おめでとう 「Pal Joey」

    今日私は日生に行けませんでしたが、マチソワご覧になった皆様とソワレ後に合流しました。

    出ないのに飲み会の為に日生にいっちゃう我さん状態

    熱いおしゃべり

    楽しかったです。

    「Pal Joey」
    読売演劇大賞優秀作品賞受賞
    おめでとうございます

    受賞式後の坂本さんコメントを読んだら

    嬉しくて

    じわっと来て

    駅のホームで

    泣きました

    Date: 2011.02.26 Category: 「Pal Joey」初演  Comments (1) Trackbacks (0)

    今さらですが 「Pal Joey」 を振り返る

    びっくりですよ。

    インフルから復帰して、バタバタと仕事やもろもろをこなしているうちに
    「ZORRO」まであと25日!

    そう言えば、
    友人が 柔道グランドスラム東京大会で、初の姉妹Vを達成した田知本姉妹は
    ガコイコでV6と対決した当時の高校生ではないかと
    教えてくれました。

    坂本さんが熱を出したあの回です。
    いつもながら、友人の脅威の記憶力に脱帽です。
    私はすっかり忘却の彼方でした。

    そもそも、スポーツニュース見ないし・・・。

    ともあれ
    田知本姉妹おめでとうございます。
    これからも頑張ってください。


    「ZORRO」公式ブログ
    盛り上がっていますね。

    えりさんの緊張気味のコメントが可愛い。
    本場からいらしたフラメンコダンサーの方は、さすがの迫力。

    かなり前にアップされたものですが、
    私は照明家のベン・オーメロッド氏のコメントが興味深かったです。

    「PJ」の時も照明に力を入れているな・・・と感じたのですが
    (前の席だとちょっと眩しかったけど)
    今回のジプシー(ロマ)の世界を照明でどう表現してくれるのか、楽しみです。
    (何より「職人」さんにめっぽう弱い私なので・・・。)
    照明にも注目して舞台を楽しもうと思います。

    もちろんレンショウさんのコメントも感激しました。
    何だかあんなに言っていただくと、照れてしまいます。
    自分のことじゃないのに・・・。(苦笑)

    主役の動画はほぼ絶望的ですね。
    あんまりがっかりしないのは、もう慣らされているからか?

    12月14日のお稽古風景でちらっと横切るのが、ディエゴか?という説もありますが、
    私には確認できません。

    あまり騒ぐと、今後撮影とアップが慎重になり規制がかかるといけないので、
    追及しないことにします。

    主役のブログ登場はあっさりあきらめて、
    出来るだけたくさんTV出演して宣伝くれることに期待をかけます。

    これだけ、「ZORRO」で盛り上がっていても、
    まだ、ジョーイに後ろ髪を引かれています。
    本来なら苦手な金髪もミッションをリピするたび、
    胸がキュンとする始末です。

    残った宿題は、

    ④Joeyは誰を愛していたのか
    それとも、誰も愛していなかったのか

    ⑤今回の坂本さんの歌を聴いて
    「発声法、歌唱法において新しい境地を開拓した」と直感的に感じたが、
    その根拠は何か

    ⑥演出の吉川さんがおっしゃっていた
    「ダンス・歌・お芝居の3要素をボーダレスに」
    という今回の演出テーマに、坂本さんは応えられていたのか

    でしたね。

    ④Joeyは誰を愛していたのか
    それとも、誰も愛していなかったのか


    初日に観た感想では、
    ジョーイは誰も愛していなかったのではないかと思っていました。

    ショー作りに煮詰まるとリンダのもとに行くので、リンダに心惹かれているようにも見えますが、
    「煮詰まった時に行くから、その人を愛している」とは限らないでしょう。

    ジョーイは使い分けていますよね。

    甘えたい時は、ヴェラ
    インスピレーションを得たい時はリンダ

    自分の様々な側面とその時の要求に共鳴する人を本能的に選んでいる。

    それは、女性たちも同じです。
    女性たちの場合は、
    自分の中の空洞を埋めようとしているようにも見えますね。

    苦しみながらも、結局ジョーイの人生に「とことん付き合う道」は選ばなかった。

    結局みんな「自分が好き」なんじゃないでしょうか。

    ただ、グラディスをのぞいては・・・。

    グラディスは、心からジョーイを愛していますね。
    あんなに裏切られ、傷つけられたのに。

    けなげだ。
    けなげ過ぎるよ、グラディス
    あなたを見ていると胸が締め付けられました。

    自分の人生を振り返ると、あんなに純粋に人を愛せなかった気がします。
    どこかに「打算」が見え隠れしたような・・・。

    グラディスがあんなに愛しているのに
    ジョーイはグラディスを愛しているようには見えませんでした。
    きっと「戦友」「同士」的な感情は持っていたと思います。
    別れを告げる直前に、グラディスとシンパシーを感じたナンバーを口ずさむところや
    「なあ、グラディス」と何かを告げようとしたところを見ると、
    ちょっと未練もあったのかも。

    しかし、二人とも「一緒にいても幸せにはなれない」
    ということを良く分かっている。

    いつかまた
    どこかの街の
    どこか場末のクラブで
    再会するのでしょうね。

    その時ジョーイは相変わらずダメなプレイボーイなんだろうなぁ。
    大好きですよ、そういうダメなやつ。

    さて、本題の「Joeyは誰を愛していたのか」ですが・・・。

    この、舞台で流れている時間の中だけに限定すると
    私は
    Joeyが愛していたのは、ヴェラだと思います。

    根拠は「俺はほどこしは受けない」のセリフ

    小切手を破り捨てた時点で
    単なる打算だけでヴェラと一緒にいたのではないということが分かりますが、
    では、彼はどんな感情をヴェラに抱いていたのか。

    初日、このセリフにわずかながらの「怒り」が含まれていたのですが、
    日を追うごとにその「怒り」姿を消して行きました。
    「怒り」は「屈辱」と裏返しの感情ですが、この時のジョーイには、
    プライドを傷つけられたという思いより、もっと違う感情が見て取れました。

    公演終盤の「俺はほどこしは受けない」には
    哀しみ
    喪失感
    そんな言葉では表現しきれない
    やわらかさがあり

    そこから、ヴェラへの思いの深さが伝わり

    「やるじゃん。我がミュージカル・スター」
    と思ったわけでございます。

    今回の「PJ」で
    「なんか遠くへ行ってしまうのかな・・・」という一抹の寂しさを感じました。

    「ZORRO」でも、そんな思いをしちゃうのかな。

    いや、いや
    我らがミュージカル・スターは永遠の発展途上人。

    板の上で命尽きるまで、見届けますよ

    とりあえず、自分の「ZORRO」の回数数えて
    倒れそうになっています。

    始まったらもっと増えそうな気がして、怖いです。
    Date: 2010.12.19 Category: 「Pal Joey」初演  Comments (2) Trackbacks (0)

    スライドショーに号泣

    2日間、早朝からのPTA室缶づめは疲れました。

    疲労困憊して帰宅した私を癒してくれたのは、

    「Pal Joey」オフィシャルサイト

    本日幕を閉じてしまったこの愛すべき作品

    しかし、オフィシャルサイトはリニューアルされ
    ステージのスライドショーが見られるようになっています。

    なんて粋なはからいでしょう。

    懐かしいひとこまひとこまを振り返りながら、
    自然に涙があふれました。

    予想通りジョーイはいませんけどね。

    きっとどこかの街でまた可愛いくて寂しげな女に声をかけているのでしょう。

    3人の女性の美しい表情と姿

    アンサンブルの皆様の躍動的なダンス

    マイクさんの雄姿

    胸が締め付けられるほど懐かしい。

    そして、最後のメッセージに号泣しました。

    この場所をいつまでも残しておいていただきたいです。


    拍手コメントをいただいたsecret様

    コメントありがとうございます。


    ジョーイは行ってしまいましたね。

    おそらく、あの笑顔を残して。

    風間くんの主演映画のニュース見ました。
    主演・・・すごいですね。
    頑張って欲しいです。

    健ちゃんポポロも帰りにゲットしましたよ!

    健ちゃんの笑顔はキュート過ぎます。
    V6への深い思いもひしひし伝わりました。

    いろいろおしゃべりしたいのですが、
    疲れてしまい
    9時前なのに
    もう限界です。

    明日も早いので、もう寝ます。


    おやすみなさい。

    Date: 2010.10.24 Category: 「Pal Joey」初演  Comments (0) Trackbacks (0)

    大千秋楽 無事に終了しますように・・・

    今日も朝から一日中PTAです。
    仕事の日より、早く家を出ます。


    副会長の私は基本PTA室でお留守番。
    みんなのお弁当の仕分けをしたり、問い合わせに対応したり。
    新年会の打ち合わせをしたり。
    PTA室の引っ越しを控えているので、荷物の片づけもしてました。

    今日は、片付けも一段落して少し暇なので、ついついジョーイのことを思ってしまいそうです。

    いよいよ今日が最後ですね。

    「ZORRO」があるから寂しくないだろうと思っていた私が甘かった。

    寂しさでどうにかなりそうです。

    制作発表があれば、「ZORRO」モードになれるでしょうか。


    大阪の日程がはっきり出て来ないのが、気になる・・・。
    大阪に行くために、名古屋はあきらめようと決めています。

    なかなか出て来ない大阪情報に不安になり、
    「2週間我慢できるだろうか、名古屋も押さえて置いた方が良いのか?」等、
    優柔不断になる自分に気づき「私らしくもない」と一蹴してみる。

    それでも、迷う。

    完全に術中にはまっています。

    OZのヤングピーターこと西川大貴くんのブログがおもしろいです。
    アプローチの仕方は少し違いますが、風間俊介くんと同じにおいがします。

    西川くん、レミゼに出演されるのですね。
    経済的に余裕があれば、行きたいけれど・・・
    無理かもしれない。


    Date: 2010.10.24 Category: 「Pal Joey」初演  Comments (1) Trackbacks (0)

    ジョーイで始めたのに、剛くんで〆ちゃった

    >つむつむ様

    ジョーイさんのお話しに戻りましょう。

    >「ようこそ、ジョーイ」

    ですか。

    なるほど。

    間にあって良かったね、ジョーイ。

    テレステ
    昨日の帰宅途中でゲットしました!

    TVぴあも立ち読みしました。

    >ヴェラさんとの「おおっ?」という写真

    も、しっかり目に焼き付けました。

    テレステの小さな写真たちを見ながら、
    しばらくは、ジョーイとの思い出に浸れそうです。

    寝顔と膝小僧が・・・

    タイトル「坂本昌行 Pal Joey」の「行」の文字の右横の写真
    リンダさんとのダンスで支えるシーンですが、
    「坂本くん、あご出てるよっ。笑顔でも『必死』さが伝わって来ちゃうよ」とと突っ込んでしました。

    今回のテレステは、主張は剛くんがお当番
    「SP」の准くんもいる
    お得な感じです。

    特に、剛くん

    すでに、金閣寺に行ったのですね。
    その感想はやっぱり「天才森田剛」

    原作も読んだんですね。
    その感想は「なるほどね森田剛」

    富士山にはもう一度登りたいんだ。
    坂本さんは、もう登りたくないみたいだけど。

    その理由が、

    あまりにも自分が弱すぎたから、次はもっと強い心で登りたい。

    タダものじゃないね。
    しかも、その言葉の後に(笑)付いてるし・・・。

    まずい、ジョーとの思い出に浸りたいのに
    剛くんに気持ちを持って行かれそうだ・・・


    「料理の怪人」も良い滑り出しでした

    出勤の時間なので、その件は、またいつか・・・。

    Date: 2010.10.21 Category: 「Pal Joey」初演  Comments (1) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード