木村さんのご挨拶

    「りんご」のオフィシャルサイトに、昨日の木村さんのご挨拶動画がアップされています。

    私、ごあいさつの大事な部分を書き落していました。
    どんなお言葉かは、オフィシャルサイトをどうぞ。

    初日来場観客の感想コメント動画もアップされています。

    このオフィシャルサイトは、今までのV6出演の舞台作品とは、ちょっと違った新鮮さがあります。

    全国を周る大変なスケジュールですが、素敵な感動を各地に届けて欲しいです。

    木村さんの奥さまもお元気になられて、いずれかの地で舞台を見られますように。

    Date: 2010.11.09 Category: りんご  Comments (0) Trackbacks (0)

    りんご~純粋がゆえの狂気~

    今回の「りんご」

    席がすごくて

    前から2列目センターブロックの一番上手通路側

    かなり近かったです。

    アキノリさんが上手側を向くと、その表情が良く見えました。

    若干いつもの癖が見られたものの、これまでの長野さんの演技とは
    一味違う印象でした。

    演出家に相当しごかれたのかな?


    ネタばれ含むので、感想は「続きを読む」で







    Date: 2010.11.09 Category: りんご  Comments (0) Trackbacks (0)

    りんご その1

    ぼけぼけしている間に、

    「READY?コンDVD」READY盤&アジア盤ようやく制覇とか
    怒涛の3日連続「いいとも」とか
    「SP」とか
    「ミッションV6」とか
    「オリスタ」発売とか
    「ベスト・ステージ」購入とか

    自分なりに充実したV6な日々を送っていましたが、
    記事を書く余裕がないまま
    ここまで来てしまいました。

    しかも、「PJ」の宿題もまだ書けず・・・
    私の「PJ」はまだ終っていないというのに、明日は「ZORRO」の制作発表

    もう、こうなったらあせってもしょうがない。
    書ける時に書くしかない。
    明日のご飯と子どもの学費と、誰かさんへの投資の為
    働かなきゃいけないんだから。

    先ほど「ネプリーグ」の最後に
    動くゾロが突然出てきて
    あまりの驚きに
    不覚にも笑ってしまいました。
    カッコ良いのかどうか・・・わからない
    とりあえず、
    剣を振り、マントを翻してました。


    ・・・などとつらつら書いていたら
    から「金閣寺」落選メールが来ました。
    全滅です。


    e+のプレオーダーも申し込んでいますが、何だか取れる気がしません。
    一般なんて無理だろうなあ・・・
    あまりの厳しさに心が折れそうです。


    さて、気を取り直して(気力を振り絞って)書きます。


    今日は「りんご」を観てまいりました。

    rinngopannfu

    わたしにとっては、初「ル・テアトル銀座」です。
    憧れの劇場の一つです。

    青山劇場とグローブ座ばかり通っている私にとっては、勝手の違うことばかり。

    エレベーターを降りたら、せまーいフロアに机が置いてあり、
    その机に「関係者受付」「当日券受付」等の張り紙。
    でも、その前にすでに人がずらっと並んでいて張り紙も良く見えない。

    これはいったい何の列?

    おそらく入場の列はまだできていないのだろうと、列の邪魔にならないように端っこへ。
    当日券は抽選では無く、並んだ順に購入できるみたいでした。

    「こんな狭いフロアーに人が入りきれるのだろうか」と心配していたら
    壁に向かって左側のシャッターがおもむろに上がり始めました。

    奥には広いロビーが・・・
    ああ、良かった。
    ここで、ずっと待つんじゃないのね。

    「チケットを持っている方はどうぞ」と導かれロビーへ。
    でも、チケットは切られない。
    後で切るらしい。
    チケット切られていない状態でロビーにいるのは、変な感じです。
    FC受け付けは、ロビーに入ってすぐの左側です。
    右側にはパンフレットとグッズ売り場があります。
    グッズと言っても、長野さんグッズは無し。

    木村さんの書籍や
    奇跡のリンゴを使ったかりんとう

    karinntou

    等の食品が並んでいます。
    木村さん農法の無農薬お米で作ったあられ、せんべい
    お茶の数々

    私はかりんとうを家用と職場用で計2袋購入しました。
    一袋500円也

    帰宅して食べてみましたが、揚げて無いかりんとうで
    甘さもほんのり
    リンゴのお味もちゃんとして
    おいしいです。

    話は飛んで恐縮ですが
    カーテンコールのレポから

    2度目のカーテンコールで長野さんがしゃべり始めました。
    「千秋楽じゃないのにご挨拶するのかしら?」と思っていたら
    「僕は奇跡のりんごを作られた木村秋則さんを演じていますが、
    今日はその木村秋則さんがいらしています。」と長野さん。
    会場歓声。
    上手袖から木村さん登場。
    写真通り、小柄でにこやかなおじさんです。

    「せっかくいらしていただいたので、木村さんに一言お言葉をいただきたいと思います。」と長野さんが促すと
    照れたように笑いながら木村さんが訥々と語り始めました。

    「木村秋則です。
    お忙しい所「りんご」を見に来ていただきありがとうございました。
    今日は妻と観に来る予定でしたが、妻が倒れてしまいました。
    (会場は「え~?」と心配の声)
    私は妻に無理をさせてしまったようです。
    楽しみにしていたんですけど、だから一人で来ました。
    長野さんや佐藤さんが私のダメなところも含めて演じていただき嬉しかったです。
    恥ずかしかったです。」

    あいまいな記憶ですが、こんなご挨拶でした。

    万雷の拍手。

    倒れた奥様大丈夫でしょうか?
    木村さんが東京に来られたのだから、命にかかわるご病気ではないのかもしれませんが、
    収穫の時期でお忙しいのでしょうね。
    どうぞ、お大事に。

    そして長野さんが

    「木村さんが奇跡のりんごを作ってくださったおかげで、
    ここにいるキャスト・スタッフ、そしてお客様にこうして出逢うことができました。
    木村さん、ありがとうございました。」

    と、しめくくりました。

    緊張している木村さんを優しく袖にエスコートする長野さん。
    しかし、木村さんは一番手前の袖幕の前から引っ込もうとトコトコ歩いて行ってしまう。
    そこは、狭いからか道具か何かが置いてあって危ないのか、
    慌てて木村さんを追いかけるサトエリさん。
    袖奥の状況を確認し、最後に再びにこやかに会場に手を振って引っ込む長野さん。

    2幕後半で長野さんはメガネをかけて木村さんを演じますが、
    長野さんがメガネをかけて本物の木村さんと並ぶと
    雰囲気が似ている・・・と感じました。
    顔が似ているわけではないのに
    なぜだろう?
    やわらかな笑顔かな?
    横顔が特に似ていると思います。

    長くなったので、お芝居の内容については次の記事で。

    Date: 2010.11.08 Category: りんご  Comments (2) Trackbacks (0)

    「りんご」でつながったトニセン3人

    長野さんの舞台が決まりました。

    皆さん、とっくにご存知ですね。

    これでもう年内コンサートは絶望的になったため、「嬉しい半分、がっかり半分」というファンの方も多いことでしょう。

    私も初めはそうでしたが、今は気持ちがすっきり切り替わりました。
    もともと11月に代々木第一体育館が他のイベント(バレーボール)でふさがっていたるのを知り、年内コンサートは80%あきらめていましたで、「りんご」で「引導を渡された心持ち」になり、かえってスッキリした次第です。

    「りんご」情報は意外に少なく、ネットの情報も中日スポーツ・東中の記事くらい。
    J-netには一応情報が掲載されています。
    細かい公演日程は、まだ未発表。
    「ル テアトル銀座」のHPにもまだ出てませんでした。

    余談ですが、剛くんの「金閣寺」はまだ公演詳細がはっきりしていないため(1月にやるってことしかわかっていない)、J-netにも載っていません。
    神奈川芸術劇場HPのトピックスには作品名はありましたが、出演者や公演日程など詳しいことはまだ公開されていません。
    初めの情報が速かっただけに、追随する情報がなかなか出てこないと、ちょっとジリジリしますね。


    さて、今回の「りんご」私の演劇センサーを刺激したのは、劇場と演出家。

    V6の舞台出演は大きく分けて2つの種類があると思います。

    ①主演者先にありきパターン

    ②作品先にありきパターン


    ①は、たとえば、まず「坂本昌行主演でミュージカル」というように主演者が先に決まっていて、その企画に合った作品を探す場合です。
    今回のアリ天も①パターンです。
    「坂本昌行主演のストレートプレイでG2さん演出」が先に決まっていたわけで、「アリバイのない天使」という作品が先あって、「主演に坂本昌行を」とキャスティングされたのではありません。

    ②は、作品が先にあって、その主演(もしくは助演)に抜擢される(正確に言うと事務所の営業のたまものかも知れませんが)場合です。
    剛くんの「血は立ったまま眠っている」や「金閣寺」がこのパターン。

    今回の「りんご」はどちらのパターンでしょうか。
    今の段階の情報では、判断できません。

    何しろ、劇場が「ル テアトル銀座」
    しかも、演出は栗山民也さん

    こまでの、ジャニーズ系列の演劇とははっきりと一線を画します。

    栗山民也さんは、新国立劇場演劇研修所所長で日本の演劇界を代表する演出家です。

    新国立劇場のHPのプロフィールには

    「主な演出作品に「ゴドーを待ちながら」「阿国」「獅子を飼う」「GHETTO/ゲットー」「海の沸点」「エヴァ、帰りのない旅」「太鼓たたいて笛ふいて」「マリー・アントワネット」「私はだれでしょう」「ロマンス」「かもめ」「闇に咲く花」「赤い城 黒い砂」「きらめく星座」「BLACK BIRD」「炎の人」「組曲虐殺」「海をゆく者」などがある。

    紀伊國屋演劇賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞、芸術選奨文部大臣新人賞、毎日芸術賞第1回千田是也賞、第1回朝日舞台芸術賞などを受賞。」

    との記述があります。

    お察しの良い方なら、もう気づかれましたね。

    そうです。
    我らがミュージカルスター坂本昌行のターニングポイントとなった作品「阿国」を演出されている方なのです。

    そして、奥様は中川安奈さんです。
    はいはい、そうです。
    中川安奈さんは、井ノ原さん主演の「トイヤー」の共演者。
    この作品の出演者はたった二人。
    迫真の演技で、スリリングなあの世界を井ノ原さんと共に作り上げた方です。

    「りんご」をきっかけにトニセンの3人と栗山さんがつながりました。

    演劇おばさん的には、ちょっと鳥肌ものです。

    栗山さんは、井上ひさし氏作品も数多く演出されています。
    私は劇場では「日本人のへそ」を観ました。
    TVで「ロマンス」も観ましたね。
    「組曲虐殺」と「東京裁判3部作」は見逃しましたが、機会があればぜひ観たい作品です。

    j-web「クルグル」での、「りんご」についての長野さんのコメントを読んで、
    「この人は本物だ」と思いました。
    何がどう本物か・・・はうまく説明できませんが、
    りんごへの熱意がモデルの秋山さんに通じるものがあると思いました。

    だいたいこの話が来るよりはるか以前に、秋山さんの本を何冊も読んでいたわけですよね。
    この奇跡のりんごも食していたわけですよね。
    長野さん意外に誰がこの役をできるというのでしょう。

    なぜ、この奇跡のキャスティングとなったのか。
    これは、①パターンなのか、②パターンなのか・・・
    知りたい。

    そして、栗山さんのコメントを聞いてみたい。
    次の情報が待たれます。

    Date: 2010.08.09 Category: りんご  Comments (7) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード