なつのおわり

    やっと夏が終わりました。
    残暑はまだまだ続くようですが、私にとっての夏は終わりました。

    ほっとしています。

    ここのところの異常気象で被害に遭われた皆様には、お見舞いを申し上げます。


    振り返れば、7月の海の日以来、連休を取っていませんでした。
    (長崎行きは純粋なプライベートではないので)

    7月・8月に取りきれなかった夏休みを今日いただいています。
    海の日以来の連休です。

    「明日は休みだ」と気が大きくなり
    昨日20時まで残業したあと、発作的に渋谷駅に「フランケンシュタイン」看板を見に行ってしまいました。

    想像より大きくて、ドキドキしました。

    坂本さんと目が合うあたりで立ち止まり、電車を3本ほど見送りました。
    へらへらしてたのかなぁ・・・自分。

    睨んだ目力もさることながら、
    東さまの首にがっつり決まった腕と
    東さまのシャツをぐわっしと掴んだ手に
    目が釘付けになりました。

    今日は早朝から、お友だちのお役にたてて、
    安心して二度寝したら、昼まで寝てしまいました。

    疲れてたのかなぁ。

    明日は朝早くから用事で出かけるので、今日のうちに少し書いておきます。




    秋の舞台ラッシュで、経済的にジリ貧なのに、つい買ってしまう雑誌。

    剛くん掲載の記事だけ取り上げてみても、
    雑誌によってアプローチが違うので、面白かったです。

    深みのある詩的な表現で舞台の剛くんを語ってくれた「acteur」

    インタビューテープをそのまま起こしただけな内容ながら
    「これがリアルな森田剛だな」と感じさせてくれた「+act」


    須賀健太くんをほんとに弟のように可愛がっているんだなぁ・・・
    というほんわかぶりがひしひしと伝わってきて
    二人の共演が100倍楽しみになった「STAGE SQUARE」


    剛ちゃんが「IZO」のDVDをよく見ているという話と
    いのうえさんが剛ちゃんのことを評して
    「ちゃんと声が出る」と言ってくれたことが
    嬉しくて嬉しくて小躍りしてしまった「BEST STAGE」


    それぞれの雑誌ごとに
    それぞれの良さがありました。


    「STAGE SQUARE」は健ちゃんも長野さんも載っているので、お得感満載
    「BEST STAGE」は剛健が裏表という萌えポイント有り


    健ちゃんが「STAGE SQUARE」でも「BEST STAGE」でも、鈴木裕美さんについて語っていることが、印象に残りました。
    彼にとって鈴木さんとの出会いは、良い経験になったようですね。

    「第32新海丸」の時の健ちゃんと鈴木さんは
    全身全霊で
    噛み付きまくって
    噛み付かれまくって・・・
    だったとか。

    自称「褒められて伸びるタイプ」の健ちゃんに対して、
    鈴木さん、なんと勇気ある行いでしょう。
    でも、ほんとは「叩かれても伸びる」んですよね
    健ちゃんは。

    鈴木さん

    「フランケンシュタイン」でも、ビシバシお願いします。
    大御所の方にはやりにくいかもしれませんが、
    うちの42歳の方には遠慮なく噛み付いてください。




    コメントはお返事は別記事で。
    Date: 2013.09.07 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (0) Trackbacks (0)

    「テレステ」と「「ミュージカル」

    OMGコンの考察はまだまだ続けたい・・・とは思っています。

    頭の中に骨組み的なものはできていますが、文章にするとなると
    それなりのエネルギーを要しますので、時間的余裕が必要です。

    なんてグズグズしているうちに、終わっちゃいそうですよね。
    今週末には長野
    来週には北海道

    好きか、嫌いかと問われたら
    「嫌いじゃないけど、そんなに好きじゃない」OMGコンですが、
    終わりが近づいていると思うと、やはり寂しい。

    寂しさの主な原因は、
    ツアーが終わったら
    6人がこんなふうに一緒にいることが
    この後1年以上無い
    という現実が襲ってくるから
    です。

    さて、今日は休みですが、もろもろあって時間がないので、
    OMGコン考察はお休みして、
    雑誌の感想2題でお茶を濁させていただきます。

    まずは

    剛くん当番の「テレステ」

    剛くんのサイド刈り上げ&真ん中オールバック(辮髪)スタイル

    コンサートで見たときは、いまいちでした。

    ディップで固めた辮髪が時間が経つにつれ形状が保持されにくくなり、
    ダンスで身体が上下するにたびにパカパカし始めるので、
    横から見るとヘンと思っていました。

    代々木の「おやすみ」前フリ映像(Vロードに立っているバージョン)で、
    固める前の前髪下ろしスタイルの方が、可愛くて良かったのに・・・。

    しかし、「テレステ」を見て、
    あれ
    コンサートで見た時ほど、変じゃない・・・

    写真なので、パカパカしていない
    ヒゲがない
    という違いはありますが、
    それだけじゃない気がして、ガン見して気がつきました。

    眉毛が違う

    コンサートの時よりも、眉毛が太い

    私にとって、眉毛の太さは重要ポイントです。

    代々木初日は、おかっぱスタイルだったので眉毛の太さが確認できませんでしが、
    借り上げスタイルになってから、明らかに眉毛を細く整えてきた剛くん

    新潟で細くて薄めの眉毛を見た瞬間「わちゃ~」と凹んだ私。

    あぁ、せっかくトビーアスの太め眉毛でルンルンしてたのに、
    また、細眉毛時代が始まるのかぁ・・・
    と暗澹たる気持ちになりました。

    しかし、「テレステ」でこのキリリ眉毛を披露されたので
    一気に

    刈り上げ万歳
    デコ出し万歳
    に、乗り換えてしまいました。

    メイクさん
    眉毛を太め・濃い目にしてくださり
    また、ヒゲまで剃ってくださり
    ありがとうございました。

    コンサートは、自分でヘアメイクしますからね。
    きっと「このヘアスタイルだったら、眉毛は細めで攻める」と思ったんでしょうね。
    しかし、それじゃあチンピラに見えるよ。

    その点、こういう撮影はちゃんとプロが付いてるから、安心。
    おでこは「知性」を、眉毛は「意思」を表す部分だと私は持っているので、
    ワイルドさより聡明さを前面に出したこのメイクは
    「さすがプロだわぁ」と思いました。

    「スタイリストは付くんですかっ
    ビデオチェックはできるんですかっ
    (by天野春子さん)

    アイドルにとってそこは、重要です。

    剛くんページの前のページ代々木の写真がありますが、
    この時は私が新潟で見たときよりも、剛くんの眉毛が少し太くなっていました。

    それでも、私にとっては不満。

    次のページと見比べてください。
    微妙な違いがおわかりになると思います。

    微妙なんです。
    微妙なんですが、この違いは大きいのですよ。

    おっと、眉毛だけでこんなに字数を使ってしまった。

    次、行きます。


    坂本さん久々の登場「ミュージカル」

    隔月刊になり、紙の質もちょっと良くなった「ミュージカル」誌
    密林でも変えるようになり、助かります。

    坂本さんは白いTシャツに、赤いギンガムチェックのボタンダウンシャツ
    前髪は下ろしているヘアスタイル

    可愛いけど、前髪がちょっとウザイ

    目にかかりそうな前髪は、「う~目に髪の毛が入りそう・・・」とゾワゾワするので、好きじゃありません。

    インタビュー記事はさすがに専門誌
    作品やミュージカルというジャンルについて、じっくり聞いてくれています。
    欲を言えば、もう少し深く切り込んで欲しかった。

    収穫だったのは、オリジナル“ジャパニーズミュージカル”について、
    坂本さんがひとかどの思いを持っているということがわかったことです。

    「こんな風に考えているんだったら、『ノンストップ』で宣伝した時に、
    そのことを言えよっ
    と、またしても地団駄踏みそうになりましたけどね。

    今までミュージカルを見たことのない人が劇場に足を運び
    楽しさを知ってもらいたい
    それが
    「僕がミュージカルをやる意味」だとインタビューで答えています。

    そう思うんだったら、もっといろいろなところで効果的にアピールしようよ。

    そもそもミュージカルを見たことない人は、この雑誌は読まないから、
    ここだけで話しても、しょうがないんだよ。

    これからの、プロモーションに期待します。
    Date: 2013.05.14 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (0) Trackbacks (0)

    遅ればせながら・・・会報雑感

    おはようございます。

    明日は朝から雪のようですね。
    午前中会議で出張。
    歩いて会場まで行かなくては・・・。
    早めに家を出よう。

    皆様もお気を付けて。


    今日はお休みです。
    「明日は休みだ~
    といい気になって、
    昨夜はちょっと夜更かししました。

    いつもより少し早く21時頃帰宅できたので、
    セクバニコンのDVDを観ました。

    V6への自分のテンションを確認するためと、
    ちょっと落ち気味なメンタル面に気合を入れるため

    ヒゲ坂本さんに若干のイラつきはあったものの
    「やっぱりカッコイイなぁ・・・この6人」
    「また、会いたい」
    と思えたので、
    「ファンとして、わたしはまだイケる」
    と確信。

    安心しました。


    先送りになっていた、会報の感想をします。

    るるさまへのお返事は別記事で。



    会報VOL.87

    87・・・遠い目
    私がファンになったのは2001年からですが、
    なぜか会報はVOL.1から全部持っています。
    ファンになりたての頃、ポロロッカ状態だった私は
    猛烈に逆流していました。

    さて

    VOL.86から新しい編集方針となり
    各メンバのページが誕生

    VOL.86は、スペシャル対談もあったので、一人1ページずつ
    VOL.87は、一人見開き2ページ
    若干ですが文字も大きくなり、おばさんにも優しい仕様になりました。

    表紙は「RYS」の衣装
    裏表紙は、普段着っぽい衣装
    なぜかどちらも同じ並び

    健ちゃん・坂本さん・剛くん・快くん・准くん・長野さん

    の順です。

    ここで注目なのは剛健の間に入るという好位置にいながら
    剛くんに対しては、あくまでも奥ゆかしい坂本さんです。

    表紙で坂本さんは、右手を健ちゃんの右肩にかけています。
    どうせだから、剛くんの肩にも手を置いちゃえばいいのに・・・。

    裏表紙の快くんはしっかりと両脇の剛くんと准くんの肩に手を置いてます。
    快くんくらいどーんと行っちゃいなよっ

    そんな今ひとつ積極的になれない表紙の坂本さんですが、
    体の重心は健ちゃんの方ではなく剛くんの方へ傾いています。
    そこが、ツボ。


    裏表紙の坂本さんは、健ちゃんと背中をくっつけ合って、腕を組むポーズ。
    すぐそこにある剛くんの右肩を快くんに取られている・・・残念

    と思いきや

    坂本さんの組んだ腕の肘がしっかりと剛くんの腕に触れている。

    坂本さん、会心の笑顔(・・・に、私には見える。)


    さてさて、表紙にばかり気を取られてはいられない。
    そろそろ、中を見てみようかな・・・

    個人のページで群を抜いて良かったのは剛くんですが、
    それについて語り始めると長くなりそうなので、またいつか。

    (その「いつか」はあるのか、無いのか)

    (ちなみに、2番目に私が好きだったのは准くんのページです。)

    ここでは個人ページに添えられたメンバーからのメッセージに注目します。

    全員分だと6×5=30通りの分析をしなければならないので、
    坂本さん、剛くん、健ちゃんの三角関係に絞ってピックアップ



    坂本さんページの二人のコメント(以下敬称略)


    知人が坂本くんに偶然会って、「初対面だけど話し掛けちゃった」って。礼儀正しい対応だったって聞いてうれしかったよ。


    最近、すごくオシャレを楽しんでいるんじゃない?身につけているものが以前とは違ってきたし、雰囲気が変わったよね。


    剛くんページの二人のコメント


    井ノ原は「剛はメールの返事が遅い」って言うけど、俺には早い。剛がたまたま携帯持ってる時に送ってるらしい。不思議。


    最近、髪を茶色に染めたよね?でも、口のひげは黒いままだから、その色のバランスがちょっと気になっちゃって(笑)。


    健ちゃんページの二人のコメント


    健は筋トレを頑張ってるね。着替えの時、鏡で体形を見ているから、そのタイミングで褒めてあげる、褒めると伸びる男(笑)。


    車を運転してて「派手な男がいるな」って思ったら健だった。(笑)ふわふわのロシア帽に細いパンツで、超目立ってたよ!


    ここから見えてくるものとは・・・。

    まず、わかりやすいのは坂本さん
    健ちゃんに対しては、ほぼ保護者目線。
    それに対し剛くんには、
    アイドルのコンサートで「あっ。今、私・・・目が合った」と興奮するファン並みの乙女路線。
    確かに剛くんはMCで「携帯を見ている時に坂本くんからメールが来るんだよね。」と言っていましたが、
    それって、もうだいぶ前の話ですよ。
    同じページで快くんも
    「なにげなくメールをくれるようになったよね。」と言っていますし、
    剛くんはその後少なからず変化しているはずなのに、
    坂本さんは「自分と剛は何か特別な糸で結ばれている」と思っている節があります。

    坂本さん、健ちゃん共に、お互いの外見のことに触れていることにも注目しました。
    健ちゃんは「王様のブランチ」でも坂本さんが最近オシャレだという事を述べていましたが、
    その変化が気になるようです。

    坂本さんがオシャレになった理由

    そんなのあれに決まってるじゃない
    と私は思いますが、まあ、そこは置いといて・・・。

    二人の「あえて内面に入り込まない」感じが、剛くんを挟んで微妙なバランスを保っている関係を忍ばせます。

    褒めると伸びる男
    は、内面に踏み込んでいるようでいて、実は健ちゃんの表面的な部分なのではないか
    というのが、私の解釈です。


    健ちゃんが剛くんのひげについて触れているのは、意外でした。

    「剛つんの細かいとこまでちゃんと見てるよ」アピール
    にも取れるし
    「実は、剛つんのひげあんまり好きじゃないんだよ。できれば、ひげ無しでいて欲しい」アピール
    にも取れる。

    いずれにしても、
    「剛くんにとって自分は、他の4人とは一線を画す存在であること」をアピール
    しているように、私には受け取れました。


    さて、では剛くんは・・・

    車を運転してて、三宅健を発見する確率ってそんなに高くないと思います。
    まあ、仕事で同じ現場に向かっていたのかもしれないけど・・・。

    剛くんのこのコメントには
    さりげない「二人の赤い糸」アピールと
    「そんな出で立ちの健ちゃんへのそこはかとない愛」が溢れていて

    「坂本さん、この二人にはやっぱりかなわないよ。」と思いました。

    最も注目すべきは、剛くんの坂本さんに対するメッセージ

    坂本さんが礼儀正しい人だということは、剛くん含めたメンバーは誰よりも良く知っているはず
    しかしそれを当たり前と感じるのではなく
    第3者を通じて耳にすることで「うれしかった」と感じている。

    これは、深いな・・・と思います。

    家族への気持ちに近いようにも思えますし、
    それとはまた違う彼らの「絆」がそこに見えるような気もします。

    剛くんのこのコメントを読んで、
    きっとニマニマしているに違いない
    坂本さんを想像して
    私もニマニマしています。
    Date: 2013.02.05 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (3) Trackbacks (0)

    ぽてとのふたり

    8月は1年の中でも一番忙しい時期なので、
    いわゆる夏休みは取れません。

    通常の火曜&日曜の休みのみ
    基本連休無し。

    先日ボランティア休暇をもらって、被災地に行った2日間が唯一の連休でした。

    そんな状況なので、休める時はどこにも出かけず、ひたすら体力温存をしています。

    冷房を使用していないおかげか、体調は良好です。

    ・・・あ、ご心配なく

    夏休みは9月に取る予定です。



    世の中はお盆休み

    おかげで、今週は夜の予定は無し

    毎日仕事が終わったらまっすぐ家に帰れる
    それだけで天国です。


    今日帰宅したら、密林で頼んでおいた「POTATO」が届いていました。

    かわいいと噂の恋弾コンビは、
    期待以上の破壊力



    気になったのは、坂本さんの最後のこの言葉

    「今の段階では、次のツアーがいつになるかわからないんだけど
    次もいいステージを見せられるようにするので、
    それまで待っていただけたらと思います!」


    本当にいつになるかわからないのか
    それとも、わかってはいるけど、言えないだけなのか。

    この記事、梅雨が明ける前の撮影&取材らしいです。
    (健ちゃんのコメントより推察)

    この時点で、ほんとうに「いつになるかわからない」のであれば、
    今年のコンサートは絶望的か。

    決まってはいるけれど、発表前だから言えないだけなのだとすれば、
    少しは、希望もある

    今年やらないのに、わざわざコンサートの話をするなんて
    そんなむごいことを坂本さんができるだろうか・・・。

    いや、できない。
    できないと信じたい。

    HEY×3のハピネス発言も
    今回のこの発言も

    コンサート発表を示唆しているに違いない。

    無理やりそう思い込んで、
    “V6飢餓地獄”をなんとか乗り切ろうと
    努力をする日々です。


    それにしても「POTATO」の文字を読むのは

    辛いっす
    Date: 2012.08.15 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (3) Trackbacks (0)

    確信犯

    昼休みに飲みながらふと考えた。


    健ちゃんの「黒目」発言は、確信犯ではないかと。


    こういうこと言うと私たちが喜ぶとわかっていて、ピンポイントで攻めて来ている。

    その点坂本さんはまだまだ。


    ここは、5人まんべんなくではなく、長野さんか剛くんに絞って語れば、萌ポイントを稼げたのに。

    まっ、そういう
    女心をつかみきっていないところが、かわいい
    訳ですが。
    Date: 2012.08.06 Category: V6掲載雑誌・会報  Comments (0) Trackbacks (0)
    電力使用状況&電気予報
    記念日カウントダウン!
    プロフィール

    ぽん

    Author:ぽん
    V6(ファンになって14年目)と
    ウルトラ(ファンになって49年)と
    ディズニーリゾート
    (足を運び始めて22年)
    様々なジャンルの舞台(はまって50年)から、
    日々の活力をもらっています。

    これらに共通するのは、「イマジネーションを喚起する一期一会の出会い」があることです。

    いくつになっても、自らのイマジネーションの泉を枯らさないために、ブログを書いています。

    フリーエリア
    バナー貼るのが遅くなってごめんなさい。 何度も失敗して、やっと貼れました。 「ボーイ フロム オズ」日本版キャスト盤CD発売に向けて多くの方の賛同を募っています。 ご協力お願いします!
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    HS月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    リンク
    お天気BOX









    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード