなうと良いですね「TOP HAT」の夢

    こうめいさんのブログは、いろいろあったようで・・・
    坂本さんのことをあれだけ理解して、素晴らしいステージを創ってくださったこうめいさんには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    それでも、ファンの気持ちを汲んで、大人の対応をしてくださり感謝しています。


    さて、続けましょう。
    初志貫徹


    「ダンスはもうやめた」
    『I Won't Dance』(『Never Gonna Dance』)

    MCコーナーの後の、ジャズバーコーナー
    ジャズのボーカルは難しいです。
    あのリズムに乗るのが日本人にはなかなか手ごわい。
    それをいとも軽やかに歌う坂本さん。
    贅沢な大人の時間に身をゆだねる幸せ

    この曲は、結婚式に遅れたラッキーが花嫁の父から娘と結婚するためには
    「ダンス以外のビジネスで、25,000ドル稼ぐ」
    という条件を突きつけられ、
    つい踊りだしそうになる自分に言い聞かせる曲です。

    そう言い聞かせても、無理
    踊らずにはいられないラッキー

    踊らずにいられない・・・に違いない坂本さんにも共感できる部分があるのでは
     
    「二人の物語 真っ白なページに 書こう」
    『I Could Write A Book』(『Pal Joey』)

    『Pal Joey』は2010年の読売演劇大賞優秀作品賞も受賞しています。
    これってすごいことです。

    良い作品でした。
    再演されなかったのが、ほんとうに残念。

    舞台を観る前に、映画版のDVDを観て予習をしました。
    その時の感想と舞台への心構えは
    「また、どうでもいい話系だな。
    ストーリーには期待せず、坂本さんの歌だけを楽しもう」
    でした。
    しかし、その心構えは見事に裏切られました。
    良い意味で。

    私は、このブログの感想でも

    「観るたびに新しい発見があり
    感性と知性を刺激してくれる
    ホンも演出も、良く練られた
    味わい深い作品」

    と評しましたが、詳しくはそれらの記事をご参照ください。

    主人公はジョーイ
    ジョーイはいわゆるプレイボーイで、
    クラブのシンガー、夢見るお嬢さん、人生に疲れた人妻
    という3人の女性と恋模様を展開します。
    今いろいろと話題の3股にも関わらず、そこに「打算」等後ろめたいものは一切なく
    客観的に観ているこちらも「ああ、好きなんだな・・・3人とも」って素直に思ってしまうような
    愛すべきジョーイ像を作り上げた坂本さん。

    主人公はジョーイと言いましたが
    本当の主人公は3人の女性だったのかもしれません。
    ジョーイとの出会いで、3人3様に生き方が変化します。
    大人の恋の駆け引きの話かと思いきや、
    気がつくと女性の自立の話だったみたいな。

    「眠れない 眠らない」
    『Bewitched』(『Pal Joey』)

    『Pal Joey』の中でも、私が最も好きな曲です。
    ただし、歌っていたのはヴェラを演じた高畑敦子さん
    ベットに寝ている坂本さんのそばで、愛おしそうに歌う高畑さんが素敵でした。
    坂本さんの寝顔も可愛かった

    この曲はジャズのスタンダードとしていろいろな方が歌っているみたい。
    中でもフランク・シナトラが有名のようです。

    坂本さん
    シナトラに負けない甘い声でしたよ。

    歌の途中、階段の上のステージ上手袖から、燕尾服と白いドレスの素敵なお二人が登場
    パドゥドゥーが美しかった
    まさに夢の世界でした。
    Date: 2016.02.22 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (1) Trackbacks (0)

    「MASAYUKI SAKAMOTO Musical Concert 『ONE MAN STANDING』」 感想9

    一日 一更新
    という目標を立てたにもかかわらず
    昨日は更新できませんでした。

    我が家のPCは中古で購入したVistaでして・・・
    私も息子もフルに使っているので
    (息子は自分のノートPCを持っているにも関わらず、
    私のデスクトップPCの方が「ディスプレイが大きいから」とこちらを使いたがる・・・。)
    時々疲れてしまうようで、調子悪くなります。

    昨日の朝もそんな状態で、
    朝を更新タイムにしている私は、出かける予定があったため、
    PCくんのご機嫌が直るまで待つ余裕がありませんでした。

    延長サポート期間が終わるまでには、次のPC購入を考えなくては・・・
    と、先日家族会議をしました。

    結論は「お金が無いから、もうちょっと先にしよう」でした。

    もうちょっと先にしても、資金が捻出できるとは限りませんが・・・。

    先日私より20歳位若い男性の知り合いに「家のPCのOSは?」と尋ねたところ
    その方は「Vista」「Mac」とのこと。
    「ああ、まだ居るんだVistaの人」と思っていたら、
    「最近はTVでYouTubeも観られるし、スマホもあるし、PCはほとんど開いてません。」
    と、言われてしまいました。

    そうなんですね。

    でも、私は小さなスマホでブログの更新はちょっと無理。

    今日はPCのご機嫌が比較的良いようなので、更新します。

    「僕はもう 踊らない Never Gonna Dance」
    『Never Gonna Dance』(『Never Gonna Dance』)

    前の曲『S Wonderful』で、白いドレスの女性に笑顔で去られてしまった坂本さん
    すぐさま別の女性を見染めます。
    今度は緑色のワンピースの女性

    前曲の優雅なペアダンスからタップダンスへ

    曲の途中でタップシューズに履き替えます。

    坂本さんが指を鳴らすと、若いまぁくんがルームサービスを持ってきたホテルのボーイさんのようにトレイに乗せたタップシューズを持って登場。
    観終わった後「靴を履き替えるのもカッコいい」とメロメロな私たち。

    それにしても、タイトルは『Never Gonna Dance』なのに、踊ることをやめる気配が無い
    『Never Gonna Dance』で坂本さんが演じたラッキーもそうでしたが、踊ることを禁じられても、踊らずにはいられないのですよね。

    一度は「歌い、踊る世界」から離れたにも関わらず、戻ってきた坂本さんの「歌いたい、踊りたい」という心情もオーバーラップするナンバーでした。

    軽快なタップでいい感じになったにも関わらず、またしても女性に置き去りにされてしまう坂本さん。
    しょんぼり具合がキュート

    そんなしょんぼりしたのもつかの間、今度は客席に素敵な女性を発見した坂本さん
    甘い声で歌い始めます。

    「My One And Only 心から君に夢中 思い受け止めて」
    『My One And Only』(『My One And Only』)

    タップのペアダンスからのタップ群舞
    しかも、黒燕尾集団
    ミュージカルの王道です。

    中央階段の中央でタップを踏む坂本さん
    タップの技術が数段向上していました。
    「久しぶりにタップを踏みました」とおっしゃっていましたが、いつぶりでしょう?
    お忙しいとは思いますが、必要な時だけでなく、できれば恒常的にお稽古していただいて、さらに技術を磨いてください。

    ステップを踏みながら中央階段を上がっていく坂本さん
    脚をひゅっと後ろに跳ね上げる振り付け等、いかにもアステアテイスト

    やって欲しいなぁ
    「TOP HAT」
    坂本さんで「PUTTIN' ON THE RITS」や「TOP HAT、WHITW TIE AND TAILS」
    想像するだけでわくわくします。

    観たい
    ぜひとも観たい
    Date: 2016.02.15 Category: 坂本さんソロコン OMS初演  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード