ひっぱりあげて!

    今回は、スポンサーサイトより先に更新できました!
    (自慢にならない・・・

    息子が転職して、新しい職場で頑張っているので、
    彼への慰労と、4月の1ヶ月間46時間も残業して頑張った自分への慰労を兼ね、
    昨日一緒に外でランチすることにしました。

    お店は、近所のB&M151A(151Aは「いちごいちえ」と読みます。)

    品川、大田、目黒を中心にステーキハウスを展開しているB&Mの系列店です。
    ガッツリ系の本店(若いころは、たまに(贅沢したなぁ~って時に)、行っていました。)とは違い、
    ちょっと和の雰囲気もあるメニューがそろっています。
    お肉も美味しいけど、野菜がこれまた美味しい

    お店の場所はもともとおいしいパン屋さんがあったところ。
    良く利用していたので、パン屋さんが閉店した時は、がっかりしましたが、
    次もこんなすてきなお店ができたので、嬉しかったのを覚えています。

    あれ、なんだか宣伝みたいになっていしまいましたね。

    アド街の宣伝部長に昇進し、東京新聞で「私の東京物語」という連載エッセイまでやっていらっしゃる井ノ原氏。
    宣伝部長に就任した時は「立会川や青物横町を紹介したい」と言ってくれたかと思いと、
    エッセイでは、すでに八潮、立会川、大井町を題材に思い出を綴ってくださった。

    今は遠くへ行ってしまいましたが、この地をこよなく愛してくださっているようなので、
    次にこの近辺に出没する折りは、ぜひこのお店も紹介してくださいね。

    さて、新曲のことにも触れなくては・・・。

    いつもは、某密林で注文していたのですが、前回のシングルの時に、
    2度に渡り誤配送(通常版を注文したのに、限定版Bが来た)があったので、
    「V6のCDでは、もう2度と使わない」と決めました。

    本当はいつも応援してくれているCDショップで予約して、足を運んで購入したいところですが、
    とてもそんな余裕が無いと思ったので、セブンネットで「3点セット」なるものを注文しました。

    「めんどくさいからそれにした」と発言したところ
    Rさまより「めんどくさいとか言っちゃだめぇ~」とご指摘を受けたので、
    公式見解は「私がものぐさだからそれにした」ということで・・・。

    ものぐさな私は
    7日に「セブンイレブンへの到着は8日10時です。」とメールが来たにも関わらず
    8日は「忙しいから」と取りに行かず。
    9日も「雨が降りそうだから」と取りに行かず。
    10日にやっとお店に取りに行ったものの、
    「他に観たいもの(Eテレで放送した吉衛門さんの歌舞伎)があるから」と段ボールに包まれた3点セットを開けず。
    今日になってやっと封を開けました。

    そしたら「3Dイベント参加応募券」の締め切りが10日の23:59になっていて、笑いました。
    申し込んでも、どうせ当らないので、「別に申し込まなくていいや」と思う自分がいて、
    「おいおい、テンション低いぞ。ちょっとは悔しがれよ!」と自分に叱咤激励したいほどでした。

    職場の若い娘さんが「V6のファンじゃないけど、20周年のコンサートに行きたいので、ファンクラブに申し込みました。」
    と言っているのを聞いてしまったり、
    最近ファンクラブに入った方の会員番号が、私の番号より10万も増えていたりしたのを知ってしまったり、
    「こりゃチケット取れないぞ」という根拠になりそうな情報ばかりが入ってくるので、
    申し込む前から、負けた気になっています。

    申し込んでもチケット取れなかった時の、自分の凹み具合を想像しただけで、
    戦意喪失してしまう、今日この頃です。

    こっから、どう気持ちを上げていこうか
    思案中です。

    Date: 2015.05.11 Category: V6CD  Comments (2) Trackbacks (0)

    「Oh! My! Goodness!」

    おはようございます。

    そして、ごめんなさい。

    得意技 放置

    の ぽんです。

    今日の宿題である来週の会議の資料をあさイチで仕上げられたので、
    出かける予定時刻までのわずかなすきまを利用し
    少しだけ、語らせていただきます。


    まず、待ちに待ったアルバム「Oh! My! Goodness!」の感想は

    作りこんでるなぁ・・・

    練りこんでるなぁ・・・

    その気合がちょっと「重い」けど

    「重い」男は嫌いじゃないので

    結論として、好きです・・・このアルバム




    25日、仕事から帰宅してWOWOWのプライムショー「アカデミー賞直後スペシャル」を観ていました。
    オスカー像を渡された直後の舞台裏で行われる受賞者へのインタビューを、放送していました。
    日本初公開だそうです。

    助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイさんが
    共演のヒューさまの印象を聞かれたとき
    「Oh! My! Goodness!」と思わずつぶやいていらっしゃいました。
    その時のアンさんの目のキラキラぐあいと言ったら・・・
    のけぞりそうになりました。

    森田さん
    これ、使えば良かったね。
    (もちろん、間に合わないけど・・・)





    時間が無くて、特典映像は1回ずつしか観ていません。
    スパノバPVを観ていた時の親子の会話を再現いたします。
    どこのシーンでの会話なのかは、ご想像におまかせします。


    息子「全体的に女の方が背が高い」

    私「これでも低めの人をがんばって探して来たんじゃない


    息子「演技がクサイな・・・」

    私「アゴ出てるよねぇ」


    私「この人に限っては、最後まで女との絡みが無いんだよね・・・」

    息子「この場所に来たのに、女との絡みなしなんて・・・何しに来たんだよっ」

    私「TPCから特命でも受けて、潜入捜査してんじゃない

    息子「・・・」

    私「カモフラージュで女と絡んだほうが疑われないだろうけど、やっぱりレナが怖いしね

    息子「・・・」
    (相手にされず)


    息子「あれ、あれ、人がいっぱい集まってきたら、V6が埋もれてどこにいるのかわからない

    私「・・・」(反論不能)


    息子「帰らせてやれよっ

    私「・・・」(反論不能)


    Mラバで披露したスパノバとPVのスパノバ
    振り付けが違うような気がするのですが・・・気のせいかな
    どちらもちゃんと見ていないので、あくまでも印象です。



    実は

    今回のアルバム発売で一番楽しみにしていたのは、
    西寺郷太さん&クリエイターの皆様のライナーノーツ
    なんです。

    ライナーノーツ付きなんて、アーティストっぽいな・・・と感動。

    内容も、満足です。


    そして、特典映像で一番良かったのは、打ち上げ映像。
    これも、郷太さんをはじめとした作家さん方が登場して、語ってくれたのが嬉しかった。

    ノーカットで見たかったなぁ。

    ライナーノーツでも、特典映像でも、郷太さんは坂本さんの「パフォーマンスに徹する」という言葉を押し気味に紹介してくれていました。

    作品を創る過程に参加していない坂本さんが蚊帳の外にならないように、気をつかってくれたのだと感じました。

    優しいな・・・郷太さん。

    「パフォーマンスに徹する」「客観的に観る」というスタンスは、一見かっこいいですが、
    当初、私的には不満でした。

    隠居するのはまだ早いよ、坂本昌行。
    もっと、貪欲に食い込んで行けよ、坂本昌行。

    と、思いました。

    アルバムが発売されて、数回聴いて、
    「まあ、今回のVにおけるスタンスとしては、それで良かったのかな・・・。」
    と思えるようになりました。

    全員が前のめりだと、ますます「重い」ですからね。

    「パフォーマンスに徹する」と宣言したことは、
    コンサートでのパフォーマンスのハードルを自ら上げたってことです。
    頼むよ。
    ちょっとやそっとじゃ、納得しないから。
    これまでのコンサートで目が肥えちゃってるから。

    あと6日寝たら初日

    全く心の準備ができていません。
    Date: 2013.03.03 Category: V6CD  Comments (0) Trackbacks (0)

    まんまと 罪滅ぼされた

    おはようございます。

    寒い

    帰宅する時に自転車で風邪を切ると
    「寒い」という言葉が無意識に出てきます。

    今日も寒そうですね。

    学園祭で一日外にいる予定の息子は、完全防寒姿で出ていきました。

    私も昼から外出予定なので、暖かくして出かけなくては・・・。


    さて、V6の誕生日に発表された新曲

    今年コンサートができないことが昨年からもうわかっていて
    それを見越して、ファンの反乱を押さえるための1年3曲リリースだったのですね。
    故に、「バリバリBUDDY!」は「2012年第1弾 Single」と銘打たれていたわけだ。

    「コンサートできなくてごめんね。でも、シングル3曲出して、プロモでTVにも出るから許してね。」
    という罪滅ぼし感満載の年も押し詰まったリリース。

    な~んか、見事にしてやられた感じです。

    でも、この際喜んでしてやられます。
    罪滅ぼされちゃいます。

    その証拠にまんまと密林で3形態予約しました。

    流石にタイアップ盤はパス。

    オフィシャルサイトのポップアップで流れているのが、新曲のイントロでしょうか
    ハードで良い感じですね。


    特典DVDでは
    「ダンスシーンを各メンバーのマルチアングル」

    「音楽バラエティー番組として今作の制作などのトークを展開」
    という宣伝文句に惹かれました。

    相変わらずお安い。
    操縦しやすいファンだ。



    >るるさま

    コメントありがとうございます。

    > 『発表になるなら今日がいいな』なんて
    > 漠然と思っていたら
    > お祝いですね!

    私は全く考えていなくて、面喰いました。
    前述した通り、気持ちを見透かされたみたいで、「小憎らしい」と思ってしまったひねくれ者です。

    > しかし12月26日発売って
    > テレビでいつ頃お披露目なんでしょう?!

    そうなんです。
    この時期、プロモの機会が逆に少ないのでは・・・と心配しています。

    > はい、待ちますよ
    > 待つ事には慣れました
    > (ちょっと怒ってます)

    私もちょっと(ちょっとじゃないか)怒ってます。
    でも、待ちます。
    これって、ほとんど演歌の世界


    追伸

    ブリアナ盤のことは忘れます。
    忘れた方が良いですよねエイベックスさん。
    Date: 2012.11.03 Category: V6CD  Comments (0) Trackbacks (0)

    ラッキーなフラゲ

    こんばんは。

    明日の朝も早いので、取り急ぎお知らせ&感想です。

    明日から1泊2日で、北の方へ行って参ります。
    被災地でボランティアもさせていただきます。

    帰宅は10日金曜日の夜なので、Mステのリアルタイムは無理な模様です。


    感想その1

    密林なのに、珍しくフラゲできた新曲CD

    夕飯の支度の前に、さっそく再生しました。


    まずは、映像無しの音源のみ。

    暑いけど部屋を閉め切って、スピーカーで。



    私の感想の前に息子の感想をご紹介します。



    6分6秒・・・もっと聴きたいかも。8分でも良かったんじゃない

    録音が良いね。

    V6の録音はいつも良い。ポップスなのに。

    V6の曲で「何度も聴きたい」と思ったのは久しぶりだ。「グッデイ」以来かな。

    一番好きなのは「その瞳にLoving U~」のところ。
    (TVではバッサリ切られた、准くんパートですね。)

    最後の終わり方も良いね。

    「ボヘミアン・ラプソディ」も最後静かな感じで終わるしね。

    以上


    私が「ありがとう」と言うと

    「お礼を言われる筋合いは無い。
    お礼を言うんだったら、西寺に言えばぁ」

    と、返されました。


    郷太さん、呼び捨てですみません。


    私の感想です。


    ジャケットの中の幾何学模様の色が好き。

    3パターン微妙に色合いが違って、どれも好きな色合いです。

    聴くたびに新しい発見がある、広がりがある曲ですね。

    大好きです。

    坂本さんのオペラパートは、期待が大きかっただけに、ちょっと物足りませんでした。
    キーが低いので、喉の鳴り具合がいま一つ。
    もう少し高めの音域で、歌いあげて欲しかったなぁ。


    >SECRET Tさま

    剛ちゃんのソロは、ズキュンと来ました。

    ここは、森田剛の声しかないですね。


    通常盤「kEEP oN. 」以外の3曲の中では、「Parfect Lady」が一番好きです。

    「一生で最後の恋」は、ストレートな歌詞がちょっとばかり、こっ恥ずかしいです。
    「一生で最後の恋かどうかは、死ぬ瞬間までわからないじゃない」と思ってしまう、おばちゃんなので。



    感想その2

    「火曜曲!」


    6人揃って、おめでとう

    しかも、編集しやすい登場で助かります。
    ほんとうに、助かります。

    トークは、お決まりのネタオンパレードでしたが、
    思ったより長めでしたので、TBSさんの思いやりを感じました。

    できれば、ひとネタ削って、新曲についてもう少し話させて欲しかった。

    TKとTRFが観られたのは、たなぼたでした。




    感想その3

    「HEY×3」


    「HEY×3」は、お客さんを入れてのライブ形式でしたので、
    6人の表情がいきいきしているのが印象的でした。

    コンサートしたいだろうなぁ。

    ただ、「キャー」っていう黄色い歓声と6人の映像にかぶる手や頭がちょっと邪魔
    だと、その時に思ったのは、事実。
    協力した皆さまには、申し訳ないですが・・・。

    しかし、CD特典映像の振り付け映像で、しっかりとダンスを観られたので、
    「HEY×3」はあれでOKと今では思えます。


    もっと語りたいのですが、もう寝なくては。


    それでは、次は日曜日にお会いしましょう。
    Date: 2012.08.08 Category: V6CD  Comments (1) Trackbacks (0)

    攻めて、攻めて、攻めまくれ!

    >甘楽ちゃん さま

    コメントありがとうございます。

    > 園児に踊らせるからダビングしてと言われたファンがいるとか?

    ほんとですか?
    反応が早いですね。

    でも、園児にあれは踊れるのか・・・。
    その前に、指導者は踊れるのか?

    > 三宅健はレイア姫だとおもいました。ルークは岡田君かな?姫を守りたいけど振り回される?

    うーん、これも捨てがたい。
    確かに、姫が似合いそうなのは、健ちゃんですね。
    昔のマッハブイロクだったか、V6病棟で観た剛ちゃんの女装も悪くは無かったです。
    末っ子の時代劇娘役も、意外にイケてました。

    > 昔の「温室」とか?みるべきでしょうか?

    観るべきです。

    「室温」の博さまは、最強です。
    「錦鯉」も素敵ですが、私は「室温」の方が好きです。
    博さまも坂本さんも・・・。



    >sintaro さま

    パパいじりで幸せそうな末っ子は、かわいいです。
    「バリバリ盤」の末っ子くんも、ツボ満載。
    最近私の中で、末っ子株が上がっています。

    11年目にしての快挙です。

    > 教える大人たちが、運動量に驚けば良い(笑)

    その通り

    > どこぞのゆるキャラ、バリィさんに引っ掛かるかもしれないですよ?
    > バリィさんは、少しも“マッスル!”ではないですが(爆)

    さっそく「バリィさん」をググってみました。

    体型が他人とは思えませんでした。



    >つむつむさま

    > 今度こそ短めにがんばります!(笑)

    いやいや、つむつむさまには無理です。
    そして、私にも、無理です。

    お互い開き直って、長々と語りましょう。

    > 「Come on」
    > の坂本くん。
    > くやしいけど(なんで? 笑)、カッコいいです。

    私も悔しいけど、カッコイイと思いました。

    > “メガネ”(×「サングラス」)をはずして
    > 「行くぜ]」
    > の剛ちゃんが超カッコいい!

    ごめんなさい。
    でも、こっちの方がもっとカッコいいと思ってしまいました。

    「おもしろNG集」はさらっと観ただけで、まだツボまで至っておりません。

    何しろ、次に観る溝口さんが気になって・・・。

    > 顔に手を当てて笑いをこらえる剛ちゃんは、ヒゲ撲滅同盟のみなさまにとっては至福の瞬間ですね。
    > あ、ぽん様は剛ちゃんのヒゲは平気なんでしたっけ…?

    ここは、印象に残っています。
    剛ちゃんの髭は、平気です。
    差別じゃありません。
    区別です。

    > あ、そうえいば溝口くんのことで全然関係ないことを思い出してまたぽん様にお聞きしたいことがあるのですが(ただの興味本位なことです)。
    > また別記事でそのうちご質問に伺います!?

    何でしょう?
    気になりますねぇ。


    >るるさま

    > これから先に何が起きるの?と期待させるブリアナ盤

    いろいろ謎だらけ
    でも、期待してしまいます。

    > ほんとにただタダ可愛いバリバリ盤(振りつけは全部出来てなかったのね)

    今度東京国際フォーラムに行ったら、床にスリスリしてしまいそうです。

    > そして相変わらず楽曲に恵まれてるねV6な通常盤

    ごめんなさい。
    まだ、聴いてませ~ん

    > そんな中、職場のみなさんがぽん様を連想しながらV6に興味を持って
    > 見てくれたんですからぽん様の地道(失礼!)な広報活動のおかげだと思いますよ。

    そう言っていただけると、嬉しいです。
    ほんとに地道に広報活動してます。

    > だったらやっぱりうちだ!なんだって出来るんだぞ!

    そうです。
    胸を張りましょう。

    > 録画して見たい所だけを見るテレビの時代
    > アイドルはどこへ行く?ファンだけのものなのか?
    > 幸せなことにVは長くやってる分世間に知名度はある!
    > まだまだ現役アイドルV6は攻める!攻める!

    そうです。
    溝口さん同様、攻めが肝心です。

    > 金閣寺にどっぷり浸かって下さいませ。
    > (バリバリ見たら浸かれるか心配。)

    どっぷりです。
    バリバリなのに、無理やり溝口に持って行くあたり
    重症です。
    Date: 2012.02.16 Category: V6CD  Comments (3) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード